3月22日()

 岩手県議会常任委員会開催日。

午前10時、五常任委員会が開かれ付託された議案など審査。

総務委員会では、○一般職の職員の特殊勤務手当て冠する条例の一部を改正する条例○包括外部監査契約の締結に関し議決を求めることについてなど議案11件を採択するとともに、えん罪被害者を一刻も早く救済するために再審制度の速やかな改正を求める請願を継続審査とし正午前終了。

 

3月23日()

県議会は昨日ですべての議案審査が終了したため休会。

事務所において資料整理。

 

3月24日()

午前10時、岩手県議会東日本大震災津波復興特別委員会開催、○復興の取り組み状況、○現地調査の実施、東日本大震災津波からの復旧・復興に向けた岩手県議会の取り組みの記録(平成23年3月~令和3年3月)について審査、正午前終了。

 

3月25日()

 岩手県議会最終日。

午後1時本会議開会。

令和3年度一般会計当初予算をはじめ議案55件、種子条例など発議案16件を原案通り可決し37日間にわたる会期を閉じた。

 

3月26日()

故工藤太郎先生を偲ぶ

元衆議院議員・故工藤太郎先生の弔問のため洋野町へ。

工藤太郎先生とは長い付き合いであった。県議会議員初当選は昭和54年、その時私は自民党岩手県連の職員、それ以来の付き合いである。40年以上に及ぶ。

県議会議員4期を努めた自民党時代、新生党~新進党時代は衆議院議員として、自由党~民主党時代は参議院議員として公私にわたり様々ご指導をいただいた。日本の政治改革の実現とその定着に向けての推進力になった政治家でもある。

特にも、09年の総選挙では民主党県連代表として陣頭指揮を執り、県内4選挙区を勝利に導くなど政権交代に大きく貢献された。

工藤県連代表の下で幹事長として使えたことは、かけがえのない経験であった。12年前の出来事である。

それにしても早すぎるお別れである。改めてご冥福をお祈りいたします。

 

3月27日()

 休暇

3月28日()

第2回立憲民主党岩手県総支部連合会常任幹事会(県連事務局内会議室)に出席