キヒネッタ?

お待たせしました!
(え、待ってないって?そんな事言わずにね。笑)

モルディブ料理「マスフニ」の作り方をご紹介!
DSC03317


マスフニとは?

まず、マスフニについて説明しますね。

みなさんご存知の通り、モルディブは海に囲まれた島国です。
主な産業は漁業と観光業

日本も島国なので、魚をよく食べますよね。
それはこちらモルディブでも同じ。

「一人あたりの魚介類消費量」が、日本は世界6位なのに対し、
なんとモルディブは世界第1位!!!

ツナ缶の工場は色々な島にあるため、種類も豊富です。
DSC03248

ツナ缶を見て「あれ?」と思った方もいるんじゃないでしょうか?

実は、モルディブのツナ缶はサイズがとても大きいんです。
大体一缶180g~200g。
日本だともう少し小さいですよね?

値段は16ルフィヤ~20ルフィヤ(128円~160円)です。
かなりお手頃な値段なので、買い物に行くとまとめ買いしちゃいます。


材料と作り方

必要なものはこちら!

【材料】
・玉ねぎ
・ツナ缶
・ココナッツの身を削ったもの
・レモン汁or ライム汁
・お好み野菜

ココナッツ以外は日本でも簡単に手に入るものばかりですね!

私の家にはココナッツを削る道具がなかったため、すでに削られているものを買ってきました。
冷凍でしか売っていません。


ではでは、続いて作り方にいきましょう!

1)ツナ缶の汁気を取り、身をほぐす。
DSC03299


2)玉ねぎをみじん切りにする。
私は歯ごたえがある方が好きなので、粗みじんにしました。
(決して料理ができないとか、そういう類ではありませんので、誤解なさらず!←必死。笑)
DSC03302


3)1の中に玉ねぎみじん切りを入れ、混ぜる。
DSC03305


4)3の中にココナッツを削ったものを入れ、混ぜる。
DSC03243


5)レモン汁(写真はライム汁)をお好みでふりかける。
DSC03309


6)完成!!
DSC03311


お好みの野菜は、玉ねぎと同じくみじん切りで混ぜるといいかと思います。
あと、通常は唐辛子を入れますが、私は辛いのが苦手なので入れません…。

その代わり、カレーリーフを(カレーを作るのに欠かせない葉っぱ)を刻んで入れました!
風味が出て美味しかったです!!
DSC03312


作り方を見て、これだけっ!?と思った方もいるでしょう。

ええ、私もそう思いました。

でもね、これ本当に美味しいんです。
モルディブ人は、ロシ(チャパティのようなもの)と一緒にマスフニを食べます。
一度パンと食べてみたけど、あんまりだったかな…。笑
なので、ロシと一緒に食べることをオススメします!

そんなこんなで、以上、マスフニのレシピでした!


ロシのレシピはまた次の機会に…!
(ロシは一度失敗したので、それ以降作ってないんです。←逃)

でも、もしも、もしも、
「マスフニ食べたいから、ロシの作り方早く教えてくれ!」とか
「マスフニのレシピが気になって眠れません。Byペンネーム 眠りの森の美女」とか
「ゆかぁああああ!!!!!早くレシピ書けやぁああああ!!!!!」とか言われちゃったら
寝る間も惜しんで、急いで書きますけどね。
まあ、そんな人いないでしょうね。笑


ちなみに、私は今回ロシでは無く
パロタ(南インドなどで食べられるデニッシュっぽい食べ物)」と一緒にマスフニをいただきました。

DSC03317

「さんざんロシ推しといて、ロシじゃないんかーい!」
と心の中ですばらしい突っ込みを入れてくれたあなた。

ありがとうございます。笑
そして、ロシじゃなくてごめんなさい。笑


まとめ

モルディブ人の朝食として欠かせない「マスフニ」を作ってみました!

日本人好みの味だと思うので、ぜひぜひお家で試してみてください!