January 31, 2024

ホスピタリティマインド

#盛岡

お世話になったB&Bの朝食は、タカキビホットケーキがうまうま。冷めてももちもちで、これはスロウイーターにはうれしい。ジャムやはちみつは日替わり。地元の藤原養蜂場の味くらべができたり、雑穀シロップの繊細で優しい味に感動したり。

岩泉で雑穀栽培をしながらお菓子づくりもされる雑穀ラブな「雨や菓子店」さん。すっかりファンになって帰ってきました。

日替わりコーヒーはfulalafuさんのやや深マンデリン。これ、ずーっと飲んでいられる美味しさ。fulalafuさんは人気の焙煎店とあってお客さんがひっきりなし。当然、自分用にも豆を買ったけど、もたもたしてたらラス1のモカグジが目の前で完売になってしまった。オマガー!

B&Bの夜はバー仕様。日本酒、ワイン、クラフトビールをとっかえひっかえしているうちに日付が変わって、なお盛り上がる。

で、翌日予定していた朝市はすんなりあきらめました。まいっか。

スクリーンショット 2024-02-25 15.05.20

sasamox at 17:07|Permalink岩手旅 

いとをかしがすぎる

#盛岡

岩手山を背に、かじかむ手で茶筅を振るはいとをかし。

ひとたびピューッと北風吹けば、懐紙もろとも和三盆がころり。北風小僧か、はたまた風の又三郎のしわざなら申し分ない。

思いつきで「雪見の野点がしたい!」とわがまま言ったら、友だちが即興で道具を組んでくれた。

寒がる連れと友をよそに、なんのこれしき。盛岡に来て、こんな楽しいこと(バカなこと)してる人いないっしょ! と、自賛。

スクリーンショット 2024-02-25 16.44.34

sasamox at 12:30|Permalink岩手旅 | 茶の湯

January 30, 2024

どぶろくのちょっと長い話。

#盛岡

どぶろくのちょっと長い話。

一昨年、20種ほどのどぶろくテイスティングの機会があって、そのとき飲んだnondoさんとこのどぶろくで雷落ちた。ノンダノンド、ノンドノンダ、回文になりそでならない。

以来、いつかいつかと出会いのチャンスを願い続けてかれこれだ。もちろん、遠野にいけば確実だろうし、都内で飲めるとも聞くし、取扱店を攻める手もあるけど、少し遠まわりしたり、わざと迷子になったりする散歩の途中で偶然見っけた! みたいなのがいい(めんどくさ)。

ある日、めぐりめぐってどぶろくが飲めるお店が盛岡にあると知る。しかも喫茶店でよ! 喫茶でどぶ! どぶを喫茶で! ミスマッチの妙、これこれ、大好物。

盛岡滞在中のどこかに組み込んで欲しいと敏腕ツアコンにゴリ押ししたら、なんなく願いが叶いました。あっさり。

この日ありつけたのは2種のどぶろく。以前飲んだ生酛とはまた別のタイプだけど、あー、コレコレ! この感じよ、このガス感よ! グラスに注いだそばからプクプク、ピチピチ、生きている。どぶろくが早く飲んでと言っている。遠くにトロピカルな陰影、ベタつかない甘さ、酒器も素敵でフォーリンラブ。

小腹を空かせたツアコンがレモンケーキを注文。しっとりパウンドに軽いクリーム。これがどぶろくとよく合う! 合いすぎる、愛すぎる! 

そしてそれらの感動を何層も上塗りする女主人のホスピタリティマインド。惚れてまうやろ度数急上昇で、穏やかなる空間をかしましくしてまったようではあるものの、あの日カウンターを陣取れた奇跡とともに、余韻に浸りたくて何度も写真を見ているよ。

いい時間でした。

スクリーンショット 2024-02-25 16.22.50

sasamox at 22:00|Permalink岩手旅 

ポテト、ミルク、ポテト

#紫波

酪農王国岩手。

目移りさせる乳製品の多彩さ。洗剤の詰め替えパッケージみたいな徳用シリーズ、ウケる。

高橋農園さんとこのじゃがいもは石蔵貯蔵で甘みを引き出す。3種の揚げたてポテトの食べくらべ、ピクルス付き。ひたすら美味!

