ラギー

2011年08月20日

OBOG合宿サイコー◇後半

後半です。

スープカレーを食い終わったら、宿泊するロッジへ移動。
とても良い感じです。
P1020857
2階建てになっていて、中も広くて素晴らしい。

荷物を置いたらさっそくテニス。
程よい日差し、程よい風。
懐かしい仲間、乾いた打球音。
みんなでワイワイ言いながらボールを打つ感じが本当に昔に返ったようで、なんだかジーンとしてしまいました。
P1020858

P1020859
足立と。
今や立派な先生です。

P1020860
前田と。
「何か建物作る予定ないですか?」聞いてきたけど、日本中のドーム球場や東京タワー、東京ミッドタウンを作るような会社には何の用もありません。

テニスを終えてロッジに戻ると野生のキツネがすぐ目の前をヒョコヒョコと歩いていきました。
写真を撮ろうとゴソゴソやっている間も全然逃げようともせず。
さすが北海道。
P1020862

夜はバーベキュー。
日が沈むとさすがにちょっと寒い。
夜から合流した人も何人かいて、またひと際懐かしい気持ちになりました。
P1020864
夜のバーベキュー、なんだか新鮮な気がしました。
一般的には昼にやることが多いですよね。
みんなで火を起こしている時は、サークル恒例イベントの『ジンパ』を思い返していました。
俺はホルモンが食えないのですが、異常なくらいホルモンがたくさんあったので仕方なく食っていました。
意外と食えるもんです。不思議と美味しかったような気がしました。
もう食いませんけど。

飯を食いながらみんなと色々話をするのがとてもとても楽しかったです。
社会人なので仕事の話が中心なのですが、それがすごく新鮮でおもしろいんですね。
それぞれが異なる業界や異なる職種で活躍しているのがよく分かって、後輩たちを頼もしい存在だなーと思うと同時に、自分の気持ちも新たにしていました。
それにしても、上瀬戸が司法書士で『払いすぎた借金が返ってくる』っていうアレであぶく銭を稼いでいるのは笑えました。
あの上瀬戸が司法書士になったって聞いた時はずいぶん驚いたものですが、やってることは上瀬戸っぽくて安心しました。

夜は2時過ぎにダウン。そのまま就寝。
次の日は前日から一転して雨。
でもテニスをしました。
P1020865
ハードコートは雨が降るとすべってとても危ないです。
怪我をしない程度にやりました。
多少の無茶はしても、体のことは十分ケアしないといけない年齢になってきています。
特に俺は三十路なので。

午前中でテニスは終了。
昼飯を食べて、13時30分からはラフティングへ!
NAC(Niseko Adventure center)というアクティビティツアー会社でやりました。
人生初めてのラフティングでしたが、マイルドなコース設定だったので、少しも危ないところは無く、景色を楽しむ余裕もありました。
全長7キロのコースを下って行きます。
ただし、かなり激しく雨が降りしきる悪天候だったので、川の水かさはそこそこ増えているようではありました。
途中泳げるポイントがあったので川に飛び込んでみたのですが、尻別川は夏だというのにとんでもない冷たさで、ほとんど泳ぐことなくボートに戻ってしまいました。
あの冷たさは、心臓弱い人ならポックリ逝ってしまうかしれないレベルです。
軽く恐怖を感じました。
川に飛び込んだのと、ザーザー降りの雨で、体はずっとびしょ濡れでした。
みんなと一緒だったのもあって、とても楽しかったです。
写真が残せなかったのが残念です。
俺のデジカメは防水仕様じゃなかったから…。
P1020866
悔しかったので、終わった後で1枚。
全然ラフティング感はありません。

ラフティングは3時間コースだったので、終わったのは17時近く。
普段使わない筋肉を使ったせいもあって、ヘトヘトです。
温泉へ行って冷えた体を温めて、札幌へ帰りました。
そのまま合宿の打ち上げへ。

思い起こすと、たった2日間なのに色々な思い出がありすぎて、ちょっと書き切れるレベルじゃないですね。
あれもこれも…と記憶が蘇ってきて。
時間があればもっともっとたくさん書き残せるんですけどねー。
それくらい濃い2日間でした。
悔やまれるのはあまり写真を撮れなかったことです。
これは反省点。
みんなで写真を共有するようなので、そこでもらってこようと思います。

どうやらこの合宿は来年も企画されるようです。
今から楽しみです。

夢のような時間は、やっぱりあっという間に終わってしまいました。

sassy10000 at 23:09|PermalinkComments(0)

2011年08月18日

OBOG合宿サイコー◇前半

今日から働き始めたんですけど、いきなりやることが鬼盛りで、体がついていかん…。
とてもツライです。
なんでこんなクッソ忙しいタイミングで俺を転勤させるんだ…。
転勤は転勤でいいんですけど!

12日(金)に札幌に上陸して、13日(土)からLUGGYのOBOG合宿へGO!!
懐かしすぎるメンツに会えて、死ぬほど嬉しかったです。
企画してくれた浜元と大樹、ありがとう。
ブラボーなイベントだと思います。
やはり俺の心の故郷は北海道、そしてLUGGYなのだと知りました。
いや、思い出しました。
大学6年間が夢みたいな日々だったことを、夢から覚めた30歳が痛感しています。
これまでの人生の中で、最も光り輝いている期間です。
戻りてー。M1かM2に戻りてー。

ニセコに向かう道中、現役の時からそうしてきたように、中山峠に寄りました。
もちろんあげいもを食います。
P1020851
行きの車はJP、あやこ、よしみと同じでした。
2学年下のこの3人。
みんなすっかり社会人です。
あやこは超がつくほど久し振りでした。
しかし、よしみとの久し振りっぷりは、そこにさらにもう1つ超がつくレベルです。
P1020853
美しい羊蹄山をバックに。
なんて北海道らしい風景でしょうか。
めちゃくちゃ天気が良いし、自然と顔もほころびます。
中山峠







ちなみにこれは5年前の合宿の時の写真。(2006年・M2の時)
やっぱりあげいもを食っています。

P1020855
雲一つない天気とはまさにこの日のことで、羊蹄山はきれいだし、空気はうまいし、日差しはさわやかなのに暑すぎないし、気持ちの良い風は吹いているし、実に素晴らしい合宿日和でした。
さすが北海道です。

ニセコに着いたらみんなでスープカレー屋さんで昼ご飯。
つばらつばら』にて。
P1020856
美味い。
札幌だけじゃなく、ニセコでもこんなに美味いスープカレーが食べられるとは。
試される大地は、あの手この手で俺を試してきますね。(←何が)

長くなってきたのでいったん区切り。
後半へ。

sassy10000 at 23:23|PermalinkComments(0)

2008年03月25日

ラギーの後輩たち

ボーナスがもらえました。
うちの会社は外資系だからなのか、6月と12月に加えて、3月にもボーナスがもらえます。
新人なので1か月分だけでしたが、それでも嬉しいもんですよ。
来年からはもっともらえることを思うと、ニヤニヤしてしまいます。
単純なので、『仕事がんばろう』って気持ちになりました。

それとは全然関係ないのですが、先週の連休は北海道に行ってきました。
社会人になってからこれで5回目です。
通ってます。
振り返ると、社会人になってからの旅行はすべて北海道です。

就活を頑張るラギーの若手を、飯でも食いながら応援しようということで、ヒカルとダディに集合をかけたのですが、ダディは発熱であえなくダウン。
残念ながら来れませんでした。
そこで追加招集でもう一世代若い、エグチ&井上を呼び出し、男4人でしみじみと将来や人生を語り合っておりました。
実は若くない世代も呼ぼうと思って、浜ちゃんやモリモリにも声をかけていたのですが、俺のカリスマ性が無さすぎて、ダメでした…。
もっと集客力のある人間になりたいです。

就活に悪戦苦闘しているヒカルを見ていると、2年前の自分が思い返されてきました。
あの時の自分は浅かったような、しかし、ある部分では深かったような。
将来への希望に胸を躍らせていたような、しかし、どこか不安だったような。
今の自分と比べていいものか、それも迷ってしまうような、自分の人生においてもすごく特別な時間だったなと思います。

とりあえずヒカルは俺の当時のブログをよく読んでくれているようだったので、嬉しかったです。
参考になる部分が少しでもあれば、幸いです。
自分が好きで書いていただけだけど。
アドバイスらしいアドバイスはできなかったけど、応援しています。

俺が『今日は何を食っても何を飲んでも俺がおごってやる!』と言ったら、ヒカルはいきなりイクラ丼を注文していました。
何も変わっていなくて安心しています。

江口&井上は、これからやってくるビッグイベントの新歓を、同期と協力しながら乗り切ってください。
あの時も言ったように、アフターの席の配置のプランは慎重に!
すごーく静かな新入生3人のところにサトシュンを1人だけ送り込むとか、そういうのはどんどんやっていくべきだと思います。
『2年連続でラギーおもしろい人1位のサトシュンさんは何を言ってもおもしろいんだよ!』とサトシュンにキラーパスを送り続けるのも賛成です。
とにかく、サトシュンをつぶしてください。
俺からのお願いです。

またゴールデンウィークに行きます。
その時も後輩たちを呼ぶので、ヒマな人は来てね。

sassy10000 at 23:33|PermalinkComments(6)

2006年12月03日

インドアシングルス閉幕

6年間で最後のインドアシングルストーナメントが閉幕しました。
まずは俺個人のことから書きたいと思います。

結局ベスト8に進むことはできませんでした。
第3シードの木村くんは、去年よりも凡ミスが減っていて、安定感が出ていました。
去年を振り返ると、正直、相手のダブルフォルトや簡単なリターンミスに助けられて勝ったところが大きかったのは否めません。
なので、その部分を修正されたらやっぱりキツかったです。
3−6で敗れました。

おそらくこれが大学最後の試合になるだろうと予想されます。
そういう意味では、いい相手に負けて終われたなと思っています。
6年という長い期間、全部で何試合やったかなー。
会心の試合も、その逆もありました。
社会人になったら、もうこんな熱い気持ちを持ってテニスに打ち込むことはなくなることでしょう。
素晴らしい時間だったと振り返っています。

テニスを『最も音が美しいスポーツ』と形容したスポーツジャーナリストがいるそうです。
見事な表現だと思います。
プレー中、観客があれだけシーンと静まり返るスポーツは滅多にありません。
それゆえに『テニスの音』が聞こえてきます。

選手が打ち合う乾いたボール音。
キュッキュという、テニスシューズが奏でる小気味いいフットワーク音。
ウィナーを打ち込んだ選手の咆哮。
そして観客の拍手。

すべてが美しい音だと思います。
そんなテニスを、俺はこの先もずっと続けていければ幸せです。

さて、俺のことから話を移して、ラギー勢の活躍を振り返ります。

まずは金曜日。

リーダーが女子ベスト4進出!
素晴らしい!
相手は以前リーダーが負けている相手だったのでどうかな…という思いもあったのですが、そんな俺の懸念を吹き飛ばすように快勝してくれました。
本当に立派!
リーダーは女ダブでもミックスでもいつも上位進出しているし、フレッシュは優勝しちゃうし、こんどはインドアでもベスト4…。
やっぱりみんなのリーダーだと思います。

そして綾香も女子ベスト4進出!
しかし相手のオニオン多田さんも相当な実力者だけあって、簡単にはいきませんでした。
6−5アップの40−0でトリプルマッチポイントを握るも、そこから盛り返されてタイブレーク。
逆にタイブレでは5−6ダウンでマッチポイントを握られる。
ほんとにギリギリ!
最後は綾香が押し切り、7−6(8−6)で勝利。
めっちゃいい試合だったよ!
1年生でベスト4ってのがすげー。

続いて男子。
ケンスケvs土本の試合が激アツ!
ほぼキープ合戦で、ケンスケが1つ土本サーブをブレイクしたけど、土本も負けじとブレイクバックするハイレベルな展開。
そして4−5で迎えたケンスケサーブ。
なんと0−30。
あと2ポイントで土本の勝利。
ここが、土本がケンスケを最も追い詰めた瞬間でした。
そこからケンスケは3ゲーム連取で、7−5で後輩を下しました。
いやー。
2人ともレベルたけー!
マジ俺もうまくなりてー!
土本はもうダブルスだけの男じゃなくなりました。
来年以降はシングルスでも大旋風を巻き起こしてくれるものと信じています。

そして江口!
1年生にして、見事ベスト8進出!!
シングルスで!!
これは本当にすごいと思う!
ラギーの歴史であるかな…こんな快挙。
俺のいた6年間の中ではないはずです。
すごいよ。
自分でシードを倒して勝ち上がったんだから、これは誇っていい!
結局ベスト4にはいけなかったけど、でも本当に立派だよ。
来年もラギー男子は強そうです。
団体優勝してください。

続いて土曜日の結果。
女子から。

リーダーがオニオン片山プロに2−6で負けて3位決定戦へ回ることに。
まぁ…。
相手はプロだし…。
プロがアマの試合に出ていいんですか?
訴える覚悟です。

続いて綾香。
相手はこちらもオニオンの大内さん。
5−1アップだったからこのまま圧勝かと思ったら、なんとそこから巻き返されて気がつけばタイブレーク!!
うおー!!
なんと激しいメンタルのぶつかり合い!!
結局そこで持ち直した綾香が7−6(7−2)で押し切り、決勝へ!
めっちゃ心臓が縮み上がる試合でした。

3位決定戦はリーダーvs大内さん。
相手は前の試合でタイブレークをやっているから、その分リーダーに有利かなと思っていましたが、結果は4−6で負けてしまいました。
でもすごくいい試合だった!
めっちゃ応援したなー。
リーダーほんとに上手くなったよね。
球のスピード速くなってるしね。
夏季個人ではシードかな?

