TOP絵募集中!!お願い致します
このブログについて メール 人気記事 RSSフィード はてな人気エントリー TOP絵特集

2009年08月05日

田舎の奇妙な風習・言い伝え教えて

1 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします :2009/07/27(月) 21:50:34.17 ID:exIc9dCYO

爺さん、婆さんから聞かされたようなちょっと変わった風習や言い伝えあったら教えて



山道を遮るように張られた蜘蛛の巣を見つけたら無下に破ってはいけない

道を進む場合「セングワンノオンミヤマノヌシサマオトオリシャンス、
アブラケンソワカ、アブラケンソワカ、アブラケンソワカ」
と唱えて極力巣を壊さぬよう下を潜って通らなければならない
@静岡県




6 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします :2009/07/27(月) 22:12:37.92 ID:exIc9dCYO

風が凪いで船が進まないときは口笛を吹けばいい風が吹く

ただし、朝や夜に口笛を吹けば嵐に見舞われる



9 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします :2009/07/27(月) 22:17:57.51 ID:exIc9dCYO

家を建てるとき必ずトチガミ、イエガミの小さな社を建てる

社の位置が屋根より高いと災厄に見回れやすく、床より低いと家系が途切れる





305 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします :2009/07/28(火) 05:19:08.92 ID:8oAGqX4T0
>>9
家立てるとき社ってどこの地域でもやってるよな?



311 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします :2009/07/28(火) 05:30:53.35 ID:GLIKr3o8O
>>305
今はかなり珍しいと思うよ



314 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします :2009/07/28(火) 05:33:31.72 ID:8oAGqX4T0
>>311
なんだと・・・さすが静岡、時代を逆行してるぜ



317 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします :2009/07/28(火) 05:40:51.57 ID:GLIKr3o8O
>>314
浜松と菊川に合わせて3年住んでたけど
祭り文化だよね
森町とか伝承多そう



318 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします :2009/07/28(火) 05:45:43.80 ID:+pHrnpA5O
>>317
森町はど田舎じゃないか



320 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします :2009/07/28(火) 05:49:54.28 ID:GLIKr3o8O
>>318
だからいろいろ伝承ありそうだな、と。



10 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします :2009/07/27(月) 22:26:02.52 ID:exIc9dCYO

手のひらの線が左から右まで途切れず、
親指が根本から良く反る手を持った人は「ニガテ」と呼ばれ
虫(ヘビ等の爬虫類、又は昆虫等)を使役できるらしい

腹痛を「腹の虫が騒いでいるせい」だと考えており、ニガテの人が手をかざすと腹痛が治まる




401 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします :2009/07/28(火) 16:19:04.76 ID:FNdkDgYzi
>>10
遅レスだが、俺の左手それなんだけど…

ガキの頃、死んだばぁちゃんが疳の虫(?)が強いからって、
よく手に虫虫って、今はどんな模様だったか覚えてないんだが、
書いて、そこから虫みたいなモノが出てきたことあった。
あれは何だったんだろう?



403 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします :2009/07/28(火) 16:32:06.51 ID:g5KX8gM40
>>401
それってどういう風に出てくるもんなの?

彼岸花は火を連想するからなんだろうね
毒あるから恐いよね



404 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします :2009/07/28(火) 16:41:31.70 ID:FNdkDgYzi
>>403
漫画的って言われるかもだが、もののけ姫ってあったじゃん?
アシタカ?で良かったっけ、
その彼の手から虫みたいなのが掌から出てくる(色は白っぽかった)、そんな感じ。

分かりにくくてすまんこ。何だか厨ニ病っぽいけどな



12 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします :2009/07/27(月) 22:34:55.15 ID:H2WvZadV0
村の神社に祀ってあるのが猿だから犬を飼ってはいけない
犬を飼っても病気になったり車にはねられたり誰かに殺された
@鳥取



15 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします :2009/07/27(月) 22:43:54.06 ID:exIc9dCYO
>>12
逆にしっぺい太郎の伝承が残っている地域では「猿を寄せない」として良く見られているね

狐に化かされないようにする為に「犬」って書いた紙を背中に貼ったり、
産まれた子供の始めての外出時には額に犬と墨で書いたりする地域があって
犬はアヤカシからの攻撃を防ぐ力があると考えられていたみたい

しかし誰かに殺されるってなんだよ・・・



16 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします :2009/07/27(月) 22:51:34.39 ID:5D9x8zZ+O
伝承では無いけど
複数の子猫が産まれたら水に沈めて埋める
必要無いからだってさ。
猫は可愛がる動物じゃないんだとさ



18 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします :2009/07/27(月) 22:59:45.80 ID:exIc9dCYO
>>16
猫は人を化かす動物としての例が狐、狸に次ぐほど多い動物で
特に憑き物てして扱われる例は枚挙にいとまがないほど多い

ある静岡県のある地域では子供の風邪がいつまでたっても治らない場合、猫が憑いているとし、
猫祓いのために猫を殺して食べる、という風習があったことが伝えられている



23 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします :2009/07/27(月) 23:30:15.25 ID:exIc9dCYO

風習ではないけど、家の近所に「オコロビサン」って呼ばれる地蔵?がある

帰宅の途中でオコロビサンの頭を叩くと必ず転ぶ、という噂があり
俺も子供の頃、試しに叩いてみたら何者からか後ろから突き飛ばされて見事に転んだ

それから暫くは怖くて頭を叩くことはしなかったが、
中学生になって「あれはただの偶然だった」などと考え始めた頃、
自転車に乗って帰宅する途中にオコロビサンの頭を叩いたらどうなるか、
とあらぬ好奇心にかられ頭を叩いてみた

まぁ案の定というか、途中で自転車の前輪が壊れ転倒し骨折の大ケガをした


車に乗って頭を叩いたらどうなるんだろう
と思うが叩く勇気はない



33 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします :2009/07/28(火) 00:16:27.46 ID:2fm/0CLoO
夜口笛を吹いてはいけない
吹いたら蛇が来るらしい


 
35 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします :2009/07/28(火) 00:24:54.82 ID:ZwdhomRWO
>>33
うちの地元でもよく言うわ
結構全国的らしいね

日本の原始信仰では蛇は神様、又はそれに準ずる信仰対象だったのに
一神教の布教で蛇は縁起の悪いものになってしまったんだよな

口笛の伝承は古いものだと「嵐」なんだけど、
いつの間にか悪いものの対象が蛇に変わって現代の形になったらしい



38 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします :2009/07/28(火) 00:30:50.29 ID:a30ipPD00
>>33
同じのあったなぁ
他には夜に爪を切ってはいけない
買った靴はその日の内に穿いてはいけない、ってのもあった



50 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします :2009/07/28(火) 00:39:55.05 ID:ZwdhomRWO
>>38
「夜に爪を切ると親の死に目に会えない」っていうのはよく言うね

昔は小刀で爪を切っていたらしく、指先を傷付ける事が多かったらしい
そんな作業を夜の暗がりの中でやるような無用心な人は親より早く死ぬだろう
ってことからこういう言い伝えが産まれたらしい

他にも指先はゲガレが体に入る時の入り口と考えられていた事も関係しているそうな


靴は初めて聞いた
ありがとう、調べてみる




55 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします :2009/07/28(火) 00:44:57.22 ID:L3QP23d7O
>>50
江戸城の夜詰め(夜の見張り役)から来てるんじゃなかったっけ?
夜詰めは親が死んでも仕事を抜けられないから→夜詰め→夜・爪
だと聞いた気がする。



56 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします :2009/07/28(火) 00:47:22.10 ID:ZwdhomRWO
>>55
それも聞いたことあるな
大抵こういう話って諸説あるからコレっていうのがイマイチないんだよね



34 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします :2009/07/28(火) 00:22:14.40 ID:9eNgPkPTO
夜騒ぐと ヨゴエハッチョが来る。

大きくなってから、『夜の声は(響くから)八丁先まで聞こえる』
という意味の略?だと気付いたが
当時はヤマンバみたいな妖怪が襲ってくる気がして、
素直におとなしくしていた。



42 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします :2009/07/28(火) 00:36:51.10 ID:anMNdDeOO
鉄砲打ち(猟師)の家系は部分奇形が多いと言われてた
指が少なかったり、カタワだったり
ラジバンダリ



47 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします :2009/07/28(火) 00:39:20.56 ID:2fm/0CLoO
海外の風習で思い出した
抜けた乳歯を枕元?に置いておくと
朝迄に歯の妖精が金貨と交換してくれるらしい




175 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします :2009/07/28(火) 02:30:23.49 ID:ZAGpEmzdO
>>47
フランスにいた時そうだった。
どのくらいの範囲の風習か知らないけど。


もちろんカーちゃんが夜中に歯とすり替えたんだろうが、
木箱に入った10フランw、まだ大事に取ってある。



63 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします :2009/07/28(火) 01:01:11.35 ID:F/qJ1EGYO
家の中に羽が生えた虫が入ってくる→羽を抜いて捨てる。
バッタ類が入ってくる→足をもいで捨てる
家の中にある幸を持っていくからこうするんだと




