TOP絵募集中!!お願い致します
このブログについて メール 人気記事 RSSフィード はてな人気エントリー TOP絵特集

2008年05月14日

ネットで知り合ったやつと同居してみた

1 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします。 :2008/05/14(水) 09:07:37.83 ID:wX0Fznwu0
オレにとってはとても楽しい3年間だった



3 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします。 :2008/05/14(水) 09:08:11.89 ID:wX0Fznwu0
ヤツ、シンジとの出会いはネットゲームだった
オレは以前あるネトゲで廃人をしていて毎日仕事以外の時間は睡眠を削ってログインしていた




6 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします。 :2008/05/14(水) 09:08:51.75 ID:wX0Fznwu0
狩りに行くといつも狩場で見るやつがいた
それがシンジ

ある日たまたま一緒に狩りに行く機会があった
「前から狩場でよく見て気になってたんだ」
と言うと
「オレも気になってた。いっつもいるよなw」
と返された
「お互い暇だなw」
と笑い合った
その日からオレとシンジは一緒に遊ぶことが多くなった




9 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします。 :2008/05/14(水) 09:09:51.08 ID:wX0Fznwu0
シンジとはログイン時間も合ったし、プレイスタイルもよく似ていた
オレ達はすぐに仲良くなった




11 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします。 :2008/05/14(水) 09:10:35.30 ID:wX0Fznwu0
一緒に遊ぶようになって一年程経った頃
住んでるのが隣町なこと、シンジも社会人なこと
オレは実家と連絡も取ってない状態だけどシンジは家族と仲が良いこと
お互い恋人はいないこと、一人暮らしなこと
いろいろなことを話してた
家が近いこともあって、たまに飲みに行ったりするリア友になってた
シンジは育ちの良さそうな、純粋にイイやつだった




13 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします。 :2008/05/14(水) 09:11:46.68 ID:wX0Fznwu0
ある日、オレが住んでるアパートがもうすぐ契約更新だと話していたら
「オレもそうなんだ」
とシンジ
冗談で
「じゃあ、いっそ更新しないで一緒に住むか」
とオレが言うと
「それいいな、面白そうw」
予想外の返答



14 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします。 :2008/05/14(水) 09:12:38.95 ID:wX0Fznwu0
よくよく考えてみると、オレも悪くない考えかもしれないと思った
お互い社会人で、ログイン時間が似ているんだから生活スタイルもそんなに違わないだろうし
家賃や生活費のことを考えると結構な節約になる
なにより気の合うやつとの共同生活は楽しそうだ



15 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします。 :2008/05/14(水) 09:13:07.33 ID:wX0Fznwu0

次の週末、一緒に不動産屋へ行った
二人とも今まで同じぐらいの家賃の所に住んでいたので予算はその1、5倍ぐらいで探すと
駅からは少し離れているけど3LDKの物件があった
築年数も結構いってるけど
「お互いの部屋とリビング、もう一部屋はパソコンルームにしようぜw」
と二人とも気に入ったとこが見つかった

こうしてシンジとの共同生活が始まったんだ




17 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします。 :2008/05/14(水) 09:14:16.73 ID:wX0Fznwu0
楽しいだけで一緒に生活はできない
オレ達はいろいろな決めごとを作った

メシは朝強いオレが朝食、仕事が早く終わった方が夕食、外で食べる時は別に連絡しなくてよし
朝食をオレが作る分、掃除はシンジに多めに割り振る
洗たくは日替わりで
女を連れ込む時は相手にネカフェ代を渡せばおk

オレ達の共同生活は特に問題なく進んだ




19 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします。 :2008/05/14(水) 09:17:00.58 ID:wX0Fznwu0
共同生活も一カ月ぐらい経過したある日、ネトゲで面白い女と出会った
ネタ職と言われるものをしているやつで
本来その職業がする役割とは違う役割をしている人だった
(例えば魔法使いが肉弾戦)

「なんで弓手なのに剣なの?」とオレがたずねると
「えw なんとなくwww 面白いじゃんwww」

レイとの出会いだった



24 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします。 :2008/05/14(水) 09:19:19.02 ID:wX0Fznwu0
レイは元々シンジとも知り合いだった
つーか、めちゃめちゃ仲が良い様子
と、いうか・・・
うん、シンジはレイに惚れてるな
隣に座ってるシンジの顔がオレと遊んでる時と明らかに違う




