aamall

2004年11月24日

プレゼンで中間発表をするために

 今日から、校内読書週間ということで、朝活動の時間に、情報委員会によるミニ集会を開いた。図書館の利用の正しい仕方(特に、コンピュータによる手続きについて)を劇とクイズで紹介。イベントとしては、佐伯図書館司書によるお話の会があるほか、期間中は貸し出し図書が2冊になったり、2学期のたくさん本を借りた人ランキングを発表したりする。放送と図書のかけもちは大変であるが、多少なりとも図書館が活気づいてほしいモノだ。

 総合では、これまでの取り組みをプレゼンで中間発表することになった。5,6限はプレゼンを作成する時間だったが、それに合わせて、加納さん@SKS来校。キューブプレゼンの使い方をレクチャーしてもらう。初めて使ったにしては、結構仕上がりが速い子供や、早くも作り込みに入る子供もいた。

 放課後は、IT活用自主研修会ということで、加納さんを講師に、キューブきっずの活用による、授業の進め方の研修。最近、沈滞気味だったコンピュータ室の活用であるが、これをきっかけに稼働率があがるとよいのだが。
 加納さんを富山駅前に送り届けてから帰宅。

トラックバックURL

この記事にコメントする

名前:
URL:
  情報を記憶: 評価: 顔