aamall

2007年12月31日

2007年を振り返る

 今日で今年も終わり。紅白を見ながら、振り返ってみた。

 正月に立てた目標は、以下のようなものだった。

---------------------------

(1)自己研鑽

  1. 読書の方向性転換
  2. 論文発表 
  3. 研究会参加 
  4. 校内へのはたらきかけ

(2)健康管理

(3)時間管理

---------------------------

(1)自己研鑽

 キーワードは、教員の基礎に戻って「授業技術の習得」だった。職場が変わって、揺り戻しそうにもなったが、自分らしいスタイルがだんだん出来上がってきたと思う。

 これまでも、いい授業をしたいとは思ってきたけれど、具体的なスタイルが見えてきたのは、強く意識したからだと思う。もっと若いときから考えておかなければならなかったことだが。

 授業のうまい人は、意識しなくてもできているか、とっくの昔から意識していたので、意識しない人がいると思いつかないかのどちらかなのかもしれない。

 

 読書は、教育書と教養書中心に。教育雑誌もいろいろ読むようになった。しかし、後半は失速。年間コンスタントに読めるとよい。

 学会発表は2回。諸事情により、1件持ち越しているのを早くまとめて世に出したい。教科の研究会には参加できなかったが、北方小の公開研は参考になった。

 校内では、異動した山室中部小の情報化はかなり進展。意識の垣根は確実に低くなっている。さらに、日常化を目指して働きかけていきたい。

 

(2)健康管理

 1年前より8kg減のまま維持しつつある。さらに5kgほど絞るのが、自分としては理想。

 

(3)時間管理

 言わぬが花


 とまぁ、こんな1年だったわけだが、今年は、職場が変わって、自分の持てる力がうまく発揮できるかを試された年だったように思う。結果については、第3者の評価も受けたいところだが、自分としては、まずまずの成果を上げられたように思う。

 来年は、今年よりも、さらに大きな転機の年になる。このblogを訪問いただいているみなさんにも、ご協力を願うこともあるかもしれないので、どうぞよろしく。

 何が起こるかは、元旦の記事にてお知らせを。

 では、みなさんよいお年を。



トラックバックURL

この記事にコメントする

名前:
URL:
  情報を記憶: 評価: 顔