遠矢ささき整骨院

釧路町で開業している整骨院です。釧路町で都会に負けない環境(機材)をそろえ、奮闘しています。また、待合室にあるマンガ充実にも力を入れています。 このブログでは、当整骨院についてと、独り言、マンガなどについて書き綴っています。

酸素カプセル

酸素カプセル利用料金変更について


4月から酸素カプセルの利用料金を
変更する予定でしたが、

fit4月号が
今朝届きましたので
今日から新利用料金です。

〇請妊プセルだけ利用の方は、3,000円
当整骨院の診察券を持ってる方は、2,000円
8什濕N鼎塙腓錣擦突用する方は、1,000円

回数券(6回)も
12,000円(1回あたり2,000円)
9,000円(1回あたり1,500円)
5,000円(1回あたり約833円)
と、変更いたします。

尚、現在回数券をお持ちの方は
料金変更の為、1回分でも残っていれば
回数券(6回分)を1枚差し上げます。

ご了承よろしくお願いいたします。
IMG_20130322_105837

酸素カプセルについて

「酸素カプセルに入ると疲れが取れますか?」とよく聞かれます。

正式に答えると「疲労回復の効果が期待できます。」
に、なります。

実際の私的な感じ方は
酸素カプセルに約1時間弱入って出ると
出てすぐの感想は
‘がスッキリします。(よく寝た感じ)
∋覲Δクリアになります。
大体ここまで

そして、その日は
身体や頭が軽いような感じ

その日の夜は、(2〜3日続きます)
た爾ぬ欧蠅砲弔ます。

次の日の朝
ゥ好奪リ目が覚めます。
身体や頭がさらにスッキリ

次の日は、
Д好檗璽弔垢襪砲郎播な感じ


私の考察では
メーカーでは、
「酸素が体内に溶けてるのが
普通より多い状態が72時間続く」と言っているので
『その72時間内で疲労回復が期待できる。』と考える事ができる。

ですから、カプセルに1時間弱入って
出たら直ぐに疲労回復しているのではない。
と言える。


まだ、ドラゴンボールのように
「カプセル内で回復し終わる」ものは
出来ていない。

腰痛の原因

昨日のNHKの番組「ためしてガッテン」を見て
こんな研究結果も出てるんだとイロイロ発見できました。
http://www9.nhk.or.jp/gatten/archives/P20111116.html

この研究結果に反論する研究がされて
論破してくれることを期待してます。


私が一番興味を惹かれたのは
ストレスがあると脳内の血流が悪くなり
痛みを和らげる物質を生成できなくなる。
と、いう所です。

普段なら軽い痛みに抑えられる疼痛が
そのままダイレクトに「痛み」として伝達される。

「腰痛」だけでいっても7割の人が
脳内の血流が悪くなっているという研究結果。


ストレスを解消するだけで治る(疼痛が激減)ケースもあるとも事。


ストレス解消と脳内の少ない血流に酸素を供給するには
酸素カプセルは、有効だと思います。

研究はしていませんので、個人的な意見としての提案です。

頭痛に

df965d71.jpg



私的な意見ですが
酸素カプセルは、やっぱり頭痛に良いですね。

もちろん、全部の頭痛とは言いません。
疲労や肩こり・むち打ち等からくる「頭痛」です。

カプセルから出たときから
若しくは
カプセルの中で
頭痛が治まってきます。


マッタリとした空間で楽しむか…


待合室のマンガがあふれはじめました。

仕方なく最近連載が終了した

ジパング43巻を泣く泣く収納し

新刊を並べました。


お勧めは、「宇宙兄弟」と「ヘルプマン」です。


待ち時間が多い夕方に来院すると

たっぷり読めます。( ̄ー ̄)ニヤリッ


若しくは、

酸素カプセルで

マッタリとした空間で楽しむか…


プロフィール

院長

自分の住む地域を住みやすくする為
地域福祉向上を目指し
開業し18年

人間で言うと今年高校3年生で
そろそろ
進学(専門分野)を考える時期です。

≪学歴≫
釧路市立春採中学校 卒業
北海道立釧路湖陵高等学校 卒業
日本体育大学 体育学部
      武道学科 柔道コース 卒業
日体柔整専門学校 卒業

≪職歴≫
福島接骨院(大田区)
渡辺医院(釧路町)
開西病院(帯広市)

≪現職≫
遠矢ささき整骨院 院長
NPO法人ゆめのき 代表
蟶薐據‖緝充萃役

釧路町高齢者保健福祉計画等策定委員会 委員
釧路町まちづくり推進審議会 会長
保護司会 会員
釧路町こども連絡協議会 理事
北海道柔道整復師会 釧路ブロック 副会長
釧路町遠矢小学校PTA 副会長
釧路トランポリン協会 副会長

《趣味・特技》
マンガ、柔道(五段)、テーピング、

ツイッター
カウンター
道新
記事検索
待合室の本棚
QRコード
QRコード
  • ライブドアブログ