67 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします :2009/07/28(火) 01:10:17.87 ID:ZwdhomRWO
>>63
おぉ!それ面白いな!!
あんまり聞いたことない雰囲気の話だわ
良かったら場所も教えて



72 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします :2009/07/28(火) 01:19:05.79 ID:F/qJ1EGYO
>>67
日本最西端の島
他には「マチリ」っていう期間があってその間は四つ足の動物の肉を食べてはならない
その期間に巫女的存在の人を見てはならないとかな



68 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします :2009/07/28(火) 01:11:40.72 ID:AlPCwde+O
葬式で葬列を組むとき

前日までに通る道に竹を立てて、その竹に蝋燭をくくりつけておく
葬列は同じ道を通ってはならず、また絶対振り返っちゃだめ
無事ゴールしたらしんがりの人が振り返らずに後ろに餅を放って終了



73 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします :2009/07/28(火) 01:20:02.33 ID:ZwdhomRWO
>>68
新潟に同じような形式で葬儀を行う地域があるわ

葬列で振り向く行為を禁忌とすし、
肩越しにモノを投げる(餅、石、食器、鼻緒を切った草履など)風習は色んな地域で見られる



85 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします :2009/07/28(火) 01:29:48.16 ID:jaFVhK+I0
椎葉だっけ?一家に一本弓あるんでしょ?
何でなんだろうな、あんな田舎に野武士ってわけでもなかろうに



410 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします :2009/07/28(火) 17:41:44.80 ID:ewk1KoMd0
>>85
すっげ亀レスだが椎葉は平家の落ち武者伝説があるんでございます



413 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします :2009/07/28(火) 18:11:41.92 ID:g5KX8gM40
>>410
九州は大分から南は落人の隠れ里伝承が多いよね
五家荘・米良荘周辺とか特にね
百済王の隠れ里伝説まであるし
平家の落人部落の伝説は鹿児島にもいっぱいあるね
”郷”とか”荘”って最後に付く地名はそういうところの可能性が高いとか


ところで畳縁が十字になるように敷いちゃダメってのは誰か知らない?
何がどう悪いのか誰も知らなかったけど
地元で言われてたんだが @熊本




89 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします :2009/07/28(火) 01:32:55.58 ID:Uv6Tzd8VO
妊娠中に葬式に出ると黒アザの子供が産まれて、
火事を見ると赤アザの子供が産まれるって話は全国的に有名かな?



 
98 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします :2009/07/28(火) 01:42:01.20 ID:ZwdhomRWO
>>89
火事は聞いたことあるけど葬式は初めて聞いた

妊婦が偶然火事を目撃しても祟られないように懐に鏡を入れる地域もある

火事をみても手を後ろ手で組めばセーフとかもある


151 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします :2009/07/28(火) 02:20:39.16 ID:XdBM2NO+O
>>89
火事で赤あざはよくきく
うちのばっちゃも妊娠中に火事を見に行ったから、
その後生まれた母ちゃんの腕には赤いおっきなあざがある



96 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします :2009/07/28(火) 01:40:10.98 ID:CSFZkesaO
朝蜘蛛は殺すな
夕方蜘蛛は殺せ



107 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします :2009/07/28(火) 01:48:40.50 ID:ZwdhomRWO
>>96
これもよく聞くけど理由はイマイチはっきりしないんだよな

詳しい人頼む



227 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします :2009/07/28(火) 03:00:59.29 ID:Dbr1ZPt80
>>107
朝蜘蛛は神の使い
夜蜘蛛はなんでか忘れたけど不吉なもの と聞かされてたなぁ @近畿



235 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします :2009/07/28(火) 03:06:24.19 ID:g5KX8gM40
>>96
>>227が気になるようなので
朝蜘蛛は来客の兆し
夜蜘蛛は泥棒の兆し
ってこと
転じて神の使い
不吉なもの
となった



103 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします :2009/07/28(火) 01:46:17.95 ID:GQVocM47O
うちの田舎は毎年1月にかんなんぼうしってのがある

なんか幽霊関係のイベント



116 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします :2009/07/28(火) 01:55:15.24 ID:ZwdhomRWO
>>103
幽霊イベントで一月って珍しいな
大抵2月と12月が多いイメージがある

イベントの内容詳しく



119 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします :2009/07/28(火) 02:01:18.69 ID:GQVocM47O
>>116
外出しないで雨戸とかも締め切って、家の中でひっそり過ごすってだけなんだけどね。
外出して海を見ると呪われて発狂して死んじゃう。って事になってる。
漢字だと海難法師って書く



125 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします :2009/07/28(火) 02:04:55.41 ID:KdxdxbHrO
>>119
ぬーべーでそんなのやってたよな
海から妖怪が来る話だったけど



129 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします :2009/07/28(火) 02:07:44.67 ID:GQVocM47O
>>125
そそっアレそのものだよ。
ただぬ〜べ〜の内容は間違ってた。マンガ向けに変更したのかもね。



137 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします :2009/07/28(火) 02:11:10.15 ID:bzyk8Wf2O
>>129
よく怖い話スレで見る海難法師の話はどうなの?
軒先になんか吊しとくと海難法師が来ないみたいな描写があったが



142 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします :2009/07/28(火) 02:16:10.09 ID:GQVocM47O
>>137
島とその島内の地域によって変わるんだ。
吊すモノが変わったり何も吊さなかったり。
元になってるいい伝えも島と地域によって、全然ちがう話になってたりするしね。



168 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします :2009/07/28(火) 02:28:05.75 ID:bzyk8Wf2O
>>142
知らなかった…
じゃあ海難法師の姿?とかも地域によってまちまちなんかな
VIPに貼られる海難法師の話怖すぎだけど
実際はやっぱり違うぽいな


 
177 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします :2009/07/28(火) 02:30:50.01 ID:GQVocM47O
>>168
数人〜十数人が小舟に乗ってる。ってのは共通してるかも



122 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします :2009/07/28(火) 02:04:35.34 ID:EVTv9Ae+0
子供が生まれたら赤ん坊の髪を切り取り先祖の墓に埋める

先祖が生まれ変わりで赤ん坊になって魂を全部現世に持ってきたから一部を常世に戻すんだったか
先祖が赤ん坊を連れて行かないように先に赤ん坊の魂の一部を送るんだとか親戚によってまちまち




143 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします :2009/07/28(火) 02:17:07.38 ID:azu4g5Ib0
新築一戸建てを建てるとき、骨組みが出来上がったら
屋根から餅をばらまく。周辺住民は、ばら撒かれた餅を必死に集めて食費の足しにする
@宮崎



167 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします :2009/07/28(火) 02:27:46.06 ID:zTMuMggzO
赤いペンキ?で壁に鳥居を書いてる所があるんだけどあれなんだろか


 
184 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします :2009/07/28(火) 02:33:46.60 ID:ZwdhomRWO
>>167
それ酔っぱらいの立ちションベンを防止するためらしいwww

嘘だと思って真偽を確かめに家主に聞いたらそう言ってた



181 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします :2009/07/28(火) 02:32:29.52 ID:dOmEVnq0O
風習っていうか、変わったお祭りがあるんだが
お神輿の上にずるむけの立派なチンコのっけてわっしょいわっしょいする祭りがある



191 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします :2009/07/28(火) 02:35:23.70 ID:8nJIJcsk0
>>181
そういう所謂「奇祭」って世界的にあるよね
性的な物=神聖ってとらえていたんだと思う

多分結婚初夜とか新婚関係って多そう



193 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします :2009/07/28(火) 02:36:28.71 ID:TUwLGZWv0
>>191
神聖、というか豊穣の象徴だな



207 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします :2009/07/28(火) 02:45:20.59 ID:lUP5h6xfO
・寝ている人の上をまたいで通ってはいけない。何故かは忘れたけど。
・盆は家族の中で最年少の子がお墓まで行き、
墓の前で座りおんぶをする真似をして霊をおんぶして家の仏壇まで連れ帰る。
盆が終わったらその逆をして墓まで連れ帰る。
・歯がぬけたら外に投げる。
・神社の道の真ん中を歩いてはいけない。真ん中は神様が通るから。
・霊柩車をみたときは指を隠さなければ家族不幸がくる。
親指→父親。家族の大黒柱
人差し指→母親
など指によって決まっており、全て隠すのが好ましい。隠し忘れていたらえんがちょする。
・霊柩車とすれ違ったら振り返って見てはいけない。戻ってくるから。
・10月は全国の神様が出雲大社にくるので神在月と呼ぶ。ちなみに来ない神様もいる。
・出雲の神様は馬鹿にすると怒るらしい。


島根vipperだけど言い伝え?とかの話需要あればする




267 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします :2009/07/28(火) 03:57:47.05 ID:GLIKr3o8O
>>207
> ・神社の道の真ん中を歩いてはいけない。真ん中は神様が通るから。

正中ね。
これは民間伝承ではなく普通に神道だよな。
ちなみに向かって左が下座、右が上座で
参道の左から入り参拝して右側を帰る、
つまり時計回りに参拝するのが正式な参拝作法
さらにいえば鳥居は勿論、境内の段差は全て結界だったりする



232 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします :2009/07/28(火) 03:03:50.18 ID:lUP5h6xfO
・女の子が箸を持つとき、もつ部分が上方なほど遠くに嫁にいく。下方なほど近くに嫁にいく。



242 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします :2009/07/28(火) 03:12:32.39 ID:Dbr1ZPt80
そういえば 田舎の風習というか宗教的なものなのかもしれないけど
迎え火を焚いてから送り火を焚くまでのご先祖様がいらっしゃる時期には 
肉・魚・乳製品は口にしてはいけない
って祖母にめちゃ言われてたわ
お盆にはケンタッキー ていう宣伝見て初めてそれが一般的なものじゃないって知った



361 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします :2009/07/28(火) 11:17:44.25 ID:8mvw/4RAO
振り替えって見てはいけない木ってのがあった
その木で首を吊った人の霊が視えてしまうかららしい
俺は何度か振り替えって見たりしてたけど、結局一回も幽霊なんか見えなかった
一度だけ本物の死体がぶら下がってたけど



364 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします :2009/07/28(火) 11:20:28.62 ID:RAx8259HP
クロ宗の村ってどこの島にあるの?

