コジュケイ

2017年08月24日


100A1511

BK2A0164
100A1538
BK2A0240
BK2A0243

翌日4羽出てきた。
BK2A0278



(18:45)

2017年06月17日

と、呼ばれたので行ってみたら2羽いた。
BK2A8327
BK2A8330
BK2A8333
BK2A8337

隣の田んぼのカルペアー
BK2A8305
BK2A8308


(10:58)

2016年11月03日

ヒサカキの実を食べている。たぶん上のハゼの実も食べている。暗くてほとんどブレブレ。
100A1601
100A1630
100A1673
100A1680
100A1706
100A1726



(00:30)

2016年09月12日

6/30の子供達
BK2A4787

                      ↓

9/6 3羽順調に育っていました。頬や首筋に白い幼羽が残っています。
100A8699
100A8701
100A8722
100A8735


(00:30)

2016年09月11日

草を刈ったら5羽みんな出てきた。親だと思った2羽。


100A8565
100A8611

左は立派な蹴爪がある♂  右は♀だと思っていたが右足に小さいが蹴爪がある。体も少し小ぶりだし一番子の♂かも知れない。
100A8740

移動する前の右の個体
100A8585
100A8767
100A8791
100A8811




(00:30)

2016年09月07日

この頃になると親子かペアーかの判別も難しくなってくる。しばらくくつろいでいたが山へ消えていった。
100A8264
100A8279
100A8282
100A8315
100A8322
100A8344
100A8372
100A8379
100A8388
100A8393


(00:30)

2016年07月05日

草を刈ると出てきます。先日のペアーとは別個体です。こんな時は100-400ズームは便利です。
BK2A4576
BK2A4681
BK2A4750
BK2A4756
BK2A4781
BK2A4785
BK2A4788
BK2A4789


(00:30)

2016年07月01日

梅雨の合間のひなたぼっこと砂浴びです。庭のカイズカイブキを10本こいで整地したら来て遊んでいました。40分程居ましたので300枚ほど撮りました。すべてノートリでAFポイントを移動させながらの撮影です。
100A3518
100A3567
100A3633
100A3670
100A3711
100A3740
100A3772
100A3773


(00:30)

2016年04月25日

タンポポ・オオイヌノフグリ・カキドオシ・カタバミ・カラスノエンドウ・ハコベ・ヤブヘビイチゴ・オニタビラコなど小さな花がいっぱい咲いています。その中をゆっくり食べ歩きです。相方は見ない。
100A9412
100A9428
100A9440
100A9443
100A9448
100A9452
100A9453
100A9457
100A9463
100A9467
100A9469


BK2A3751
BK2A3759
BK2A3762
BK2A3764
BK2A3767
BK2A3768
BK2A3773
BK2A3779
BK2A3783
BK2A3794
BK2A3795
BK2A3803
BK2A3805
BK2A3808
BK2A3812



(00:30)

2016年04月08日

散ったサクラの花びらの上を朝のお散歩。6:54
BK2A3487
BK2A3490
BK2A3497
BK2A3501
BK2A3511
BK2A3521
BK2A3557
BK2A3573
BK2A3588
BK2A3601

裏のタケノコ山にいっぱい。タケノコは来週くらいか。100-400だと鳥も花もいけて便利だ。
BK2A3688
BK2A3693



(07:53)

2016年03月07日

向かいの山の彼女にチョットコイ、チョットコイと鳴き交わしている。

100A7074

アオキの実
100A7077
100A7088
100A7089
100A7091
100A7115
100A7119
100A7128
100A7133
100A7145
100A7155


(00:30)

2015年09月11日

実も熟して穂ごとボトボト落ちて来始めた。しばらくは拾い食いだ。しかしコサメが来ない。
BK2A1850
BK2A1926
BK2A1935
BK2A1941
BK2A1944
BK2A1947
BK2A1951
BK2A1961
BK2A1974
BK2A1981
BK2A2005

腹一杯で退場。
BK2A2015


(00:30)