30 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします。 :2008/05/14(水) 09:22:30.63 ID:wX0Fznwu0
おーけー、邪魔はしないぜマイフレンド
と、思うオレの心とは裏腹に
レイは3人で遊ぼうとオレを誘ってくる
シンジも別にかまわないと肉声で伝えてくる




34 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします。 :2008/05/14(水) 09:24:46.49 ID:wX0Fznwu0
3人で雑談しながらする狩りは楽しかった
強キャラをしてるオレとシンジ、ネタ職のレイ

レイ「シンジは攻撃、1は支援、私は応援と和ませ役ねっ!」
シンジ「おーけー」
オレ「それでいこう」
レイ「ちょw お前らそれでいいのかよwww」
シンジ「無問題」
オレ「どこに問題が?」
レイ「いや・・・。いいならいいけどw」




41 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします。 :2008/05/14(水) 09:26:36.25 ID:wX0Fznwu0
オレとシンジは狩り中あまりしゃべらない
そんなオレ達を宣言通り和ませてくれるレイ
でも、こっちは操作で大変なのにしりとりを要求してくるのは勘弁してほしかったな




50 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします。 :2008/05/14(水) 09:32:33.66 ID:wX0Fznwu0
オレ達は3人でいろんな話しをした
もっぱらレイの話しを聞いてることが多かったけど

レイはすごい田舎に住んでいて
オレの9歳年下だった(オレ27歳、シンジ23歳、レイ18歳)
ゲーム内では底抜けに明るい子だったけど実際にはすごい人見知りで
高校には行ってなくて算数もできないとか




52 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします。 :2008/05/14(水) 09:34:31.25 ID:wX0Fznwu0
3人で遊ぶようになって一年以上経ったある日
レイがオレ達に
「私の住んでるとこほんと田舎でさ。周りになーんもないんだw
中卒で計算もできない私に仕事なんてないし。引きこもってゲームするしかないよねw
もう私なんて生きてる価値ないよw」




55 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします。 :2008/05/14(水) 09:35:24.70 ID:wX0Fznwu0
普段、明るいレイは自虐的なことなんて言わないやつだった
シンジも異変に気づいたようだ

シンジ「生きてる価値がないとかいうなよ。何かあったのか?」
レイ「ううん。別にw」
シンジ「うそつくなよ。お前そんなこと普段言うやつじゃないだろ。話してみろよ」
レイ「・・・シンジには言ってもわからないよw」
シンジ「どうゆう意味だよ・・・」
レイ「いいからw 遊びにいこw 気晴らししたいw」



66 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします。 :2008/05/14(水) 09:40:01.80 ID:wX0Fznwu0
シンジが寝ると言って自室に行ってからレイに話しを聞くと
レイの両親が離婚することになったらしい
親に愛されて育っているシンジには言いたくなかった、と



69 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします。 :2008/05/14(水) 09:41:13.62 ID:wX0Fznwu0
レイ「私ね。母親にいつも言われてたんだ『あんたはダメな子だ。あんたみたいなかわいくない子。産まなきゃよかった』って」

普通ならここで「そんなこと言っても実際にそう思ってる親なんていないよ」とか言うんだろうけど
オレには言えなかった
オレも同じようなことを言われて育ったから
そんな親が嫌で家を出たのだから
オレはレイにそのことを正直に話すことしかできなかった




72 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします。 :2008/05/14(水) 09:42:58.01 ID:wX0Fznwu0
レイ「1はさ、私と同じ匂いがしたんだよね。やっぱりそうだったかw」

とりあえず、シンジにはオレから事情を説明することにして
レイにはシンジに謝るように伝えた
この時オレにはある考えが浮かんだんだけど
現実的じゃない、と思い口には出せなかった




75 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします。 :2008/05/14(水) 09:44:18.54 ID:wX0Fznwu0
シンジの部屋に行くと案の定寝れないようで
オレはシンジをパソコン部屋に来るように伝えた
事情を説明しシンジもすぐにログインする
開口一番シンジは

シンジ「レイ、お前こっちに出てこいよ」

さすがマイフレンド、オレが口に出せなかった考えをさらりと言ってのけてくれる




80 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします。 :2008/05/14(水) 09:46:22.77 ID:wX0Fznwu0
レイ「え?そんなの無理だよ。部屋借りるお金とかないし」
シンジ「大丈夫。うちに来ればいい。幸い部屋はひとつ余ってる。当面の生活はオレと1が面倒みてやれる」