小腹満たす正解例。

そして愉快なドライブは続く。

スクリーンショット 2024-02-25 17.00.17



sasamox at 17:01|Permalink岩手旅 

January 29, 2024

ギブアップ劇場

#盛岡

ここはひとんちですか? お邪魔しまーす。

玄関で靴を脱いで階段上がると部屋があって、ますますひとんち感! ローカルが案内するコスパ感覚が狂ってる店で海鮮三昧。この日もたらふく。

銘々海鮮鍋に始まり、旬の地のものがノンストップわんこそば状態で運ばれて笑いが止まらない。地味だけど、うまっ! 器やしつらいにこだわりはない。1ミリも、ない。でも、うまっ!

一息ついたところで、刺身、アジフラがきて、あたしゃお手上げですわ。ギブギブ!

例えるなら漁師がやってる民宿っぽくもあり、親戚んちでふるまわれてる感もあるが、早い話が1階は魚屋さん、2階が居酒屋という満卓御礼のお店でした。

アジフラアンバサダーいわく、オレが食べたアジフラでいうと、3本の指に入る逸品だと。わたしは持ち帰りましたが、翌日でもまいうーでした。

次行く機会があったなら、ちゃんと完食したい宣言!

スクリーンショット 2024-02-25 15.09.15




sasamox at 23:30|Permalink岩手旅 

あの焼売

#盛岡

昨夏、モツレさんで飲んだ黒ラベルは、いろんな条件が重なって、「昨年おいしかったビール3傑」のひとつなんだけど、その記憶がいまも消えず、いろんな人に(興奮しながら)言いすぎて伝説の1杯くらいになっている。

加えて、レンコンの含有率が超絶神! の自家製焼売と、墨汁ルッキングな煮込みのインパクトもたまらなくて(墨汁に沈むお豆腐の白に見入ってしまう)、是が非でも再訪したいと思った1軒。

で、この日のおすすめ。たたきに近いなめろうには青唐辛子みそが添えられていて、韓国海苔で食べるスタイル。美味。マネする!

もしこの先、盛岡にちょっとでも立ち寄る時間ができたなら、なりふりかまわずモツレ目指して、自分みやげに焼売買って帰るって決めている。

結局、サイトーに悪いヤツはいない説。

スクリーンショット 2024-02-25 16.44.45

sasamox at 16:54|Permalink岩手旅 

January 28, 2024

りんご慕情

#紫波

りんごかわいや、かわいやりんご。りんごの国の人だもの。りんごのお酒を嫌いなわけがない。
育った土地柄とおフランスかぶれの過去から、耳なじみがあるのはシードルって響きなんだけど、目指す本場に敬意を払う作り手に寄り添えば、ここはひとつハードサイダーと声高らかに! なんて言いながら全然するっとクチから出てこない。ハードと言ったらロックだし、ヘヴィーと言ったらメタルだし。

閑話休題。

今ツアーの目玉、Green Neighbors Hard Ciderへ。

再会にも似たような偶然の興奮と共に、フライトで全タップ。ドライバー用のアッポージュースもね。

業界や周辺事情ばかりか、京都にまで話が及んで盛り上がり、りんごはなんにも言わないけれど、りんごの気持ちはよくわかる。やっぱ、りんごだよなあ。パイナポーもラ・フランスも、めがった! 
コーポレートカラーに合わせたようなグリーンのマーチンがおあつらえ。

