June 29, 2006

引越し挨拶

わたくし、住み慣れた通称活力門を、引っ越すことに致しました。
新天地で不安もイッパイですが、これからもひとつ、どうぞよろしく。

だって・・・
不具合が多いんだもの・・・

ごめんなさい。


愛をつぐなえば 別れになるけど
こんな女でも 忘れないでね

やさしすぎたの あなた
こどもみたいな あなた
あすは他人どうしに なるけれど

というわけで、新住所です。テキュー!!!
sasasa1979 at 16:53|この記事のURLComments(0)TrackBack(0)日記 

June 27, 2006

Je t'aime, moi non plus

ジュ・テーム・モワ・ノン・プリュ


大好きなフランス映画の一つ。
ゲイの男性に恋をしてしまった女性(J.バーキン)の、「大好きな人に女としては愛してもらえない」切なさを描いた名作。
昨今のインスタントな惚れたはれたばかりの、上っ面だけキレイなドラマに辟易しているアナタにおすすめ。

先日からの妹との議題。
「好きになった人が同性愛者or自分以外の恋人持ちの場合、どちらがより痛手が大きいか?」
妹・・・まだ同性愛者の方がいい。諦めがつく。
わたし・・・同性愛者なら可能性ゼロだが、ノンケならば万に一つの可能性もあるので、異性の恋人の方がいい。妻子の有無は問うが、恋人の有無は障害にはならじ。

皆様は如何でしょうか??


ところで。

今日の鹿児島は午前中に親のカタキのような豪雨が襲い、
事務所から道路を見下ろすとまるで


ホテルはリバーサイド
川沿いリバーサイド
食事もリバーサイド
お  ぉ リバーサイド(書いてみるとスゴイ歌詞だ)


・・・という歌を彷彿とさせる程、そこらじゅうの道路が川と化していた。
雨量の勢いに負けじと、通話が困難になるレベルの雷鳴が続いた。

我家には
・犬(♀、13歳前後)
・フェレット(♀4歳、♂3歳)
・ネコ(♀、一ヶ月半前後)
・その他(メダカ、ベタ:年齢不詳)
が暮らしており、様子が心配で昼休みに一時帰宅。

犬は普段出入りを禁じられている床の間の奥で怯え疲れて爆睡。
ネコはケージ内で手当たり次第脱糞
フェレットはいつもどおり昼寝

予想通りだ。

最近、徐々にネコを他の動物と慣れるよう訓練中。
その甲斐あってか

ふうちゃん(ネコ)&ミニー(犬)

ふうとミニー







仲良し・・・というより、ふうちゃんの悪戯にミニーが根気強く耐えている関係。

よく「犬とネコ、どっちが頭良い?」と聞かれるが、彼らの違いは頭の良し悪しではなく、「人間とうまくやっていこうという気持がどれだけあるか」であって、犬はこの点に於いて優れていると言える。
ネコは人間が愛情を注ぐ生き物=愛玩動物、犬はお互いに関係を発展させていける=仲間、とも言えるかも知れない。


お次はフェレット(ヨーロッパケナガイタチ)のもじょ子(バタースコッチ・パスバレー)、桃次郎(アルビノ・パスバレー)と。
「哺乳類ウナギ」様の外見はともかく、奴らは遊びや食性はネコに近いハズなのに・・・

フェレズ







とにかくあいつら(フェレズ)の行動は予測不能。
静止時間が殆どないので写真に納めるのが非常に困難。

好きな遊び







テンションも意味不明だし・・・

なんだあいつ








フェレズ:「にゃはははははーーーー!!!!」
ふうちゃん:「なんだあいつ」

因みに、我家で一番のお人好しミニーからも苦手とされている・・・(哀)。

とにかく、ネコも呆れるほどあいつらの行動は意味不明、且つあんなに自由奔放で自分勝手でへこたれない生物は他に類を見ない。

・・・よって、ウチで他の生き物と最も共生出来ないのはフェレズに決定

攻撃的ではない。寧ろ好奇心いっぱいに近寄っていく。
しかしそのテンションと意味不明さから、次第に疎んじられる。
友好的なのに、一緒に遊びたいのに受け入れられない切なさ。

それでもわたしは、この不器用で限りなく陽気な長い生き物が大好きなのである。


June 25, 2006

色彩のブルース5

Midnight Dejavu?色彩のブルース?


