9月23日()

 秋分の日。そして彼岸の中日であることから親戚を含め先祖のお墓参り。

9月24日()

 政務調査活動の一環として「ILC解説セミナー」(一関保健センター多目的ホール)に参加。


9月25日
()

 9月定例県議会再開

 午前11時議会運営委員会、午後12時30分県議会改革岩手議員総会、午後1時、本会議開会、一般質問二日目。神崎浩之(自由民主クラブ)、高橋元(改革岩手)、千田美津子(日本共産党)の三議員が登壇。午後6時5分散会。

 
9月26日()

 9月定例県議会再開

 午前11時議会運営委員会、午後12時30分県議会改革岩手議員総会、午後1時、本会議開会、一般質問三日目。ハクセル美穂子(いわて県民クラブ)、阿部盛重(改革岩手)、小西和子(社民党)三議員が登壇。その後、提出議案を各常任委員会に付託するとともに教育委員会委員、公安委員会委員の人事案2件に同意し、午後6時21分散会。

 明日は補正予算案などの審査のため常任委員会が開かれる。


9月27日
()

 午前10時、五つの常任委員会開催。

 商工文教常任委員会では、ラグビーワールドカップ2019開催準備経費(文化スポーツ部)、北いわて産業振興事業費(商工労働観光部)、岩手府県立学校設置条例の一部を改正する条例=大船渡東高校に機械電機科、宮古水産高等学校に海洋生産科をそれぞれ設置(教育委員会)等の議案を原案通り可決。午後5時前終了。

 
9月28日
()

 第73回国民体育大会「福井しあわせ元気国体2018」総合開会式に出席のため福井県へ(移動日)。福井市泊。なお、県議会は議長を除く全議員で構成する次期総合計画特別委員会が開かれた。


9月29日
()

 第73回国民体育大会「福井しあわせ元気国体2018」総合開会式に出席

 第73回国民体育大会「福井しあわせ元気国体2018」総合開会式に出席。福井県では昭和43年に開催されており二回目の開催となる。岩手県からは37種目に555名の選手が参加予定となっており、総合順位20位以内を目標としている。

 台風24号の影響を受け朝から雨模様。次第に雨足は強くなったが、予定通り総合開会式は「9.98スタジアム(福井県営陸上競技場)」で行われた。

 スタジアム内は傘をさすことは禁止。加えて屋根もない。選手団も入場者も全員雨具(いわゆるカッパ)を着衣。13時(式典演技)~13時51分(会式通告)~14時44分(閉式通告)~15時43分(歓迎コンサート終了)まで「9.98スタジアム(福井県営陸上競技場)」に滞在。

 終了後、18時30分福井市内で開かれた「国体岩手県本部役員懇談会」に出席。福井市泊。

 国体は戦後、昭和21年(1946年)近畿で開かれて以来、各都道府県が持回る方式で開催されてきているが、ただの一度も屋内で開会式が行われたことはないという。それにしても平成最後の国体の開会式が終始雨に見舞われたことは残念の一語に尽きる。尚、写真は、雨の中入場行進をする岩手県選手団、団長は達増知事。後方スクリーンには県旗を先頭にした選手団の入場が写しだされている。拍手をしている不細工な両手の所有者は私。

IMG_20180929_140955



















9月30日
()

 台風24号が本州を縦断することが確実になり、公共交通機関の運行が取りやめのとなることから、国体関連の予定を切り上げ帰省(移動日)。