aamall

食文化的日々

2007年12月16日

スーパーメガウェンディーズ

ウェンディーズ

 

 

 

 

 渋谷駅からNHKまで歩く途中にあったウェンディーズに「スーパーメガウエンディーズ」ののぼりを発見。調べに入って、ランチに試食。

スーパーメガウエンディーズバーガー

 

 

 

 

 パテが3枚。間に2枚のチーズ。カリカリベーコンと、レタス、オニオン、トマト。迫力があった。

スーパーメガウエンディーズバーガー横から

 

 

 

 

 横から見るとこんな感じ。クリックすると大きくなる。大きく口を開けても、上から下まで入れるというのは無理な話(メガマックでは、できたけど)。端から順にかじっていくのであった。

 まぁ、ちょっとメタボ注意な一品だった。



sasatto at 21:28|PermalinkComments(0)TrackBack(0)clip!

2007年08月03日

鳥取で骨休め

 ホテルをチェックアウトし、バスに乗ったところで、2便も台風のために欠航になったことを知る。とりあえず空港に行ってみたが、今日の国語セミナーは断念。明日の2便に振り替えて、鳥取市内へ。

 ホテルのチェックインまで、かなり時間があったので、鳥取砂丘を散策。街中を探検してからホテルへ。日も高かったが、すっかりお昼寝モード。

 夜、再び調べ学習へ。ワインバーとラーメン店を攻めてから帰還。なんだか骨休めの一日に。

 結局、今日の鳥取−羽田便は、全便欠航になった。

 というわけで、鳥取のまちを歩いてみた。


砂丘そば 肉うどん

JR鳥取駅の端で見つけたうどんそばの「砂丘」。
肉うどんは、関西風の薄めの出汁がおいしかった。

あご(とびうお)のかまぼこが入っていたけど、
富山で赤巻きかまぼこが入るのと
同じ感覚なのかな。

麒麟獅子号 砂丘センター
鳥取砂丘遠景 強風で止まったリフト
砂たまご 砂たまご

ループ麒麟獅子号という観光用バスで砂丘へ。
砂丘センターから砂丘を一望する。
強風のためリフトは停止中で乗れなかった。

砂たまごは、砂丘の砂に埋めて
20分ほど熱するのだとか。
石焼きイモの、砂とたまご版といった感じ。
それなりにほくほくしていたような気がしたけど、
気のせいかも(笑)。

砂丘入り口 空のラクダ小屋
鳥取砂丘を一望する2 鳥取砂丘を一望する

台風にもかかわらず、砂丘にはたくさんの人。
でも、観光馬車もラクダも本日は休業。
体に当たる砂が痛かった。


 街中で見つけた老舗の寿司店で地元の旬を少々。色紙がいっぱいかかっていた。

幸鮨幸鮨はサインでいっぱい



sasatto at 23:27|PermalinkComments(0)TrackBack(0)clip!

2007年08月02日

ハワイでロコモコ

 打合せが終わったところで、羽合小近くの「ルアウ」というお店でランチ。「ルアウ」というのは、ハワイ語で「パーティ」の意味なのだとか。

 お店の中には、ハワイ州旗がかけてあったり、店員さんがアロハ着てたりと、とってもハワイアン。注文するのは、もちろん「ロコモコ」。

 ハワイでロコモコ。できすぎだ(笑)。ホントのハワイに行きたくなった。

ルアウでランチハワイでロコモコ



sasatto at 22:23|PermalinkComments(0)TrackBack(0)clip!