目で「いいよな」と言ってくるシンジ
シンジがそう言うなら反対する理由はない
けど、ひとつだけ確かめないといけないことがあった




81 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします。 :2008/05/14(水) 09:47:07.18 ID:wX0Fznwu0
「お前、彼女に対して責任持てるんだな?」
「どうゆう意味だよ」
「生半可な気持ちで言ってるんじゃないんだろうなって聞いてるんだよ」
「オレはレイが好きだ。その気持ちは変わらない自信がある」

平然と言ってのけるシンジが羨ましかった
オレには、こんなこと言えない
「なら好きにすればいい。オレに異論はないよ」




85 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします。 :2008/05/14(水) 09:49:17.08 ID:wX0Fznwu0
レイ「そんなの悪いよ。1だって嫌でしょ?」
オレ「レイがオレ達と一緒に住むことに抵抗がないなら。オレもそうしたらいいと思う」
シンジ「こっちならいくらでも仕事はある。中卒とか年齢のこととか色々問題はあるだろうけど、ゆっくり探せばいいよ。仕事自体ないそっちにいるよりいいだろ」
レイ「そりゃそうだけど・・・。ほんとにいいの?」
シンジ「無問題」
オレ「どこに問題が?」
レイ「もう・・・、大好きだぞw」

こうしてレイも共同生活に加わることになった




92 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします。 :2008/05/14(水) 09:53:34.27 ID:wX0Fznwu0
レイがこっちに出て来る時
シンジのテンションが大変だった
内心「すげぇブスが来ても大丈夫なのかな」と心配してたんだけど

「写メもらったからブスじゃないのは確認してる」
お前、今時写メなんて信用できないぞ・・・。というのは心の中だけにとどめておいた




102 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします。 :2008/05/14(水) 09:56:05.20 ID:wX0Fznwu0
レイは電車もまともに乗ったことのない子で
こっちの電車なんて絶対わからないで迷子になるってことで
その日、仕事が早く終わるオレが迎えに行くことになった
シンジはオレが先に会うことにブーブー言ってた




111 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします。 :2008/05/14(水) 09:58:23.05 ID:wX0Fznwu0
バスが着く場所の目の前の喫茶店でレイの到着を待つオレ
バスが着いて降りてくる乗客を一人一人観察
若い女性は一人しか降りてこなかった
メールで聞いていた服装とも一致する
シンジに見せてもらった写メとも顔は一致するし間違いない
信じられないことだが
レイは新垣結衣をさらに整えた感じの子だった




115 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします。 :2008/05/14(水) 10:00:33.90 ID:wX0Fznwu0
喫茶店に入ってくるレイ
「1・・だよね・・?」
「お疲れ、なんか飲むか?」
「とりあえず・・・、ちょっとトイレw」

コーヒーを飲んで待っているとメール着信
「せんせー、カッコ良すぎて話せません><」
レイからだった

おk、顔はいいけど目は悪いんだな・・・




124 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします。 :2008/05/14(水) 10:02:13.11 ID:wX0Fznwu0
絶対にオレと目を合わせようとしないレイに切符を買ってやり
自分はSuicaで改札を通過
何を思ったか切符を改札に入れないで通過しようとするレイ
ガシャーン
行く手を改札に阻まれる。レイ涙目

「1が素通りしたからいいのかと思って・・・」
ほんと迎えに来てよかったよ・・・



134 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします。 :2008/05/14(水) 10:04:25.73 ID:wX0Fznwu0
一応言っておくがオレは千原Jr似(手術前)のブサだぞ
レイの目が悪いか趣味が悪いか、その両方かだ



147 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします。 :2008/05/14(水) 10:07:06.40 ID:wX0Fznwu0
電車に乗りレイを座らせて正面にオレが立ち話す
「人多い〜。気分悪くなりそうw」
「いつもこんなもんだよ。通勤ラッシュの時間帯にしては少ない方かも」
「マジで!?うちとは違いすぎる・・・。ごめんね、仕事で疲れてるのに迎えにこさせて」
「無問題」
「それシンジの口癖w ところでこれ(切符)まだ必要?」
「ちょ、当たり前だろw」
ホント迎えにきt(ry



162 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします。 :2008/05/14(水) 10:10:46.29 ID:wX0Fznwu0
レイの到着前からずっと、シンジからのメールが5分置きにあった
お前仕事しろよ、と思いながら
「よかったな、シンジ」とだけ返信しといた