昨日の夢 オレンジ色の翳り
今日の夢 沈黙の気配示す
アルコールの川をゆっくり渡る
長靴のリズム 心で酔いましょう

鹿児島の中心で、鹿児島は田舎料理ばかりではござらんことを叫ぶ美頓です、こんばんは。

母の友人・鹿児島のセレウ゛リティA様親子がご案内くださった、最近のステキなお店。
A様家は地元では有名な経営者一族で、気品ある物腰は勿論、何にでも精通しておられ、徹底的にライフスタイルにこだわった、鹿児島には珍しい「一流を知る」方だとわたしは思っている。

母と祖母をお誘いくださったので、図々しくノコノコとくっついて行った


K亭装飾






鹿児島市内の中洲大通から程近い、創作和食。
ご夫婦お二人でなさっていて、個室(6〜8名)とカウンター6席程度と、とっても小さなお店。
でも、空間の使い方がとても豪華で、全く狭さを感じさせない。
東京でも有名ドコロはかなり行ったけれど、引けをとっていないと思う。
因みに奥様は畑野浩子似のスレンダー美人ーー

こちらはご主人の二十年来の薩摩切子コレクション。
このようなコーナーが数箇所あって、雰囲気を醸し出している。

薩摩切子








コレクションの時期から推測するに、薩摩切子が復刻された直後のものと思われ。
店内もお料理も、純和風ではなくシノワっぽい・昭和モダンっぽい感じ?

廊下敷きが古い帯だったり、コースターが古袱紗だったり。
江戸切子












江戸切子で頂くビールは格別!!カンパイ!!!


北雪激馬












・・・で、調子に乗って冷酒まで頂いた。
冷酒は危険なんですがね〜(周りが)。
北雪が美味しくて、わんこ状態・・・

お料理も最高。
いつもは焼酎お湯割だけれど、ここは日本酒かワインが合う。

エビちゃん









コースだったのに、飲食に夢中で殆どまともな写真が撮れていなかった(悔
味は勿論、盛り付けや食器もこだわりが感じられ、大満足。
個室だしマイナーだし、誰にも会わない、というのも吉。

サビ抜き派です








最後は一口握りで〆。


二件目は、我々の一押しバー、「Y」へ(ここもA様親子に以前ご紹介いただいた)。
鹿児島の繁華街・天文館は地蔵角近くの、蝋燭の明りを照明にしている、深夜に差し掛かって要メンテナンスな顔面を適度に誤魔化してくれるステキ空間。
ここのマスターはかなりお若いと思う(推測20代後半〜30代前半)が、これまた大変なこだわりをお持ち。

バー「Y」







ここは季節の水菓子(果物)がオススメ。
勿論、カクテルにもしてくれる。
フレッシュジュースで作るカクテルなので、お酒が苦手な方も楽しめる。
わたしのお気に入りは、
・生チョコ(毎日手作りされるらしい)
・ハチの巣(ハチの巣にたっぷりのハチミツが悶絶美味。裏メニュー。)
・チーズ盛り(ミモザとパイナップルの組合せが絶妙)
この日はこれに、フランボワーズのカクテルで。


・・・ほらね??
あるでしょ?

垢抜けたところ。

もう、東京や大阪のシティーボーイやらシティーガールやらモボやらモガやらは、鹿児島に来ると馬鹿の一つ覚えみたいに田舎料理ばかり行きたがるにも関らず、「やっぱり洗練度はTOKYO・DA・YO・NE」とか「鹿児島は食材は美味しいけど、雰囲気や料理が、やっぱり田舎臭いYO(暗に女性のことも指している場合が多い)」なんぞと言われてはがいか〜!!ち日頃から思っちょいやんのですよ。

勿論、豚骨やさつまあげや刺身も、地場のものだから抜群に美味しい。
けれど、鹿児島で、一流の雰囲気や味を持っているお店(数少ないが)で都会よりもずっと安い値段でそれらを堪能出来る、ということも楽しみ方の一つではなかろうか。