2007年08月01日

倉吉レトロ・白壁土蔵群を歩く

 山脇さんの案内で、倉吉の街並みを歩いた。山陰の小京都と称される街並みには、心ひかれるものがあった。

倉吉レトロ・白壁土蔵群 倉吉レトロ・古い家並み

白壁土蔵は、造り醤油屋、造り酒屋の蔵。
民家の古い家並みもそのままの造りで保存されている。

倉吉レトロ・造り醤油屋 昭和レトロな展示のある喫茶店

造り醤油屋の表構え。
昭和レトロな品々を展示している喫茶店もある。

倉吉レトロ・しょうゆアイスクリーム しょうゆアイスクリームは確かにしょうゆ味

造り醤油屋の中で売っていた
「しょうゆアイスクリーム」

確かにしょうゆの味と香りがするが、
それでいて、しっかり甘い。

三朝温泉元湯・株湯 株湯の飲泉湯

「株湯」は、三朝温泉元湯。
中は、2畳ほどの浴槽に
2畳ほどの洗い場がある、古い公衆浴場。

のんびりつかりながら、山脇さんと話し込んだ。

もっとも、44度の高温温泉なので、
ときどき出ないとのぼせてしまうが。

入り口脇には飲泉湯もある。

山脇さんの案内で韓国料理 イカポッカ

夕食は、これまた山脇さんおすすめの
韓国家庭料理店「釜山」

どれも辛めだがその奥の旨味をしっかり感じる、
絶品の韓国料理だった。

写真は、韓国風イカの炒め物「イカポッカ」。
韓国の味噌(?)でイカと野菜を甘辛く炒めてある。
(と言っても、「辛く」が強いけど)

円筒状にした細い餅を辛く煮込んだ料理も、
名前は忘れたけど、味は忘れられない。

とってもおいしい店に満足した。
山脇さんに感謝。


 というわけで、倉吉はかなり素敵なところだ。みなさんも、ぞうぞ。

sasatto at 23:40|PermalinkComments(0)TrackBack(0)clip!

2007年03月21日

プロの技を見た

 上野からJRを乗り継いで約15分。ランチをいただくために、四谷の洋食屋「エリーゼ」を目指していったが、今日は祝日のためかお休み。そこで、前回来たときにも気になっていたレストラン「バンビ」を攻めることに。

バンビで昼食バンビランチ

 

 

 

 

 上智大の近くということで、この店も学生御用達だろうな。写真はバンビランチ(650円)。ハンバーグに、フィッシュフライとクリームコロッケがついてくる。

 味もよかったが、この店での一番の収穫は、調理するご主人の手際のよさ。
 ハンバーグをこねて鉄板に置いてふたをかぶせ、スープを注ぎ、コロッケとフライをフライヤーに入れ、さらにハンバーグをこねて焼き始めると、さっき焼いていたハンバーグはひっくり返し、店員がジャーにご飯を移し終えた炊飯器に水を差し、スクランブルエッグを焼き、といった具合で、常に何か仕事をしている上に、流れるような身のこなし。プロの技を見た。



sasatto at 22:59|PermalinkComments(0)TrackBack(0)clip!

2007年01月20日

四谷で発見 絶品の洋食屋

 CHIeruのセミナーに行く前に、渡辺さんと見つけたJR四谷駅近くの洋食屋「エリーゼ」。名前からして老舗っぽいが、有名店のようで、開店から間もないのに満席になっている。われわれが入ったあとは、外に行列ができた(その時点で、まだ11:30前)。

 頼んだのは、おすすめの「ビーフトマト定食」。牛肉を炒めてトマトソースをからめた、酸味がさわやかな逸品。他にも気になるメニューでぎっしり。この店に行くためだけに、四谷で下車したい、そんな感じの店だった。

洋食やエリーゼビーフトマト定食



sasatto at 19:13|PermalinkComments(0)TrackBack(0)clip!

2006年08月25日

銀座の老舗焼き鳥店

 23日の総務省セミナーの後、以前に堀田先生に連れて行ってもらった焼鳥屋を求めて、中山さんと銀座を調べ学習をした。お目当ての店は見つからなかったけど、代わりに入った店は、昭和6年創業の老舗「鳥繁」。

銀座鳥繁






 一品一品、材料を吟味したやきとりは、どれもこれもが逸品。包丁で刻んだミンチをまとめたような舌触りのつくね。ふっくらとした歯ごたえの比内地鶏、阿波尾鶏。たれ焼きもよし、塩焼きもよしで大満足なひとときだった。

 中でも絶品は、〆でいただいたドライカレー。飯茶碗に盛られたドライカレーは、鶏肉のたっぷり入ったしっかりした味。スープは鶏ガラ出汁のあっさりした風味と味わい。うずら玉子が一つ落としてあったのが、うれしかった。

鳥繁名物ドライカレー


sasatto at 20:05|PermalinkComments(0)TrackBack(0)clip!

