7月12日(木) ~月13日(金)

 商工文教委員会県外調査(1泊2日)

 下記の日程により岩手県議会商工文教常任委員会の県外視察調査(1泊2日)に参加。

 第一日目。

午前、秋田県立近代美術館(横手市)を訪問、「秋田県立近代美術館の教育普及事業等について」を調査、その後横手市から五城目町に移動、午後「廃校を活用した起業・事業支援センタへーについて」(五城目町地域活性化支援センター)、「古民家を活用した都市部の若者との交流について」(シェアビレッジ町村)をそれぞれ調査。秋田市泊。

第二日目。秋田市から大仙市へ。

午前、「スーパー・プロフェッショナル・ハイスクールについて」(秋田県立大曲農業高等学校)を調査、その後大仙市から雫石町へ。午後「小岩井農場施設の重要文化財指定について」(小岩井農牧株式会社)を調査。

 

7月14日(土)

平山健一氏瑞宝重光章受章記念講演会・祝賀会(盛岡グランドホテル)に出席

 

7月15日(日)

 「災害優先」よりも「宴会優先」

 今月5日、気象庁は「西日本から東日本にかけて非常に激しい雨が断続的に数日間降り続き、記録的な大雨となる」と警告、同日夜までに16万人に避難勧告が出ていた。

 ちょうど一年前の5日は、40人以上が犠牲となった九州北部豪雨が起こった日である。九州各地とでは追悼式も行われた。その前年の16年は台風10号により本県岩泉などが甚大な被害を受けた。内閣府政務官が長靴をはかずに職員におぶわれて批判されたことは記憶に新しい。15年9月には茨城県の鬼怒川が氾濫した。豪雨災害は毎年続いている。

 しかし、5日夜、東京永田町では「赤坂自民亭」で宴会が繰り広げられていた。

 報道によると、集まった顔ぶれは、山口出身の安倍総理、広島出身の岸田政調会長、島根出身の竹下総務会長、ツイッターに宴会風景を投稿した西村官房副長官は兵庫県出身。総勢44人と言われている。

 甚大な被害をこうむった出身県の政府・与党首脳がリアルタイムで宴会に興じていた。

地元のことにも危機感がないということは、国民全体の危機管理意識はもっとないということを証明したようなものである。

「災害優先」よりも「宴会優先」ということか。

「憲法に緊急事態条項を設けるべきと改憲を主張する自民党」であるが、これでは全く説得力がない。

「危機感欠如」こそ「国難」である。

 

7月16日(月

 ゲリマンダーよりもっとたちが悪い

 民主主義の土台は「正当な選挙」と「健全なる国会」である。

 健全とはいえない今の国会運営であるが、自民党が提案した参院定数是正案は、非常識極まりない自我むき出しの案である。「究極のゲリマンダー」であるとともに「民主主義を私物化」するものであるといっても過言ではない。

「ゲリマンダー」=自党に有利となるよう選挙区の区割りをすること。1812年米国のマサチューセッツ州知事、ゲリーが自党に有利につくった選挙区のカタチが、伝説上の怪物=サラマンダー(火蛇)に似ていることを反対派が風刺したことに始まっている。

いや、「ゲリマンダー」は選挙区の区割りの線引きをいじることだけであるが、自民党の提案は「制度」をもう一つ設けることである。

参院の現在の選挙制度は、選挙区選挙(定数96)と比例代表選挙=非拘束式(定数146)の二制度から成り立っている。

しかし、今回自民党が提案した選挙制度は、比例代表選挙の中に、あらかじめ定めた順位で当選者が決まる「拘束名簿式」を「特定枠」として導入するものであり、「ゲリマンダー」よりもっとたちが悪い。

 2016年の前回選挙において「合区」が導入され「鳥取・島根」「徳島・高知」が合区となっているが、両選挙区で公認に漏れた現職議員を比例で救済する狙いからであるらしい。
  それにしてもわかりやすい「党利党略」である。
 もちろん、国民の理解は到底得らるはずがない。

そもそも、選出方法が三つ併存すること自体、異常である。

 

7月17日(火)

 「風の又三郎」が今年の田んぼアート

石鳥谷町八幡の田んぼアートは今年で9回目を迎えた。今年のテーマは「風の又三郎」。

「ひとめぼれ」、「ゆきあそび」等6種類の品種を用いた。6月2日から3日にかけて田植えを行い、刈り取りは10月6日を予定している。

 CIMG2941