なんでも人の生き肝を食べる風習があるとか
家のまわりに3メートルくらいの壁があるとか



371 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします :2009/07/28(火) 12:02:29.38 ID:ZwdhomRWO
>>364
クロ教自体は甑島だろうけど、食人の話は鹿児島本土の人の噂話しや作り話の線が濃厚
クロ教食人説が一気に広まったのも二流ゴシップ誌からの発信だったらしいし

披差別部落に謂れもない食人の噂はつきものでクロ教食人説もそれに同じじゃないかな



366 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします :2009/07/28(火) 11:34:42.84 ID:STNlPL1OO
スレチかもしれないけど…
実家の裏山にはあやしげな神社?がある。
普通の人ならまず行かないような山奥にひっそりと建っている。
鳥居の先には小さな本殿?(お墓ぐらいのサイズ)があるだけ。
地元民すらその存在をほとんど知らないぐらいの場所なんだが、
その筋の人達には結構有名な場所らしい。
なんでも、100体以上の神様が祭られていて、
「空海、日蓮、親鸞、伏義、神農、釈迦、モーゼ、
老子、孔子、孟子、徐福、キリスト、モハメットタイ」などが
ここを訪れて人の生きる道を教わったらしい。

我が地元ながらいかがわしすぎるw




367 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします :2009/07/28(火) 11:38:49.75 ID:Ay6c38jPO
>>366糞わろたwwwwwwwwwwwwwww



389 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします :2009/07/28(火) 14:07:17.72 ID:g5KX8gM40
>>366
これってあれだ
「竹内文献」のやつじゃん
怪しさしかただよってこねぇwww



391 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします :2009/07/28(火) 14:12:42.15 ID:GLIKr3o8O
>>389
竹内文書は楽しい小説だよなwww



439 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします :2009/07/28(火) 19:43:37.82 ID:HV9T8PmDO
子供が1歳になってから餠一升を担がせて歩かせるっていう習慣?がある
一升と一生をかけてるらしく、一生食べ物に困らない様にという意味らしい
@宮城



463 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします :2009/07/28(火) 22:33:34.34 ID:SnXavuVwO
なんか船にフナダマサマなる人形?みたいのをしこむ



464 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします :2009/07/28(火) 22:59:42.14 ID:ZwdhomRWO
>>463
関係あるかわからんけど、昔の造船にはしばしば人柱の風習が見られた
船底のスペースに人を閉じ込めたりして不沈を願ったらしい

もしかしたらその身代わりの人形なのかも

因みにあの軍艦大和には造船時に「誤って溶接した」ため、
閉じ込められて船内で亡くなった人がいる

誤って溶接して死ぬまで閉じ込められるって果たして有り得るのか・・・?




476 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします :2009/07/29(水) 00:19:37.81 ID:lQYAddbWO
彼女に天麩羅食いたいって言ったら
「未婚の女は揚げ物しちゃいけないんだよ」って言ってた
地方出身だが、その地域では未婚の女には揚げ物をさせないらしい
正確な理由は知らないが恐らく火傷すると嫁に行けなくなるかららしい



509 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします :2009/07/29(水) 02:41:43.98 ID:/k3jQGY9i
風習とかそんなんじゃないけど
俺の家に白蛇が棲んでる
子供の時に見た
婆ちゃんにきくと昔から棲んでるらしい
今家族が住んでいる家は築十五年で古い家を壊して立て直したらしいんだけど
その白蛇は古い家の時から棲んでいるらしくて
大体30年前くらいから棲んでるらしい

そんな長い間うちの家系を護ってくれてると思うとなんかすごい



543 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします :2009/07/29(水) 09:06:47.11 ID:wZj+hqJOO
スレチかもしれんがオカ板の「コトリバコ」はたぶんうちの地元
方言と土地の特徴が地元と一致してる



547 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします :2009/07/29(水) 09:20:18.13 ID:aYh82JsU0
>>543
キミに言われて気になって見てみたんだが
俺のところにもそっくりだから、キミと俺同郷



551 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします :2009/07/29(水) 10:10:36.10 ID:wZj+hqJOO
>>547
同郷の人がいるとは嬉しいね
あの話は怖い。まあ自分はそんな箱を見たことないけど



588 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします :2009/07/29(水) 13:21:21.57 ID:tcHaIiZdO
木には神様が居るから無闇に切ってはいけない

近所の人が車買って、出し入れの際に前からある柿の木が邪魔になるからって切り始め
少し進んだ所で急に体調が悪くなりそのまま亡くなってしまった。

その人はまだ若く病気らしい病気も今までない人で死因は急性心不全だなんて絵に描いたような話


他にも木を切ろうとしたら事故や怪我があるって話をたまにきかされる

木を切る予定や都合がある時は、占い師に神様がいない時期を見てもらって切ってたんだって

@埼玉県



592 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします :2009/07/29(水) 13:32:12.74 ID:XLBGricLP
>>588
うちの近所にもそういう木がある。
桜の木の下には…なんていわれるけど、その木も桜なんだ。
実際桜って、陰木で家に植える木ではないといわれてたらしい。

で、その問題の桜ってのが、ものすごく不穏な枝振りなの。
ディズニーとかのアニメで、魔女の住む森の木が妙に枝だが垂れ下がってるでしょ、
まさにあんな感じ。聞いた話では2回くらい造園業者が枝の剪定をしようとしたんだけど、
2回ともその担当者が急死したんだそうな。

それ以来、その家の人も薄気味悪くなって、放置してるって話。

@神奈川 三浦半島の付け根




525 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします :2009/07/29(水) 03:51:34.39 ID:6P7kYuB70

由来も亡くした伝承ほど悲しいものはないな

だからこそ語り部は書物で残そうとするのか




sasayakana_tanoshimi at 22:46│Comments(134)TrackBack(0)【VIP】 | 歴史

トラックバックURL





この記事へのコメント

1. Posted by 名無しの楽しみ   2009年08月05日 23:07
1ゲツ
2. Posted by ささやかな@名無し   2009年08月05日 23:23
瀬戸内の小島だが盆踊りの節に
「やとのかみサァーまいりゃんどー」
ってある

ヤトノカミwww龍王レベル16wwwテラ小物wwwww
つーか今調べたら出身茨城じゃねえか……
大和朝廷に負けてどんだけ逃げたんだw
3. Posted by ささやかな@名無し   2009年08月05日 23:32
へえ
4. Posted by ささやかな@名無し   2009年08月05日 23:35
>>143
うちの地域もやる.
「たてまえ」っていう.
餅とかお菓子とかお金をまく.@長野
5. Posted by ささやかな@名無し   2009年08月05日 23:39
田舎はそういうのあっていいな
都会はそういう神様系じゃなくて只無気味な都市伝説しかないし
今度、田舎のばっちゃのとこでもいくかね
6. Posted by ささやかな@名無し   2009年08月05日 23:42
子供のころ父方の田舎が周りを山にかこまれたド田舎だったがお盆の季節に
山の中腹にある『お宮さん』まで村中の男子が松明(両手でないと
もてないようなデカイ奴、藁束が巻いてあって火の粉がバラバラ落ちる)を
もって村中を廻ってから登っていくっていう行事があった。

父が亡くなってから行ってないので今もやってるのかはわからないけどまるで魔女の家を焼き討ちに行く暴徒の群れみたいなかんじだったw
お宮さんには仏像とか本尊は無かった気がするんだが天井には仏教っぽい地獄絵図が書かれていたのは覚えてるけど、あそこは仏教施設だったのか神道施設だったのか、ごっちゃなとこだったのかな。鳥居もあったきがする。

まだ小さかったので大人たちが松明のことを「とうち」「とうち」って言ってたのを聞いて、「へぇ、ここでは松明のことを とうち って言うのかぁ」と思ってたけど、あとから考えると「トーチ」だったんだろうなw
7. Posted by ささやかな@名無し   2009年08月05日 23:44
413の畳の話は、風習というか、一般的な教養だろう。
十字つうか、4つの角が揃わない様に気をつける。
8. Posted by ささやかな@名無し   2009年08月05日 23:47
都会でも昔から人が住んでれば何かしら言い伝えがあるはずだが
流入者が多くて伝承されてないんだろう
9. Posted by ささやかな@名無し   2009年08月05日 23:52
通夜か葬式時に親族の集合写真を撮る。@愛知