2006年08月09日

徳島でトロを食べた

 続いて、徳島編。写真が少し暗くなってしまったのは残念。



 「即今」は、料理人さんが料理一つ一つを説明してくれる店。何を食べたかがよくわかるのは、ありがたいことだ。

前菜ヤマモモのワイン漬け






 まずは、前菜。徳島の地の物が満載。真ん中にちょこんと据えられたのは、ヤマモモのワイン漬け。野趣を感じさせる甘酸っぱい香りと味が、食欲を増進させてくれる。

造り3種






 造りは、トロ、鱧、秋刀魚の、旬の物3種。口の中に入れたとたんにふわっと雪解けのように広がるトロと、表面を少しあぶって香ばしい秋刀魚が絶品だった。

鮎






 夏と言えば鮎。吉野川であがった天然物は、よく焼いた後に、味を付けてあって、骨まで食べられる。

 北には北の、南には南のよい味があった。これだけ生態系の違い(?)を感じる食を、数日の間に味わえたのは幸せだった。わたしを呼んでくださった皆さんに感謝。


sasatto at 23:48|PermalinkComments(0)TrackBack(0)clip!

すすきのでウニを食べた

 先週のセミナー巡業では、観光は全くできなかったけれど、それぞれの土地のおいしいものをいただいてきた。

 まずは、北海道編。


海鮮鉄鍋






 すすきのでの前夜祭で出た鍋。アスパラ、ジャガイモとバターが入っているのが北海道らしい。野菜の水分にエビや豚肉の旨味が出る。ポン酢を付けていただいた。シンプルだけどその分、素材の旨味がよく出ていてよかった。

ムラサキウニ






 ほりたん、佐藤さんと一緒に、飛び込みで入ったすすきのの寿司屋さんにて。鮮やかなオレンジ色は、ムラサキウニ。殻からスプーンですくって食べた。白くて濃厚な味わいのバフンウニは、寿司に。新鮮で旨味だけが凝縮していた。

花咲ガニ






 花咲ガニは今が旬なのだとか。ズワイやタラバとはまた違った食感。身離れがよいところをしゃぶりつくした。

 一緒に飲んだ、北海道の地酒もよく、すっかりやられてしまった(笑)。
 富山は、魚がおいしいところなので、よそでおいしいと思うことはそれほどないが、北海道のこの店には、降参するばかり。

ジンギスカン






 千歳を立つ前に、空港近くのキリンビール工場併設のビアレストラン「HAUBE」で、ジンギスカン。生ラムのヒレは、ラム特有の匂いをそれほど感じさせず、柔らかな焼き上がりが絶品。野菜との相性も抜群だった。


sasatto at 23:24|PermalinkComments(0)TrackBack(0)clip!

2006年05月27日

京でおばんさい

 今回の京都、奈良行きでは、おいしいものに巡り会ったので、記録しておく。

京都で食べたラーメン

 

 

 

 

 

 まずは、JR京都駅のすぐ西にある「第一旭」の特製ラーメン。大きめの丼に、スライスしたチャーシューとねぎともやしがたっぷりと載っかってくる。これで、750円。味は豚骨醤油で、割とすっきりした口当たりに好感。

 この店は行列店のようで、入ったときにはほぼ満席。出るときには、6人ぐらいが外で並んでいた。

奈良でお食事奈良でいただいた和食の前菜

 

 

 

 

 こちらは、近鉄奈良駅東口のアーケードを少し入ったところにある和食屋さん。(店名を忘れた)。解体された旧家の柱や板を内装に使っているようで、ひなびた雰囲気が歴史の町、奈良にふさわしい。環境のよさが味をも左右する好例。

おばんさい屋さん味も一級品

 

 

 

 

 最後は、京都で入ったおばんさい屋さん。隠れ家みたいな雰囲気のよい場所なので、どこにあるかは内緒。メニューを見るのもよいが、カウンターに並んだおばんさいをのぞきながら、「これとこれちょうだい」と注文するのも乙。味も一級品で、特に煮物類は、よく味がしみた絶品。佐藤黒(芋焼酎)とよく合う。このおばんさいなら、際限なく飲めてしまいそうだった。



sasatto at 22:40|PermalinkComments(0)TrackBack(0)clip!

