aamall

2004年11月25日

朝食について考える

 何だかあわただしい日々が続く。
 2限、校内研2年国語。「お手紙」の登場人物の心情を考えながら朗読する力を高める学習。何度も朗読する中で、子供たちはすでに心情を読み切ってきている。「こんな感じを出したい」と決め、情感をこめて朗読する姿に感動。
 4限、球根を学校花壇に植える。球根を植える適度な深さを考えられない子供がいたのに驚く。
 
 5限、学校保健委員会。朝食がくらしに与える影響と正しい朝食の取り方について考える時間。学校内科医の吉田先生や、その病院の長谷栄養士のお話は、専門的でありながら子供にも分かりやすい話だった。内容が盛りだくさんで、1校時に収まらなかったのが残念。おかげでプレゼンの修正にかける時間がなくなる(泣)。

 放課後は、たまっていた校務処理を20:00過ぎまでせっせと行う。かなり山が片付いた。

トラックバックURL

この記事にコメントする

名前:
URL:
  情報を記憶: 評価: 顔