コレはマジで辞めて欲しい。
故人を思い出すから、そんな写真は見たくないし、処分も出来ない。

100回忌とかで、故人を覚えている人が誰も居ない状態の法事の時の
集合写真だったら別に構わんが。
10. Posted by ささやかな@名無し   2009年08月06日 00:04
サイレンが鳴ったら外に出てはならない
11. Posted by ささやかな@名無し   2009年08月06日 00:26
>>592はしだれ桜のことじゃないの?
12. Posted by ささやかな@名無し   2009年08月06日 00:30
時期的に思い出したが、昔よくばーさんやらひいばーさんに、
「盆(盂蘭盆)の最中に泳ぎに行くと足を引っ張られて溺れ死ぬ」
とか、
「ハカショ(墓所)で転ぶと足を抜かれる(から走り回るな)」
とか言われてたな@青森

他には
「上の歯が抜けたら床下へ、下の歯が抜けたら屋根に投げ上げる」
(その際、「ネズミの歯になります様に」だったかな?とか言う)
13. Posted by ささやかな@名無し   2009年08月06日 00:32
朝蜘蛛、夜蜘蛛の話は、殺してはいけない時が逆の地域も少ないながらあったはず
14. Posted by ささやかな@名無し   2009年08月06日 00:47
※12
歯のほうは全国的だったとおも
15. Posted by ささやかな@名無し   2009年08月06日 01:04
>>413九州は大分から南は落人の隠れ里伝承が多いよね

生目の話とかですね、わかります。
地名の最後に郷が付いたらその生き残りの町なのか・・・
宮崎は合併以前5、6ヵ所あったな
16. Posted by ささやかな@名無し   2009年08月06日 01:14
ちょっと前までは皆正月は車や玄関の戸に注連縄をつけたものだけど、
今はそういうのも殆どなくなってしまったな
うちの祖父、祖母は正月前になるといつも注連縄を作って御近所に売っていたから、尚のことその風習が消えかかっていることに哀愁を感じるよ

鯉幟や、ひな祭りなんかの昔ながらの日本の恒例行事も殆ど見られなくなってしまってるしな・・・
17. Posted by ささやかな@名無し   2009年08月06日 01:23
うなぎは朝日を拝むから食ってはいけないとか
18. Posted by ささやかな@名無し   2009年08月06日 01:33
枇杷の木、ねむの木、しだれ桜と庭に植えないほうがいいと言う伝承の木を
庭にばんばか植えたけど実害あったのは一つだけ、
ねむの木だけはやめたほうがいい、ベトベトした花の蜜が下に落ちてくる、
密に集まるアリもひどいし車を木の下に止めるから最悪だ
19. Posted by ささやかな@名無し   2009年08月06日 01:33
〆が美しいな
こういう話はこのブログ得意だよな。夏だしこんなオカルトっぽいのもっと読みたいw

一升餅は俺もしょったらしい@横浜
あれは全国的にやるもんなんじゃないのか?
親に聞いてみたら俺は余りの重さに泣いたとか。写真も残ってるってさ
20. Posted by ささやかな@名無し   2009年08月06日 01:52
羽生蛇村のことが出てなくて泣いた
21. Posted by ささやかな@名無し   2009年08月06日 01:54
米4
うちの地域も「たてまえ」の名称であるな。
細部は違うが・・・家の屋根の4隅から一抱えくらいのでかい餅を投げるんだよ。その後にお菓子やら小さい餅を屋根からばら撒くっての・・・もっとも本来は前半だけの部分を指し後半はオマケらしいが。
ちなみにでかい餅は本当にでかくて数kgはある+縁起がいいので拾えば1日英雄です、競争率も高くて大人もガチで取りにきますw・・・・今思えばよく怪我人が出なかったもんだ。
おっと場所は新潟の下越のほうだ。
22. Posted by ささやかな@名無し   2009年08月06日 02:18
うちの納屋には”じーじゃ”という妖怪がいるらしい
我が家だけの超ローカルクリーチャー
23. Posted by ささやかな@名無し   2009年08月06日 02:34
うちの家に伝わる伝承

その昔うちの先祖が山仕事の最中大蛇に出くわしたので、ナタで頭を切り落としたところ、次から次へと災いが降りかかるようになった
神主(?)に相談したら「それは大蛇の祟りだから祠を建てて神様として祀りなさい」と言われ、その通りにしたら災いがピタリと止んだ
今でもうちではこの神様を「権現さん」と呼び毎年11月にはお祭りをする
(といっても旗立てたり神主さんがきて拝んだりするくらいのことだけど)
ちなみに祠の中には薄っぺらい木箱がありその中には和紙に包まれた「何か」が入っている
これが御神体らしいが死んだ祖父も父も和紙を開けたことが無く何なのかわからないと言っていた


上記とは別の話だが
先祖が病に倒れたので祈祷師(みたいなもの)に診てもらったら
「この家に宿る神様は胡瓜が嫌いだから胡瓜を作るのをやめなさい」と言われたらしい
以来うちでは胡瓜を作ることが禁じられている
でも買ったり貰ったりして食べるのはOKだという変な話w
24. Posted by ささやかな@名無し   2009年08月06日 02:44
寝ている子供をまたいではいけない。@愛媛
またぐとちゃんと大きくなれないからと親が言ってたな
25. Posted by ささやかな@名無し   2009年08月06日 02:44
キリストの墓がある
by青森 にゃにゃどやらー
26. Posted by 774   2009年08月06日 03:36
御葬式は一族が行列してお墓まで歩く。
その時、遺影を持った人は亡くなった人の代わりになるよう頑張るとか、
陰膳を持った人は亡くなった人の出た家が飢えないように気をつけるとか、
その後の生活のための役割分担を暗に示しているらしい。by宮城県
27. Posted by ささやかな@名無し   2009年08月06日 04:28
まぁ有名な話かも知れんが
昔、蝶が好きでたまらん娘がいたんですよ。でも蝶ってのは農家にとって害虫だから村のものからはまぁ〜それは白い目で見られてたんです。
でね、夏の終わりに近づいたころその娘さんが流行り病で逝ってしまってね。
まだまだ暑いのでさっさと土葬するんですが、妙な事に死後間もない娘さんの体から無数の虫が湧きましてね〜。農民は気味が悪がって火葬しようとしたんですが、3日3晩しないうちにその虫が大量の蝶に姿をかえて夜明け共に無数の蝶は一斉に飛びったってね。
あとには娘さんの髪飾りがポツリと落ちてるだけで死体は何処かへ行ってしまったそうな…
それから娘さんの命日には何処からともなく大量の蝶が現れるようになった
・・・みたいな話を昔聞いたな。

まぁ、某高校生探偵で有名な地方の言い伝えなんですがね。
28. Posted by ささやかな@名無し   2009年08月06日 07:17
うちの地元には「三途の川の船は8人乗り」って言い伝えがあるらしい。
だから人が亡くなる時(老衰病死自殺等みんな含めて)必ず8人ずつらしい。
あと「先達(せんだつ)」という、密教とか神道とか修験道を修行したけど民間に戻った人がいて、家の改築とかで方位を見てもらったり拝み屋さんみたいなことをしてもらう事がある。
僕の友人は、家の増築をする時にいい加減な先達に方位を見てもらい、それで工事に入ってしまったのだけれど、後から気になってちゃんとした先達に見てもらった所「これはいかん、これでは必ず誰かが死ぬ」と言われたが今更中止もできず、完成した直後に元気そのものだったおじいさんが亡くなったそうな。
なんでも何万人に一人と言う珍しい病気で、医師が「研究の為に遺体を提供して欲しい」と言ってきたという話。
29. Posted by ささやかな@名無し   2009年08月06日 07:35
特に変わってたり、大仰だったりする風習や言い伝えが残ってないというか
ハナから存在しない土地ってのは、恵まれてたり、地元民の知的レベルが高かったのかな?