家に着くとシンジも帰宅してた
案の定レイの顔を見るとぽかーんとしてる
笑いながら「よかったな、シンジ」と言ってやると
レイが「何なに?」と不思議そうにオレらの顔を順番に見てた

この日はレイの歓迎会ってことでちょっと豪華な晩飯をオレとシンジで作り
リビングで3人で雑魚寝した
そんなたわいもないことがとても楽しく思えた




170 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします。 :2008/05/14(水) 10:13:30.42 ID:wX0Fznwu0
次の日から本格的な3人での生活が始まった
レイの部屋はパソコンをリビングに移動して使ってもらうことに

決めごとも新たに3人で生活する用に決めた
と、言っても
仕事が決まるまではレイは家賃なし
その分、家のこと(炊事、洗たく、掃除)はレイが全部やる
これだけ

あえて、男女問題とかは決めなかった
どうせ、シンジとレイがくっつくのは目に見えてたし
オレもそうなればいいと思ってたから

レイの仕事が決まってからのことはその時決めようってことになった




184 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします。 :2008/05/14(水) 10:18:56.00 ID:wX0Fznwu0
レイが来てから初めての月曜の朝
「1〜、朝だよ〜w」
レイの呼ぶ声と髪に触る指の感触
朝強いオレはすでにドアをノックされた時点で目が覚めていたけど
しばらく目を閉じて寝た振りをしていた
「早く起きないと遅刻だぞw 朝ごはんできてるよw」
目を開けるとレイの笑顔があった
こんな風に朝目覚めるのも悪くない




198 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします。 :2008/05/14(水) 10:22:20.48 ID:wX0Fznwu0
レイは1週間ぐらいで仕事を決めてきた
とりあえず、正社員は厳しいからバイトにしたらしい

近所の弁当屋
オレらと生活帯を合わせるために昼間の仕事を探したようだ




209 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします。 :2008/05/14(水) 10:27:47.95 ID:wX0Fznwu0
レイの初めての給料日
入った金でオレ達になにかお礼がしたいと言ってきた
オレ「いいから自分のために使えよ」
レイ「ほしいものないもんw 二人のために使いたいんだw」
シンジ「なら動物園行こうぜ」

以前からレイがパンダを見たいと言っていたのをオレも思い出した
さすがシンジ




219 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします。 :2008/05/14(水) 10:31:22.43 ID:wX0Fznwu0
レイ「じゃあ、私が二人を動物園に連れてってあげようw」
シンジ「どこにあるのか知ってるのかよ」
レイ「え?w 知ってるわけないw たぶん1が知ってるから大丈夫w」
てことで、3
人で動物園に行くことに


226 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします。 :2008/05/14(水) 10:32:55.20 ID:uQD0Wi0X0
三人で同じ屋根の下に住んでるのにネトゲで遊ぶの?



231 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします。 :2008/05/14(水) 10:34:06.51 ID:wX0Fznwu0
>>226
隣にいながらネトゲ一緒にするのって結構おもしろいんだぜ?





動物園に着いてからテンション上がりっぱなしのレイ
そのレイを愛おしそうに見てるシンジ

しばらく3人で回ってたけど
オレは空気を読んで
「おっちゃんちょっと疲れたから、タバコ吸って休憩してるわ。一時間程二人で回ってきな」
と二人をリリース





240 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします。 :2008/05/14(水) 10:37:41.12 ID:wX0Fznwu0
結局、帰り際まで二人きりにしてあげて
最後に一緒にパンダを見て帰えることに

「パンダは3人で見たかったからまだ行ってないんだw」
パンダの一挙手一投足を見逃すまいとしゃがんで真剣な表情でジっと見つめるレイ




252 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします。 :2008/05/14(水) 10:40:54.60 ID:wX0Fznwu0
そんなレイを少し離れた所から見てたオレにシンジが向かってくる
「昔、家族でパンダを見に行ったことが一回だけあったんだってさ。かなり以前だけど言ってた」
「そっか。ま、気がすむまであーさせてよう。お前そばに居てやれよ」
「うん・・・」

シンジがレイの頭を無言でなでてた
表情を変えないレイの頬を涙が伝ったようにオレには見えた

結局、彼女は1時間近くその場から動かなかった




291 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします。 :2008/05/14(水) 11:05:21.95 ID:wX0Fznwu0
その日の夜、シンジに部屋へ呼ばれた
シンジ「単刀直入に言うよ。なぁ、1。お前レイのことどう思ってんだ?」
オレ「どうって?」

