2013年02月

2013年02月28日

いろんなのが次から次へとやって来る。

カワラヒワ ♀ 
IMG_1541

カワラヒワ ♂
IMG_1583

モズ ♀
IMG_1554

シジュウカラ ♀ 細いネクタイがよじれている。
IMG_1557

カシラダカ ♂ 頭と目の周りが黒くなってきた。
IMG_1564

シメ ♀
IMG_1575



(00:30)

2013年02月27日

まだ雪も降るというのに、完全夏羽。
イカルチドリ
IMG_1618
IMG_1621
IMG_1635
IMG_1643
IMG_1698

近くのクサシギ
IMG_1606
IMG_1602
IMG_1612



(00:30)

2013年02月26日

いつの間に来たのかノスリ君。下が気になりソワソワ。飛びそう。
IMG_1593
IMG_1595
IMG_1596

飛んだ
IMG_1597

あとはボケボケ
IMG_1598
IMG_1600
IMG_1601

ヒヨドリの悲鳴が聞こえたような。 合掌。

(00:30)

2013年02月25日

すんなり入るかと思われたが強風にあおられて入れない。ハイチュウさんは真っ昼間にでるよりも、夕暮れ時が似合う。

IMG_1397
IMG_1400
IMG_1448
IMG_1450
IMG_1451
IMG_1453
IMG_1456
IMG_1457

入ったと思ったらまた飛び出した。
IMG_1468

IMG_1473
IMG_1498

pm3:30 終了

後日2羽居ることが判明 羽先の黒地模様で識別できる。
IMG_1934-比較
NO1が30秒
NO2が14秒  しか撮らせてくれなかった。



(00:30)

2013年02月24日

X1.4 を付けてみました。

チュウヒ 幼鳥
IMG_1280
IMG_1337
IMG_1320
IMG_1324

成鳥♀
IMG_1364
IMG_1371

隣のフィールド
IMG_1756
IMG_1778

メンバー追加
IMG_4231-1600-zu2



(00:30)

2013年02月23日

車を降りるなり、カッカカと鳴いて出てくる。誰が躾けたのでしょうか。琵琶湖シリーズが長かったので梅がもう咲いているかも知れません。

IMG_1162
IMG_1176
IMG_1167
IMG_1180

別フィールド 青くなりそうな予感
IMG_8769
IMG_8760
IMG_8759


(00:30)

2013年02月22日

オオワシ下のスギの雌花に集まるマヒワ
IMG_1072
IMG_1068
IMG_1081

オオタカやハイタカもやって来る
IMG_0316

ノスリ
IMG_0600
IMG_0603

琵琶湖のイタチ
IMG_0590

漁港のアオジ
IMG_0729

奥琵琶湖風景
IMG_6168

奥琵琶湖2泊3日の旅

高速代   往復    ¥2,200
ガソリン代 380kmで  ¥5,510
宿泊代  ホームレスで  ¥       0
計                                    ¥7,710  でした。



(00:30)

2013年02月21日

雪のチラチラする川に白いホッペが目立つカモ。

ホオジロガモ
IMG_0747
IMG_0765
IMG_0814
IMG_0780

カイツブリ
IMG_0769
IMG_0771

カモ類は少なかったが、これだけは多かった。
オオバン
IMG_0688
IMG_0684



(00:30)

2013年02月20日

雪が強くなったところで飛び出した。これで今年の女王様(ばばーと呼ぶ人もいる)とお別れだ。さらにはナターシャと呼ぶ人もいる。

IMG_1122
IMG_1127
IMG_1131
IMG_1132
IMG_1137
IMG_1150
IMG_1154






(00:30)

2013年02月19日

魚が小さいので3分かからず完食。ポッキー程度だった。
IMG_0893
IMG_0911

食後の嘴をしごいている
IMG_0923
IMG_0943

まったりタイム始まる。これからが長い。
IMG_0994
IMG_1021
IMG_1048

小雪も舞い始めた
IMG_1056

1時間半後 本降りとなってきた。さてボチボチ。
IMG_1107


(00:30)

2013年02月18日

翌日、第二フィールドは雪でなんともならないので第一フィールドに戻る。飛び出しはテレコン装着中で見逃したが、15分程でバスを持って帰ってきた。
迫力を出すために少し大きくトリミング。
IMG_0837-p
IMG_0838-p
IMG_0846
IMG_0855
IMG_0858
IMG_0860
IMG_0862
IMG_0865
IMG_0872
IMG_0874

どっこいしょ、ここらで食うか
IMG_0876
IMG_0879





(00:30)

2013年02月17日

さて天気も良さそうなのでオオワシ第二フィールドへ。念願のバス捕りを見ることが出来たが、遠かった。

杉の梢から飛び出す。こちらの湾に向かってきた。
IMG_0633
IMG_0636

飛び込み体勢に入る
IMG_0641
IMG_0645
IMG_0649

右足で捕った
IMG_0650
IMG_0652
IMG_0654
IMG_0663

山へ行って食べた
IMG_0676

この日二匹目を食べた後、以前オジロの定位置に留まっていた。
IMG_0693

まもなく飛び出したが空は真っ白
IMG_0701
IMG_0702
IMG_0715




(00:30)

2013年02月16日

オオワシにはまだ早いのでビオトープを覗いてみた。撮った時は全く気づかなかったが整理していたらアメリカコハクチョウだった。

アメリカコハクチョウ(右)
IMG_0575
IMG_0580

左 雑種っぽい
IMG_0568-2

コハクチョウ 幼鳥
IMG_0585
IMG_0586



(00:30)