でも、繁盛しすぎてわたしが行き難くなったら困るから、店名は内緒

今度、連れていってあげます。たぶん。

June 15, 2006

あじさい通り

最近、何でもかんでも重曹で解決しようとする美頓です、こんばんは。

食器洗いによし、洗顔によし、デトックス(半身浴)によし、掃除によし。
たかだかふくらし粉と侮ることなかれ。


鹿児島は、めっきり梅雨でございます。
この時期は、土砂崩れは起きるわ、偏頭痛は出るわ、ゴ○ブリは出るわ、チャドクガに刺されるわで碌な目に遭っておりませんが。


昨日は茶道の稽古日。
先生のご自宅周辺は市内にありながら緑に囲まれており、特にこの季節は数十メートルに渡って続く通称「あじさい通り」が一際美しい場所。

あじさい通り







地味乍らお気に入りの夏色着物なのだけれど、写真に撮ってみると仲居さんみたいでがっくりきた。



最近、少し行き詰っていて(主に仕事とか仕事とか仕事とか)、今日は仕事中に寄り道して気分転換(いつも気分転換の方が長い気がするが)。

桜島ど真ん中







幼馴染のMちゃんのご実家が経営されている、「N美術館」という地元では有名な美術館からの桜島は、大好きな場所の一つ(勿論、中の美術品も素晴しい)。オブジェと南国特有の植物、そこに桜島の借景が抜群に美しい。県外の友人知人は一度は案内しているおすすめスポット。

夏、晴れた日の眺めが最高なのだけれど、今日のように梅雨空の眺めもはんなりとしてやわらかく、あたたかい。


鹿児島県民及び出身者の原風景には、必ずと言って良いほど桜島があると思う。
どんな思い出の中にも、どこかでその存在を感じてきた。
変わらないものと、変わっていくもののコントラスト。


花と桜島






一つ一つの物事を「凝視」しがちだけれど、小さな脳みそでいくら考えたとて何も前に進まない。絶望が深まるだけだ。
「凝視」して自分の限られた尺度で考えても、この世界で正解の出ること等きっと殆どない。
鳥の目のような大きな視野を持って、方向だけは見失わないことが肝要だ。

と、いうことを桜島は教えてくれた、気がした。
sasasa1979 at 22:35|この記事のURLComments(13)TrackBack(0)日記 

June 12, 2006

負け犬改め猛犬の遠吠え

やまねこ


♪おんなぁに うぅまれぇて
よろこんでぇくれぇたのぉは
かしやぁとっ ドレスやぁとっ ぜげんとぉをぉんなったらっしぃ♪


娘の年齢を聞いてドン引きした母を持つ美頓です、こんばんは。
よもや母から、「あ、あなた・・・そんな年齢なの?!(ガクガクブルブル)」等と恐れ慄かれるとは思いませんでしたよ。


来月27歳(貯金ナシ夫ナシ予定ナシ)ですが何か問題でも??


40歳までに結婚し(でき)なかったら、オオカミ犬や大型犬やネコやウサギやフェレットを沢山飼って、「ムツゴロウおばさん」として生きていきます(それはそれで楽しそう)。よーっしゃっしゃっしゃ。


先日、ミラクルタイプで「ニキータ女」がネタになっていたようで、LEONIST・NIKITIST(自称)のわたしとしては嬉しい限りです。
観てないけど。
TVの都合で一方的に時間を決められるのが嫌(録画まではしたくない)。

以前、LEONとNIKITAを取り上げましたが、それ以外にも最近のファッション誌はネタの宝庫ではないですか。
ツ○ヤで久々に立ち読みして、笑いを堪えるのにかなりの労力を要しました。


「あえてちょいハズし」
「あえてちょいダサ」
「あえてチラ見せ」
「あえて」を取ったら、ただの頭の出来がお気の毒な方です。

「いい意味で」って付けたら何を言っても悪口にならないよね?と濫用するのと同じ発想です。
(最も頻度が高いであろう「小悪魔系」は、既述ですので割愛いたします)

「オトナ可愛ドーリィメイク」
→とんでもないおてもやんフェイスの完成です。
「小麦肌に似合うゴールドカラー」
→ギャラクシーフェイス一直線。さよなら地球!!!
「美人度上昇のレッドリップ」
→今、そこの角で人でも食ってきましたか。
「エロ可愛うるうるヌードリップ」
→それは両生類の一種ですか?


