投票という意思表示を!

20世紀初頭、リンゲルマンという農学者が、綱引きでの牽引力を測定する実験を行いました。

結果は、以下の通りです。

 

1人で網を引いているとき……100%の力で引く

2人で網を引いているとき……1人あたり、期待値の93%の力しか出ていなかった

3人で網を引いているとき……1人あたり、期待値の85%の力しか出ていなかった

そして最終的には、8人で綱引きをしているときには、149%の力しか出していないことがわかりました。

 

これによって、「メンバーの人数が増えるほど、1人あたりの貢献度は大幅に低下する」ということが明らかになりました。

 

チームが8人しかいないときでさえ1人が半分の力しか出さないのですから、集団の規模が50人、100人と増えると。。。。結果は明らかです。

本年9月1日現在、花巻市全体で約82,000人の有権者がおり、石鳥谷・大迫地区にはその約2割にあたる約17,000人の有権者が存在します。

地域を、県を豊かにするため、有権者の皆様、そして支援者の皆様には、棄権することなく必ず投票という意思表示をしていただくことを切にお願い申し上げます。

20190905_102626(0)20190905_093440(0)20190905_09350620190905_09364620190905_094311