aamall

2004年11月21日

どて焼きは大阪の味

 早起きしたので、朝からblog書き。8:30チェックアウト。徳島駅地下のロッテリアでモーニング。「ルーベンサンド」というのを注文してみたら、塩漬けビーフとザウアークラウトのホットサンドという、手の込んだ品だった。わたし的には、朝から幸せになれるメニューだったが、予備知識のない人や初体験の人はどう評価するかなと思ったり。
 
通天閣を見上げてどて焼きは大阪の味 9:15発の高速バスで大阪へ。後部座席のおばちゃん3人組の大音量に辟易。11:40頃、大阪着。

 今回は関西フリー切符を持っていたので、せっかくならランチにコアな大阪の味を堪能しようと考えた。環状線で新今宮へ出て、通天閣南本通り商店街へ。
 「新世界串や」で、どて焼き、串カツとビール。よく煮込んだどて焼きはとろとろでよく味が染みている。串カツは、たっぷりのソースにどぼんとつけ込んで食べる昔ながらのスタイルが、いい感じだった。
 まだちょっと時間があったので、4軒となりの「凡」で、そば入り豚玉。お好みの生地の旨味もさることながら、そばが富山界隈の油で茹でた物とは全く違い、さらっとしていて、焦げ目がかりっと香ばしくなる絶品。焼き加減も絶妙で、ソースの味がマッチした、これまた大阪の味だった。

 ジャンジャン横町あたりには、もっとコアな店があったようなので、いつかもう一回探検してみたいものだ。


 タッチの差で乗車予定のサンダーバードに乗り遅れ(泣)。14:12発の臨時列車で金沢へ。結局、あとから来たサンダーバードに乗り継いで富山着は18:00。それしても、車内でうるさいとか、列に並ばないとか、マナーをわきまえない大阪人が多かったのにはあきれてしまった。(たまたまなのか)

トラックバックURL

この記事へのコメント

1. Posted by watayan   2004年11月26日 23:09
 さすが、グルメの笹原さん、おいしいものを探し当てる嗅覚はするどい。それにしても、ずっと昔の大阪人からすると、新今宮はこわいところのイメージ。わたしは一人では探検できません。脱帽。
2. Posted by Sasa   2004年11月27日 18:44
 通天閣のまわりは、観光地化しているので、家族連れも結構いたみたい。
 でも、少し離れるとこわい雰囲気は確かにあったなぁ。
 少なくとも女性の一人歩きには、むかないかも。

この記事にコメントする

名前:
URL:
  情報を記憶: 評価: 顔