大体にして、楽屋裏(異性のいない飲み会、職場の休憩室等)で大股開いて煙草をバカバカ吸いながら「腹減った」「メシ食いてぇ」「うぜぇんだよ」「バカじゃねぇの」等と言っている輩に限って、表では「プリンセス風」だの「小悪魔」だの「エロ可愛」だの「モテ系」だのエビだのカニだのとのたまうものです。

他人様に対して、「てめぇ」「オマエ」「あいつ」と言っている同じ口で化粧品に「この子」「お粉」「お色選び」だの意味不明な丁寧語を使用する様は馬鹿馬鹿し過ぎて臍が茶を沸かす。


内容の伴わない美しさをいくら追求したところで、滑稽でしかない。と言いたい・・・
(しかしパッケージに騙される人間が多いのもまた真なり)



sasasa1979 at 22:21|この記事のURLComments(4)TrackBack(0)日記 

June 10, 2006

胸キュン被害

今日は他の支店で展示会があり、受付係を頼まれて出張。

ま、他人様に誇れることっていったら、可愛さと美しさと若さと賢明さ位しかないから、会社の顔として受付嬢を頼まれるのは当然だわ??


すみません大嘘です。ていうかここまでくるとホラです(妄想とも言う)。
単に手が空いてた(ヒマそうだった)というだけのお話。

今年はSHA○P製品のブースがあり、DVD上映でのデモ。
正午前後は昼食時の為か、来客数が減り、手すきになった途端に激しい睡魔が・・・。

睡魔の原因は、昨夜眠っていたら、横で大イビキが。
「ヒイィ〜盗賊〜(ハートの)」と慌てて電気を点けたら。

ミニー







夜中に人恋しくなった(らしい)愛犬ミニーが、しれっとベッドに上がりこんでいたのでした。イビキで熟睡出来ず、寝不足の今日。

あらあら、わたしったら白目剥いちゃって、カナリ怖いわ〜
こら何とかせんなならん。

という訳で、昨日もご紹介した
WILD PEACE(DVD付)

の付属DVDを、デモしてもらうよう交渉→快諾で、早速一人上映会。
シビレました〜
昭和キャバレー色ムンムンのピンクのジャケットを着て、あんなにかっこいいのはスカパラ位のものです。
息切らせて何気なく振り返ったところ、手持ち無沙汰だったらしい他のメーカーさんも数人(50代男性)集まっていて、「COME ON!」に合わせて踊ったり下手なステップを踏んだりしていました。
驚いたわたしと目が合うと、皆さん恥ずかしそうに「いいですよねぇ・・・こういう音楽聴くと、ついつい一緒に踊りたくなって・・・」と頬を赤らめておられました。

か、かかかかわいい・・・。

キュンキュンきましたよ。


今日は、本当にキュンキュンし過ぎて心臓に負担が掛かりっぱなしです。

初対面







母と祖母が、東京から拾って帰ってきた子ネコ。
迎えに行った車の中で、カゴから出てきたところです。

東京滞在中、叔父夫婦とドライブしていたら子ネコが急に車の前に飛び出してきて、轢いたと思ったら姿がない。
数分走ったところ、どこからともなく子ネコの鳴き声。
気になって停車、ボンネットを開けてみたら。

タイヤのすぐ上に引っかかって、顔だけ出ていたそうです。

無類のネコ族であるウチの家族は、勿論引き取ることに。
どこから来たのかわからない「WHO ARE YOU?」から取って、名前は「ふーちゃん」です(名付けby母)。捻っているのか安易なのかよく判らないけれど、以前飼っていた元・野良ウサギも、同じ理由で同じ名前を付けられていました。

だっこ







うがーーーーー
オニかわいいんですけど!!!!!

