aamall

2004年11月26日

宮本常一が見た日本(佐野眞一)

 在野の民俗学者、宮本常一の生涯をドキュメンタリー風に描く。彼の著作は文字通り民俗的魅力に満ちているが、それら作品の背景で、宮本がどのように考えどのように振る舞っていたかを、丹念に取材した上で解き明かす。足跡を赤で示すと日本地図が真っ赤になると言われた宮本であるが、その足跡をたどった著者もまた強者だ。(NHK出版、2001)

 今月はこれで8冊。

トラックバックURL

この記事へのコメント

1. Posted by hiron   2004年11月27日 09:51
クリスマス気分で、素敵です!!
もう8冊も読まれたのですか。すごいなあ。私は今月は3冊しか読んでない・・・。アマゾンのワンクリックで注文したものの中に予約も入っていたために、いくら待っても配達されず、そのままになってしまいました。失敗、失敗。
2. Posted by Sasa   2004年11月27日 18:46
他にやることがたくさんあるのに、ぐだぐだと読んでしまいました。
平行して何冊も読んでいるので、前から読んでいたのが終わったというのもあります。

この記事にコメントする

名前:
URL:
  情報を記憶: 評価: 顔