決勝は片山プロvs綾香。
一時は4−1アップ!!
綾香超つえー!!
これは…!!
もしかして…!!
…と思ったけど、結局プロがそこから5ゲーム連取して4−6負けでした…。
マジ惜しかったなー。
カタエリつえーから!
強すぎ!
結局1年生からシングルス無敗。
なんと夏季個人・インドアを通して8連覇。
すごいなんてもんじゃない。
こんな記録、今後もう作られないでしょう。
調子が悪い時でも、テニスどころじゃない精神状態の時でも、どんな新勢力が出てきても、いつでも勝ち続けるということ。
これはもう…感動の領域です。
すごい子だなーと、本当に心の底から思います。
尊敬します。

綾香は実に惜しかった!
プロがいなくなる来年こそは優勝ですね。
『1年女子・インドア・準優勝』というキーワードが並ぶと、我らが実穂先生を思い出します。
たしか実穂先生も片山プロに4−6で負けました。
その後、実穂先生はスロット&麻雀を始めて、テニスは引退してしまいました。
最近は月の土地を買ったりしながら、日々ツモっているようです。
団体戦で一時テニスに戻ってきましたが、3ゲームしか体が動きませんでした。
綾香もそっちの道に進んでしまわないことを、心から祈っています。
そして実穂先生は、来年こそテニスをちゃんとやってください。

続いて男子。
ケンスケはきっちり決勝進出。
決勝の相手はエフつっちー。
この試合のつっちーはマジ強かったー!
ケンスケの鮮やかなボレーがコーナーに決まっても、それに飛び込むように食らいついて、ラケットの先だろうがとにかく返して決めてしまう。
ダブルスのイメージが強いからか、俺はつっちーにそういう我武者羅なイメージがなかったんだけど、それが覆りました。
両手のバックハンドも初めて見たような。
あれ、全然使えると思うんだけど。
結局ケンスケは1−6で負けてしまいました。
でも、ケンスケも『負けて強し』の内容だったように思えたなー。
やっぱりめちゃめちゃうまい。
すべてのプレーがみんなのお手本になると思います。

インドア女子4位






↑女子4位のリーダー!

インドア女子準優勝






↑女子準優勝の綾香!

インドア男子準優勝






↑男子準優勝のケンスケ!

ラギー全体で






↑ラギーで全体写真!
(一部にはエフも^^)

ラギー大活躍のインドアでした。
プレーも応援もすごく楽しめました。
選手のみんな、お疲れさまでした。
夜遅い(朝早い)のに応援に来てくれたみんな、ありがとうございました。
来年は結果しか知ることができないけど、研修先で今年同様の活躍っぷりを聞けることを楽しみにしています!
ラギーの更なる盛況を期待して!



sassy10000 at 22:23|PermalinkComments(2)

2006年11月26日

シングルス4回戦進出!

さっき試合から帰ってきました。
インドアシングルストーナメントの3回戦だったのです。
5時40分からというまたも明け方の試合です。

相手は同じラギーのノビでした。
団体戦Bチームでシングルを担当した者同士の対決です。
ノビはエフB戦でアンパンマンに負けていますが、それはノビが悪いのか、それともオーダーを組んだ俺が悪いのかについては、なすりつけ合い状態でした。
この対決でハッキリさせます。

結果は6−2で俺が勝ちました。

まだまだ世代交代なんてさせないよ。
これにより、戦犯はノビに決定しました。

さて!
去年と同じく、なんとかベスト16までは来れました。
素直に嬉しいです。
次の相手は第3シード、ラブフォーティーの木村くんです。

実は俺、去年のインドア3回戦で木村くんと対戦しています。
http://blog.livedoor.jp/sassy10000/archives/50057361.html
その時は運良く6−4で勝つことができました。
しかし、その後彼は夏季個人シングルスで準優勝を決めるという、大きな成果を成し遂げました。
準決勝ではうちの津原が負かされたのを、コート脇で見ていました。

実績的には完全に向こうが上です。
1回勝ったことなど忘れて、挑戦者の気持ちで心を満たして貪欲な姿勢で戦いたいと思っています。
ダブルスもシングルスも、ベスト8まであと一歩というところまでは何回も来たけれど、まだ1回も成し遂げられていません。
6年間で最後のチャンスだと思って、全力でぶつかります。

それ以外のラギー勢も大活躍でした!!
試合が行われた順に振り返ってみます。

まずは女子シングルスの綾香。
6−3で勝って、見事ベスト8進出!!
つえー!
1年生でベスト8に残ったのは今大会、綾香だけです。
次はオニオンの多田さんと対決です。
女子はベスト8が…オニオン5人、ラギー2人、エフ1人。
完全にオニオンの独占状態です。
みんな訴えよう。
独占禁止法に違反しているぞ。

続いて第1シードのケンスケ。
6−4と競りながらもきっちり勝ち上がってベスト16。
『ラギー・インドア・第1シード』というキーワードが並ぶと、俺が1年生のときに第1シードながら悲劇の初戦負けをされてしまった井上さんを思い出します。
ケンスケは順当です。

そして土本。
相手はクルーの関くん。
ハッキリ言って、俺は関くんが有利かなと思っていました。
去年のケンスケとのシングルもレベル高かったし、直接戦ったこともあるから上手いのは十分すぎるほど知ってます。
なのに!
土本が6−4で勝利!
つえー!!
これは相当強い!!
サーブはめちゃくちゃに速かったし、ストロークもボレーもスマッシュもマジで素晴らしすぎました!
パーフェクトに強かったです。
なんか土本、フレッシュからどんどん強くなってる気がするよ。
安定感出てきたもん。
本当に強い。
次はケンスケと土本がぶつかります。
団体でペアを組んでいた2人の対決!!
アツイ!!
もっと上のラウンドでぶつかってほしかったなーって思うけど仕方ない。

大樹は5−7で惜敗…。
途中まではいいラリーをしてたんだけど、終盤は大樹が完全にメンタルで負けていました。
ずっとコンチネンタルグリップでした。
スピン打つ気ないね!
試合後は「いやー」とか「あー」とかうなりながら、ずっとあちこちをウロウロしていました。
俺はそれを見て、実家の愛犬がウンコをする前にウロウロする様子を思い出していました。

そして1年生の江口!
相手は第5シード、グラホの桂くんだったんだけど…
なんと7−6(7−5)で勝ってしまいました!
強すぎでしょー!!
マジ感激したよ!!
一時は5−6でマッチポイントも握られていたのに、そこから逆転するメンタル&技術…素晴らしい!!
去年この相手に大久保は0−6で負けてるし、オニオンの真藤やポッチの杉本くんが負けてるのも見てたから、実際厳しいかと思ったけど…すげー!!
1年生でそんなシードを食っちゃうなんて、やっぱり江口、スーパールーキー!!
ベスト8が見えてきたよ!

その次の試合は山田。
相手は第4シード、ラブフォーティーの寺林くん。
たしかワンブレーク差だったと思うんだけど、惜しくも3−6で敗れてしまいました。
俺の目にはだいぶ不調に見えました。
好調だったら山田はもっともっとつえーのに…と、もどかしい気持ちで見ていたよ。
相手も上手だったんだけど。

来週の金曜日には今勝ち残っている6人がみんな登場します。
特にケンスケと土本の対決はラギーのみんな必見だよ!
絶対ハイレベルだから!
時間がある人はぜひ応援に足を運んでみてください。
車も出すよ!

sassy10000 at 08:14|PermalinkComments(6)

2006年11月21日

シングルス3回戦進出!

ボーリングコンパの後、俺のインドアシングルストーナメント初戦がありました。
ドローの結果、2回戦からのスタートです。

試合開始予定時刻が朝6時半だったのですが、エントリーは3時間前にということだったので、3時半にフラワーに行かなければなりませんでした。
ボーリングコンパの1次会から帰ってきてすぐに寝たけれど、それでも3時間くらいしか睡眠はとれませんでした。
んー。
タイミングわりー。
2時スタートくらいが1番嬉しいな。
個人的には。

さて3時に目覚ましをかけていた俺ですが、むくりと起きてすぐに違和感を覚えました。
…首が変?
左を向いてみます。
問題なし。
右を向いてみます。
…いてー!!
付け根がいてー!!
なんと…究極にアホすぎることに、試合直前の睡眠で俺は首を寝違えてしまったのです。
マジへこんだよ。
コタツで寝るんじゃなかった…。
右真横を向くのもツラいくらい。
右後方なんてどう頑張っても首が回りません。
そういうわけで、フラワーに向かう車の中で、右方面を見なくてはならない可能性があるプレーを考えました。
サーブは…きっと大丈夫。
フォアボレーは…ちょっと怪しい。
前に出て右後方にロブを上げられる→これはやばい。
そんな俺の結論⇒『前に出ない』
まぁいつもだって別に出てないけどね。
今日は尚更ということで。

フラワーに着くと、すでにラギーは2試合終えていました。
綾香が6−1で圧勝。
ボーリングコンパの打ち上げでジョッキ7〜8杯空けていて少し心配だった土本も結果的には6−2で余裕の勝利。
さすがに2人とも実力者です。
素晴らしい。
俺の前に山田が入りました。
この試合も6−1で山田の圧勝。
20分くらいで終わったような…。
強すぎというか、圧巻でした。

そんなこんなで俺の出番。
相手はグラホの人でした。
夏季個人シングルでハマが、団体戦シングルで奥津がその相手に負かされたのを見ていたので、「これはラギーの仇討ちだ!」と勝手に思ってコートに入りました。
こんな早朝までずっと残って応援してくれたワキ・サトシュン・ダディ・ノビ・江口・綾香・ひろみ・むつみに感謝の気持ちを示すには、やっぱり勝つしかありません。

しかし、俺の気持ちをあっさり折るかのように、1ゲーム目、いきなり取られました。
サービスゲームだったのに…。
たしかラブゲームくらいの勢いでさっくりブレークされたような。
恥ずかしい!
ショボい!
(´・ω・`)ショボーン
相手の打球がとにかく速ぇーんです。
クロスラリーの時何本もエースを取られました。
正直「あれ?ヤバイ?」ってちょっと思ってしまいました。
1−2ダウンのチェンジコートの時、応援のメンツに聞いてみたんです。

俺:「いやー、速いわ…。食らいついてるけどなかなかキツイね」
サトシュン:「バック狙っていきましょう、バック。バックで崩しましょうよ。バック…バック…ブツブツ…(ずっと言ってた)」
綾香:「いや、けどバックの方が安定してるっぽいですよ」

どっち??
どうしよう。
俺は綾香の方を信じることにしました。
サトシュンを疑ってたわけじゃないよ。
ただ優先順位が2番だっただけだよ(2人中)。

そこから少しずつ俺の調子が上がってきて、さらに相手が疲れてきたこともあって、最初ほどボールが入らなくなってきました。
ほぼ全部のゲームがデュースになるくらい1ゲーム1ゲームは競りましたが、結局そこから一気に5ゲーム連取して、俺が6−2で勝つことができました。
良かったー。
ホッと一安心。
最後のインドアシングルス、いきなり負けるのだけは嫌だったので。

俺の後にはノビが入りました。
7−6(9−7)という激しい試合の末、ノビが競り勝ちました。
なかなかメンタル強いね。
この試合の結果、次の俺の3回戦の相手はノビということになりました。
おもしれー。
ラギーBチーム、シングルを担当した者同士の対決です。
ぜってー負けねー!