2015年08月24日

上を気にして鳴いていたのは飛び上がる合図のようでした。実が熟して落ちるまで待てません。鳥ですからよく飛びます。
BK2A9574
BK2A9577
BK2A9597
BK2A9625
BK2A9661
BK2A9681
BK2A9688
BK2A9701


BK2A9704
BK2A9711

7D兇猟汗宛紊AFはまずまずですが歩留まりはよくない。値段的にこんなものでしょう。
等倍 1152x768 このくらい写れば好きなようにトリミングできます。
BK2A9685



(00:30)

2015年08月23日

暑い午後のひととき、2羽でくつろいでいた。
BK2A9461
BK2A9466
BK2A9469
BK2A9474
BK2A9486
BK2A9495
BK2A9510
BK2A9516

しきりに上を気にし始めた。
BK2A9541
BK2A9546
BK2A9552



(00:30)

2015年07月13日

キツネがうろついているが無事に育っているようだ。
BK2A5510
BK2A5515
BK2A5533
BK2A5538
BK2A5541
BK2A5547
BK2A5565


(00:30)

2014年11月04日

8月以来久しぶりに出会ったが全員元気に育っていた。頬のあたりが親同様赤くなってきた。
左 親
IMG_4425
IMG_4427


IMG_4435
IMG_4436
IMG_4438

カケアーシ
IMG_4440

8/29
IMG_7468

裏山にはムギマキさんの接待準備はできている。
IMG_4444
IMG_4446


(00:30)

2014年09月04日

ヒヨドリやカラスが食べ落とした実を拾って歩きます。
IMG_7449
IMG_7485
IMG_7486
IMG_7491
IMG_7499
IMG_7503
IMG_7537



(00:30)

2014年09月03日

最近あまり鳴かないのでどこかへ行ってしまったのかと思っていたが、可愛いのを5羽連れて散歩していた。
IMG_7454
IMG_7468
IMG_7477
IMG_7508
IMG_7510
IMG_7545


(00:30)

2013年07月30日

コッチコイの呼出で待ち伏せたが暗いのに走るので止まらない。♂
IMG_2749

港で 幼鳥
IMG_3053
IMG_3052

帰らなかったホシハジロ
IMG_3146

直立不動
IMG_3149


(00:30)

2013年04月28日

と大きな声で呼ばれたので行って待っていた。子供をゾロゾロ連れて歩く頃と比べると警戒心が非常に強い。1枚しか撮らせてくれなかった。パシャっと音がしただけですーっと山に戻ってしまった。毎朝鳴くがその後撮れない。

コジュケイ
IMG_1067

1枚では寂しいので庭のコゲラ
IMG_0861

後日
パシャで50m飛ばれた。春のコジュケイは難度☆☆☆☆☆
IMG_1955



(00:30)

2012年10月19日

窓を閉めていたら朝の鳴き声が聞こえなくなった。今頃は6:00過ぎの出現でしょう。
コジュケイ
移動は匍匐前進
IMG_7310

10m以上飛べます
IMG_7281

餌さがし
IMG_7291
IMG_7296
IMG_7295
IMG_7315

食べているのはメヒシバ・カゼクサなどの実のようですが、腹の足しになるのでしょうか。
主食はなんだ。
IMG_7300
IMG_7306




(00:30)

2012年10月05日

一ヶ月ほど姿を見なかったが、昨日から鳴き始めた。どうも別荘の方へ行っていたようだ。8羽全員無事であった。すこし大きくなったみたい。まだ街路灯がついている頃にチョットコイチョットコイと鳴くので行って待っていると10分ほどして出てくるが、暗い。
限界のiso3200 だが、ほとんどトリミング無しなので何とか見られる。

コジュケイ
IMG_7200
IMG_7181
IMG_7185
IMG_7218
IMG_7204
IMG_7209


(00:30)

2012年09月18日

私ではありません。春からずっと居たコジュケイ一家がこの一週間一声も鳴きません。どうもどこかへ一家8羽で夜逃げをしたようです。

IMG_3854

山ではアキアカネが一杯飛んでいますが難易度高。
IMG_5413

三脚で一休み (日中シンクロ撮影)
IMG_5431



(00:30)

