11月Ⅰ日(木) 
 全国都道府県議会議長会第161回定例総会
((大阪市)に出席、大阪市泊。

301101全国都道府県議会議長会 第161回定例総会[大阪市]
11月2日(金)
 日本赤十字社岩手県支部創立130周年記念赤十字大会、平成30年度岩手県職員表彰式(いずれも県民会館)に出席


11月3日(土)

 平成30年度花巻市市勢功労者表彰式・祝賀会(花巻温泉・紅葉館)に出席


11月4日(日)

 午前、大迫町亀ケ森7・8区収穫感謝祭、午後、佐々木信夫氏、厚生労働大臣表彰受賞並びに、自分史発刊記念祝賀会(ホテルグランシェール花巻)に出席


11月5日(月)

 12月定例県議会の招集予定日が今月28日となったことから、議会としての対応を協議するため、岩手県議会各会派代表者会議を主催(岩手県議会)


11月6日(火)

 午前、元県議会議員、故・伊藤栄一氏葬儀(花巻市)に参列。午後、第24回岩手県東日本大震災津波復興委員会(サンセール盛岡)に出席


11月7日(水)

 午前、平成30年度岩手県戦没者追悼式、午後、第62回岩手県戦没者遺族大会(いずれも盛岡市都南文化会館)に出席。

 問題だらけの外国人就労問題

 政府は、外国人労働者受け入れ拡大のため、在留資格を新設する入管難民法などの改正案を国会に提出、来年4月1日の施行を目指すという。

 深刻な人手不足を解消するためというが、受け入れの総人数や日本人労働者への影響、さらには外国人労働者の社会保障制度をどうするのかなど不明瞭な点が多く、批判が噴出している。

 例えば、人数については、何万人受け入れるといった上限は設けず、人手不足が解消した時点で受け入れを止めるというが、とらえ方によると青天井ということになる。業種については、14業種を検討中とのことであるが、法案には盛り込まれず、省令などで決めるという。これでは、後は役人任せということになる。また、外国人労働者と日本人労働者の間で仕事の奪い合いも起きかねない。さらには、外国人労働者の賃金が低く休日も少ない場合には、日本人労働者の処遇の低下を招くなど労働市場全体のみならず日本経済にも悪影響を与える可能性もある。外国人労働者も日本の公的年金に加入すれば受給資格を得るが「特定技能一号」は在留期限が最長で通算5年となっており問題である。医療保険をめぐっては外国人労働者が民間の健康保険に加入すると、海外に残してきた配偶者らも対象となるが、これが妥当なのかどうか。そもそも「移民政策」ではないと強調するが、「特定技能2号」は期限の更新が可能で配偶者と子供の帯同も可能、1号から2号への切り替えも可能であり条件を満たせば永住にも道が開かれることになることから、事実上の「移民政策」ではないかという指摘etc。詰め切れてない法案であることは国会の議論で明らかになってきている。政府は制度の全体像を示すべきである。

 「働き方改革法」もそうであったが、労働力不足であるから、外国人労働者を入れるという安易な発想では根本問題の解決にはならない。

 なぜ人手不足を招いているのか、賃金が安いということも労働力偏在の大きな要因の一つになっている。外国人実習制度の問題点として、一部で賃金の未払いや長時間労働といった法令違反なども生じており、疾走する労働者も増加している。こうした現状の課題に正面から向き合うべきである。

 労働問題は生身の人間の人生やその家族の幸・不幸ををも左右する重い政策であることを肝に銘じるべきである。そもそも人間の尊厳を起点とした発想が政府には欠けている。


11月8日(木)

 平成30年度岩手県農業委員会大会(盛岡市都南文化会館)に出席。