前日、金曜日夜に行われた試合の結果です。

絵美…×3−6
北口…×4−6
ケンスケ…〇6−3
江口…〇6−2
大樹…〇6−0
ヒカル…×2−6

ヒカルが負けるとは…。
この試合は見ていたのですが、ショックでした。
相手は確かに上手かったんだけど。

先週は5試合やって4勝。
今週は11試合やって8勝。
ラギー強い!!
序盤戦だからというのもありますが、大きく勝ち越しています。
このブログを書いている段階でエントリーした選手15人中、11人が残っているという状態です。
この調子で今週末もみんな活躍してほしい!!
もちろん俺も頑張ります!
ノビ、つぶす!



sassy10000 at 05:47|PermalinkComments(0)

2006年11月19日

ボーリングコンパ

18日(土)。
サークル生活最後、6回目のボーリングコンパに行ってきました。
毎年恒例の、1年生が初めて取り仕切るイベントです。
ずっと使っていたススキノのアオキボウルがつぶれてしまったので、今年はテイセンボウルでの開催。
スガイは3週間前の時点ですでに予約がいっぱいだったそうです。
混んでるねー。
つぶれたといえば、ラギーが追いコンで使っていた『北海道時代』もつぶれてしまったそうです。
他にああいうステージのある大きい居酒屋を探さないといけないのか…。
これは仕切り、大変そう。

さて、今年のボーリングコンパ。
参加人数は50人だったかな。
阿部が来ていてM2が1人だけじゃなかったので安心しました。
5年目が1人も来ていなかったので「この時期って就活忙しかったっけ?」みたいなことを阿部と話していたら、ドーンと上瀬戸が登場しました。
さすが。
あいつ、OBになってからの方がイベントの参加率高ぇんじゃねーか…。
神の登場にみんな大喜びでした。

ボーリングコンパは2ゲーム制。
1ゲーム目は普通に投げてマジ勝負。
2ゲーム目は変則投法(利き手と逆で投げる、両手で投げるなど)を強いられた上での勝負でした。

俺は北口班。
メンバーは俺・細見・みのり・えみりです。
10チームで争うチーム対抗戦なので、頑張らないわけにはいきません!
そんな1ゲーム目、頑張って投げたのに結果は125…。
ショボい。
(´・ω・`)ショボーン
スペアをあと1つ取れていたら流れが変わった…かも…。
(´・ω・`)ショボーン

江口が152を叩き出していました。
ケンスケも149と高スコアでした。
あと細見も140くらいでした。
テニスの上手さと少なからず関連性がありそうです。

2ゲーム目。
『左手で投げる』ルールが本当にダメで、2〜3本しか倒せませんでした。
ショボい!!
マジつかえねー!!
『10回転してから投げる』ルールの時に、ミラクルストライクを出したんですよ。
「よっしゃー!!」って言って振り返ったら、うちのチームのメンバー、全員よそ見していました。
(´・ω・`)ショボーン
「あの…俺ストライク出したんだけど…。グルグル回って…」
「え?あぁ!見てませんでした!」
他チームから失笑を買ってしまいました。

結局優勝は井上班だったかな。
個人優勝はケンスケでした。
おめでとう!

ボーリングコンパ1






隣のレーンだった荒木班に混じってみました。

ボーリングコンパ2






北口班で。

ボーリングコンパ3






ムヒョヒョ。

ボーリングコンパ4






ウッシッシ。

打ち上げも行きました。
この後試合があったので2次会は行かなかったけど。
まぁ俺は試合があるとかないとかに関係なくお酒は飲まないんで、あまり関係なかったかもしれませんが。
でも少し寝たかったからね。
同じくこの後試合がある土本は普通にガブガブ飲んでいました。
「ちょっとなら大丈夫ですよ」って言ってたんだけど、俺が見る限りではジョッキ7杯は空けていたような気がします。
ちょっとか?

楽しいボーリングコンパをありがとう、1年生。
そしてラギーのみんな。



sassy10000 at 23:46|PermalinkComments(0)

2006年11月02日

団体戦、その6年間

Aチーム円陣ラギー集合!






先週末、10月28日(土)は秋季団体戦の2週目が行われました。
1週目に敗退してしまったサークルは来ていなかったので、人数的にはそれほどの賑わいを見せていなかった野幌総合運動公園。
しかし。
ベスト4以降の戦いということもあって、その白熱っぷりは凄まじいものがありました。

ラギーAチームは毎年必ずベスト4までは来ています。
しかし優勝は俺が大学に入る1年前に達成して以来、もう6年も遠ざかっているのです。
今年こそ、優勝を!!
その思いを胸に、選手は全力でプレーしていました。
選手として力になれない俺たちは全力で応援しました。


結果から先に言えば、ラギーAは準優勝でした。


準決勝の対エフA戦は本当にどちらが勝っていてもおかしくないと思えるほどハイレベルな戦いでした。
正直、俺はちょっと負けることを覚悟したくらい、マジでエフAは強かったです。
男ダブ,判ダブ,呂修譴召貭砲澆錣韻箸いΥ兇犬世辰燭韻鼻他の3試合はすべて身震いするくらい緊迫した超接戦。

男ダブ△魯┘佞勝利。
しかし、先にマッチポイントを握ったのはラギー。
女ダブ△魯薀ーが勝利。
しかし、先にマッチポイントを握ったのはエフ。
シングルスはラギーが勝利。
しかし、先にマッチポイントを握ったのはエフ。

これどうなの?
すごくない?
もう1回やったら結果が変わりそうな、そんな壮絶な激戦3試合だったよ。
すごかった。
俺はもう感動しながら見ていました。
張り上げている応援の声が震えそうだったよ。
試合の内容があまりにもドラマチックすぎる。

決勝も同様にすごすぎました。
男ダブ△妊吋鵐好院ε數椶6−4で勝利。
しかし女ダブ△麓楕羸萓検μ鐇犬3−6で負け。
シングルの津原は0−6で負け。
後がない状況でほぼ同時に入った男ダブ,判ダブ 
山田・大樹が6−5と相手を追い詰めた、ちょうどその時、
さやか・綾香が4−6で無念の惜敗を喫してしまいました。
この瞬間、オニオンAの優勝が決まりました。

俺は泣かないように泣かないように…って思ってたけど、それでも目が潤んでしまうほどに、感情が昂(たかぶ)っていました。
優勝を逃したことが悲しかったからではありません。
チームを背負って戦う選手の姿に心が揺さぶられて仕方なかったからです。
『胸を打たれる』というのはああいう気持ちになることだと、改めて知りました。
感動しすぎて言葉にならなかったよ。
試合後、礼をするAチームのみんなにはいつまでも拍手をしていたかったです。
健闘を称える気持ちと、感謝の気持ちとで、胸がいっぱいでした。

団体戦は素晴らしい。

みんなで戦って、
みんなで応援して、
みんなで喜んで、
みんなで悲しんで…

そんな経験は、毎日ただ遊んでいるだけの平凡な大学生活を送っていたら絶対に味わえなかったはずです。
真剣勝負の先にある喜怒哀楽は、他のどんな場面のそれとも異質だからです。
また、『男女両方が頑張らないとチームが勝利できない』というのも、他の競技ではなかなかできないスタイルだと思うし、そういう点からテニスの良さを再認識することも出来ました。
こんな素晴らしい経験を6年間も味わえたことを幸せに思います。
俺の人生はまだまだ続くけど、あんなに真剣に戦うことも、あんなに熱くなることも、あんなに声を張り上げて応援することも、もう二度とないでしょう。

学生時代は特別です。
そのほとばしる若さ、青さ。
感情を素直にさらけ出すことが許される、最後の時間のように思えます。
そんな特別な時間を過ごす者にしか与えられない特別な権利。
その権利をめいいっぱい行使して、めいいっぱい熱い時間を過ごせたことは、必ず自分の輝く財産として残っていくことと確信しています。

団体戦、ありがとう。


さて、その集大成となるインドアシングルストーナメントはもうすぐです。
たとえ初戦負けでも、1ポイント1ポイントをかみ締めながらプレーできますように!

sassy10000 at 23:24|PermalinkComments(2)

2006年10月23日

団体戦'06

10月21日・22日は団体戦でした。
今年のラギーBチーム、2年連続で決勝トーナメント進出を狙っての戦いでした。

4チームから構成されたリーグ戦。
その中で1チームだけが決勝トーナメントに駒を進めることが出来るのです。
つまり、条件は3勝すること。
2勝1敗で並んだ場合は勝敗数の差で決められます。
チーム同士の対決は男子ダブルス×2、女子ダブルス×2、男子シングルス×1の計5本勝負。
このうち3本以上とればそのチームの勝ちです。
勝敗数の差で勝負が決まることを考えれば、3−2で勝つよりも4−1や5−0で勝っておいた方がいいのは言うまでもありません。

俺たちが入ったBブロックにはビーパルA・エフB・グラホBという相手がいました。
戦力分析が難しかったのですが、女子にポインターが4人もいるビーパルを1番の強敵として考えていました。
小規模サークルとはいえ、やはりAチーム。
ひょっこり強い選手がいてもなんら不思議ではありません。
今になって振り返ってみると、この戦力判断が大きな分岐点でした。
俺は間違えていたのです。

初戦はエフBとの対決でした。
俺はこのブロックでは2番手の相手だと考えていました。
男子で2本、女子で1本とれると考えていました。
しかし。
結果は、1勝4敗でした。
エフBは光栄なことにラギーBをこのブロック最大の強敵と判断してくれていたようで、1番の本気メンバーを組んできたとのこと。
こちらとしても決してゆるいメンバーで挑んだわけではないのですが、際どいところで押し切られてしまったのです。
事実、スコアを振り返ってみると
男ダブ◆6−4
女ダブ◆1−6
シングル 4−6
女ダブ 4−6
男ダブ 4−6
…と、5試合中4試合が6−4という接戦で決まっています。
采配ミスは否めません。
本当に申し訳ない気持ちでした。

Bチームは2勝1敗でも決勝に進める、というわずかな希望を胸に戦いを続けることになりました。

2戦目はグラホBと対決でした。
ここはできれば5−0で勝ちたかったのですが、相手も簡単な相手ではないのでそううまく勝たせてくれません。
女ダブ◆6−1
男ダブ◆6−2

俺はこの男ダブ△能仂譴靴泙靴拭
0−2負けから一気に6ゲーム連取して、勝負を決めることができました。
ペアのノビのプレーにも助けられました。
この後、満を持してシングルに投入したルーキー北口は惜しくも敗れ4−6。
女ダブ,里覆覆舛磴鵝みのりは0−4からじわじわ追い上げて、タイブレーク(7−6)で大逆転勝利!
男ダブ,JP&コガワはマッチポイントが7本もあったけど、それを逃してしまうという無念の敗退で6−7負け。
結局、通算スコア3−2で、グラホBには勝ちました。

この時、エフBは4−1でビーパルAに勝っていました。
4−1、4−1と勝ったことで、エフBは勝敗差+6という貯金を持っています。
ラギーBはというと1−4、3−2で勝敗差は−2です。
これを逆転する条件は…
『エフBがグラホBに0−5で負け、ラギーBがビーパルAに5−0で勝つ』
という、極めてシビアなもの。
エフは1勝した瞬間に決勝Tが決まるのです。
対してうちは1敗もできません。
きびしー!!!!
でもやるしかない!!

男ダブ△郎抔・コガワが6−0で圧勝。
女ダブ△始まったころ、エフBの男ダブが終わりました。
勝ったようです。
ガックリ…。
けれど、決勝トーナメント進出がなくなっても、チームがこの対戦で全勝を目指すことには変わりなし!!
女ダブ△残念ながら負けてしまって、シングルスが回ってきました。
このシングルで俺が出ます。
3年生か4年生のときの団体戦でもビーパルAとの対戦でシングルをやったことがあります。
そのときは6−7で負けました。
すごく悔しかった。
最後の団体戦、奇しくも同じ相手とやる機会が来たのです。(人は違うけど)
仮はきっちり返して卒業したい。
そういう思いでコートに入りました。
相手はやっぱりAチームだし、その中でシングルに出てくるだけあって、なかなかに鋭いボールを放ってくるストローカーでした。
時折ボレーにも出てきます。
こういう相手の方が燃えます。
俺はそこまで好調というわけではなかったけど、打ち合いでは絶対負けん!という気持ちでラリー戦に持ち込みました。
気がつけば一気に5ゲーム連取して5−0。
あと1ゲームとれば勝ちというところまできました。
ここで俺は余計なことを考えてしまったのです。
去年の団体戦のシングルでも6−0で勝ったから、これで今年も6−0だったらかなりかっこいいんじゃないか…と。
そんな俺に天罰がくだり、2ゲーム取られました。(←天罰というかただの油断)
そこで気を引き締め直し、6−2で勝つことが出来ました。
終わったあと、エフBの試合で出ればよかったかな…と思ったよ。

その後、女ダブ,6−4で、男ダブ,6−4で勝ち、4−1でこの対決もラギーBが勝利をおさめました。
1番力を入れたメンバー構成だったので、計算どおりだといえます。
だからこそ、エフBの戦力分析ミスが悔やまれます。

結局うちのブロックはエフBが決勝Tに進みました。

決勝トーナメントに進んだチームをブロック順に列挙していくと(正式名称で)
【A】 オニオンズA
【B】 エフクレッシェンドB
【C】 ジミー&クリスA
【D】 お蝶婦人A
【E】 ハイファイセットA
【F】 エフクレッシェンドA
【G】 オニオンズC
【H】 ラギーA

クルーAがいないんだけど、これは悲運としか言いようがないですね。
エフAと同じブロックってのはやっぱりキツい。
それから、シードであるオニオンBも予選で敗退してしまいました。
これを倒してきたお蝶婦人A。
相当強そうです。
オニオンといえば、グラスホッパーAを倒してきたオニオンCは強い!
俺は正直、グラホAが勝つと予想していました。
あとラブフォーティーAとオニオンAの試合はすごかったね!
特にシングル!
栗山君が3−6で負けるとは…。
やっぱり小林君は相当強いってことでしょう。
ケンスケはインドアであの人に勝ったのか…。
すげーな…。
予選リーグなのに、他のサークルも含めてその試合はみんなの視線が集まっていました。

さて、ここから先は、ひたすらラギーAの応援です。
優勝を後押しするのはやっぱり応援!!
負けた俺たちの分も頑張ってもらわないと!!