2013年02月15日

何をしているのでしょうか。松の小枝を咥えて巣作りの練習でしょうか。

IMG_0465
IMG_0468
IMG_0473

拡大
IMG_0477-2


IMG_0478
IMG_0480

しばらく遊んで16:55になったので
IMG_0505

ねぐらいりで本日のオオワシショーは終了。
IMG_0562

こんな日でした
IMG_6119




(00:30)

2013年02月14日

北帰も間近になって来たので雪が降るのを待って行ってきた。
この日はねぐらから出てくるのが遅く2時過ぎに顔を見せた。

IMG_0332

雪は朝から降ったり止んだり。ひどくなると
IMG_0357

どこかへ飛んでいった。ギャラリーはここで大半があきらめてお帰りになった。
IMG_0360

小止みになるといつの間にか
IMG_0417

小雪の中を出漁
IMG_0423
IMG_0430
IMG_0435

15分ほどで帰ってきたが手ぶら
IMG_0440
IMG_0441
IMG_0445





(00:30)

2013年02月13日

雨の日は二階の窓から雨ウソを撮る。あれほど毎日来てはいかんと言ってあったのに、葉の芽も花の芽も5羽の♂ウソがみーんな食べている。300枚ほど撮ったので今日は机からマウスが落ちるほど写真が多いよ。
近すぎてほとんどトリミングできない。

IMG_0061
IMG_0223
IMG_0065

IMG_0077

IMG_0059
IMG_0045

IMG_0034
IMG_0110
IMG_0049
IMG_9983
IMG_9982
IMG_9995
IMG_0092





(00:30)

2013年02月12日

黒海苔がおいしそうです。
IMG_9657
IMG_9664

帰りに某池のパンダを見て帰りました。
IMG_9883
IMG_9821


(00:30)

2013年02月11日

季節風の弱い、波の静かな日を選んで行ってみた。

ヒメウ
IMG_9503

+1
IMG_9512


IMG_9526

さらに+1
IMG_9528

また+1
IMG_9547

成鳥・幼鳥 計5羽
IMG_9560


(00:30)

2013年02月10日

遠くてなんともならなかったが、沖を漁船が通ったら1羽飛んできた。鏡のような水面に大波が一波。

ウミアイサ
IMG_9670
IMG_9678
IMG_9682
IMG_9683
IMG_9687
IMG_9688

混成チーム
IMG_9623
IMG_9625





(00:30)

2013年02月09日

今年は数も少ないし、距離も遠い。

ウミアイサ
IMG_9733
IMG_9754
IMG_9758
IMG_9760
IMG_9761
IMG_9762
IMG_9767

このあたりから全力水平飛行
IMG_9773
IMG_9776





(00:30)

2013年02月08日

ミサゴもやってきた。この冬非常に少ない。胸の班は薄い。

IMG_9380
IMG_9381
IMG_9382


至近距離で飛ぶ
IMG_9357
IMG_9358

ごく一部
IMG_9370


(00:30)

2013年02月07日

水温の高いところを求めて数万匹のイナが小舟を浮かすほど集結している。もう既に二ヶ月以上になるそうだ。
釣り人が小さいのを捨てるのでこれが流れてくるのを拾ってカモメが集結。鵜も大群で朝夕追い込み漁をかける。オボコ → スバシリ → イナ → ボラ → トド

IMG_9316


セグロカモメ 第一回冬羽
IMG_9164

セグロカモメ 第二回冬羽
IMG_9167
IMG_9239
IMG_9352
IMG_9458

成鳥
IMG_9252



(00:30)

2013年02月06日

大型カモメの中に、足の黄色いカモメが2羽いました。あまり深入りするつもりはありませんのでホイグリン系としておきます。

ホイグリン系(右) セグロカモメ第一回冬羽(左)
IMG_9158
IMG_9143
IMG_9145
IMG_9152
IMG_9155
IMG_9157




(00:30)

2013年02月05日

堤防に並んだ大型カモメの中に一際大きく白いのがいた。虹彩が黒いので第一回冬羽のシロカモメだと思う。

シロカモメ
IMG_9181
IMG_9199

初列風切が真っ白
IMG_9140

左はセグロカモメ 第2回冬羽
IMG_9197
IMG_9195
IMG_9191
IMG_9173


(00:30)

2013年02月04日

雲が厚くて頭が切れた。
IMG_9015

杯型になった
IMG_9023

夜明け前に飛んできたシノリが何が気に入らないのか夜明けとともにみんな飛んだ。それっきり帰ってこなかった。
IMG_9000
IMG_9034
IMG_9038


(00:30)

2013年02月03日

巣作りの早さではNO1。3月には子供が巣立つ。光の加減でおいしそうなチョコレート色になる。

カワガラス
IMG_8908
IMG_8992
IMG_8965
IMG_8971
IMG_8974
IMG_8803
IMG_8804
IMG_8874


(00:30)

2013年02月02日

以前間違えたサザンカだがこれには名札がカンツバキとある。まあ兄弟みたいなものだから、どっちでもいいか。
IMG_9907

その上にまだ固いヤドリギ 実は一杯付いている
IMG_9903

1羽来た
IMG_9888

違う場所に20羽程いた
IMG_9926
IMG_9957
IMG_9943
IMG_9968






(00:30)

2013年02月01日

風が強いと早くから退屈しないくらい飛んでくれる。どれがどれだかわからなくなった。

チュウヒ
IMG_8540
IMG_8623
IMG_8634

そうこうしている間にハイチュウさんが3時半ごろお帰りになった。しかし2周回って塒入り。それっきりで終了の日でした。
IMG_8643
IMG_8658
IMG_8639



(00:30)