DSC_0291

どうも皆さま、お久しぶりです。
ずっとブログを放置していたのですが思うところあって再開しようと思います。

さて、ツイッターのフォロワーの方や一部の人は知っていると思いますが実は今年の2月頃骨折しておりました。
今回からはそのことを少しネタにして書いていきたいと思います。

あれはさかのぼること2019年2月上旬のこと、いつものように会社に行くために自転車通勤をしておりました。
その時の、自転車は雨の日通勤号として買ったジャイアントエスケープR3。
地面が少し濡れてましたが天気は回復傾向。
メリダと迷いましたが雨の日通勤号を使うこととなりました。

走りなれた道、会社に行くときはほぼ全てその道を使うようないわゆる走りなれた裏道を走っていつも通り会社につくなと思いながらペダルをこいでおりました。

何百回と走り、何百回と曲がったその曲がり角そこを曲がったときにそれは起こりました。
がくんと衝撃を感じぐらぐらとハンドルが制御不能になりやばいと思った瞬間、自転車から投げ出されました。
一瞬なので見間違いかもしれませんがエスケープが空を飛んでいるのを見たと思った瞬間、右足から地面に落下1回転して道路の真ん中で空を仰ぐ状態になったのです。
おそらくですが一瞬意識が飛んだような気もしますが気づいたら空を見て倒れていました。
やっちまったなと起き上がりますが右足に激痛が走ります。
いてて、派手に打撲したようだなと思いずきずきする右足をかばいながら立ち上がるとぶっ飛んだエスケープのもとに歩いていきます。
おはいえずきずきして右足にも違和感。
不幸中の幸いにも車の歩行者もいないので心配して駆け寄る人もいなく、完全に自爆事故です。
この時の、私の頭にあったのは会社にいかないと遅刻するわけにいかないよなでして、骨折してるなんて夢にも思わずにエスケープに乗りペダルをこごうとしますが右足が痛くて回せません。
幸い会社からそう遠くない地点でしたので左足だけでなんとかこいで会社に到着
右足を引きずりながら仕事の準備をしていると上司が足を引きづってる私を見て

「おい!ササナギ!どうした?」

「あ!おはようございます。通勤中に落車して右足を打撲してしまったみたいで」

状況的に普通に体重かけて歩けずひきずるように歩いている私。

「病院は行ったのか?」

「いえ、終わったら行くかもしれませんが仕事が・・・」

「いいから病院行ってこい!今日は仕事はなんとかしておく」

「え?しかし」

「いいから行け!報告はしろよ!」

と、会社からたたき出され近くの市民病院へ
タクシー使うまでのない距離なので来た時と同じようにして病院へ行きました。
その時の画像
DSC_0235

写真をとる余裕がありましたね。
このころの私はまだ、打撲だと思ってましたから数日で痛みは引くと考えてます。

病院につくと緊急でしたが見てもらえることになりツイッターでつぶやきながら骨折したかもと軽くつぶやいていました。
どうせ、打撲ですねと言われるだろう。
根拠もなくそう確信している愚かな私です。

ようやく、呼ばれレントゲンを撮ってお医者さんとみてみます。

「レントゲンでは問題ないように見えます。ただ、怪しい影があるのでCT検査しましょう」

とベットとドーナツが合体したような機械に右足を入れて30分。
これ、よく精密検査とかの時に使うやつだよな。ドラマとかアニメで見たなとお気楽に考え眠かったのでうとうとしており検査終了。
結果がでて再びお医者さんの前にそして、

「骨折してます」

ええええええええええええええええ!

無慈悲なその言葉に驚愕しますが写真には確かにひびが入っているのが見えました。
場所的には右足の中央、お皿のちょっとしたと骨と骨の連結部の上の部分です。
まさか、入院するのかと思いましたが
自宅でいいですよと言われてほっとします。
ただ歩いちゃダメです。
まじかと思いながらどれくらい出直るかと聞いてみます。

「早くて3週間遅くて2,3か月ですね」

結構絶望的な気分になりましたw

そして、一番最初に張った白いギブスを渡されます。
中に棒が入っていて足を曲げれなくするやつです。
昔はセメントで固めてがちがちにしていたそうですが現在はそれが主流らしいです。
そして、松葉杖だしますねと人生初松葉杖w

おお!松葉杖だ!と意味もなく受け取ってリハビリの先生に使い方を学びます。
使った感想は意外と余裕だなという感じでした。
というのもランニングや自転車、筋トレ等体力や筋肉的には余裕があると考えてたので松葉杖でウォーキングできるかなとか考えてましたw

そして、帰りですが迎えに来るという家族を断って松葉杖片手にエスケープで帰りましたが途中で左足の筋肉が限界になり少しづつ進んで帰る羽目に・・・
え?嘘だろという目で途中見られますがなんとか帰宅。
風呂に入っていいとのことで足を曲げないようにしながら風呂に入り部屋の自分のベットに入った瞬間。
これからしばらく、仕事も休んで療養生活かと思いながら眠りにおちるのでした。

ちなみに会社に連絡すると上司がもろもろやってくれたようで治るまでは休めることとなりました。

こうして、私の人生初骨折後の療養生活が始まったのでした。

つづきます



続きです。
アイウェアを手に入れる準備を整え、次にするのは本体の注文。
オークリーのサングラスですがここで、選択肢。

メーカーの候補としてルディプロジェクトとオークリーを選択肢に考えました。
ルディはオークリーと並んで有名なメーカーなのですが交換レンズの候補や形がいまいちピンと来なかったので
メーカーはオークリー。
そして、中の候補はかの有名なジョーブレーカーとレーダーロックパス
どちらもプロが使っているものなので後は好みの問題になります。
最新式という点ではジョーブレーカーかと思いました。
限定 オークリー ツール ド フランス ジョーブレーカー OAKLEY JAWBREAKER PRIZM ROAD TOUR DE FRANCE EDITION OO9290-2731 サングラス