決勝トーナメントの1回戦はオニオンC。
あの実穂先生は実習でこの日は来れず。
また、フレッシュ優勝の香織も用事で来れず…と女ダブはベストメンバーを揃えることができない状態のようでした。
なので女ダブは苦労するのかな…とちょっと思っていたんだけど、結果は
ケンスケ・土本 6−0
弥生・ちーやん 6−0
ロブ職人 6−0
と、なんとビックリ!!
全試合6−0の完全勝利!!
つえー!!
やっぱりAチームつえー!!
オニオンBの皆さんがロブ職人と山口くんの試合を遠い目&苦笑いで見ていたのが印象的でした。
俺も遠い目&苦笑いで見ていました。
あいつとシングルはやりたくない。
山口くんのトラウマになってないか、心配です。

そんなわけで、ラギーAはベスト4に進出!!
シード権を守りました。
来週はいよいよ準決勝です。
エフAとハイファイAが現在2勝2敗らしいので、どちらが上がってくるか分からないけど、俺は精一杯応援するのみ!!

最後に。
Bチームのみんな、惜しくも決勝Tには行けなかったけど、一緒に戦ってくれて本当にありがとう。
勝手な判断をすることもあって、迷惑をかけました。
ごめんなさい。
Tシャツ&トレーナーの件でもスムーズにいかなかった部分がありました。
ごめんなさい。
チームが決まってからこの日までずっと、俺はすごくすごく楽しかった。
練習も試合も鍋もアフターも全部楽しかった。
6年間最後の団体戦をこのチームでやれたことを幸せに思います。
Bチーム



sassy10000 at 23:39|PermalinkComments(2)

2006年10月20日

Tシャツ&トレーナー完成!

明日はいよいよ団体戦!!
いやー燃える!!
今年も熱い秋にしよう!!

で、今日。
我がLUGGY・BチームのTシャツ&トレーナーが業者から届きました!!
デザインどおり出来ているか不安だったんだけど…

LUBBY・TシャツLUBBY・トレーナー











Tシャツもトレーナも見事な出来栄えだったよー!!
頑張ってデザインした甲斐があったってもんです。
みんなも喜んでくれるといいんだけどなー。
去年と業者を変えてみました。
そしたらより大きくプリントしてくれました。
値段はちょい高めになっちゃったけど。。。
LUBBYってのは『LUGGYのBチーム』を略したものです。
Tシャツに書いてある『Float like a~』ってのは
『蝶のように舞い、蜂のように刺せ!!』という英文です。
蜂の絵はネットからヒントを得て、俺とJPで作り上げました。
偶然、縦に『B』が並んだので、これにLUBBYを重ねてみたよ。
右のトレーナーに書いてあるのは『周りのみんなが「お前にはできっこない」って言ったことをやっちゃうってサイコーだよね』というような意味の英文です。
つまり、今年も決勝トーナメントに行くよって言いたいんです。
靴はニューバランスの形を活かして描いたビーバランス。
自分では上手に描けたと思ってるんだけど。。。

去年も今年もウェア作りに励みました。
楽しかったー。
俺は修士になってからの方が団体戦を楽しんでいる気がします。
楽しんで、そして勝つ!!
ドキドキするけど、この緊張感がまたいい!!

そんなわけで、今夜もスクールに行ってきます。
最後の最後まで練習だー!



sassy10000 at 18:50|PermalinkComments(2)

2006年10月17日

魚吉杯'06

10月15日(土)はラギー内最強決定戦、魚吉杯が行われました!!
いつものように会場は稲積公園。

最強決定戦って言っても別にガチンコ対決じゃないのがこの大会のいいところですね。
いや、もちろん本気でやるんだけど、『普段の大会では組まないような人と組むこと』ってルールがついたうえでの真剣勝負だからね。
普通にやったら山田とケンスケが最強に決まってるし。。

さて俺の魚吉杯6回目の俺のペアは…サトシュン。
出たー!
組んでしまったー!
でも振り返ってみると確かに今まで組んだことない。
合宿の時に1回組んだかな?
去年の団体も一緒のチームだけど、試合には出なかったからね。
ちょっと不安だけど、逆にこれで俺が頑張ろう!って気持ちが出てきていいかもしれない、と開き直って挑むことにしました。

今大会はかなり大規模でした。
男子が16ペア、女子も16ペアがエントリーして、総勢64人!
よくこんなにきれいに集まったなーって印象です。
試合には出ないで見に来ているだけって人もいたから、全部で70人近くの人数がいたと思います。
合宿じゃないのにこれだけ集まるってすごいね!

試合が始まりました。
16ペアを4つのリーグに分けて、その中で上位2チームが決勝トーナメントに進出する方式です。
サッシー(6年)&サトシュン(2年)ペアはBブロックでした。
初戦。
相手はベーアー(6年)&タスク(1年)。
ここをきっちり6−0で勝つ!
2戦目。
上原(4年)&ワキ(2年)。
ここも頑張って6−2で勝つ!
2勝したことにより、決勝トーナメント進出決定!
でももちろん俺たちは1位通過を狙ってます。
3戦目は同じく2勝している山田(5年)&ゲイ(1年)
これは強い!!
とりあえず山田がいるってだけでめちゃめちゃ強いし、ゲイもけっこう強いから実際厳しい。
案の定、3−6で負ける。

さて決勝トーナメント。
俺らの1回戦の相手はロブ職人(4年)&JP(4年)
やりたくねー!
ロブ職人とはやりたくねー!
これは嫌でもJPにボールを集めることになります。
しかしロブ職人はJPのボールにもやたら飛びついてきてマジ迷惑!
ミックスの時と同じ状態でした。
JPはななちゃんと同じような指示を出されていました。
「サイドだけケアすればいいから!!」
チッキショー。
そんなん言われたらサイド抜きたくなるじゃねーか。
けど、JPはアレーに立ってリアルにサイドだけをケアしているのでさすがに抜きようがありません。
仕方がないのでロブ職人と打ち合うことに。
まぁ俺は個人的にはロブのラリーをするのが好きなので、正直そこまで困ってはいなかったんだけど、『津原ロブ』にめっぽう弱いサトシュンが翻弄されてしまいました。
ミス連発。
必殺技『ロブ&ピース』で正しいフォームを破壊されていました。
「俺ホントああいうロブがだめで…」と試合中10回くらい言っていました。
俺も頑張って競りまくったんだけど、6−7(4−7)で惜敗。
残念です。

男女の結果は以下の通り。

女子4位






女子4位はななちゃん&ちあき。
ななちゃんはバイトなので表彰式のときはいませんでした。
ビギナーのちあきでも上位に食い込めるのが魚吉のいいところだね!
ちあきはホント上手くなったと思います。
おめでとう!
 
男子4位






男子4位はみっちゃん&ノビ。
みっちゃんは学校忙しくて久々のテニスだったはずなのにさすが!
ノビについては特にコメントなし。
理由はノビだからです。
 
女子3位






女子3位はちーやん&みの。
ちーやんは去年優勝しているから、再び上位に食い込んだねー。
みのも立派!
今度の団体でも、ぜひBチームの中心として活躍してもらいたい!
 
男子3位
 
 
 
 
 
 
 
男子3位はロブ職人&JP。
ロブは打つものではなく、創るものだと知りました。
ファックです。
 
女子準優勝
 
 
 
 
 
 
 
そして女子準優勝はシホ&ひろみ!
これはサプライズ!!
だって2人ともビギナーでしょ?
本当にすごい!!
試合見てなかったけど、どうやって勝ったんだろ?
とにかく立派です!
もっともっとテニスに夢中になってもらって、もっともっと上手くなってほしい!
 
男子準優勝
 
 
 
 
 
 
 
男子準優勝は山田&ゲイ!
…ではなく、カニさん&ハマ。
2人とも用事で帰ってしまったので代理で。
てゆーか、この組み合わせはずるいよね。
普通に去年のAチームペアじゃーん。
 
女子優勝
 
 
 
 
 
 
 
女子優勝は綾香&さおり!
まぁ綾香がすげーのは十分すぎるくらい知ってるので驚きません!
さおりも頑張ったねー!
この2人は同じ高校のテニス部だったので、分かり合うところもあったのかな?
 
男子優勝






男子優勝はケンスケ&江口!
おい、これもずりーだろ。
普通に試合出ても十分勝ちあがれるペアだろ。
江口は1年生で1番上手いし。
ケンスケのすごさは言うまでもないし。
 
そんな感じで2006年の魚吉杯が終わりました。
6年間、ずっと出させてもらったけど、本当に楽しかったです。
俺の大切な思い出の1つです。
 
そして、おそらく最後になるであろう、稲積公園でのテニス。
このコートにもお世話になりました。
通算、何試合くらいやったんだろう?
色々全部ひっくるめると、60試合はやったかな?
稲積公園という名前を、生涯忘れることはないでしょう。
 
1つ1つ、ラギーで過ごす最後のイベントたちが終わっていきます。


sassy10000 at 00:55|PermalinkComments(0)

2006年10月05日

団体戦予選リーグ

函館旅行記の前に、団体戦速報!
昨晩ダディからメールもらったよ!
今年の団体戦の予選リーグが決定したとのことなんで、早速アップ!
サークル関係者じゃない人たちにはつまらない日記だと思われるので、これはスルーしてね!
ちなみにテニスの大会の話です!


【Aブロック】
オニオンA・フォーティーA・ダブルフォルトB・クルーC

【Bブロック】
ラギーB・ビーパルA・エフB・グラホB

【Cブロック】
クルーB・ハイファイB・ジミクリA・お蝶C

【Dブロック】
オニオンB・お蝶A・ダブルフォルトA・ポッチB

【Eブロック】
ハイファイA・ラギーD・エフC・ベアーB

【Fブロック】
エフA・クルーA・マルコA・ハイファイC

【Gブロック】
ラギーC・オニオンC・グラホA・お蝶B

【Hブロック】
ラギーA・ベアーA・ポッチA・クルーD

※赤字はシードチーム

1年で最もアツい大会がやってきます!
あと2週間ちょっと!
テンション上がりまくり!
俺が所属するラギーB、もちろん今年も決勝トーナメント進出を狙っています。
まずは俺たちと同じBブロックに入ったチームたちをチェック。
巨大サークルのAチームを回避できたことは大きい!
けど確実に去年よりは厳しいレベルになっています。
負けたくない!
うちもレベルの高い1年生をたくさん入れたんだから!
昨年優勝チームのオニオンAに挑戦したいものです。

そして今年こその優勝を狙うラギーA!
Hブロックを見てみると、強敵なのはポッチAですね。
男女共にレベルが高い。
俺の個人的見解ですが、おそらくラギーAはここで本気メンバーを組むのではないでしょうか。
ラギーAも強いからねー。
去年はいなかった山田が帰国して復活。
フレッシュは男女ダブル優勝で若手の力も育ってる。
大いに期待したいですね。
実穂は出るのかな?
あいつ強いんだけど練習してねーからな…。

ラギーCはなかなかおもしろそうなブロックに入ったと思います。
グラホAは強敵だけど…。
ラギーDはハイファイAのシードブロックに入ってしまいました。
ただ、それ以外ならそこまで差はないのでは?

ラギー以外で注目すべきはなんといってもFブロック。
クルーAとエフAが予選リーグでぶつかります。
ここが1番厳しいブロックなんじゃないかなーと俺は思いました。
去年までなら「まぁエフAが勝つかな?」と思ったはずなんですが、今年のクルーは女がめっちゃ強い!
1年女子のレベルがマジ高いからね。
ということでどっちが勝つか、予想できません。
どちらのチームもこの組み合わせを嘆いていることでしょう。
もっと楽なブロックが他にあるからね。

いやー楽しみになってきた!!
ジャパンオープン見てテニス熱も上がってるし、秋はテニスで燃え尽きるよ!!
ラギーみんなで挑む最後の試合!!
チームのために戦うって本当にサイコーだと思います。
汗も涙も流したいねー!
感動の結末が来ることを期待しています。

sassy10000 at 13:02|PermalinkComments(2)

2006年09月25日

ウィルソン杯'06

9月23日・24日とサークルの大会、ウィルソンカップが行われ出場してきました。
1回戦はなく、2回戦からのスタート。
2回戦…6−1、3回戦…6−1と順当に勝ち上がることができ、いよいよシード戦。
第3シードとの対戦でした。
2−6で負けました。
俺、ここ最近の不調はどこへ?ってくらい調子がよかったんです。
それでも負けてしまったので、やっぱり相手が上だったってことです。
悔しいとか、もうちょっとできたって気持ちはあるけれど、やっぱりスポーツは結果が何よりも重んじられる以上、敗者は多くを語るべきではないと思います。
だからその気持ちを胸にしまって、また練習します。
先日の全米オープンで、世界ランク2位のラファエル・ナダルが負けたときに、記者から『足首の怪我が痛んだのでは?』という質問が飛びました。
彼はこう答えました。

『勝ってたらそれについて話すけど、負けたからナシだよ。
足首どうこうってのはナシ。
調子どうこうってのもナシ。
負けたとき、そういう言い訳はみんなナシなんだ。』

…なんてスポーツマンなのでしょうか。
俺はナダルがあまり好きじゃなかったけど、このコメントには深く共感しました。
素晴らしい。
『勝利に偶然はある。しかし敗北はいつも必然である』という格言を思い出します。
理由がない負けはないという意味の、とてもいい言葉です。
俺もよく言い訳しちゃうけど、やっぱりかっこ悪いものだから、言わないようにしていきたいなーと思います。
どんなに上手な言い訳も、言い訳は言い訳だもんね。

さて他のラギー勢はというと、第6シードの山田・ケンスケと第8シードの津原・大樹がきっちりベスト8まで勝ちあがりました。
フレッシュ優勝ペアであるヒカル・土本ペアは同じくラギーの山田・ケンスケペアに負けて上位進出はなりませんでした。
他の有力どころも早々とシードに当たる厳しいドローで、砕け散っていました。
抽選を引いたのはサトシュンらしいです。
ウザすぎます。

女子も有力ペアたちが予想外にすぐ負けてしまいました。
コンソレでみんな頑張っていました。

ここまでの結果を載せておきます。
写真撮るのが下手で、サークル名が見えない選手もいるのはごめんなさい。

男ダブ1男ダブ2











↑男子
8本のシードのうち7本がベスト8進出という順当な結果です。
ラギー4人、エフ3人、ハイファイ3人、オニオン2人、クルー2人、フォーティー2人…特に偏りはなく、均衡した感じです。

女ダブ











↑女子
こちらもシード8本中、6本がベスト8進出。
オニオン6人、クルー4人、ハイファイ4人、蝶2人。
3強って感じですね。
オニオン女子は一時の猛威はないものの、やっぱりつえー。
現在ベスト4まで決まっています。

ビギナーは時間がなくてデータ収集できませんでした。
すいません。

さて!これで今度の土曜日の続きが楽しみになってきました。
しかし…俺は内定式出席のため東京に行っており、観戦に行けないのです…。
めっちゃ残念。
ということで、誰かこのトーナメントの結果の続きをメモっておいてください。
誰もいなそうならダディに頼むか…。

残ってるみんな、もっともっと勝ちあがってくれー!



sassy10000 at 14:55|PermalinkComments(0)

2006年09月03日

ラギーキャンプ!