2012年09月09日


夜明の5:15 親がねぐらで出発の雄叫びをあげる。10分程待つとゾロゾロと駐車場へ降りて来て縁を餌を拾いながら歩き始める。pm4:00頃ねぐらへ帰ってくる。これが生活パターンなので、待ち伏せすれば必ず撮れる。

しかし暗い iso 3200 f4.0
IMG_3808
IMG_3799
IMG_3839
IMG_3818
IMG_3851



(03:00)

2012年09月08日


塒入りの一団が前を通過。
先に通った親が木の上から、変な奴が居るから早く通過せよと警戒警報を出しっぱなし。目の前を遅れた子達が横切った。近すぎ。

IMG_3439

子供達 尾はチャンバラトリオのハリセン
IMG_3433
IMG_3436
IMG_3425
IMG_3453
IMG_3450
IMG_3443



(03:00)

2012年08月31日


いつも逃げられるのでねぐら前で暗いうちから待ち伏せ。
5:17 親鳥の起床ラッパ
5:26 警戒しながら出てくる
iso:1600 f:4.0 でなんとか
IMG_3153
IMG_3174
IMG_3178

1番子2番子
IMG_3185
IMG_3163



(12:41)

2011年10月05日

何か道の真ん中でうごめいている。よく見るとコジュケイの雛6羽が砂浴び中。あわてて家にカメラを取りに行ってきたが、まだやっている。長いことやっていたので動画も撮れた。

コジュケイ
IMG_9795

親もやってきた
IMG_9824

砂煙も上がる
IMG_9886

へそ天の子もいる
IMG_9838
IMG_9842

これでお開き
IMG_9894






(00:30)

2011年09月09日

母さんだと思っていたら蹴爪があった。

IMG_6011
IMG_6015

さあもう一度やりなおし
IMG_6016

お兄ちゃん達とこんなに差があります
IMG_6020

待ってくれー
IMG_6024

えーい、飛んじゃえ 夏子は鳥だった。
IMG_6025

総勢 10羽でした。
親2
春子3
夏子5


(00:30)

2011年09月08日

朝出がけに庭先で出会ったコジュケイの大家族です。春に生まれたのを春子、夏に生まれたのを夏子とします。

まず母さんが様子見 蹴爪がない
IMG_5985
IMG_5988

第2陣の春子が様子をうかがう
IMG_5990

第3陣の夏子軍団がひかえる
IMG_5993

今だと夏子飛び出す
IMG_5995

夏子フライング
IMG_5998

後からもう2羽
IMG_5999
IMG_6003


なぜか突然撤退
IMG_6007

長くなりますのでこの続きはまた明日





(00:30)

2010年09月02日

朝早く待ち伏せてみました。30分程待つとゴソゴソと出てきました。
6月頃生まれた1番子と8月末の2番子が2羽と思われます。昨年はこの頃ひなが5羽ゾロゾロ親について歩いていました。

おねえちゃん?と
IMG_6719
IMG_6693

1番子のおねえちゃん
IMG_6637
IMG_6606
IMG_6639

お父さんは色がきれい
IMG_6612


(00:05)

2010年08月31日

草を刈ると良く出てきます。後ろの溝で変な鳴き声がしていたので巣があるかも知れません。距は♂が喧嘩するときに使用するようです。

コジュケイ ♂
IMG_6412
IMG_6401
IMG_6387
IMG_6423

参考 昔の画像ですがキジも当然あります。
IMG_1399
IMG_8126




(00:05)

2009年09月26日

毎朝6:00頃自宅まわりで大声で鳴いている奴らです。
IMG_6254
IMG_6241

もうすっかり若鶏になりました。
IMG_6226

私が親です。
IMG_6246



(03:52)

2009年09月02日

鳴き声は毎日聞きますが、なかなか撮れません。
IMG_3163
IMG_3166

家の周りで。若です。
IMG_3323

顔の赤いのが親です。子だくさんです。
IMG_3339
IMG_3327



(04:27)