気候・風土的に特に大変な自然災害にみまわれることも無いとか、
宗教っぽく砕かなくても、そのまんま自然科学的に理解できたとか
あとは自然消滅かな。

あと平家落人の集落的な話は日本中にある。
まぁ昔の、一種のオカルトブームみたいなもんによるもの。
他にもオカルトっぽい奴で合理的理由などが見出せないものは、
単に地元の人間が冗談で創作・伝承したなんてものも多いと思う。
もしくは神道や仏教の逸話とかからの変形とか。
30. Posted by ささやかな@名無し   2009年08月06日 08:32
今日の諸星大二郎スレか
31. Posted by ささやかな@名無し   2009年08月06日 09:02
朝見る蜘蛛はお客さん、夜見る蜘蛛は泥棒ってきいたなー
だから朝に蜘蛛発見したらそっと接してる
32. Posted by ささやかな@名無し   2009年08月06日 09:25
神様を独特の言い方するけど
女神転生やってたら地方の怪しげな風習みたいに紹介されてて吹いた
33. Posted by ささやかな@名無し   2009年08月06日 09:50
最後の1文を大文字にする必要性を感じない
頭悪いの?
34. Posted by ささやかな@名無し   2009年08月06日 10:44
※4
うちはそのまんま「もちまき」っていうww
紅白の小さい餅だけじゃなくて、赤い紐を結んだ五円玉も投げる。
登っていいのは男子だけで、餅はその日についたものを使う。
ちなみに、そのとき屋根の骨組みの四隅に竹(笹?)をくくりつける。

寝ている人の上をまたいで通ってはいけないのは
背が伸びなくなるからって言われた。

うちの田舎からもひとつ。
はるか昔に「烏岳城」っていう空飛ぶ城があったらしい。
俺の古い家の裏山らへんに仕掛けがあって、それを動かすと宙に浮いたらしい。
上から弓や石で攻撃するので、難攻不落の城だったとかw
でも内輪もめで壊滅したらしい。

でも考えてみたらこれって無理だろ。
なんで伝承文があるのかわからん。
35. Posted by ささやかな@名無し   2009年08月06日 11:51
夜口笛を吹くと蛇が来る
蛇ってのは音読みで「じゃ」→「邪」の変化っていう話
蛇ってのは幸せの証だったり悪いモノの証だったりでいろいろだよね〜

36. Posted by ささやかな@名無し   2009年08月06日 11:58
餅まきや餅背負うのは自分のとこでもよくやってるはず
そんな自分は543・コトリバコの人と多分同郷。島根だよね?
37. Posted by ささやかな@名無し   2009年08月06日 12:23
>>413「畳」について
江戸時代から『祝儀敷き』(現在一般的に敷かれている敷き方であって、昔は婚礼のときに敷く敷き方。畳縁がT字型になるように敷く)と、葬式などの時に敷く『不祝儀き』(畳の隅が四つ合わさって十字になるような敷き方をいう。大広間や寺院などでよく見受けられるすべてが同じ方向に並べて敷く)があり、婚礼や葬儀のときに畳を敷き替えたりします。
ttp://blogs.yahoo.co.jp/consulting012/52261965.html
38. Posted by ささやかな@名無し   2009年08月06日 13:18
>>35

俺が聞いた話では、夜口笛を吹くというのは酔っ払っている人間。
蛇というのは追いはぎ。夜口笛を吹くという行為はわざわざこちらから、自分は無防備ですよとロクでもない奴に教えているようなものだということらしい。
あと、俺の家にも昔白蛇が住んでいたらしい。が、家の建て替えでいつの間にかいなくなってしまったらしい。それが原因かどうかは知らないが、うちは貧乏です。
39. Posted by ささやかな@名無し   2009年08月06日 14:02
俺の地元は仏教由来の慣習が多いな。特に葬式などの儀式を連想することは避ける。
・籠状のものを被ってはいけない。
・テーブルや人の周りをぐるぐる回ってはいけない。
・新しい靴を買ったとき、家の中で靴を履いてから降りてはいけない。
・夜に爪を切ってはいけない。(これは諸説あるが、通夜のときに爪を切るので関係あるかも。)
などなど。結構全国的にあると思うが、あんまり書いてる人いなかったんで・・・

あと>>588
俺の家系が昔住んでたところに小さな社があって、今でも年に数回参っているんだが、間伐やってる人がその周辺の木を切ってしまった(親父が切るなって言っといたのに)。それから数ヶ月の間に木を切った人たちは全員死亡or重症のケガを負ったらしい。
40. Posted by ささやかな@名無し   2009年08月06日 14:15
>>35
は間違いすぎ、一神教の布教のせいとか関係ない
日本に一神教徒はそんなに居ないし
言い伝えが変化するほど古くから広まってない
さらに日本人は宗教に対してかなり大雑把
盆暮れ正月クリスマスに日曜日、かなり個別に捌いてる

現に白蛇は今でも縁起いいだろ

日本は古来から何でも2面性があるって考えなんだよ
猫はネズミを取るから良いという基準の話もあれば
化けて祟るという話もある

同じく蛇も水の神であったりすると同時に
祟る神であったり妖怪であったりする

本当のように嘘を書いてはいけない
せめて大学や専門書で学んでから書かないとな
41. Posted by ささやかな@名無し   2009年08月06日 16:15
>>47
自分もフランスに住んでいたとき、
乳歯を枕元において、フランに変えてもらった。
一瞬兄かと思ったわ。
42. Posted by 774   2009年08月06日 16:29
東京生まれ東京育ちだけど
・朝蜘蛛は縁起がいい、夜蜘蛛は縁起が悪い
・夜の爪切りと口笛は縁起が悪い
は母親から聞いたことある

まぁゴキブリ食ってくれそうだから故意に蜘蛛殺すなんてここ数年やってないけど
43. Posted by ささやかな@名無し   2009年08月06日 16:34
ボンボボ
44. Posted by ささやかな@名無し   2009年08月06日 17:01
抜けた乳歯を上の歯なら床下へ、下の歯なら屋根に向かって放る
@新潟
45. Posted by ささやかな@名無し   2009年08月06日 17:27
朝蜘蛛を殺してはいけないのはある
蜘蛛を見つけて騒いでたら殺しちゃいけないって言われた
餅を投げるのもある(たてまえ?投げた事有る
たてまえはどこの家でもやってる けど建売住宅はやってない
たてまえは親戚とか友達とか呼ぶけど近所の人は大抵来る
一升の餅?も背負ったらしい
転ばなかったらなんとかかんとか 覚えてない
静岡の西部に住んでるが浜松の一角には「遠山坂の狐」とかある
「しっぺい太郎」は浜松の観音山だそうだ
浜松は祭りがすごい 若者から年寄りまで楽しんでる
46. Posted by ささやかな@名無し   2009年08月06日 19:16
>>143
自分所も「もちまき」だったな。餅以外に菓子とかも投げたけどさ
あれ、俺が覚えてる中でどこの住居も絶対やっていたことだから
地鎮祭と同じで全国的にやってる事だと思ってたんだけど
違うのかね?
47. Posted by ささやかな@名無し   2009年08月06日 20:04
※46
全国的にやってる。棟上げ式でググるといい。
もしくは百科事典見ろ。
48. Posted by ささやかな@名無し   2009年08月06日 20:21
米34
ラピュタは本当にあったんだ!!
49. Posted by ささやかな@名無し   2009年08月06日 20:28
「夜に口笛で蛇が出る」は蛇=邪が出るが由来だと某スピリチュアルカウンセラーさんの話。

うちの地元かしらないけど、雷が鳴ったらお線香を一本立てて「おぎおりこぎおぎおりこぎ」と唱えると止むって知り合いに真顔で言われた。桑原みたいなもんか?
50. Posted by ささやかな@名無し   2009年08月06日 20:54
うちの地元(俺んちだけ?)では迎え火、送り火を「かんば」と言って
白樺の皮を燃やして盆を向かえ、送る風習がある

でもあの香りがすごいいい匂いなので自分から進んでやってるよww
古い風習ってのもなかなか味があるもんだっておもってる。
30歳になりたてのおっさんです☆
51. Posted by ささやかな@名無し   2009年08月06日 21:42
夜蜘蛛、朝蜘蛛でどっちがどっちだか分からなくなってしまった場合は
『夜蜘蛛(よくも)出たなー!』と覚えろと教えられた。
つまり、夜蜘蛛は縁起が悪いと言うこと。

実際は、朝蜘蛛は卵を抱えてる事があるから潰してしまうと大変なことになるからだと祖母か母に聞いたことがある。
52. Posted by ささやかな@名無し   2009年08月06日 21:44
zeroシリーズスレじゃないのか
53. Posted by ささやかな@名無し   2009年08月06日 23:27
歯が抜けたらねずみよりも丈夫な歯になれ、といいながら上の歯なら二回から下に投げ、下の歯なら一回から上に向かって庭に投げる。
54. Posted by ささやかな@名無し   2009年08月06日 23:53
大晦日に家の戸口全部にお酒を撒いて年神様の招きをする
節分の豆を炒るときに呪文(なにやくかやくしゃべりばちのくちやく)を唱える
@人口重心
でもなんかウチだけしかやってない風習かも
節分の呪文はまえに2chで聞いたら『虫の口焼き』という全国的にある風習と言われたんだが、知り合いの家ではどこもやってないんだよなぁ

なにやくかやく = なにを焼こうか、さあ何を焼こうか
(『なんだかんだ』のように なん〜かん〜 をつけた強調表現)
しゃべりばちのくち =蜂がぶんぶんうるさいようにおしゃべりな口(転じてしゃべってばかりいる怠け者の虫)
55. Posted by ささやかな@名無し   2009年08月07日 00:55
うち、新潟の農家なんだけど家の敷地に
「天神倉」っていう4畳あるかないかくらいの倉がある
農具とかを入れてる倉なんだけど、なぜ天神さまの名前が出てくるのか分からん
別に神官の家系だったとかではないので、いつからその名で呼ばれているのかすらも分かず