9月2日(土)・3日(日)の2日間、ラギーのみんなでキャンプに行ってきました。
場所は札幌市南区の滝野すずらん公園。
何かと予定の調整が難しい週末でしたが、合計で30人ちょっとが参加しました。

真駒内駅に集合してみんなで買い出しに。
バーベキューのための食材・木炭や飲み物をどっさり買い込み、いざ出発。
12時くらいに到着するも、テントを張るスペースに入れるのが13時からだったので、それまではだだっ広い芝生でみんなと遊んでいました。
俺はパークゴルフをやりました。

パークゴルフ1パークゴルフ2






「まぁ他がやるから自分もやるか」的なノリの人もいたけれど、俺は超真剣。
亜矢とサトシュンと荒木でマジ勝負しました。
「体育でやったから私上手いですよ!」と自信満々な亜矢。
ほほう。言うね。
だが悪いが俺も『みんなのゴルフ4』で打球感はつかんでいるんだよ。
体育レベルには負けられないね。
…などと思っていたらこれが本当に絶好調で、第1ホールこそダブルボギーを叩いたものの、そこからはバーディー・イーグルの連発。
挙句の果てにはパー5のコースを2打で沈め、アルバトロスまでかましてしまいました。
もち優勝です。
ちなみにサトシュンもアルバトロスを決めていました。
実は簡単なのでしょう。
それにしてもめっちゃ楽しかった。
パークゴルフをなめていました。
楽しもうとする姿勢があれば、どんなことも心から楽しめるものなのだと再確認した25歳の夏。
こういう気持ちは一生忘れたくないものです。
その方が絶対に楽しい人生を送れると思います。

で、それが終わった後はみんなでテントの準備。
テントテーブル






テントを張るなんて本当に何年ぶりかってくらいに久々のこと。
新鮮な気持ちで作業しました。
みんなでカレーを作ったりバーベキューをしたり。
俺はいつものノンアルコールを決めていましたが、みんなでワイワイやるのはそれだけでとても心躍るものだなーと思っていました。

日も落ち、気温もだいぶ下がってきた頃、公園のスタッフの人たちがキャンプファイヤーをやるという話を聞いたので、有志を募って見に行きました。
すごくたくさんの人が来ていました。
スタッフの方が「大人の方も恥を捨てて歌ったり踊ったりしましょう!!」と言うので
キャンプファイヤー2キャンプファイヤー3






歌ったり踊ったりしました。

キャンプファイヤー






変な顔にもなりました。

とにかく小さい子が多かったのが印象的。
女の子がいたので「おねーちゃん、何歳?」と聞いたら「4歳!」だって。
ちょっと違う人生を歩んでいたら、もしかしたらこれくらいの子供がいたかもしれないんだなーと思ってしまいました。
そんな光景を見ていたエイカに「何ナンパしてるんですか!」と言われました。
してません。
やってません。
で、目的のキャンプファイヤーなのですが、これがまた予想外にショボく、全然炎も大きくないのですぐに帰ってきてしまいましたというオチです。

日中は25度くらいはあったはずですが、夜になると一気に10度くらいまで冷え込みました。
10度って!
寒いよ!
息が白かった!
北海道のパワーを感じずにはいられません。
てゆーか南区だからかな?
毛布にくるまり、余っていた炭をコンロで燃やし、暖をとっていました。
まだ9月2日だという現実がギャグみたいに思えました。
あまりに寒いのでテントの中に入って温まっている人もいたよ。
赤く燃える炭を見ながら、俺は大樹と色々語っていました。
『どうしたらもっとおもしろくなれるか』というテーマで。
人生において非常に重要なことです。
サトシュンはなぜおもしろいかってことも真剣に分析していました。
あいつは瞬発力がすごいんだよ。
一瞬の切れ味では勝てる気がしません。
大樹にも『強敵と同じフィールドでの笑いは避けよう』とアドバイスしました。
『瞬発力』・『先輩いじり』はサトシュン。
『顔芸』はショージ。
『シュール』は荒木。
『トーク』のフィールドは俺がまだ譲る気がないので、そうやって消去法で考えていくと、大樹に残されているのは『下ネタ』だねって結論になりました。
けど下ネタはだいたいの男がみんな得意としているので、それもいばらの道です。
おもしろくなるのって大変ですよねー。
エイカやエミやモリモリなどとは就活についての話もしました。
俺が伝えれることは今のうちに伝えておきたい!

24時をすぎて周りのテントが寝静まってからも、まだまだラギーのみんなは起きていました。
もちろん寝ている人もいたよ。
ラギーのテントはキャンプ場の端っこの方に陣取って、できるだけ周囲のお客さんに迷惑をかけないポジショニングをしたけれど、それでも大きな声では騒げない時間帯。
俺は相変わらずコンロのところにいました。
1時すぎからハマ・ななちゃん・エリカが合流するから、それまでは起きていようと思って。
誰ともなしに「花火でもやるか…」って感じに。
ただ俺らがいたのは芝生の上だったので、普通に花火はできません。
そこで誰かが「コンロに向かってやろう」と。
これが大問題。
というのもコンロをグルッと囲んで、みんなで一斉に火をつけるから、必ず正面の人に火花が飛んでいくのです。
筒井の花火が俺を容赦なく襲いました。
「アチッ!アチーッ!」
そこからは大混乱。
みんなコンロの中に花火を投げ入れ始めました。
先端がどっちを向くか、分かりません。
ボウッ!!
引火した花火。
俺の方に勢いよく火花が。
「こっちきたー!アチー!…ってウワー!!…コチーン!」
椅子に座っていた俺は後ろにのけぞると、そのまま倒れてゴロゴロと転がり、落ちていた鉄板で肘を強打。
めっちゃ痛い。
めっちゃ熱い。
みんな超大爆笑。
ケンスケや山田や青柳も悪ノリで続く。
絶えず誰かが「アチー!」って言ってる。
いやーこの花火は本当におもしろかったわー!
笑いまくった。
絶対みんな火傷してる。
俺も3ヶ所くらい小さい火傷したもん。
3年生以上しかいなかったってのもウケたよ。
なんでこんなに上の学年ばっかりなんだよ。
やってることはガキくせーのに。
大樹が網に花火を差して、模擬噴射花火を作っていました。
その様子↓

花火動画

きれいだったなー。

先述の3人が合流して、深夜2時くらいから真夜中のバーベキュー。
これまたおもしろかった。
ハマが酔っ払って変なテンションだったのがマジおもしろかった。
花火やってないのになぜか火傷してるし(笑)
俺は3時半くらいに寝ました。
津原がテントのメンバーを割り振ったんだけど、酔ったみんながそれに従えるわけもなく、各自好き勝手なテントで寝ていました。
俺は、ななちゃん・ミキ・カオリと同じテントで寝ました。
すごいメンツ!!豪華すぎる!!
この思い出は忘れません!!
本当は大樹も一緒に寝てたんだけど、途中で出ていっちゃったんだよ。
だから別に俺がこう仕組んだわけじゃないよ。
ヒカルあたりが何か言ってきそうだから、今のうちに弁明しておくよ。

朝。
青柳がサトシュンの背中というキャンバスに夢を描いていました。
落書き






荒木もヒゲを描かれていました。

みんなで片付けをして帰宅!
温泉に行ったグループもあったけど、俺はまっすぐ帰ってきました。
すごくすごく楽しいキャンプだったよ!
また1つ、夏の思い出ができました。
一緒に行ってくれたみんな、本当にありがとう!



sassy10000 at 19:02|PermalinkComments(3)

2006年08月31日

夕練&朝練アフター

昨日はサークルの練習があったので行ってきました。
合宿のせいで1回行けなかったからなー。
やっぱり行けるときに行かないと!
今年でもう卒業なんだし、少しでもラギーのみんなと同じ時間を過ごしたいものです。

アフターでスープカレーを食べに行きました。
マジスパに行ったんだけど休みだったので、らっきょに行きました。
白石区から西区への移動はなかなか。
一緒のテーブルが細見・ヒカル・荒木だったせいもあるのでしょうが、『芸能人で誰がかわいいか』という中学生男子みたいな話題で盛り上がっていました。
もちろん俺は『名前がカタカナ選手権』第1回・第2回チャンプの加藤ローサを推薦しました。
彼女の誕生日は6月22日なのですが、その日は休日にすればいいと思ってます。
加藤ローサ






思わず嬉し泣き!
このキャッチコピーはよく意味が分かりませんが、加藤ローサならオールOKです。
とりあえずみんな泣こう。
『ローサ』と『サッシー』って似てるよね。
響きが。

今日は朝練に行ってきました。
かなりたくさんの人がいたよ。
賑やかでとても楽しかったです。
大樹と組んでサトシュン・コガワと2セットマッチをやりました。
6−0、6−1と圧勝できました。
サトシュンがクソだったからです。
打つ前から「いやー入る気しねー」とブツブツ言ってるんですよ。
で、ミスると「ホラ!ホラ!やっぱり!!」と喜んでいるんです。
今日中に死ねばいいと思いました。
多分組んでいたコガワはもっとそう思っていたと思います。
朝練のあと、みんなでジャスコのサーティーワンに行ってきました。
なぜか?
それは今日が8月31日だからです!
31%オフだからね。
レギュラーのダブルを美味しくいただきました。
サトシュンと言ってたんだけど、1年間で『31日』って7回しかないんだね。
そう考えると、この31%オフデーは貴重に思えてきます。
パチンコ屋なんて『1がつく日はスーパーなんとかデー』とかそんなんばっかりでしょ。
ありがたみがないっす。

8月が終わりました。
あと7ヶ月で大学生も終わっちゃうんだなー。
修論もあるけど、もっともっともーっと遊びたいよー!



sassy10000 at 20:37|PermalinkComments(0)

2006年08月23日

スポ館杯'06

夏休み、様々なイベントが盛りだくさんでブログの更新が停滞がちです。
サイコーに楽しく充実した日々を送っています。

8月21日〜23日の3日間で、札幌スポーツ館杯が行われました。
ミックスダブルス限定の大会です。
テニスのトーナメントなんだけど、仮装大会も兼ねているというユニークな大会です。
俺は当初出場しない予定でした。
しかし、ほんの数日前に急遽オニオンのさかえりからオファーがあり、組むことに決定。
かなり急な話だったので、仮装については全く相談しておらず、結局「まぁナシでいいんじゃないか」という結論に至りました。
で、普通の格好で出ました。。。
つまらない男です。
すいません。

やるからには勝ちたい!ということで、俺もさかえりも本気で挑んだのですが、初戦でいきなり負けてしまいました…。
で、コンソレーションへ…。
(※コンソレーションは通常『敗者復活戦』の意味で使われるが、ここでは『初戦で負けた人たちのトーナメント』を表し、勝ち上がっても本戦に復帰できることはない)
「はじめからコンソレ狙いだったんだよ」と言いたいところなんだけど、悲しいことに2人ともめちゃ真剣で、4−6というスコアにもそれがもろに出ています…。

では我々の戦績を。
【1日目】
本戦1R→4−6で敗退。
コンソレ1R→相手が帰ってしまっていて不戦勝。
【2日目】
コンソレ2R→7−5でなんとか勝利。
コンソレ3R→6−4でなんとか勝利。
コンソレ4R→6−4でなんとか勝利。
【3日目】
コンソレ準決勝→3−6で敗退。
コンソレ3位決定戦→7−5でなんとか勝利。

コンソレ3Rの相手はグラホの中村くんのペア。
中村くんは全然ミスをしてくれないのでラリーがすごく長くなって精神的に大変でした。
さかえりの調子も良くなかったし、俺は「この相手じゃ負けるかもなー…」とネガティブな気持ちで試合に臨んでいました。
結果的に勝利できて良かったー。

コンソレ4Rの相手はクルーの村上のペア。
村上のスライスにさかえりがてこずりまくっていて、1回空振りもあったくらい。
ズコーッ!ってなりました。
この試合は俺の足がやたら動いて、さかえりがあきらめて見送ったボールも拾ってしまうほど広い守備範囲を誇っていました。
粘って得た勝利という感じです。

コンソレ準決勝はお蝶の小澤くんのペア。
ミックスのわりにはハードヒットで、強敵でした。
で、負けました。

コンソレ3位決定戦はベアーの人。
一時は2−5ダウンの大ピンチ。
でも「ここで負けたら全部で3回も負けることになる。そんなバカバカしいこと受け入れられるか!」と思ったら沸々と力がみなぎってきたのです。
まぁ力がみなぎってきても俺はハードヒットはできないから、とにかく全球拾ってやると心に決めただけだけど。
そこから一気に5ゲームを連取してビックリ逆転勝利。
やったー!