2006年03月22日

AiAホームページコンクールの表彰式があった

 4:00に起きて、校務処理の続き。ようやく形になってきた。7:00頃一旦職場へ。校務書類を印刷して提出。教室へ行って、今日の日程を板書。子供たちがそろったところで、諸連絡をして職場を出る。

 9:46発のしらさぎで名古屋へ。到着後、少し時間があったので、昼食は「矢場とん」の定番、ロースみそかつ定食。本店は矢場町だが、駅地下街にも出店があるのを発見したので行ってみた。店内はほぼ満員。揚げたてのみそかつはジューシーでなかなかよかった。でも、以前、栄のどこかのビル地下で食べた、刻みねぎたっぷりのみそかつは、もっとよかったかも。やはりいつかは本店へ行きたい。

名古屋駅地下街の矢場とん

定番のロースみそかつ定食

 

 

 

 

 14:00、名古屋国際ホテル着。控え室で待機した後、14:30〜、AiAホームページコンテスト表彰式。
 グランプリは、ロンドンの税関の抜け方や地下鉄のキップの買い方など、日本人がとまどう多くのことをレクチャーする、一般の方の作ったシックな作品だった。小さなホテルの予約システムまであるが、何度もロンドンを訪問して趣味で作ったというのがものすごかった。
 受賞者のコメントと作品紹介の時間があったが、だらだらと話してしまって反省。もっとシャープに決めたかったな。

 終了後、新幹線に飛び乗る。米原でしらさぎに乗り換えて、富山着は19:29。移動に疲れた。集中した仕事はできなかったが、簡単な文を書く時間はあったので、更新のための文章をいくつも書いた。



sasatto at 22:54|PermalinkComments(0)TrackBack(0)clip!

2005年11月13日

学習発表会で大豆を販売した。

ステージ発表1ステージ発表2

 

 

 

 


 7:20出勤。金曜日に飛び出していった混乱を整理。ブラス朝練習。

 9:00学習発表会スタート。どの学年も今までで一番良い。5年生も、これまでの成果を十分発揮。大豆販売を告知したところ、会場から半信半疑のざわめきが。高崎さん@地域ボランティアが内容を絶賛してくださったのが、とてもうれしかった。しかし、自分が大きなミスをしてしまい、へこむ。みんなごめんね。

 ブラスの演奏は、先生が4人もゲストで参加し、楽しくノリの良いステージになった。

大豆の販売 11:30〜、2階の階段突き当たりで、大豆の販売。夏休みのベンチャーキッズイベントで、女子全員がノウハウをもっているので、スムーズに進めることができた。今年は、学習したことがいい感じにリンクしている。

 前半チーム分25袋は15分で完売。12:00に交代予定だった後半チームを呼び寄せ続けて販売開始。後半は、移動販売も行い、12:10には、予約分を含めて準備した61袋を全て完売した。売り上げは、生産コストとして、高崎さんに還元。余ったお金は、これからの学習で使うことになるだろう。

 午後、大豆販売の精算。第6区域小教研の資料作成。15:00〜、職員会。防災訪問となかよし会食について検討。引き続き、研修会。来週の4年生の校内研授業について検討。福祉を内容とした交流は、相手の求めるところと自分たちの求めるところの一致点を見つけることが難しい。終了後、さらに資料を手直しして起案後退勤。

 18:30〜、エクセルホテルのリコモンテで反省会。ジェリコで2次会。面白いリキュールを味わった。



sasatto at 22:51|PermalinkComments(0)TrackBack(0)clip!