天神倉っていうものについて知ってる人は情報が欲しい
56. Posted by ささやかな@名無し   2009年08月07日 01:14
>>50は雑学的な解釈だったはず
正しい意味は夜・爪なんじゃないかな
57. Posted by あ   2009年08月07日 01:48
桜 さ くら
神様がおわす場所
58. Posted by ささやかな@名無し   2009年08月07日 07:34
>>2
お前wヤトノカミばかにすんなww
物理無効だぞ!
59. Posted by ささやかな@名無し   2009年08月07日 07:51
夜の水商売では夜蜘蛛がお客さんだから
殺しちゃいけない、と年配ママが言っていた
60. Posted by ささやかな@名無し   2009年08月07日 08:25
新しい風呂を作ったり(家を建てる)した時
一番風呂に浸かりながらうどんを食べる。
http://www.shikoku-np.co.jp/feature/nokoshitai/syoku/14/index.htm
61. Posted by ささやかな@名無し   2009年08月07日 15:48
★は抜いてください↓
asa★no&★wasizaki(反日工作員で仄めかし要員)がオレのメールアドレス(ka★rakuri★torappu@yahoo.co.jp )
を無断使用しメール送信していた時期があります
ぜったいに許せません

詳しい内容はネット検★索→ 告★白2★【誰?】★【創★価】【在★日特権】【緒★方県】
Google検索でヒットする告★★白2★【誰?】【創★価】【在★★日特権】★【緒★方県】のGoogleキャッシュだけ
フィッシングにされていたので、なるべくフィッシングではない本スレの方で見てください

正しい内容は、ogata-y@★sep★ia.plala.or.jpの盗読でも可能です
このメールアドレス↑の盗読は使用者であるわたくし緒★方★俊★介(本名)が許可いたします
住所は〒300-★1624茨★城県★北相馬★郡★ ★利根★町中田★切418−12でございます

インターネット接続に★関しては↓がおすすめ(安全なので)
F8押しっぱなし起動→「セーフ モードとネット ワーク」
それとhtm★lはメモ帳に一度貼り付けることによって除去できます(詳しくは本スレで)
62. Posted by ささやかな@名無し   2009年08月07日 16:29
建前って全国どこでもやるんじゃないの?
と、神奈川の建売屋が聞いてみる
63. Posted by ささやかな@名無し   2009年08月07日 17:04
歯を投げるのは、上の歯は下に向いて生えるように地面に埋め、下の歯は上に向いて生えるように屋根に投げる。
@兵庫
64. Posted by ささやかな@名無し   2009年08月07日 17:06
歯を投げるのは→×
歯を投げるときは→◎
65. Posted by ささやかな@名無し   2009年08月07日 18:02
寺に行くと昔の花嫁さんや結婚式やらの絵がたくさん飾ってある。
女の子や未婚の女性が死ぬと、あの世で結婚できるようにとそういった絵を飾るんだと。
全国どこの寺でもあると思ってたけど、そうでもないらしい。
66. Posted by ささやかな@名無し   2009年08月07日 20:37
>>143
静岡でも「たてまえ」の名称で今でも行っています
67. Posted by ささやかな@名無し   2009年08月07日 21:17
実家の村落ではコロスケっていう梟が出た。
20年以上前だけど、深夜に庭から
『コロスケ...コロスケ』って聴いたことある。
68. Posted by ささやかな@名無し   2009年08月07日 21:55
葬式で女は白いほっかむりをして、男は首の後ろの襟に白い布切れを挟んでぺろっと出していた
でも自分も妹も立派な女なのにほっかむりしなくていいって言われたのが謎
69. Posted by ささやかな@名無し   2009年08月08日 06:33
コトリバコってそんなヤバいものかな?
今食べてる豚の腸詰めとかの方がよっぽど…
70. Posted by ささやかな@名無し   2009年08月08日 21:25
葬式の時はとにかく一人で外出してはならない。死者に引っ張られるから(多分)
この前、地元の身内に不幸があって車で一人で帰ろうとしたら、カーチャンにしこたま怒られた…。
あと、葬式つながりなんだけど、通夜の前に火葬を済ませてしまう。
この二つは全国共通だと思ってたから違うって知って驚いた。
71. Posted by ささやかな@名無し   2009年08月08日 23:16
宮崎ではせんぐまき>タテマエ
結構同郷者が多くてびっくり。
生目神社でぐぐるといい伝説あります
72. Posted by ななし   2009年08月09日 06:16
俺も一升餅やったらしいわ
一個載せてもふつうにハイハイしてたから、2個載せて無理やり泣かせたらしいww
ひでぇww
73. Posted by 名無し   2009年08月09日 10:58
一升餅は全国的だなぁ。
尻餅をつかせなきゃいけないんだっけ
74. Posted by ささやかな@名無し   2009年08月09日 12:39
建前はやるよね@神奈川
最近じゃ全然見ないけど小さい頃一度だけ体験した
頭に当たると危ないって俺を庇う親の手ばっか覚えてる
なんのために行ったんだっていうねw
75. Posted by ささやかな@名無し   2009年08月09日 17:51
※25

MMRのアレかwww
ナニャドヤラーとかいうやつだろwwwwww
76. Posted by ささやかな@名無し   2009年08月09日 20:28
巨木関連は多いな、今でも業者は大きい木を切るのを嫌がる。
漫画みたく「よーし皆作業に取りかかってくれ」「へーい」は難しい。
77. Posted by    2009年08月10日 08:25
動物虐めは嫌だな
不幸の起きた理由を
立場の弱いものになすりつけてるだけじゃん

日本じゃないけどアイアイなんかもそうだし
78. Posted by ささやかな@名無し   2009年08月10日 09:51
こういう話好き。
奇妙ではないけど、葬式の時の食事のメニューが決まってる。
とんがらし汁(唐辛子のおすまし)とひじきの煮物は必ず出す。
とんがらし汁は辛さで寂しいのを忘れるとか、辛さで全員涙を出すためとか。
79. Posted by ささやかな@名無し   2009年08月10日 10:09
>143
新築の際に棟上が終わった段階で屋根から餅撒きはやったことある@大分県杵築
餅と一緒に小銭も撒いてたな
缶ビール撒こうとして親父に叱られたのはイイ思い出
ちょっと反省してる
80. Posted by ささやかな@名無し   2009年08月10日 15:42
額に犬とか背中に犬って嫌がらせかwwwwwwwwwwwwwwwww
81. Posted by 뭐야   2009年08月11日 00:33
1 私は韓国人です。今、あなたはどんな話をしていますか?
82. Posted by 鹿児島   2009年08月11日 10:21
餅撒きは鹿児島でもやるよ。小銭はおひねりみたいに紙に包んでまく。子供のころ100円のおひねりをゲットしたら嬉しかったな〜。
83. Posted by ささやかな@名無し   2009年08月11日 10:29
>>10
家では「百掴み」って呼んでた
84. Posted by ささやかな@名無し   2009年08月11日 11:11
栃木県民だが新築祝いに餅とか菓子とか撒くのはあった。
昔は近所でもよくやってたが、最近は建売ばっかだからかめっきり見なくなっちゃった。
お菓子拾えるから子供心にちょっとしたお祭りだったよ。
85. Posted by    2009年08月12日 05:58
84

県民だが無い だけど昔に聞いた大工だったじっちゃんの話だと、建て前は撒き物をしたらしい

あと地域で代々神楽をやるのはわが地域くらいか?
86. Posted by ささやかな@名無し   2009年08月12日 12:53
婆「あそこには大蛇がいるよ」
私「ダイジャ?」
婆「すごく大きな白い蛇、みんな(子供)を守ってくれるんだよ」