コンソレ3位






↑表彰式

コンソレ3位2






↑コンソレ3位!!
景品はガットと靴下でした。
応援に来てくれた1年生にプレゼント!
組んでくれたさかえり、本当にありがとう!

ラギーはフレッシュに続いてこのスポ館杯でも大活躍!
本戦ベスト4に2ペアも残るという快進撃っぷりでした。
つえー!

本戦4位






↑本戦4位のさやかとケンスケ!
さやかはフレッシュ優勝に続いてまた賞状ゲットの活躍!
てゆーかまだ2年生で、今までミックスの大会の出場機会は4回しかないのに、そのうち3回でベスト4に入ってるってどーなの?
女子では唯一、シングル・ダブルス・ミックス全部でポイント持ってるしねー。
素晴らしいとしか言えません。
ケンスケはもはや定位置となった4位。
なぜ3位決定戦で勝てない?

本戦準優勝






↑本戦準優勝のななちゃんと津原!
準決勝のvsさやか&ケンスケのラギー対決は壮絶だったねー!
5−4でさやか・ケンスケがリードしたところから追いついて、結局タイブレークまでもつれた、かなり長時間に渡る戦いでした。
津原がとりまくるから、ななちゃん全然さわってなかったしね。
この結果によりすごいことが起こるんですよ。
今回準優勝で30ポイントをゲットしたななちゃんは、日刊のベスト4で得た20ポイントを足して、ミックスでは現在50ポイント持ってることに。
この50ポイントという数字。
現在ポイント上位を占めている今の4年生&M2が卒業していなくなる来年の日刊杯の時には、なんとポイントランキング1位に踊り出るのです。
2位の人が多分30ポイント。
つまり誰と組んでもななちゃんはかなりの確率で第1シードってことに…。
ひょえー!!
見てー!!

本戦優勝






↑本戦優勝のカタエリ&つっちー
決勝戦まではすべて6−0で勝ち上がるという圧倒的な強さ。
決勝も6−1だったからね。
津原たちはオール6−0を阻止するのが精一杯。
1ペアだけ強さが抜けていました。
ダントツです。
ハンデとして超動きにくい仮装して出ろよー!!

仮装のみんな






↑仮装していた人たち一部。

ラギーのみんなで






↑ラギーのみんなで!
仮装したみんなは偉い!

セクハラ?






↑セクハラですか?そうです。

最終日、表彰式が終わったあとはみんなで昼ご飯食べてレジャスポ行って遊んできました。
楽しかったよー!!

卓球をやりました。
ちあきと組んで、ユリエ&サキと対決!
負けました。

ビリヤードをやりました。
大樹と組んで、おすぎ&コガワと対決!
負けました。

一緒に行った9人でプリクラを撮りました。

すごく内容の濃い3日間でした。
ラギーのみんなといると時間が経つのが早いよー。
1つ、また1つと俺が参加できる最後のイベントたちが減っていきます。
楽しい気持ちの中に、寂しさも感じます。



sassy10000 at 23:58|PermalinkComments(0)

2006年08月20日

フレッシュ'06

フレッシュ&コミュニケーションマッチという名の新人戦が今年も行われました。
8月17日〜19日の3日間。
サークルに所属する1年目と2年目だけが出場できる大会です。
6年目の俺は全然フレッシュじゃないのですが…なんと3日間とも応援に行ってきたよ。
俺好きなんですよ。
フレッシュ独特のあの雰囲気。
若々しさというか、すごくひたむきな感じが漂う空気。
上級生が率先して応援する姿勢が大事だと思っているから、ってのもあります。
3日目の19日、応援に来ていた上級生は俺と細見だけでした。
細見は実際連盟がらみで来ていたような感じだし。
男女ともすごい結果を残しただけに、これはちょっとどうなんかなーと…上級生のみなさん。
もしかして、ヒマなのは俺だけだったのか…。
それはそれで問題だな…。
俺が。

で!!
結果から言いますと!!
男子も女子もラギーが優勝しましたー!!
アベック優勝!!
すごい!!
しかもどっちも純粋なラギーペア!!
これほどの快挙、過去にあるのか?
オニオンならわりとよくありそうだけど、ラギーでは初なんじゃないかと思います。
そもそも男子の優勝は6年前の今泉さん&樫野さん(オニオン)以来。
去年、大久保&ヒカルペアが決勝に行ったのも久々のことだったからねー。
女子の優勝は3年前のデコ&まいこ以来。
本当に素晴らしい!!

その栄えある優勝ペアを紹介。
男子優勝は土本&ヒカル!!
試合風景優勝の瞬間






↑左は試合の様子。
右は優勝の瞬間。

すげー!!
土本もヒカルも本当に強かった!!
どっちも夏季個人ベスト8の勢いそのままに、めちゃ積極的な試合展開。
土本の快速サーブはセカンドでもエースがとれるし、ヒカルのサウスポーから繰り出される深いストロークは相手にとって厳しいコースをえぐっていました。
2人とも靴に穴があいているのに。
よくそれでフットワーク保てるなっていうくらいボロボロ。
危なっかしい部分もちょこちょこあったけど、力でねじ伏せたって感じかな。
とにかく強かった。
部活の試合を見てるみたいだったよ。
ナイスゲームに胸が熱くなりました。
おめでとう。
いいもの見せてくれてありがとう。

女子優勝はさやか&カオリ!!
きたー!!
リーダーきたー!!
いやーこれはすごく嬉しいよ。
リーダーは去年からずっと結果を残し続けてるみんなのお手本だよ!
'05 日刊ミックスベスト4。
'05 スポ館杯ベスト4。
'05 インドアシングルスベスト8。
'06 夏季個人ダブルスベスト8。
そして今回フレッシュ優勝!!
さやか最高ー。
気がつけば超頼もしい存在になってました。
同じ小柄体型として、誇りに思います。
そしてペアのカオリもすごい!
1年生にして早くも優勝のタイトルを手にしてしまいました。
夏季個人でシングルスベスト8に入ったあたりで、「こりゃー今後も期待大だね!」って思ってたけど、今回いきなり優勝もっていっちゃったからねー。
フォームきれいだし、ボールは深いし、うまいのは見りゃ分かるけど。
ビジュアルもテニスも素晴らしいってずるいです。
片方ください。
さやかもカオリも全然ミスしないから、この2人と試合すると思うとそれだけでちょっと戦意がそがれるような気がします。
ゴリゴリ押しまくって優勝した土本&ヒカルと対照的に、丁寧につなぎ、粘り強く拾って勝ち得た優勝ですね。
ラギーでは確実にちか&綾香ペアの方が注目されてたと思うんですよ。
なにせ日刊準優勝の1年だからね。
でも言わばダークホース的な2人が見事に敵討ちを果たしてくれました。
正直に言うと、決勝戦が始まる前、俺はエフの佐藤さん&渡辺さんペアの方が優勢だと思っていました。
すいません。
お詫びにマイケルジャクソンのモノマネでもします。
すいません。
やったことありませんでした。

2ペアとも本当におめでとう!

女子優勝!






↑女子ダブルス優勝!!

男子優勝!






↑男子ダブルス優勝!!
ヒカルは2年連続のファイナリスト。
これだけでも十分すごいことです。
土本は普段『魔人』とか『魔王』とか呼ばれていますが、コート上では『閻魔大王』でした。
裁きを下していました。
悪の鉄槌を振り下ろしていました。

ラギー集合






↑ラギー集合!!

女子優勝ペアと






↑女子優勝ペアと!!

男子優勝ペアと






↑男子優勝ペアと!!
土本もヒカルもかっこいいよなー。
お前らもビジュアルかテニス、片方よこせ。

アベック優勝!






↑夢のダブル優勝!!
土本・ヒカル・さやかの2年生3人が、優勝賞品であるラケットバッグを、まだラケットバッグを持ってない1年生にあげていたのがすごく好印象でした。
「ホラ、これやるよ!」って感じであっさりと。
こいつらいい先輩だなーって思ったよ。
タスク・なつき・ひろみは感謝の気持ちを持ってもっとテニス頑張ろうぜ!
強くなることが最高の恩返し!

1年生と






↑1年生と!!
「みんなでスマートの表紙っぽく撮ろうぜー!」って言って撮ったのですが、タスクの顔はどう見ても『怒られてへこんでる人』みたいになっています。
タスクは「こういう風に写ってる人、よくいるじゃないですか!」と反論していました。
いません。

まるちんと






↑前日の写真だけど、エフのまるちんと。
お互いの思い出作り。
修論ヤレヨ。

フレッシュを見てテニス熱が上がった俺は(←毎年)、夜スクールに行ってきました。
めっちゃハードに練習しました。
そしたら「アホか?」と思うくらい汗をかきました。
汗かきすぎ






もうすぐで全身制覇できるところでした。



sassy10000 at 05:48|PermalinkComments(3)

2006年08月19日

夏合宿'06・5日目

5時半。
ものすごい吐き気で目が覚めました。
トイレに駆け込みます。
嘔吐。

げっそりした気分でまた寝ました。
数十分後。
またものすごい吐き気が襲ってきて目覚めました。
トイレ→嘔吐。

頭がズキズキ痛みます。
胸が激しくムカムカします。
苦しいなんてもんじゃありません。

なんだこれ。
こんな感覚、味わったことがない。
これが…二日酔い?

寝る→吐く→寝る→吐く…をひたすら繰り返しました。
朝ごはんなんて当然食べていません。
テニスをできる状態ではないので、午前中の白雲杯を休んで、部屋でひたすら寝ていました。
何も食べていないので、胃の中は空っぽ。
胃ってすごいですね。
吐くものがなくなったら、胃酸を吐くんですね。
死にました。
みっちゃんが胃薬を持ってきてくれました。
飲みました。
1時間後に吐きました。
意味なし。

そんなこんなで午後。
いよいよ白雲杯の大トリである班長戦が行われます。
さすがにこの時寝ているのは終わってると思い、フラフラの足取りでコートに向かいました。
ワキとコガワが頑張っていました。
特にコガワは素晴らしい動き!!
「すげーなー…」って思うようなプレーを何度も見せてくれました。
ただ、この試合観戦中も2度吐いた俺。
こっちはこっちで激しく戦っていました。
結局決勝は4−6で負けてしまい、優勝はダイキ班!
会長の意地を見せましたね。

ワキ班最終写真






↑班長戦後、ワキ班のみんなで。

M2






↑阿部と。
無理矢理笑顔を作っていますが、かなり限界でした。
どう見ても目が腫れています。

班長戦後は白雲荘に戻って帰りの荷物準備。
お腹はペコペコで喉はカラカラだったのですが、何を食べても何を飲んでも吐いてしまうので、ひたすら胸のムカムカに耐えていました。
本当につらかったー。
合計で多分15回は吐いた。
青柳から「胃の中が空っぽなら汗をかくといい」と聞いたので、時間がないのにお風呂に入りに行きました。
たくさん汗が出るように半身浴。
そのおかげか、みんなの前でスピーチする頃には幾分良くなっていました。

帰る前にみんなで記念撮影。
ラギー戦隊






↑1年男子と。
テニス戦隊・ラギレンジャー。
俺は1年生のみんなが大好きです。

1年女子






↑1年女子と。

M1&M2






↑M1&M2で。

2年女子






↑ちあき&えりかと。

色々






↑1年&3年女子と。

二日酔いで死んでいる俺を見て、多くの方から「運転は大丈夫ですか!?」と聞かれました。
「運転くらいなら余裕だよ!」と答えていましたが、実は自分が1番不安でした。
帰りの車のメンバーの中に運転できるエリがいたので、「いざとなったら代わってもらうか…」と企みながら白雲荘を出発!

合宿のアフターイベントで小樽にほど近い、蘭島というところでみんなで花火をしました。
モリモリ1






↑運転が怪しいモリモリ

モリモリ2






↑運転が怪しすぎるモリモリ

海辺でみんなとワイワイたわむれました。
この頃はもう全快と言ってもいいくらい体調が良くなっていた俺。
普通に会話できるようになっていました。
そんな復活した俺はヒカルとパチリ。

チョイ悪






↑チョイ悪をテーマに撮りました。
ヒカルと一緒に撮ったはずだったのに、なぜか隣には見知らぬ外国人がいました。
アジアの方でしょうか。
無事帰国できるといいですね。

ロケット花火200発






↑ロケット花火200発!
動画が残ってるんだけど、重くてブログにアップできないのが残念!
超きれいだったよ!
すごかった!

