ruby には、irb という便利ツールがあります。ruby リファレンスマニュアルによると

irb は interactive ruby の略です。
ruby の式を標準入力から簡単に入力/実行するためのツールです。

まぁ、この通りです。実際に使ってみればすぐにわかりますが、ruby のコマンドを手軽に実行して、結果を確認できるものなんです。最近はこれを使って ruby を勉強しています。デフォルトではこんな感じで動作します。

readlineインストール前

ただ、irb はこのまま使うとなると色々と不満が・・。

・カーソルで左右に移動できない
・入力の履歴を参照することができない
・見づらい

これは結構痛い。特に履歴が使えないとか致命的です。。

と思って調べてみると、.irbrc という設定ファイルがあって、色々と設定することが出来るようです。最終的にはこんな設定ファイルになりました。

require 'rubygems'
require 'activesupport'
require 'pp'
require 'irb/completion' # メソッド補完
require 'what_methods' # what? でメソッドを調べる
require 'wirble' # カラーリングの設定

IRB.conf[:AUTO_INDENT]=true
IRB.conf[:SAVE_HISTORY]=200

Wirble.init
Wirble.colorize

ただ・・、設定したものの反映されません。(゚∇゚ ;)エッ!?

で、ちょっと調べてみたところ、irb/completion.rb で readline というモジュールを読み込んでいます。それが無いために、エラーになってしまっているようです。

早速 こちらのサイト を参考に readline をインストールしました。すると、、

readlineインストール後

おぉぉ、さっきのよりも明らかにカラフルで見やすいですね!!履歴も効くし、超使いやすくなりました。これは使える。というか使うべき。

というわけで、irb は超便利ですがそのままではちょっと使いづらいです。カスタマイズして使いたいところですが、そのためには readline を入れないといけない、というのははまる人が多そうなので気を付けてください〜(。・ω・)ノ゙
このエントリーをはてなブックマークに追加