2005年09月21日

枝豆に育った大豆を試食してみた

枝豆を収穫 国語、算数、社会、学活、総合、総合。

 5、6限は総合。高崎さんのアドバイスに従い、久々の大豆畑へ。大豆は枝豆サイズに大きくなっていた。

 今日は試食ということで、グループで一本ずつ刈り取り、その場でさやはずして袋詰め。周囲の畑と比べると、自分たちの畑は青々としていて背丈も高いことに気付く。

枝豆を枝からとる さやの付き方も、上部に葉があり、その下にぎっしり並んでいることを初めて知った子供が多数。しかし、「思ったよりたくさんついていた」「思っていたよりつきかたは少なかった」と意見は相半ば。ほんの一画を採取しただけなのに、レジ袋にはかなりたくさん集まったのだが、土地が広いためか、量感を少なめに感じてしまったところがあるかも知れない。

 学校に戻って、すぐに塩ゆでにして試食。一般の枝豆よりも大粒で、味がしっかりしていた。実感を高めるために、他の枝豆を比較すればよかったと反省。


 19:00〜、高橋研究室にて、宮さんと澤橋さんの論文検討。到達点をどこに置くかが肝心。論文であるからには、人に役立つ知見をどこまで明らかにできるを大事にしていくとよい。



sasatto at 22:30|PermalinkComments(0)TrackBack(0)clip!

2005年07月30日

イル・ピノーロ・カフェでパニーニを食べた

平成17年7月30日(土)

お店を外から眺めるとサラミとモッツァレラのパニーニ 最終便まで時間があったので、羽田第2ターミナルB1の「イル・ピノーロ・カフェ」で食事をした。今日食べたのは、サラミとモッツァレラチーズ、フレッシュトマトのパニーニ。

 かなり生なサラミにトロールとろけたモッツァレラが絡まり合って、口の中に広がる香りがとてもよい感じ。パンの食感も、外はかりっとしていて、中はふっくらさっくり。そこらで売っているパニーニとは、隔世の感があった。



sasatto at 23:38|PermalinkComments(0)TrackBack(0)clip!

十番でジャージャー麺を食べた

 平成17年7月30日(土)

十番のジャージャー麺十番の湯麺 会議まで時間があったので、東中野ギンザ通りを散策。有名店だという噂を聞いていた「十番」という中華料理屋さんに入りました。この店は、若乃花・貴乃花兄弟が高校時代に良く出入りしていたそうで、今でも、大一番には差し入れしているようです。

 今日いただいたのは、ジャージャー麺。シャキッと炒めたもやしの歯ごたえが心地よく、からめた肉みそはややピリ辛で、結構なお味でした。思っていたよりスープがかなり入っていて、ドロッと感が少なく、その分誰もが食べやすい感じに仕上がっているなと思いました。

 湯麺もおいしそうでした。2杯食べれば良かった(おいおい)。



sasatto at 23:36|PermalinkComments(0)TrackBack(0)clip!

2005年06月26日

第7ギョーザのホワイト餃子

第7ギョーザ第7のホワイト餃子 金沢での研究会がお昼でお開きになったので、これは行かねばなるまいとやってきたのは「第7ギョーザ」。

 四角く包まれた揚げ餃子「ホワイト餃子」でビルを建てたこの店で、いただくのは当然それ。豚汁と一緒にいただきました。

 初めてこの店に出会った時は、インパクトあったなぁ。あれからもう20年以上。あのころの方が濃厚な味がしていたような気がするのは、ノスタルジーだろうか。



sasatto at 21:02|PermalinkComments(0)TrackBack(0)clip!

2005年06月14日

最近、ネクターって

山梨白桃 コンビニの105円@500mlドリンク。ohayoの山梨白桃というのを買ってみた。さらっとした、透明な桃ジュース。桃といえばネクターのイメージなのだけれど、それとはかなり違ったすっきりした喉越し。

 そういえば、最近、ネクターって目にしないなぁ。



sasatto at 21:03|PermalinkComments(0)TrackBack(0)clip!

2005年06月12日

夏盛りメロン

夏盛りメロン コンビニフリークのわたしは、500mlで105円ドリンクの新製品が出ると、ついつい手を伸ばすのでありました。

 今日見つけたのは、アサヒの「夏盛りメロン」。やや香料がきついが、結構クリアでさわやかな味。牛乳と混ぜて飲んだ方がおいしいかも。



sasatto at 09:17|PermalinkComments(0)TrackBack(0)clip!