花火の残骸をみんなで拾ってちゃんときれいにしてから蘭島を出発。
無事札幌に帰ってきました。
最後はまだ時間があった男たちだけで山岡家に行き、合宿を締めました。
締め1締め2






↑全部で15人くらいいたかな?
ダディは顔が濃すぎます。

現役として参加した6回目の合宿が終わりました。
今回も本当に本当にサイコーの毎日でした。
スピーチの時にも言ったけれど、
企画・運営してくれた3年生男子、そして2年生男子、心からありがとう!
雑用仕事をこなしてくれた1年生男子、心からありがとう!
そして、『参加する』ことによって合宿を盛り上げてくれた、OB・OGを含めたラギーのみんなすべて、もう言いようがないくらいにありがとう!
夢のような5日間でした。
どうして、ずっとずっと続いてほしい時間ほど、一瞬で終わってしまうのだろうかと、去年と同じことを思いながら帰ってきたよ。

ラギーで素晴らしい仲間に出会えたことを幸せに思います。
口では「来年もOBとして参加する!」って言っているけれど、実際はまだ働いていないのでどうなるかは分かりません。
確実に北海道にいないし、今回が最後の夏合宿だったのかも。
仮にそうだったとしても、これだけ楽しい思いをさせてもらったので、もう思い残すことはない!
この思い出は一生忘れません。
絶対に忘れません!!

来年もラギーのみんなにとって素晴らしい夏合宿になりますように!!
ありがとう、みんなー!

sassy10000 at 01:48|PermalinkComments(2)

2006年08月18日

夏合宿'06・4日目

起床。
また寝坊。
4日目にしてまだ1回も朝ごはんを食べてない男。

午前は班練習。
休憩中にみんなでカキ氷を食べる。
かき氷






↑ワキ班のみんなと。

サーブ練習の時に的当てゲームをやりました。
俺は見事当てれたので景品のジュースをゲット!
ワキ班で






↑大好きなコーラをチョイス。
運動中に炭酸はよくないはずだけど、気にしません。

午後からは班対抗戦の『白雲杯』が行われるので、この午前中の班練習が合宿における最後の練習となります。
そこでみんなで写真をとりました。
ワキ班で2






↑ワキ班で。
試合頑張ろう!
みんな勝てますように!

で、午後。
白雲杯開催!
まずは選手宣誓。
選手宣誓






↑男子代表は荒木、女子代表はむつみ!
荒木が赤白帽をかぶっているのがめちゃおもしろかったです。
なんで持ってるんだよ。
小学生の時以来、13年ぶりに見ました。
この時だけ限定で、ネタでかぶってるのかと思ったら、結局ずーっとかぶってたからね。
ちゃんとあごのゴムひもしてました。
偉い。

サトシュン&筒井






↑サトシュン&筒井

俺はこの日はミックスしかしませんでした。
1試合目はリナとペア!
りなとミックス






↑試合風景

相手はこの2人






↑相手はこの2人。
男は天才・上瀬戸です。

険しい顔の俺






↑試合風景その2

天才は余裕






↑天才は余裕の表情。
つーかこいつ足速すぎる。

惜しくも負けました






↑4ゲーム先取のこの試合。
惜しくも3−4で負けました。
リナは頑張ってくれたんだけどなー!
俺がフォローできなかったばかりに…。
ごめんよ!

写真は残ってないんだけど、この後まっぴーとも組みました。
やっぱり3−4で負けました。
まっぴーごめん。
けど、俺が思ってたよりまっぴーが上手だったのでびっくりしたよ。
テニスできるんだね。

その後はサキと組みました。
ここは4−3で勝利しました!
ヤッホー!
白雲杯2006、初勝利!
サキも上手だねー。
特にバックハンドストロークが。
団体はぜひBチームに来てほしいね!

ダイキと






その辺にいたダイキとパチリ。
モデルを意識したのです。

さて!
白雲杯の後半は次の日の午前中に残して、この日は終了!
夜はいよいよ大コンパが始まるよ!!
超楽しみ!
この大コンパにあわせて今まで来ていなかった4年生も続々と集結し始めました。
今年はどんな芸が飛び出すのかなー?

まずは先頭を切って登場したのは毎年恒例、女の子のダンスだよ!
制服1






↑制服!
ヒャッホー!

スターズ






↑スターズの面々。
すごくかっこよかった!
カオリは芸能界に行けばいいんじゃないかって本気で思っています。
美人すぎます。

イワサ&江口






↑1年生男子の芸スタート!
まずはイワサ&江口!

ハードゲイ






↑出たー!
ハードゲイ!
イワサは本当にゲイだから、このネタは鉄板だよね。

お化けの救急車






↑そして必殺・お化けの救急車!
イワサが始めて江口がそれに乗って、さらに井上が続き、俺が続き…
気がつくと15人くらいで「お化けの救急車ー♪」
あれはおもしろすぎた。
笑いまくりました。

シュール






↑タスク&荒木のシュールコント。
マジでシュール!
超おもしれー!
ネタを考えたのは荒木らしい。
才能を感じる見事な流れだったよ!

ストッキング






↑最後はこの有様。
ひどすぎる。
またもや大爆笑。

あるある






↑三木&井上のあるある探検隊
三木は関西人らしく、ネタに入ってからのしゃべりがうまい!
だからおもしろい!
『卑猥な大根、買い占める』のあと「おかんが買ってくる大根、卑猥な形ばっかりなんや!」って怒ってたんが俺はウケたわー。

ショージ&北口






↑ショージ&北口の『身近によくいる人のモノマネ』
これはどっちがネタを考えたのかな?
やっぱり大阪出身の北口?
めちゃめちゃおもしろかった。
ショージの顔芸はもはや達人の領域ですね。
みんな笑いの渦に引きずりこまれてたもんね。
このペアが結局総合成績で3位に入りました。
今年の1年生はレベルが高すぎる!

1年生の芸の後はラギーアンケートの投票。
ブリーフワキ






↑何かのランキングで(←忘れた)1位に選ばれたワキ。
ブリーフをかぶってるんだけど分かりにくい。
やるなら変態仮面のようにかぶらないと。
「気分はエクスタシー!」って言えばなお良い。

個人的にこだわりを持っていたタイトルである『ラギーおもしろい人1位』ですが、今年は1位に選ばれることができませんでした。
1位はサトシュン。
俺は2位でした。
3年生の時から3年連続で受賞してきたこともあり、今年は4連覇を狙っていたのですが…。
いやー、今年はあまりおもしろいこと言えてなかったかなー。
残念です。
でも1位がサトシュンなら俺は納得!
あいつは本当におもしろいし、時にその才能に嫉妬していました。
世代交代ですね。
老兵は死なず、ただ消え去るのみ。
マッカッサッシーと呼んでください。
言いにくい。
ちなみに3位はモリモリでした。
3人ともバカばっかりです。

同期の阿部は『ラギーかっこいい人1位』と『ラギーインテリな人1位』に選ばれていました。
俺より確実にサークルに来てないのになんで?
やっぱり俺とは存在感が違うんだなーとリアルに思いました。

ラギーアンケートの表彰が終わった後は、後半・上級生の芸です。
エスパー大久保1






↑エスパー大久保。
本当にラケットくぐっちゃったよ!

エスパー大久保2






↑はいー。
見よ、この腹筋!
筋トレ大好きな俺から言わせてもらうと、これだけくっきり割るのは相当大変だよ。
かなり鍛えてる証拠です。
俺は芸より大久保の腹筋に見とれていました。
そしてもっと筋肉を鍛えようと思いました。
もちろん芸がおもしろかったことは言うまでもない!

いつもそこから






↑サトシュン&ショージ
『いつもそこから』
ショージを相方に使うのは反則だと思いました。
出てくるだけでおもしろい。

小梅ゆうき






↑ゆうき
また肺に穴があいた話をネタにしていました。
これでもう3つもあいたことになるんだね。
そろそろ死ぬよね。

小力1






↑上原&前田。
小力出たー!

小力2






↑前田は学校超ー忙しいのに、この芸をやるために教授にウソついてニセコまで来ていました。
すごすぎます。

けんすけ






↑出たー!
ケンスケ出たー!
普段芸とかそういうこと絶対にやらないキャラだから、これはマジで衝撃的に笑った!
個人的には、今年の芸No.1はケンスケだと思ってます。
まずこの格好!
ブリーフ!
話芸の神!
ネタもサイコーでした。
「俺よりテニスうまいやつ全員死ね!
山さん死ね!浜さん死ね!全然関係ないけど青柳さんも死ね!」
笑いすぎて泣いた。

けんすけ&津原






そしてケンスケと津原のオリラジ。
これもおもしろかったわー。
津原、芸が始まる前に酒飲み過ぎてめっちゃ泣いてたから、一時はどうなることかと思ったけど…。

4年生オールスターズの後、大トリは阿部!
なんとオリラジでネタがかぶった!
サポート役を任されていた俺も、これには冷や汗もんでした。
でもみんな温かくて、ちゃんと盛り上げてくれて、本当に優しいなーって感激しました。

結果は阿部が優勝。
2位が4年生オールスターズ。
3位がショージ&北口
でした。
TKG亡き後の王座には阿部が!
来年の芸も今からすごく楽しみだよー!
見たい!

4年生と俺






↑4年生のみんなと記念撮影!

で、大コンパが終わった後はテンションが上がったメンツでビールかけ!
白雲荘の前にある芝生でやりました!
各自ビールやサワーの缶を持ち、激しく振りまくり、「みんなー!!おつかれー!!」の合図と共にスタート!!
お互いの顔に、頭に酒をかけまくりました!
目が痛い!
ビールかけ1






↑男は基本パンツ一丁。
俺も。

ビールかけ2






↑ビールかけ終了!
みんなー!
マジ楽しい思い出ありがとー!
本当に本当に楽しかった!
忘れません!

普段はまったくお酒を飲まない俺。
しかしこの日は合宿最後の夜ということもあって、ここから酒を飲みまくりました。
今振り返るとこれが悲劇の始まりでした。
とにかく飲む俺。
酒の種類を問わず、とにかく飲みまくる俺。
一気をやっているところにはどんどん飛び込み、飲みまくる俺。
350mlの缶を、覚えているだけで8〜9本空けました。
そこから先は覚えてません。
でも飲み続けていたことは確か。
酔い始め






↑酔い始め。
なんで便所のスリッパを持っているのは覚えてません。
土本に飲まされました。
3年女子オールスターズに飲まされました。

記憶はここまで






↑酔いのピーク。
記憶はここまでです。
だいたい3時くらい。
合計で3.5リットルくらい飲んで(←いつも飲まない俺からすると革命的な量)倒れこむようにして寝ました。
悲劇はこの後にやってきました…。
思い出すだけで気持ちわりー…。

5日目に続く。



sassy10000 at 02:11|PermalinkComments(0)

2006年08月16日

夏合宿'06・3日目

起床。
またもや練習が始まっている時間でした。
当然朝ごはんもサヨウナラ。

この日もとてもいい天気!
起きたばかりの時は涼しいかなーと思ったけれど、いざボールを打ち始めると汗がダラダラと出てきました。
肌がジリジリと焼けていくのが分かります。

午前は班練習。
ワキ班のみんなで記念撮影。
ワキ班






↑テーマはセクシー。

午後はレベル別練習。
みんなの練習風景をコートの上から。
練習風景






↑試合中っぽい。

練習風景2






↑めっちゃいい写真じゃない?
羊蹄山をバックに練習するラギーのみんなだよ。
個人的に気に入っている写真です。
この写真だけ画素数上げて撮ったからね。

レベル別練習のみんなでも写真を撮りました。
レベル別練習メンバー






↑1枚目

レベル別メンバー2






↑2枚目
ジャックナイフのスローモーション写真。
俺はフォアの方だったからちょっと難しかった。
てゆーかそもそもジャックナイフなんてハイレベルなショット、打てませんが…。

夜は肝試し。
今年はモエとあゆみと行くことができました。
ラギーじゃない人のためにこの肝試しのことを説明しておきます。
決まりごとは簡単。
女の子が一緒に行きたい男子の名前をランキング形式で書くのです。
で、その希望にできるだけ添うように組み合わせを決め、夜の山奥に2人で消えていくという、非常にピンク色なイベントです。
1年男子がお化け役として道中に隠れています。

あゆみは俺を1位指名してくれたそうです。
ありがとー!!
ホントにありがとー!!
最近存在感が小さくなってきている俺だけに、とてもとても嬉しかったです。
モエは1位ではなかったそうです。
嘘でも「1位に書きましたよ!」って言わんかい。

先に行ったのはモエでした。
めっちゃビビっていました。
俺はホラー映画は苦手ですが、夜道とか暗い場所から聞こえてくる虫や動物の泣き声とか、そういうのは全然平気な人間です。
理由は田舎育ちだから。
けど、モエがあまりにも怖がりまくるので、こっちまで怖くなってしまいました。
怖がらせないように準備していったネタを披露しようとしたのに、モエはそれどころではないようで周りをギョロギョロと見回して全然聞いてくれません。
何を言っても「そうですか」とか「そうですね」とかテキトーな反応ばかり。
おこるよー!

