12月2日() 

  議会は議案調査のため今日まで休会。事務所において来客対応。

 

12月3日() 

岩手県議会12月定例会再開。

12時30分県議会希望いわて議員総会に出席。

午後1時県議会本会議一般質問、第一日。

軽石義則、ハクセル美穂子、川村伸浩の三氏が登壇、午後5時39分散会。

 

12月4日() 

岩手県議会12月定例会。

12時30分県議会希望いわて議員総会に出席。

午後1時県議会本会議一般質問、第二日。

米内紘正、柳村一、高田一郎の三氏が登壇、午後6時4分散会。

 

12月5日() 

岩手県議会12月定例会。

12時30分県議会希望いわて議員総会に出席。

午後1時県議会本会議一般質問、第三日。

小野共、千葉秀幸、上原康樹の三氏が登壇、午後5時6分散会。

 

12月6日() 

午前10時、議案などの審査のため5常任委員会が一斉に開催。

  わたくしが所属している総務常任委員会では議案7件と請願1件を審査。岩手県部局等設置条例の一部を改正する条例案と内閣総理大臣主催の「桜を見る会」疑惑の徹底究明を求める請願は、可否同数となったことから、委員長採決となりいずれも採択となった。
 これ以外の令和元年度岩手県一般会計補正予算
(第4号)をはじめ一般職、市町村教職員の給与等に関する条例などの議案は全会一致で採択した。午後2時前審査終了。

 

12月7日() 

 社会福祉法人・宝寿会理事会、令和元年花巻市消防団石鳥谷地域消防表彰式並びに消防関係者反省会(道の駅石鳥谷・りんどう亭)に出席

 

12月8日() 

 花巻市青少年健全育成市民会議創立30周年記念式典(石鳥谷生涯学習会館)、同祝賀会(道の駅石鳥谷・りんどう亭)に出席

 

12月9日()
 国会の政治倫理綱領と「桜」疑惑

 12月定例会常任委員会の予備日であるが、各常任委員会の審査が6日ですべて終了したことから今日は休会日となった。

 さて、総理主催の「桜を見る会」をめぐる疑惑は、本日で臨時国会が閉会となるが何一つ解明されていない。
 この責任は真摯な説明を一貫して避けている安部首相自身にある。
 税金を使って多数の支持者や反社会的勢力まで招待し、後援会主催の前夜の宴会は収支が不透明である。これらは公職選挙法や政治資金規正法に問われかねない問題である。
 潔白であるなら総理自ら招待者名簿やホテルの明細書を開示すれば真相はおおむね解明される。

 11月、政治とカネの問題で安倍内閣の二人の閣僚が連続辞任した際、首相は「自ら襟を正し、説明責任を果たすべきだ」と述べたが、今度は自分自身がその言葉を守るべきである。

国会の政治倫理綱領には

「われわれは、全国民を代表して、全体の利益の実現をめざして行動することを本旨とし、特定の利益の実現を求めて公共の利益を損なうことがないよう努めなければならない」

「われわれは、政治倫理に反する事実があるとの疑惑をもたれた場合にはみずから真摯な態度をもって疑惑を解明し、その責任を明らかにするよう努めなければならない」など5項目が決議されている。

 トップリーダーは、この綱領を踏まえ率先垂範しなければ、人心をまとめることはできない。

 これでは国会の政治倫理綱領はなんのために存在するのか、国会の存在を総理自ら貶めていると言わざるを得ない。