現在ウチにいるペット:犬(キャバリア♀)、フェレット(バタースコッチ♀、アルビノ♂)、ネコ(mix♀)
もう少しでちびっこどうぶつえん位にはなりそうです。ガンバレ!!

オニかわいい







かわいさは、度を超すと凶器である。
sasasa1979 at 22:56|この記事のURLComments(4)TrackBack(0)

June 09, 2006

恋におちたら

feeac083.jpg一日でパフェを二度食すという暴挙に出てしまったことを今更ながら反省している美頓です、こんばんは。
びっくりド○キーのパフェは、「いかにもファミレス」的(カットフルーツ等技術を要する食材が入っていない)のでお気に入り。

高校時代は、パフェはしごやわんこパフェを繰り返しており、大人になって同じ轍は踏むまいと誓っていたにも関らず。

パフェが好きですーーー!!!

アナタノコトガ ダイトィウキデーーース!!!
アナタノコトガ トゥキダカラーーー!!!!!



・・・もういいですか。

最近、佐藤隆太に夢中。

先日ご紹介した
THE3名様


に続き、
ブース/booth


で彼にフォーリンラヴ。
繊細な演技がステキ。
笑顔がステキ。
目元がステキ。
長身がステキ。
前向き(っぽい)性格がステキ(予想)。
一緒に朝市行ってくれそうで素敵(妄想)。

ていうか、好きになっちゃってるから何もかも良く見えてますけどね。

しかし贔屓抜きで、「ブース」はおすすめ。佐藤氏が今までにない「鼻持ちならない嫌な奴」役に挑戦しています。演技力の高さがよく出ていると思います。ストーリーも中々面白かった。「えぇ〜そっちなんだ?!」というラスト。
DJブースという限られた空間の中で展開される、自信満々の嫌な奴→最終的に失禁、という精神状態の推移が見事。

最近の大好きその3!!!
WILD PEACE(DVD付)

予約して、ずーーーっと待って、漸く一昨日届きました。DVD付き!!!
一曲目の「COME ON!」は非公式ワールドカップ応援ソングとなっていて、前作の「DOWN BEAT STOMP」もだったし、何故敢えて非公式??と思っていたら。
今朝の「めざましテレビ」でメンバーの方が「公式ソングは、しばしば大人の事情が絡んでくるけれど、本来応援とは勝手にするもんだから」的な事(朝は頭が回っていないのでうろ覚え)を仰っていて、益々好きになりました。確かに、これまでの公式ソングって、送り手(マスコミ)側が無理矢理盛り上げてる感が否めないと個人的に思います。思い出せないし。
・・・ま、TV観ないせいもあるとは思いますがね。

因みに車専用。
部屋に持ち込むと睡眠不足になります。
DVDは、視聴後の心拍異常上昇による極度の睡眠障害が懸念されますので、休みの前の日まで見られません(アホか)。
車を降りたくないので、外回りの営業もドライブになりがちです。

あと、HARIBO復活!!!
甘いモノはやめられませんから!!!!
ていうかグミって殆どゼラチンだから、肌にいいんじゃないですか(無理矢理

先輩社員に、「美頓ちゃんって、ほんっと惚れっぽいのな」と呆れられましたが、いいのです。
好きなものは多い方が、生活は断然楽しいのであります!!
sasasa1979 at 23:27|この記事のURLComments(2)TrackBack(0)日記 

June 08, 2006

夢見る頃を過ぎても

梅雨の鬱陶しい日が続いておりますが、皆様お元気でお過ごしでしょうか。

ドライブ中に勝手にCDを変えられること。(特にJ-POPなんぞ掛けられた日には、即刻「屠リスト(HOF-LIST)」行きです。ご注意ください。)
この時期にニット帽被ってる男子。
コウダクミの大阪弁の歌。
に、イラッとくる最近の美頓です。