昔は事実でかいのが隠れ住んでるんだと思ったが
今考えると神様だった、鳥居と祠?もあったしね
87. Posted by ささやかな@名無し   2009年08月12日 23:39
千葉県人だけど、子供の頃は夕方5時以降はかくれんぼしちゃいけないて言われてた。
何か何度も言われてたんだけど、今思うと何か不思議。家の中でやっててもダメなんだと。
88. Posted by ささやかな@名無し   2009年08月13日 01:32
上の歯が抜けたら床下に、下の歯が抜けたら屋根の上に投げる
89. Posted by    2009年08月13日 11:47
やまんばだ蛇だって風習は夜中子供を騒がせない脅しくらいだと思う。
墓で転んじゃいけないってのは全国的だよな
90. Posted by    2009年08月14日 00:40
宮崎。
畳の角を4つ合わせては(十字ね)ダメって祖母に言われたことがある。
あと、家を新築する時は棟上げ式みたいなので餅を投げ配る。
91. Posted by ささやかな@名無し   2009年08月14日 03:56
コトリバコの話出てるけどさあ。
あれって生物兵器系だろ?ぶっちゃけよくあるじゃん。
大した事ないといえば言いすぎかもしれないけど、
「ある程度の年齢の人間ならそう言う事は知ってるはず」って話だよな。
戦場で病原菌ばら撒くなんてのは常套手段だったろうし。
で。
キューリー婦人以前のウランの扱いが気になってるんだよね。
天然高濃度濃縮ウランは実在したわけだ。
「当時漢方薬の世界では”頭韻”と呼ばれていた」とかありそうなんだよな。
漢方や錬金術の世界では水銀を使ったインチキが多かったらしい。
これは有名だよな。
「そんな連中ですらその名を口にすることすら嫌がる禁忌中の禁忌」だったはずなんだよ。
その辺の話、聞いたヤツいねえかな?
92. Posted by ささやかな@名無し   2009年08月14日 04:18
天然高濃度濃縮ウランは実在した。
アフリカには臨界点に達した天然原子炉跡といわれる遺構まであるらしい。天然なので遺構と呼ぶのも変だけど。万年単位の超古代の遺物な。
「一度原子炉として稼動したとしか思えない核廃棄物の特徴が見つかった」って話だ。
おっとっと。「その影響でサルが人類に進化した」ってユニークな発想はカンベンしてくれ。
そして「それこそ賢者の石と呼ばれたもの」ってのもな。
それじゃそのまんまだもんな。
もうちょっとおもしろくならんかな?
93. Posted by ささやかな@名無し   2009年08月14日 05:09
当然ながら「呪いの力を持つ石」として扱われたはずなんだよ。
「出来るだけ清潔に生きようとする人の家庭にも奇形児連発」だ。
高濃度濃縮ウランだからな。
爆弾としてより奇形児連発の方が問題だったはずなんだよ。
権威が切札として握り込むには最適だ。王権神授説みたいな発想にはピッタリ過ぎる。
ピッタリ過ぎるのが怪しいよな。「何か秘密がある」とは思うだろう。
しかし当時の民衆に「この石はただの石コロに見えるが、すごく激しい性質の光が出ている」なんて言ってもわかんない。
後に写真の技術が一般化して、レントゲン写真まで出てくればわかるヤツはわかる。
しかし、そう言うヤツですら写真技術が登場するまでは、天然高濃度濃縮ウランの存在については「迷信だ!」と決め付けていただろう。
それを合理的で勇気ある考え方だと思っただろう。「そしてその家庭で奇形児連発」だ。
何しろ「呪いの力を持つ石」とか言ってんだからな。「迷信だ!」と決め付ける方が健全ってもんだ。発想的にはだがな。
で。
「昭和30年代に地方で敬われている稲荷や神宮に欧米風のスーツを着た一団が現れ、神主と何事か話し合った後、御神体とされる石に何か小さな箱をかざし、その箱を覗き込んでホッと一息ついた感じで神主に一礼して去って行った」みたいな話ないかな?
「大陸で離島に隔離したと伝えられる石」を調べに来たわけだよ。
ガイガーカウンター持って。
あるいは「その直後、周囲に厳しい視線を走らせ、GHQの指示と称して覗き見したと思われる者全員を連行した」とかな。
94. Posted by ささやかな@名無し   2009年08月16日 13:22
前方後円墳に墓を立ててる(江戸時代の墓石もある)。墓の上に墓を立てる発想はすごいと思う、うちの田舎の先人。
95. Posted by あ   2009年08月16日 14:49
口笛や餅投げや歯の話は、結構全国どこにでもあるよね
96. Posted by    2009年08月16日 14:50
教えねーよ

バーカ
97. Posted by ささやかな@名無し   2009年08月17日 23:19
私の地元ではないけど、大学のときに学んだ民俗学の先生が
「ハナタテ」という風習に魅せられていた。
卯月八日に竿(竹)にハナをくっつけて、神様にお供えするという行事。
1年間、この話ばかり授業でしていたから、卯月八日はお釈迦様というよりもハナタテの日と覚えてしまっている。

先生いわく
「ハナは寄り代。竹は中が空洞だからカミが降りてくる。」
門松に竹を使うのも「年神をお迎えするため(降臨させるため)、
かぐや姫が竹の中にいるのも空洞があり、上から「なにか」が降りてくるからだってさ。
98. Posted by ささやかな@名無し   2009年08月19日 17:22
>>91-93
何言ってんだお前
99. Posted by ささやかな@名無し   2009年08月19日 22:07
もち投げは全国共通と思ってました。
東西南北に投げる餅は餅の中に500円ぐらい入ってて
小学生的には戦争でした。
100. Posted by ささやかな@名無し   2009年08月19日 22:15
>>91-93
ラーマーヤナには古代核戦争の描写まで残ってるぞ。
101. Posted by ささやかな@名無し   2009年08月21日 14:54
>>1
静岡県民だけどそんなもん聞いた事ないぞ
102. Posted by    2009年08月21日 15:15
畳は
祝儀敷きと不祝儀敷きじゃね?
祝儀敷きは一般の敷き方で不祝儀は寺か神社の敷き方と聞いた

新しい靴はその日中に履いてはダメ
少し違うけど新しい靴は午後におろしてはダメと言われた
確か江戸時代、昼から出掛けてたら帰りが夜になるから、朝早くから出発しなさいと言う意味から来たとか

後は
寝てる親を跨ぐと死に目にあえない(夜爪きりも同じ)

盆の間は肉魚食禁止(亡くなった人は生臭く感じるからだっけ?)

妊婦は川に近寄ってはダメ(母がオレを妊娠中に体調崩し、原因不明で占い師さんみたいな人にみてもらったら、川に行った事を当てられたらしい)

毎月ある日は山に入ってはダメ。山の神様(美人)が水浴びするから。因みに怒らせると、高熱などの派手で短期間の罰

トイレの神様を怒らせると弱めの体調不良が長期間続く罰らしい

スレみて思ったけど、親が宮崎出身で祖父母が鹿児島なんだが
士族と郷族(ごうぞく)らしい
聞いた事ないけど平家に関係あるのかな。今度聞いてみよ
103. Posted by    2009年08月21日 15:27
トイレに入ってる時に歌っちゃダメってのもあったな
昔はトイレが外にあって家人がいないのがバレて泥棒が入るかららしいが
104. Posted by ささやかな@名無し   2009年08月27日 00:18
俺の実家では成人式で山にこもって背中にヒルで跡つけてるな
105. Posted by     2009年08月27日 01:42
米104
嘘つきロラン!!
106. Posted by ささやかな@名無し   2009年08月27日 14:16
葬式では亡くなった人の男親族のみ
亡くなった方に血が近い順に
上から7人が白装束&わらじの姿で
棺おけを担いで火葬場まで歩く

女親族や残りの男親族は先に火葬場に行き
7人の男親族の着替えを持って待機
親族でない村の人達は留守宅にて待機

7人の男親族は到着後、白装束&わらじを脱いで
棺おけと一緒に火葬する

色々きまりがあったと思うけど、
子供の時だったしあんまり覚えてないし
もう嫁に出て他人になったから
儀式にかかわることは無い


他にも土地神様を家から
送り出す&迎え入れる 儀式があったと思う
村の家から家に1年毎にお渡りになるらしい
その日は仕事は休んだり地方から戻ってきて
村総出で儀式に参加する
移動する家の順番は昔から決まってて
神棚?お社?とともにいらっしゃる
迎え入れた家は1年間お勤めがある


 @兵庫県
107. Posted by    2009年08月28日 00:59
うちの田舎は、葬式の儀式で、
故人の家族親族が家の中に入り戸締まりをして無言でいる所へ、故人の親族ではない他人が外から、
「今夜一夜の宿を借りたい」
みたいなことを家の中に向け問いかける。
すると家の中からその家の家長にあたる人が
「今夜はこの家の誰其れが亡くなったので宿を貸す訳にはいかん」
と断ると、外の人は宿を貸してもらえない不満を大声で述べた後、藁の縄を張った竹の弓に竹の矢をつがえ、屋根の辺りに射かけ、怒りながら、その弓をへし折り投げ捨て去るというのがある。
射手は派手に怒る人も居れば控えめに怒る人がいて様々だった。
108. Posted by ささやかな@名無し   2009年08月28日 19:50
墨と筆で半紙に「茶」と書き、出入り口や窓付近に逆さまに貼ると蛇やムカデが家に入ってこなくなる

道端に動物の死骸を見つけたら、通り過ぎる時に心の中で
「ノベチクショウ ホツボダイシ ハァ」と唱える

両方とも小さい頃ひいばあちゃんから教わった
109. Posted by ささやかな@名無し   2009年08月28日 22:27
火葬場の前を通るときは手の親指を隠さないと親の死に目にあえないって昔聞いた
110. Posted by ささやかな@名無し   2009年08月29日 03:15
富士山のふもと(山梨側)在住だが、大層な話じゃないが、昔から山開きの日の給食にはひじきが出た。

まぁ、単に山登りする上でミネラル欠乏起こさないための昔ながらの対策だったんだろうけどな。
111. Posted by ささやかな@名無し   2009年08月29日 11:08
俺の里では、チマキをつくっていけないんだ。食べるのはかまわないんだけどな。

というのも、亀井という武将の若様が、敵兵に襲われた際に乳母達と
神社まで逃げ延びて茂みに隠れていたそうなんだが、若様が笹の葉で目を衝いて泣き出してしまったとの事。その声を聞いた敵兵に乳母達もろとも切り殺されてしまった。という話が近所の神社に伝わっているからなんだ。