実際に使用している自転車仲間の方もいて見せてもらったこともあります。
そして、ジョーブレーカーに座を明け渡しつつあるのがレーダーロックパス
(オークリー) サングラス 9206-27 ジャパンフィット Prizm Road レンズ OAKLEY Radarlock path [ ランニング 自転車 ロードバイク ] (レーダーロック パス) オークレー スポーツサングラス OO9206-27
これに関してもつけている人と一緒に走ったこともありブログでも紹介されていて候補にしていました。
選択肢はこの2択にしようと考えます。
両者の利点はレンズ交換が難しくないこと。
多分ですがジョーブレーカーの方が交換しやすいのかな?

風を巻き込まずレンズの大きいジョーブレーカーは利点が大きいのですが第一印象は私的にはレーダーロックパスの圧勝でしたw
ただ、時代に逆行するようなことしていいのかと考えるも結局

IMG_20180223_005751

レーダーロックパス♪
プリズムレンズです(^^♪

つけて走ってみた感想は私が今までつけていたアイウェアはアイウェアじゃなかったんだ・・・という感想ですw
とにかく、2万以上するアイウェアなんて生まれて初めて買ったわけでもう、何もかもがよく見えましたw

右上左上の穴から風が入り目が痛くならないのかと思いましたがもちろん、プロも使うのでそんなことはなく快適でした。
そして、所有欲が満たされるw
これをつけてロングライドしたいとテンションもあがります!

オークリーサングラス最高!と大満足な買い物でしたw


ロード乗りにとってアイウェアはなくてはならない存在です。
風から目を守り虫から目を守る。
ロードに乗り出してサングラスを初期に選定していたころは選択肢がほとんどありませんでした。
眼鏡をかけているとサングラスは選択肢がない!
度入りは高いんだよ!と試行錯誤し

(フェリー) FERRY 偏光レンズ スポーツサングラス フルセット専用交換レンズ5枚 ユニセックス ブラック





この系統のサングラスを愛用していました。
このタイプはインナーフレームというものが入っていて眼鏡の三木なら5000くらいでレンズを入れてくれます。
視界が歪むだと脅されますが私は2年か3年使い続けて苦痛に感じることはほぼありませんでした。
初期はありますけどねw

眼鏡の自転車乗りで安くアイウェアを手に入れたい場合は1つの選択肢と言えるでしょう。
何よりレンズがたくさんありますしねw


ですがそろそろ新しいアイウェアを私はほしいなぁと漠然と考えていました。
というのもグループライドととかでやっぱり、みんなかっこいいアイウェアをつけてるんで物欲が沸いて沸いてw
ですが、今まで視力が悪いせいで買うには至っていませんでした。

視力が悪い私がアイウェアを買うにはインナーフレーム入りのしかないと考えてましたが有名どころにその選択はないようでコンタクトを作るしかないと最終的には判断したのですが・・・

作ったことない私から見ればコンタクト作るのどうしたらいいの!むちゃくちゃ高いんじゃないの?
と知らない世界に飛び込むようで迷いの森に入り自転車仲間やいろんな人に聞いたりして情報を集めてついに
買うことを決断。

近くのイオンの中にあるコンタクトの専門ショップで眼科を紹介されてそこで処方箋もらってきてねと言われ眼科に向かいます。

ですが・・・はっきりいいます!
コンタクトを作るに至ってこの眼科という過程は試練です。
まず、目の検査をいろいろしてからコンタクトを実際につける過程があるのですがまず、看護師さんにつけてもらい。さらにそのあとに自分で両目を取り付けるという過程があります。
この自分でつける過程は制限時間30分!
最初に30分でつけれなければ帰るという書類にサインするのでこれは絶対です。

取り付けに関しては余裕余裕と甘くいていた私は何回やっても失敗ばかり20分以上やってやっと片目ですw
看護師さんの声は明らかにこの不器用なクズが!なんでこんな簡単なこともできないのよ!
死んだら?(実際言ってませんw)
とにかく、看護師さんの視線が痛い痛い!
私こんなに不器用だったかと悲鳴をあげつつ片目と奮闘していると

次失敗したら終わりですよクズと看護師さんに言われます(実際は普通の言葉)
もはや、死刑宣告ですw
あと1回失敗したらもう一回来ないといけません。
もちろん、コンタクトは買えませんw

全ての集中力を結集し慎重に慎重にコンタクトを入れます。
頼む!入ってくれ!
よし!入った!と思った瞬間
ポロ
あああああああああああああああああああ!
無情にもそれは落ちます。
ですが看護師さんの隙を見計らい落ちたのを隠してつきました!と嘘を言って乗り切るとというとんでもないことをして処方箋をもらうw
その後つけれるようになったので結果良ければすべてよし!
そんなこんなでコンタクトを買うことができました!
使い捨ての奴です。

コンタクトを作るにあたって注意が必要なのが両目で視力が違うと右用左用と2つコンタクトがいりますので注意が必要。
かかった経費はコンタクトが5000くらいで受信料が1000円くらい後は点眼液とか買ったので大体7000円くらいでコンタクトは作ることができました!

そして、私はあれを買えたのです!
続く



IMG_20180223_005510




↑このページのトップヘ