あー、楽しかった。
ちょっとだけ酔っ払った。
またね。

スクリーンショット 2024-02-25 16.25.17

sasamox at 19:30|Permalink岩手旅 

花巻と言ったら東

#花巻

お邪魔しました!
にやけっぱなしであいとぅいまてーん。

ツアコンがいい仕事してくれたよ。
ありがとう。

あと、久しぶりにニノキン見た。

417444947_7205998806150479_4586520639547034380_n

sasamox at 16:52|Permalink岩手旅 

January 27, 2024

ケンジかタクボクか

#盛岡

季節が違えばよ市が開催される材木町界隈にはケンジゆかりの光原社なども。

かつての文学少女もケンジはこれっぽっちも通ってなくて思い入れがない。ごめん、ケンジ。

じゃあ、啄木はというと、これはこれで父との思い出が濃かったり、函館とのご縁も深かったり、最近じゃあ、新潟で出逢ったえっちゃんが好きだったりで馴染み深い。えっちゃんはお手紙にいつも啄木の句を添えてくる。

上野駅でなら、思いっきり訛ってみるか、そを聞きにゆくかだ。でもって、駅って言わないで停車場って言っとこ。

27_1

sasamox at 19:00|Permalink岩手旅 

老舗色をどうするか

#盛岡

赤レンガだのレトロ建築だのにめっぽう弱い。

和洋ひっくるめて建物探訪は旅感が上がるね、おはようございます、渡辺篤史です。

肴町(さかなちょう)商店街の鍵屋さんで地酒チェック。存じ上げぬ方もおいでで、ローカル万歳! アレもここで買えるのか! 

どことは言わぬがブランディングがオシャレすぎて、せっかくの老舗色が消えてしまって食指が動かないってこともあるよね。

27

sasamox at 16:49|Permalink岩手旅 

January 26, 2024

仕事守

#盛岡

櫻山神社はどんと祭のお焚き上げ。 

おみくじのバリエーションが多彩で楽しい。
大吉をいただく。

烏帽子岩に圧倒されつつも、そのワードでサザンを連想しない人なんていないよねと思う胸騒ぎの腰つき。

飲み屋が連なる参道界隈はよい雰囲気。

26



sasamox at 16:47|Permalink岩手旅 

忘却の彼方

翌日もいいあんばいに雪が降って、笑うしかない。

れんが倉庫美術館は案内役として。
わんこにも挨拶しなくっちゃね。

4年住んだ街の道をすっかり忘れていて、おまけに道が雪で見えない! どこが歩道か車道かわからない!

あー、やんなっちゃう。
でも、あなたのことは嫌いになれない。
弘前も雪も。

ショートカットして、次なる目的地をつらつら綴りながら、余韻に浸る。

スクリーンショット 2024-02-25 15.15.51

sasamox at 16:07|PermalinkART | おでかけ

January 25, 2024

迷わず土紋で

弘前の夜は迷わずここで。

少し深酒したけれど、翌日には響かない佳酒ばかり。

ニシンの切り込みに大吟醸の酒粕を。
知ったその日から、あなたがお酒泥棒キングです。

スクリーンショット 2024-02-25 15.15.04

sasamox at 23:30|Permalinkdrink & eat@out | おでかけ

山の中、雪の中

「奈良美智ーThe Beginning Place ここから」

行くなら今しかなかった。

寒波と一緒に青森入りして、ものの見事に大雪にお見舞いされて、それを歓迎の意ととるか否か。

私は前者だけれど、今回はなかなかの降りっぷり。途中、キレましたが、それでもウエルカムとみなします。

奈良さん、たんげいがった!
ドライバー、ありがとう。

スクリーンショット 2024-02-25 15.29.02



sasamox at 16:05|PermalinkART | おでかけ

January 24, 2024

借りた経緯が謎

くどうれいんが2冊。
借りた経緯が謎なんだけど、タイミング的にドンピシャ!

要するに、縁があったんだと思う。

ほかは完読に至らず、また会いましょう本に。。。
ううううう。

だけど、伊坂本は旅に持ってく!
ハードカバーでも持ってく!

24

sasamox at 15:44|Permalink読書