              @鳥取

112. Posted by ささやかな@名無し   2009年08月31日 15:14
スレタイみてジョジョスレかと思ったのは俺だけではないはずさ
113. Posted by ささやかな@名無し   2009年08月31日 20:16
朝蜘蛛・夜蜘蛛の話でたけど、こっちじゃ夜蜘蛛は親の仇とされてる。
だから夜に蜘蛛がでた日にゃあ、みんな必死になって殺すよ。
他の言い伝えだと、霊柩車をみたら、親指を隠さないと死んだ人にもってかれるって言うのはきく。ルーツは知らないけど。
あと、夜口笛を吹くと蛇がやってくるっていうのは全国共通かな?
あと、家を建てたとき、建前の餅投げがあるんんだけど、そのときに上に登っていいのは男性または男子だけとされている。なぜか女は登ってはいけないらしい。これもルーツはしらない。
それと、米12と同じ様なもんだけど、上の歯が抜けたら縁の下に、下の歯が抜けたら屋根に向かって投げるのはよくあること。
他には、赤ちゃんが一歳になったら鏡餅の下の段くらいの大きさのもちを背負って歩かせる(確か)家では全員やってる。
米9 そんなの聞いたこと無いぞ どのあたりだ?
逆に撮ってはいけないという話。
                        @愛知県
114. Posted by ささやかな@名無し   2009年08月31日 20:34
あとつけたし。
うちではお盆に、位牌(っていうの?)を全部出して、大きい順(位の違いかも)に並べて、仏様一人一人に一膳ずつご飯をあげる。そして、その傍らに、きゅうりとなすに割り箸みたいなのをさして、きゅうりが馬、なすが牛ってことでつくる。馬は、仏様がのって家に来る。なぜ馬かというと、少しでも早くこれるようにらしい。牛は、仏様が帰るときに乗る。なぜ牛かというと、少しでも帰るのを遅くするためらしい。あと、お墓の前と玄関付近に小さい松明をおいて燃やす。それは、仏様がどこが自分のうちかが分かるように。おかげさんでお盆になると煙ったいのなんのってww
これらって全国共通?盆踊りくらいはみんなやる?
                        @愛知県
115. Posted by ささやかな住人   2009年09月02日 14:38
甲山(かぶとやま)ってのがあるんだが、その峠道にある地蔵に手招きされると必ず事故する

甲山のふもとにある大きな岩(道路のど真ん中にある)を退けようとした業者やら関係者が次々と謎の死

あと、前に住んでた家に座敷わらしがいたなあw
その頃は平和だったが、引っ越した瞬間親父が蒸発したww
子供ながらに座敷わらしの力すげぇって思った
116. Posted by ささやかな@名無し   2009年09月04日 19:49
>ばら撒かれた餅を必死に集めて食費の足しにする

笑ったw上棟式で餅投げはどこでもやるな
117. Posted by ささやかな@名無し   2009年09月08日 14:17
新築祝いの餅まき・たてまえはけっこう全国的だな。
自分が見たのは愛知岐阜静岡の3県
これにはほかにもおまけの言い伝えがあって
持ち帰った餅は焼いて食べてはいけない。
せっかく建てた家が火事になっちゃうから。
素直に煮て食いました。

あと同じ地域では結婚式にお菓子をまく。
新婚の荷物を載せた車はバックしてはいけない。
出戻りになっちゃうから。
だから、もし細い道で他の車と出会ったら
相手の車に下がってもらうかよけてもらう。

他に、お店の開店祝いに花飾りを店の前に並べるが
町の人はその花を持って行っても良いという習慣もある。
118. Posted by ささやかな@名無し   2009年09月10日 11:43
※63
東京だけど、全く一緒だ。
歯を投げるときには「鬼より良い歯が生えろ」と言っていた。
119. Posted by ささやかな@名無し   2009年09月23日 00:48
上の歯が抜けたら床下に投げて
「モグラの歯と一緒に生えてきますように」で
下の歯が抜けたら屋根の上に投げて
「ネズミの歯と一緒に生えてきますように」だった。

「夜に口笛を〜」てのは、「蛇=人買い」て説も聞いたことある。
人買いは夜に動くから、口笛で合図し合ってたとか。

うちの地元だと、餅は背負わないで踏む。
一歳の誕生日までに歩けたら、わらじをはいて、でかい餅を踏ませんの。
さらに筆とそろばんと…ほかにも何かをいくつか子供の前に並べて、
その子が何を手に取ったかで、将来の職業を占う。
(そろばんだったら商売人、とか。)
120. Posted by ささやかな@名無し   2009年10月25日 01:42
古い家を建て直してはいけない
建て直すと1年以内に家主が死んで3年以内に血縁者が死ぬ
実際古い家を建てなおしたら祖父と伯父が一年以内に亡くなった
121. Posted by ささやかな@名無し   2009年11月02日 23:14
>>143は全国的なことだと思う。四国でもやってる。
122. Posted by 。   2010年03月23日 00:49
枝の垂れた桜って、タダのしだれざくらではなくって?
123. Posted by ささやかな@名無し   2010年04月10日 07:30
地元のお盆の風習で
お墓参りの時、一族の子供軍団が、墓前で明るいうちから花火(爆竹やら、ロケット花火・手持ち花火などなど)をやるというなんとも賑やかな墓参りがある。これが一般的じゃないと、他県に嫁いでから初めて知った。

あと、初盆の家は鐘楼船という船型の山車のような物を親族で引いて町内を練り歩き、その際、鐘を打ち鳴らしながら、大量の爆竹を撒きまくり(数が多いと煙もすごい)最後は船を燃やすというのもあった。

この鼓膜にくる長崎のお盆参り。
中国とかそっちからでも渡ってきた文化なのかしらね?

>>>長崎県I市出身
124. Posted by ささやかな@名無し   2010年04月27日 15:00
餅撒きは、新築した事でご近所から妬まれない様にする付け届けみたいなもん。
田舎は嫉妬深いからね。って70歳位のお婆さんが言ってた。
125. Posted by ささやかな@名無し   2010年04月29日 07:10
1月14日に子ども会で『もぐら打ち』という行事がありました
細い竹の先に藁を括りつけた物で家々を周って敷地をビタンビタン叩いて周るというもの。
それとその時に大声で唄うのです
【男ないば地蔵さん。おなごないば観音さん。14日のもぐら打ち。やーもそもそー!】
訳※男ならば地蔵さん。女ならば観音さん。・・・・・やーもそもそ(←掛け声と共に地面を打つ)

赤ちゃん生まれて家族が増えた家とか(もしくは祝い事があった家?覚えてない)には、もぐら打ち後に、子供達(男児のみ)が家にあがってお祝いの唄をあげてくる『お唄い』。という事もしてました(私は女なのでその唄を知らないのですが;)

農家が主流の地元ではモグラ「畑を荒らす悪い者」=「災厄」を追い払うという意味があると教えられた覚えがあります。

この行事。念のため検索かけてみたらウィキペディアにも載っていました『もぐら打ち』マイナー行事と思ってたのでびっくり


>>>長崎県I市出身
126. Posted by ささやかな@名無し   2010年08月05日 00:09
オワタから
127. Posted by ささやかな@名無し   2010年08月05日 00:10
オワタからきますた^^
128. Posted by ささやかな@名無し   2010年08月05日 02:11
死んだ人が使ってた布団は、どんなに上等で新しくても浜辺で焼いた
で、帰るときには決して振り向いてはいけない 引っ張られるから

七夕飾りも浜辺に差して波にさらわれて無くなるのを待つ
畑に差して自然に朽ちるのを待つ所もあったな

今は廃棄は決まりあるし野焼き禁止だからやって無いけど
色とりどりの笹飾りが浜辺に何本も刺さってたのは綺麗だったな
129. Posted by ささやかな@名無し   2010年08月05日 05:29
宮崎だが
>>15.南郷とか西郷とかまとまっちゃったな。合併後は美郷町だけどw

1.赤子の立ち始めにわらじ履かせて餅を踏ませるのはあったな。
2.お盆には水辺に行くな、連れてかれるぞ。
3.夜の口笛は蛇じゃなかった。「笛吹きどん」という化け物が来て
口笛の長時間勝負させられて負ければ死ぬ、という無理ゲーをさせられる。
どっちにせよ息が持たずに死ぬので勝てない
130. Posted by ささやかな@名無し   2010年08月05日 21:43
蟲師がいる件
131. Posted by グッチ革   2012年08月11日 11:21
GUCCIグッチ
クラッチバッグ
グッチ革
グッチ模様革
グッチ革と布
グッチPVC
グッチデニム
グッチ防水材
トロリーケース
お手ごろ価格で商品を注文可能がごさいます
購入へようこそ http://maruzenshop.com
132. Posted by Karon   2013年04月15日 21:24
Wow, that’s what I was searching for, what a information! existing here at this webpage, thanks admin of this web page.
133. Posted by Michael   2013年05月26日 17:51
It seems like you’re developing troubles yourself by attempting to solve this problem as an alternative of looking at why their is often a dilemma to begin with
134. Posted by 八神太一   2013年05月27日 07:00
5 勿論奇妙な風習は楽しいよ

この記事にコメントする

名前:
URL:
  情報を記憶: 評価: 顔   
 
 
 





このブログについて

はてなブックマークに追加

アクセスランキング


ブログパーツ

この日記のはてなブックマーク数
Copyright (C) ささやかな楽しみ All Rights Reserved. Since 2008.5 TOMO組/2ch 2007-2008