ゴールデンウィーク前に行った障子の貼り替え作業のうち、残っていた最後の
一枚の障子貼りが終わりました。

後回しになったのは、枠の一部が欠けていて、補修しないと貼るのが難しそう
だったから。

そして、以前障子戸の記事に書いた“裏引き手”なるものに挑戦。

多分、こういうことだと思うのですが…
障子の引き手
ひとますの頂角同士を結ぶようにバツ印に
切り込みを入れて、反対側から貼った紙に
貼り合わせるだけ。

これで、開け閉めが楽にできるはず。