特にこの時期のニット帽、見た目も暑苦しいし、実用的でもない。
この物質文化豊かな日本に於いて、わざわざ頭頂部に熱帯雨林気候(人工)を捧げ歩く選択肢は少なくともわたしの中にはありません。
^枉錣亡┐り
禿げたい
雛を育てている
ぅ▲泪哨鹵和咾糧庭を頭頂部に作成中
ズ拔櫃稜殕棔淵轡磧璽譴覆掘
くらいしか可能性が浮かびません。

ところで先日(5/30)庭作業のことをアップしましたが、あれ以来「休日にはガーデニング」です。
「休日はガーデニングしてました♪」
って、聞こえはとっても優雅。
紫陽花など季節の花々に癒されて、ゆったりとした午後のひと時・・・。

庭の紫陽花






でもね。
庭作業の現実なんて、こんなものですよ。

ガーデニングの現実






かっこつけて、ナウいファッション(ローライズとか)なんぞで庭に出た日には、奴等の格好の餌食。
蚊どころか、毛虫毒虫にまでやられていました。腕の半分が赤い斑点に覆われております。
痒いのは勿論ですが、会う人会う人「わ〜、可哀想・・・ていうかキモチワルイ!怖!!」なんぞと言われるので、罰ゲームでもないのに南国鹿児島梅雨時蒸し風呂天国にて長袖生活を強いられております。チキショー
軽鬱状態に陥り、更新も儘ならなかったという訳です。未だ治りません。



夢と現実のギャップといえば。

マイケル・ジャクソン



この話題、今更ですが。
TV(スマスマ)で見て、ドン引きしました。
あの顔、放送していいのかなぁ・・・。放送事故かと思いましたよ。
こんな衝撃は、お塩テンテイのリサイタル映像以来です。
特殊メイク無しで、「サンゲリア」「デモンズ」「妖怪大戦争」他SFホラーに出演可能。
顔面18禁。(ファンの方ごめんなさい)

生き物の体温を感じないというか、特殊メイク化した顔(押したらへこみそう)。
スマスマ出演は当然プロモーション活動の一環だったのでしょうが、思ったより言動や行動はまともでした。
まともっぽいだけに、楳図かずお漫画や「妖怪人間」辺りに出てきそうな、グロテスクな悲劇を想像してしまいます。

というわけで、大人になったら立派な鼻を付けたいと思っておりましたが、現状の顔で良しとすることにします。


最後に、最近見つけた変な虫。
とても鮮やかな色が、梅雨時の庭で一際目を引きました。
名前はわかりません。捕まえようとしたら逃げられました。

赤くて変な虫
sasasa1979 at 11:24|この記事のURLComments(11)TrackBack(0)日記 

May 30, 2006

束の間の初夏

30154585.jpg初対面の人に「B型ですよね?」と言われると「何か失礼なことをしただろうか」と気になり、「B型っぽくないですね」と言われると褒められた気分になる美頓です。こんばんは。すみません、B型です。

血液を大量に奪われました。
蚊のヤロウに。あの俄かヴァンパイアめがっ!!

20数箇所食われました。
蚊取り線香を焚き、虫除けも大量に振ったのに。


今日は梅雨の中休み。しかも仕事が休みだったので、旅行中の母に代わり庭作業。
洗車して、フェレット(2匹)を洗って、掃除して、庭作業に入れたのはかなり日が昇ってから。

それはもう、モスキートパラダイスですよ。

作業っていうか、蚊に血液を吸わせる為に庭に出たのではと思ったね。

親のカタキのように草を毟ってやったさ。
もう、途中から変なテンションになって、「とにかくハゲるまで毟れ!!」ともう一人の自分が囁いたので、リュウノヒゲやら芝やらもごっそりやっちゃいました。母には内緒です。
ダンゴムシとかバッタとか蝶とか結構いて、懐かしかった・・・。
因みにダンゴムシをつつき回している間に6箇所程蚊に食われてました。アホかわたし。
加藤登紀子の「夢幻」を大声で歌いながらダンゴムシと落ち葉を仕分けしていたら、お隣さんからわたしの腕くらい長いナスを頂きました。見られていたみたいです
あと、ローライズのデニムを穿いて夢中で作業していたので、半分程尻が出ていた模様です。終了後、尻上部が蚊に食われ放題だったので気付きました。
また一つ、親に恥をかかせました。すみません。