シンジ「しらばっくれんなよ。オレだってそこまで鈍感じゃないんだよ」
オレ「意味がわからないな」

シンジ「お前、オレとレイがくっついてもいいのか?それで後悔しないのか?」
オレ「どこに問題が?」

シンジ「てめぇ…。1はいっつもそうだ。クールな振りして父親みたいな立場にいようとする。自分は安全な位置にいて傷つかないようにしてる。レイの気持ちも少しは考えてやれよ!」
オレ「レイは…、お前のことが好きなんだろう…?」



292 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします。 :2008/05/14(水) 11:05:56.84 ID:wX0Fznwu0
シンジ「はっ、ほんとに気付いてないのか!?あいつは1が好きなんだよ。100%じゃないかもしれないけど、そうゆう気持ちは確実にあるはず」
オレ「・・・」

シンジ「で、どうなんだよ。1はどう思ってんだよ」
オレ「オレは…、彼女に責任なんて持てない。お前も知ってるだろ?」
5年前、東京に出てきた時に6年間付き合った彼女に連絡せずに自然消滅させた
それ以来、オレは恋人をつくってない



296 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします。 :2008/05/14(水) 11:07:25.63 ID:wX0Fznwu0
シンジ「・・・」
オレ「お前はレイを幸せにしてやれるだろ?それでいいじゃないか」

シンジ「もう、過去のことはいいんじゃないのか?」
オレ「え?」

シンジ「お前は十分苦しんだよ。もう、いいんじゃないのか?」
オレ「それは…、オレが決めることじゃないよ…」

シンジ「チッ…」
オレ「オレはお前とは違うよ。ネットでの関係は長いけど、会ってまだ1、2ヵ月でそこまで思えない」

シンジ「わかった、じゃあオレは好きにさせてもらう。それでいいんだな?」
オレ「あぁ、レイを泣かせないならな」



299 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします。 :2008/05/14(水) 11:08:12.39 ID:wX0Fznwu0
その日から、シンジのあからさまな見せつけが始まった
どうやら二人は正式に付き合い始めたようだ
でも、人前でキスしたりイチャつくまではいいとして
3人で酒飲んでリビングで雑魚寝してる時に暗闇でもぞもぞとおっぱじめるのはやめてほしかった




300 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします。 :2008/05/14(水) 11:09:02.68 ID:wX0Fznwu0
都合のいいことにちょうど、この頃からオレは仕事が忙しくなり家に居る時間は寝に帰るだけになっていた。

自分で望んだこととは言え、そんな二人を見てるのは正直つらかった




303 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします。 :2008/05/14(水) 11:09:44.46 ID:wX0Fznwu0
終末はいきなりやってきた
夜遅くに帰ったオレをレイとシンジが一緒に待ってた

オレ「お、どうした?」
シンジ「ちょっと話しがあるんだ・・・」
レイ「あのね、冷静に聞いて・・・」
オレ「なんだ妊娠でもしたか?」
もちろん冗談のつもりだった




311 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします。 :2008/05/14(水) 11:10:55.33 ID:wX0Fznwu0
シンジ「・・・実はそうなんだ」
オレ「ちょw」
レイ「今3ヶ月」
オレ「おめでとう。お前らはえーよwww」
シンジ「だよな・・・。とりあえずレイのお腹が目立たないうちに式をあげたいんだけど」
レイ「3人だけでしたいなぁって・・・」
シンジ「来てくれるよな?」
オレ「もちろん、どんな用事があってもキャンセルして参加させてもらうわ」

正直、こんな展開になるとは思ってなくてパニくってた




314 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします。 :2008/05/14(水) 11:12:03.30 ID:wX0Fznwu0
最後しまらなくてすまん
結論から言うと二人は結婚して出ていったわけだけど
本音はオレもレイが好きだったんだと思う
妊娠の話しを聞いて正直ほっとした
「もう無理しなくていいんだ」って思ったから

最後に二人にひとつだけ嫌がらせをしておいた
式でブーケをオレが作ってもたせたんだけど
そのブーケにアイレンを混ぜておいた
小さな小さな抵抗だな
たぶん、二人共気付きやしないけど

ちなみに3年ってのはシンジとの出会いから、な
現実なんてあっけないもんだ
文才なくてすまん



380 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします。 :2008/05/14(水) 11:33:39.28 ID:HW9m6UwmO

