3月19日()

 二月定例県議会、常任委員会開催日、午前10時開会。

 予算議案以外の議案を審査。商工文教委員会では①みちのく岩手観光立県第3期基本計画の策定に関し議決を求める議案、②岩手県中小企業振興第2期基本計画の策定に関し議決を求める議案、③岩手県教育振興基本対策審議会条例の一部を改正する条例、④平成31年度岩手地域最低賃金改正等についての請願、⑤2019年度最低賃金引き上げに関する請願を審査。①~④までは原案通り採択、⑤については一部不採択とした。午後5時過ぎ終了。未審査の議案が残っていることから、商工文教委員会は、明日、午前10時から再開する。

 

3月20日()

 二月定例県議会、午前10時、商工文教委員会再開。議案-岩手県いじめ再調査委員会条例の一部を改正する条例案などを審査、原案通り採択。午後3時前審査終了。

 

3月21日()

復興道路=三陸沿岸道路、唐桑高田道路(唐桑小原木IC~陸前高田長部IC)開通式に出席

 

3月22日()

二月定例県議会、午前10時、東日本大震災津波復興特別委員会開会。同委員会は正午前に終了。

議長公務のため、午前、国立大学法人岩手大学卒業式(岩手県民会館)に出席

午後1時、議長室において県議会各会派代表者会議を主催。

 

3月23日()

第二の開業を迎えた「三鉄」

◎三陸鉄道リアス線開通記念列車出発式(釜石駅)、釜石駅~宮古駅までは記念列車で移動。◎三陸鉄道リアス線開通記念運行本部検修庫お披露目会(宮古駅)、◎三陸鉄道リアス線開通記念式典(宮古市民交流センター)、◎三陸鉄道リアス線開通記念祝賀会(浄土ヶ浜パークホテル)にそれぞれ出席

昭和59年(1984年)4月、三陸鉄道(南リアス線、北リアス線)は全国に先駆けて第三セクターとして開業した。以来、35年間、様々な課題を克服しながら地域住民の足の確保を命題として公共交通機関としての役割を果たしてきた。東日本大震災により深刻な被害を受けたが、関係機関や国内外の支援と協力を得て被災3年後には全線開通を果たした。

JR山田線釜石-宮古間(55.4㎞)は震災後8年間不通となっていたが、JR東日本から移管を受け、三陸鉄道は久慈-大船渡・盛間(163㎞)の一貫運行を行うことになった。

三陸鉄道は、第二の開業を迎えたと言ってもいい。第三セクターによる163㎞の経営は全国初である。

「鉄道=鉄路」は歴史を振り返ると時代を象徴する存在であり続けている。

例えば、18世紀の産業革命は蒸気機関車で始まった。明治維新と近代化の象徴は新橋-横浜間の鉄道であった。

1964年=昭和39年の東京オリンピック。「ひかり」「こだま」に代表される世界初の高速鉄道、いわゆる「新幹線」は高度経済成長の象徴となった。

若干、情緒的になるが、松本零士の「銀河鉄道999」、浅田次郎の「ぽっぽや鉄道員」、洋画の「鉄道員」etc、鉄道に係る様々な作品は、見る者に少なからず影響を与えたことは間違いがない。

復興道路、支援道路も相次いで開通式を迎え地域の歓迎を受けているが、三陸鉄道に対する地域住民の熱烈歓迎はその比ではない。

三陸鉄道の初代社長は当時の中村知事であった。現在の中村一郎社長で8代目となる。第一、第二の開業を「中村」で迎えたということは不思議な巡り合わせてある。

三陸鉄道が震災復興完遂とその先にある三陸地域の新たな振興に向けての「牽引力」となっていただきたいと思う。

 310323三陸鉄道リアス線開通記念祝賀会[宮古市]

3月24日()

 知人の葬儀に参列

 

3月25日()

平成時代最後の定例会を終えて

二月定例県議会最終本会議。

午前10時30分議会運営委員会、午後12時30分改革岩手議員総会、午後1時本会議開会、9355億円余の31年度一般会計補正予算案、「いわて県民計画20192028」教育長人事案など議案81件、県産木材等利用促進条例等発議案16件を原案通り可決し、午後4時19分、41日間の会期を閉じた。

今回の二月定例会は特別な議会であった。41日間の会期は県政史上、初めてであったこと、向こう10年間の政策の基本方向を示した「いわて県民計画」を承認させたこと、そして平成時代最後の定例会になったことなどである。まもなく平成時代が終わり、新元号の時代を迎えることになるが、まさに締めくくりと橋渡しを果たした定例会であったと思う。

今日の地方自治制度下にあって「議会」と「執行部」は車の両輪と言われているが、最も大事な事柄は、車に乗っている県民の皆様が常に快適で安心して乗車されているのか、このことに「議会」と「執行部」が常に細心の注意を常に払うことである。両輪がしっかりとシンクロナイズしていれば問題はないわけであるが、社会経済情勢や県民意識の変化、あるいは制度の改正などによって、完璧な予算でも、あるいは素晴らしい計画でも時間の推移に伴い、ひずみが生じることは否定できない。このひずみを正しく調整し正常に戻す作業の場が「議会」である。今更ながらであるが、こうしたことを再認識した平成最後の定例会であった。

 

3月26日()

議長公務=平成30年度岩手県立大学、大学院、盛岡短期大学部学位記授賞式(盛岡市民文化ホール)、三陸防災復興プロジェクト2019実行委員会第3回総会(サンセール盛岡)にそれぞれ出席