夕方、母からの頼まれ事があって郵便局へ行く途中、自転車に乗った坊主頭のおじいさんに「ひゅう、ひゅうぅ。」(腹筋に力が入っていない感じで)
前時代的な褒め(?)方をされました。
最近は、老年男性からもたまにナンパされます。今の所「間に合っております」と丁重にお断り申し上げておりますが、一度くらいついていってみたら面白い目にあうやも知れません。人見知りだから出来ないけど。

夕食は、体型維持の為、CLUB美頓スペシャルメニュー。
野菜スープばかり出していたら、妹がぐれそうになったので
豆腐の水気を切り、鶏ミンチと韮を混ぜ、ピーマンの肉詰めふう生姜醤油かけ(大葉を添えても美味)&ナスの素上げ〜
おいしーーーー
いくらでもゴハンがいけます。

・・・だめじゃん。
20代後半になると、体形維持には努力が必要である。




sasasa1979 at 21:46|この記事のURLComments(10)TrackBack(0)日記 

May 27, 2006

THE 三名様4

一生懸命話している時に、「あ〜ね!!」と相槌されるとストレスメーターが急上昇する美頓です、こんばんは。
「あ〜ね」はないでしょ。
聞いてないにしても、もう少しマシな相槌うってくださいよ。
フリだけでもいいからちゃんと聞いてくれないと、寂しくて死んでしまいます。

という訳で、「あ〜ね!!」って言った人、今度から「HOF-LIST(屠リスト)」に入れます。覚悟なさい。今日までは許してあげる。


ところで、最近お気に入りのDVDご紹介。
THE3名様


10部構成で、実写版の稲中みたいな空虚感と、抜群のキレが持ち味。
主役は佐藤隆太、岡田義徳、塚本高史の三人。
と言っても主役の三人以外、殆ど出てきませんが。
正直言って、これを見るまでは三人とも「地味(中途半端)な二枚目」のイメージでした。
見事に覆してくれます。特に塚本高史のキレっぷりは必見。

出世街道競争社会就職戦争その他あらゆる勝負事から降りた26歳フリーター男子三人が、深夜のファミレスで全く生産性を欠いた会話に終始する、という絶望的な内容。
お腹を抱えて爆笑、ではありませんが、深夜にぼーっとしながら「うへへ」と笑える作品。

個人的には
・題名「イラっとくるね〜!!」 塚本君のHG顔負けのホットパンツ姿に爆笑。でも不思議に着こなしている。
・題名「出会うぞ〜!!」 出会いを求める為、ラジオの風水占いで「北よりステキな出会いあり。ラッキーアイテムは帽子」と言っていたと「ファミレスで帽子を被って北側の席に不自然に三人並んでいる」姿に酸欠寸前。

主人公達の立場は社会的に最も弱い立場なんだけれど、否定も肯定もせずに「一般的には“ダメ”な彼等」をただ受け入れる目線。沢山の人が、不思議に共感を覚えると思います。意味の無い妄想会話、他の客の観察・・・。少なくとも、わたしは「デジャブ??」と思う場面が多々ありました。

「好きな人同士で、好きな漫画を映像化してみました」という空気がよく伝わってきます。そうでなければ、この絶妙な間やヌルさは実現できなかったと思います。

好き嫌いは分かれるでしょうが、わたしは大好きです。

ここ二日で、4回程見直して「うへへ」って笑いながら寝ていました。
今夜は、「THE 三名様 PART2」を見て「うへへ」と就寝する予定だったのにレンタル中でした(涙)。意外と話題作らしいです。チキショー

sasasa1979 at 21:53|この記事のURLComments(4)TrackBack(0)DVD 
Profile
美頓
ストイックに美を追求し続ける、美の求道者―美頓です。ストイックすぎて異性運どころか異性縁もありません。ついでに同窓会で「うわぁ〜、ぜんっぜん変わらない!!」と感激されました。もはや、自分が何を追及してきたのか見失いつつある26歳です。
livedoor ピクス
本ブログパーツの提供を終了しました
訪問者数