2005年05月29日

壱八屋でネギラーメン

壱八屋のネギラーメン壱八屋 横浜駅近く、YCATの入っているビルの10階にある横浜ラーメンの店「壱八屋」で、ネギラーメンを食べた。数年ぶり2度目の来店だったが、前回と違い行列店に成長していた。

 しゃきしゃきした白髪ネギは、ラー油がかかっているけれど、さほど辛くなく、食感を味わうよいアクセントになっている。

 特筆すべきはスープ。横浜ラーメン特有の、臭みの少ないとんこつスープを、最後まであっさり完食。



sasatto at 23:00|PermalinkComments(3)TrackBack(0)clip!

せんば自由軒のインデアンカレー

自由軒のインデアンカレー

 昼食を食べようと、横浜みなとみらいのクイーンズイーストをぶらぶら歩いていたら、「せんば自由軒」なるレトロなひびきの店に遭遇。メニューもレトロな感じなので、思わず入ってしまった。

 インデアンカレーは、真ん中に生卵が入ったドライカレー。カレーが熱いうちにソースをかけ卵を交ぜていただく。かなりピリ辛なカレーが、まろやかになってうまみが広がる。明治時代から同じ味を守っているとのこと。自分的には、初めてでありながら懐かしさを感じる味が、何だかうれしかった。

 「せんば」というからには、大阪に本店があるのだろうけれど、機会があれば行ってみたいものだ。



sasatto at 23:00|PermalinkComments(2)TrackBack(1)clip!

2005年05月28日

ニューヨーク・グランド・キッチンのスープ&サラダ

New York Grand KitchenNYGKのスープ&サラダ ジャストのセミナーの前に、腹ごしらえ。品川駅新幹線口側のアトレにある、New York Grand Kitchenでスープ&サラダをいただいた。

 くり抜いたフランスパンに入っているのはクラムチャウダー。サラダも単なる生野菜ではなく、にんじんなどは軽く酢漬けしてある。手の凝った一皿だった。



sasatto at 23:50|PermalinkComments(0)TrackBack(0)clip!

2005年05月14日

銀座で食べた焼き鳥

銀座で食べた焼き鳥 いつぞや、銀座でほりたんに連れて行ってもらった焼鳥屋さんでの画像を、発見したのであげてみた。

 素材がよく選ばれている上に、下ごしらえが個性的。タレの味もうまみたっぷりで、それでいて、良心的とも言えるお値段。また行きたいけど、一人でたどり着けるとは思えないなぁ(笑)。



sasatto at 17:26|PermalinkComments(3)TrackBack(0)clip!

2005年05月10日

地域教育ボランティア打合せ会議

 3限の空き時間に、漢字名人(練習のための見本プリント)を作成。4限算数は、TT。習熟を図る時間に。
 
 放課後は代表委員会で、運動会のめあてを決定。16:00〜、地域の教育ボランティアのみなさんとの打合せ会議。せっかくの人材であるが、なかなか日中の教科学習の中に位置付くのは難しいことだ。
 
 
 会議後は、清水さん@インフォザイン来校の日程調整。高陵社より校正の必要な原稿。職場の体制に関わる話なので、小西校長に相談と掲載の確認。快く認めてくださり、内容を確認して頂けることに。
 
 その後、学級事務。4月の授業時数報告。今年度よりエクセルファイルになり、計算が不要になってありがたい。学習計画年間プランの修正、総合の年間計画と評価規準起案。生徒指導日誌。生徒指導計画を文書交換へ。地域ボランティアの高崎さんと総合の打合せ。楽しいことができそう。


sasatto at 22:26|PermalinkComments(0)TrackBack(0)clip!

2005年05月09日

手荷物検査場近くでそば

八割そば ハンバーガーで満たされなかったわたしは、康之さんと二人、羽田第2ターミナル手荷物検査場に入ってすぐの蕎麦屋で八割そば。しこしこしていながらつるつるしている、思っていたよりは、ずっとおいしいそばだった。

 トッピングや小鉢が選べるようになっていて、讃岐うどん屋さん風。今日は野菜かき揚げを添えて。実際、うどんは讃岐うどんを出しているらしい。



sasatto at 23:21|PermalinkComments(0)TrackBack(0)clip!