きっと生まれた子供の名前が

アスカなんですね




sasayakana_tanoshimi at 19:40│Comments(27)TrackBack(0) 【VIP】 | 体験談

トラックバックURL





この記事へのコメント

1. Posted by ささやかな@名無し   2008年05月14日 19:47
前半の眩しさに耐えられない
2. Posted by ?   2008年05月14日 19:51
ブーケのアイレンって何だ?
花の名前?花言葉がなんちゃらとかか?
わからん…
3. Posted by ささやかな@名無し   2008年05月14日 20:21
花言葉まで出てきたんならググれよ
4. Posted by    2008年05月14日 20:57
うはwww体験記ktkrwwwもう管理人だーいすきwwwwこれからもよろ!!
5. Posted by ささやかな@名無し   2008年05月14日 21:45
最後すばらしいな
6. Posted by ささやかな@名無し   2008年05月14日 22:19
アイレンの花言葉:幸せになってください
もう一つの花言葉:今でもあなたを愛しています
7. Posted by ささやかな@名無し   2008年05月14日 22:21
なかなか面白かった。
けど、現実感はあまり感じないな。
フィクションっぽい
8. Posted by ささやかな@名無し   2008年05月14日 22:42
いや、これは「オレ」と言う名前の男が主人公の小説だ。
9. Posted by ささやかな@名無し   2008年05月14日 23:36
>>1の名前がカオルだったら結末は違っていただろうな。アナル的な意味で。
10. Posted by けいすけてん   2008年05月15日 00:01
なんかいい話しだなぁ

おれもネットで知り合った奴が今でも親友だから、なんとなくシンクロした(エヴァ的な意味で)
11. Posted by 我が儘   2008年05月15日 00:03
嘘くさいけど嫌いじゃないこんなネット小説
12. Posted by ささやかな@名無し   2008年05月15日 00:44
面白いけど、フィクションだろ。
こんな楽しい偶然が続く現実なんてあるわけねーだろ!
あったら頼むから俺にも機会をくれ…。
13. Posted by ある   2008年05月15日 03:14
>>9
カオルだよ。
14. Posted by ささやかな@名無し   2008年05月15日 04:22
普通に読み物として楽しかった
15. Posted by ささやかな@名無し   2008年05月15日 09:49
米14
禿同
16. Posted by あ   2008年05月15日 11:22
これが現実か否かはどうでもいい事だろ?何言ってんだ?
17. Posted by     2008年05月15日 11:54
シメがこれかw
18. Posted by mouse   2008年05月15日 17:29
ゲームをもっと生々しく楽しめるマウスが誕生しました。
マウス自体がスピーカーで、サウンドとともに
実感の出る振動まで伝わってきます。
アクションゲームにピッタリなマウス、
詳しい情報は下記のアドレスに接続してください。
www.automouse1.jp
19. Posted by ささやかな@名無し   2008年05月15日 18:46
話は別に気にならなかったし、名前も勿論仮名だろうし問題なく読めたが、
台詞だけが胡散臭くてどうしようもなかったな。
どうにかならんかったのか。
20. Posted by ささやかな@名無し   2008年05月15日 18:48
シメがww
21. Posted by (笑)   2008年05月16日 00:20
どこに問題が?

意味がかわらないな
22. Posted by ささやかな@名無し   2008年05月16日 01:33
せつねぇ…
23. Posted by サングラス   2008年05月16日 08:07
気の合う友達は大事にしないとねヽ(^^)
24. Posted by     2008年05月16日 11:31
久し振りにじっくり読んだわ…
25. Posted by ささやかな@名無し   2008年05月16日 14:12
こういう失恋話って虚しくなるばっかりだ
じゃーレイなんかと会わない方がよかった、とか思うだけだし
3Pで退廃的な日々を送ったとか、そういうマジで嘘くさい話が混じってれば笑い飛ばせるんだが
26. Posted by    2008年05月16日 17:54
携帯小説かよ
27. Posted by ささやかな@名無し   2008年05月17日 20:31
モンダイ ナイナッ!
二人は出て行った スイーツ(笑)

この記事にコメントする

名前:
URL:
  情報を記憶: 評価: 顔   
 
 
 





このブログについて

はてなブックマークに追加

アクセスランキング


ブログパーツ

この日記のはてなブックマーク数
Copyright (C) ささやかな楽しみ All Rights Reserved. Since 2008.5 TOMO組/2ch 2007-2008