2005年03月27日

フレッシュネスバーガーのねぎみそバーガー

ねぎみそバーガー 見つけるとついつい入ってしまうフレッシュネスバーガー。富山にない店には、いつも興味津々。
 
 時間に余裕があったので、羽田第2ターミナルにある店で、朝食をいただくことに。朝から、ハンバーガーもいかがなものかと思ったが、ねぎみそバーガーという和風なメニューがあったので注文。

 ねぎは辛みがなく、さらっとした感じ。味噌の味もそれほど強くなく、あっさりしたテリヤキって感じ。ぺろりといただきました。

sasatto at 22:40|PermalinkComments(0)TrackBack(0)clip!

2005年03月19日

クア・アイナでチーズバーガーを食べた

クア・アイナのチーズバーガー 仕事をするつもりで寄った、クア・アイナ(KUA AINA)お台場店で、ハンバーガーを食べた。ハワイアンミュージックが流れる店内は、天井扇が回るトロピカルな雰囲気。レインボーブリッジの見える窓際のカウンター席はけっこう落ち着ける。

 ハンバーガーは、上下に分かれて運ばれてくるので、それを自分で重ね合わせて食べる。バンズは、フランスパンのようにかりっとしていて、表面にはケシの実がぎっしり。さくっとした歯ごたえのバンズとジューシーなミートパテの取り合わせが絶品。たっぷり添えられたフレンチフライがうれしい。チーズバーガーは5種のチーズから1つを選べる。お値段の高めだが、その分は堪能できるハンバーガーショップだった。



sasatto at 23:06|PermalinkComments(0)TrackBack(1)clip!

2005年02月13日

吉野家の牛丼を食べた

1日だけ牛丼復活の吉野家吉野家はやっぱり牛丼 2月11日(土)に、1日だけ吉野家の牛丼が復活した。出張先の東中野@東京で、吉野家の前を通りかかったので、ついつい入ってしまう。(高橋くん、康之さん、中村先生も同行)。

 アメリカ産牛肉の輸入が停止し、吉牛が途絶えて1年。もう味を忘れたと思っていたけど、口にしたとたん、「ああ、この味」と懐かしく思い出した。完全復活する日は来るのかな。



sasatto at 23:12|PermalinkComments(0)TrackBack(0)clip!

2005年01月15日

コストパフォーマンスの高いスパークリングワイン

 午前中は、2005年の教室を考える会in中部の対応。参加者がかなり集まってきている。
 
 午後、叔母の家で「牡蠣を食べる会」。asti CINZANOのスパークリングワインが秀逸。甘口だがべたべたしていなくて、すっきりとした飲み口がよかった。ネットで調べてみると、DOCGのラベルを持っているにもかかわらず、売値はかなり廉価。コストパフォーマンスの高いスパークリングワインだと思った。かなり長居をして帰宅。
 
 帰宅後は、blog書き。2005年の教室対応の続き。夜更けに「猟奇的な彼女」を放送していて、見入ってしまった。


sasatto at 23:50|PermalinkComments(0)TrackBack(0)clip!

2004年12月25日

燿でネギラーメンを食べた

燿のネギラーメン 大江戸線東中野駅の出口を出て、右に坂を下りたところにあるラーメン店「燿」でネギラーメンを食べた。

 豚骨スープはわりと澄んだ感じであっさり目。背脂も臭みがなく、上品な豚骨ラーメンだった。ネギラーメンは、白髪ネギにラー油が少しかかっていて、ちょっとだけピリ辛な感じ。もやしの上にたっぷりとのったネギに、スープを染みこませ、麺とからめて食べると結構なお味だった。

普通盛りも大盛りも、値段は同じ。お腹と相談して決められるのがよい。



sasatto at 23:25|PermalinkComments(0)TrackBack(0)clip!

エアポートダイナーでチリドッグを食べた

エアポートダイナーのチリドッグ 羽田空港第2ターミナル地下1階にある「エアポートダイナー」のチリドッグ。さっくりしたパンからは、太くて長いソーセージが両端に大きくはみ出している。アボガドソースのかかったチリソースには、生の青唐辛子が入っている。最初の口当たりはマイルドだが、あとから香り立つ辛さがやってくる。なかなか心地よい辛さだ。

 東横線へ降りる階段の近くなので、朝早くの便で来たときなど、朝食にいただきたい。



sasatto at 23:15|PermalinkComments(0)TrackBack(0)clip!