あゆみは2回目でした。
1年男子がお化けとして登場する場所をすでに知っていたので、あゆみのリアクションを楽しもうと思っていました(←悪質なヤロー)
かっこいい女性像というのがピッタリ当てはまるあゆみが、俺の予想以上にビビっていたので少し驚いてしまいました。
意外性というか。
合宿は普段見られないみんなの内面を見られるのがとてもいいことだと思っているのですが、この時もそう思いました。
あゆみと色々真剣な話をできたのがすごく嬉しかったです。
ホワイトな話もブラックな話も。

写真が残っていないのが残念。

夜はいつものように各自フリー飲み。
連日の超ド級Sっぷりのせいで『魔人』・『魔王』・『破壊神』・『モンスター』などなど、すごいニックネームばかりつけられている土本が、この日も悪行の限りを尽くしていました。
荒木の右足にデカデカとウンコの絵を描き、左足にこれまたデカデカと『ウンコじゃないよ、ソフトクリームだよ』と書いていました(※油性)。
タスクの顔に落書きしまくっていました。
イワサの顔にも落書きをしまくっていました。
で、散々落書きした後は飲ませまくって、1年生を次々に潰していました。
さすが破壊神。
破壊のために生まれてきたんですね。
廊下でつぶれていたイワサが途中でゴソゴソと起きて、顔の落書きを頑張って消し、自分の布団に戻って再び眠りについたんですよ。
そこを通りかかる破壊神。
おや?
イワサの顔がきれいになっている…。
これはおかしい。
で。
イワサの顔






元通り。
やっぱり魔王です。
笑いまくりました。

この日の夜は比較的みんなが早く寝てしまったように思いました。
俺はまたもや4時くらいまで遊んでいました。
何してたっけか?
麻雀とか…。



sassy10000 at 14:16|PermalinkComments(7)

2006年08月15日

夏合宿'06・2日目

起床。
朝ごはんの時間はとっくに終わっていました。
てゆーか練習が始まっている時間でした。
去年と同じ、寝坊野郎。
まったく成長していません。

午前中はレベル別練習。
午後は班別練習。

ハマボレー






↑ハマのボレー。

土本






↑土本の球出し。

前日に引き続いてこれでもかというくらいの快晴でした。
少し風があったけれど、とにかく暑い!
テニス用のTシャツを10枚持っていったんだけど、確実に正解でした。
汗かきまくったよー。
今回の合宿では、
午前練が終わったらシャワー。
午後練が終わったらシャワー。
寝る前にシャワー。
という感じで3回風呂に行っていました。

テニスが楽しすぎて写真を全然撮らなかったので、もうありません。
夜の部について話を進めます。

晩御飯の後は恒例のイベントとなったライブ!
今年は
ボーカル:ダイキ
ギター:筒井
ベース:ハマちゃん
ドラム:ワキ
そして後半のサプライズボーカルではあゆみが登場しました!

ライブ1






↑ライブ風景1

ライブ2






↑ライブ風景2

ライブ3






↑ライブ風景3

ライブ4






↑ライブ風景4

ライブ5






↑ライブ風景5

全体が雲って見えるのはなんでかな?
熱気?
ライブハウス特有の匂いってありますよね。
俺めっちゃ好きなんだけど、あの空気がこの日もありました。

ライブ後は各自フリー飲み。
前日に続いてみんなぶっ飛んでいました。
ラギーの飲みは大人しいんじゃなかったのか…?
そんなの、もう過去の話になってしまいました。
土本が超ド級Sを発揮して1年生に飲ませまくる!
そして2年生も徐々に壊れていく!

ひどい状態になってる人がいました。
お見苦しい画像なので、リンク形式にします。
ケツが出てきます。
「そんなの見たくない!」という方はクリックしないでね。

きたねーケツ

その正体はこいつ。
ケツの正体






うぜー!
けど超笑ってしまった。
写真よく見た人は分かると思うけど、ケツの谷間でハイチュウ食ってるからね。
まぁ、食わせたのは俺ですが。

1年生では三木がスパークしていました。
三木三木2






↑バカすぎる。
もっと卑猥な写真もあるんだけど、あまりにもひどいので載せられません…。
とりあえず笑いすぎて声がかれてしまいました。

一通り落ち着いてからは、いつもの3バカ美人のところに行きました。
3バカと






ここでもかなり笑わせられたなー。
サエとレイコがいたらもっともっとおもしろかっただろうに!
本当に来れなかったのが残念すぎます。

この日も4時くらいまで遊んで就寝。

3日目に続く。

sassy10000 at 11:40|PermalinkComments(0)

2006年08月14日

夏合宿'06・1日目

夏合宿行ってきましたー!!
今年もめっちゃめちゃ楽しかった!!
夢の国でした。
天国でした。
サイコーの思い出がたくさんできました。
ラギーありがとう!
みんなありがとう!
絶対!絶対!一生忘れません!

では1日目から振り返っていきます。
写真が全部で180枚くらいあるので、それらの中からピックアップしてこのブログに載せていこうと思います。

【8月9日(水)】
8時半に18条駅に集合!
みっちゃん・荒木・サキ・ナツキ(1年)を乗せて一路ニセコへ。
朝ごはんのためにコンビニ寄ろうかなーと思ったけど、そこは最年長の俺。
ちょっとだけ(ホントにちょっとだけ)機転を利かせ、藤野のマクドナルドで朝マック。
荒木が初・朝マックだったようで色々不思議がっていました。
「普通のポテトはないんですか?」
ないんです。

途中の中山峠で休憩。
中山峠






名物のあげいもを食べる。

運転しながら記念撮影。
前後に車がいなかったから、そんな危険じゃなかったよ。
運転中1






↑ナツキとサキ

運転中2






↑荒木は半分だけ。

運転中3






↑前日徹夜のみっちゃんは爆睡。

天気も本当に良くて、あまりの快晴っぷりウキウキしてしまいます。
車窓からの風景を。
ニセコウェイ1






↑1枚目

ニセコウェイ2






↑2枚目

ニセコに到着する直前にある『吹き出し公園』というところで小休憩。
湧き水がとても冷たく、加えてそこの景色も素晴らしかったです。
ふきだし公園にて






↑その時いたラギーのみんなで。

湧き水






↑湧き水の様子。

水を汲むショージ






↑水を汲むショージ

サッシーカー






↑俺の車のメンバーで。

公園を出たあとは、再び宿泊地である白雲荘に向かいます。
そこでまた1枚。
ニセコウェイ3






↑道が本当に真っ直ぐで、爽快すぎます。
空も吸い込まれそうなくらい青い。

昼くらいに白雲荘に到着してさっそく練習スタート。
1年ぶりにあのコートに帰ってきました。
コート






今年で6年目になります。
懐かしい気持ちが込み上げてきました。

麦わらの大樹






麦わらのダイキ。
さすがに田舎的風景がよく似合います。
左手でガッツポーズを作っていますね。
何のガッツポーズかな。
きっとすごくおもしろいことを思いついたんだろうね。
ぜひみんなで聞いてみよう。

あらきとか






↑荒木とサトシュン。
荒木はETみたいな顔してますね。

はいー






↑サトシュン&江口と。

大樹と






↑ダイキと。

荒木と組んでダブルス






↑荒木と組んでダブルス。

練習後は晩御飯。
お腹ペコペコでした。
たくさん食べました。
みっちゃんと晩御飯






↑みっちゃんと。

晩御飯のあとは初日コンパ!
2年生が中心となって頑張ってくれるイベントです。
たすくとか






始まる前。
タスクと。
そしてユリエ・サキ・ナツキ(3年)・マユコ。

司会が登場してきました。
変な人でした。
ヒゲタモリ






↑ヒゲタモリ。

各班の代表が戦う腕相撲バトル開催!
腕相撲バトル






↑俺はタスク班の代表として戦いました。

江口と筒井






↑筒井vs江口
1年・江口の勝利!

VSワキ






↑俺の1回戦はワキと。
負けないヨ!
日々の筋トレはこの日のために!!

勝利!






↑勝利!!

勝利の雄たけび






↑勝利の雄たけび!!
ウォンチュー!!(←まさるさん)

ショージとバトル






↑準決勝は1年・ショージと。
25歳をなめるなよ!
ウオリャー!!
でもショージの顔芸がおもしろすぎて爆笑。
なかなか力が入らない。
写真が残ってないんだけど、この後俺とショージは2人とも足を宙に浮かせ、『マトリックス腕相撲』を展開。
超おもしろかった。
ショージ、真面目なやつと思ってたけど、実はTHE・才能でした。
この死闘を制し、決勝へ!

決勝の相手は1回戦でモリモリを、準決勝で江口を倒してきたチカイ。
ちょー!
レディーを出してくるのは卑怯でしょー!
しかもチカイってー!
萌え作戦か?
萌え尽きろってか?
俺はそんなもんに惑わされん!
…と思っていたんだけど、手を握った瞬間…。
手ぇ、ちっちぇー!!
そして超やらけー!!
これは無理ー!!
そんなヘロヘロの俺に、『READY…GO!!』の合図と同時にチカイの先制パンチが入る。

「サッシーさん、大好き

…ブハッ!!
死にました。
さようなら。
お疲れ様でした。
ちかいとバトル






↑ニヤケ顔を必死に隠す俺。
そして崩れ落ちていく俺の腕。
後ろで笑いまくるヒカル。
チキショー!!!

そんなわけでチカイが優勝しました。
タスク班のみなさん、ごめんなさい。

その後、クイズ・マジオネアが始まりました。
司会はヒゲタモリからひげもんたへスイッチ。
マジオネア1






ひげもんた、気持ち悪すぎます。
大問題なのは少しも似ていないところです。
ゲストはイワサ。
いやーイワサは本当におもしれー1年だわー。

マジオネア2






↑死ねばいいと思います。

マジオネア3






↑めちゃめちゃ笑った。

ヒカルと






↑司会のヒカルと。
クイズで使ったフリップをそのまま持ってもらいました。

サトシュン死ね






コンパ後はそのままフリー飲みへと移行。
俺はいつものように酒を飲まなかったけど、飲んでたある人は顔にマヨネーズをぶっかけていました。
窒息しないかなーと願っていました。

マイコと






↑OGのマイコと。
久々に会ったなー。

1年生と






↑1年生の面々と。
スマートとかファッション紙の表紙っぽい。
10代に混じる25歳4ヶ月の俺。
足首の上下で皮膚の色が違いすぎる。
今年は日焼け止めでケアしてるはずなのだが…。

そんな感じで4時くらいまで遊んで寝ました。
初日からめちゃめちゃおもしれー!

2日目に続く。



sassy10000 at 23:59|PermalinkComments(0)

2006年07月27日

テニス野郎

今週も順調にテニス野郎です。

月曜日はサークルの夕練に行ってきました。
男が13人なのに対し、レディーはちあき1人だけでした。
みんなテストで忙しいでしょう!
終わったら来てねー。

火曜日は朝練に行ってきました。
かなり練習しました。
なのにボールが浮きまくり。
やればやるほど下手になっていく感覚の日ってありませんか?
この日がまさにそうでした。
イワサと組んで、ヒカル・おすぎペアと試合しました。
6−7(6−8)で負けました。
とても悔しい。
俺のせいだよ。
イワサはめっちゃうまかった!
今後に期待したくなりました。
負けたのでサーティーワンのアイスクリームをおごってやりました。
ビッグフット・ヒカル(←30センチ)が大喜びしていました。
山へ帰ればいいと思いました。

水曜日も朝練に行きました。
1年生がめっちゃいました。
めっちゃってゆーかほとんど1年生。
いい刺激になります。
で、夜はスクールに行きました。
俺のクラスは先日からコーチが2人になったので、レベルの高い練習ができるようになりました。
たくさん走れて楽しかったです。
ふくらはぎの筋肉が前よりパワーアップしてるような気がします。
筋トレもやってるからね!
シャワー浴びる時はずっとつま先立ちとか。
これすっげー疲れるよ。

今日も朝練に行きました。
伏古コートにカギがかけられて勝手に使えないようにされていたので、下水コートに行きました。
これ困ったねー。
一時的ならいいけど、これからも続くようなら、朝練しにくくなっちゃうよ。
聖地・伏古が…。
その朝練ですが、うえはらがいました。
珍しいー!
相変わらずいい笑顔。
院試がんばれ!

そんなハプニングもありながら、帰宅。
この後は夏期講習!!
やるよ!!
俺の好きな福住会場だからテンションが上がっています。

sassy10000 at 15:45|PermalinkComments(0)

2006年07月14日

解放!

終わったー!
しんどいプレゼンが昨日終わりました。
急いでまとめたデータをそれっぽく見せ、乗り切ったよ!
答えられない質問がたくさん飛んできたので「わかりません」「まだ考えてません」を連発しました。
これでいい。
今後もこれでいきます。
ダメなやつだなと思われても全然悔しくない…っていうよりはダメなやつだと思われたい!
自己顕示欲の強い俺だけど、修士論文に関してはまったく逆の欲求が込み上げてきています。
下手に「こいつやるな」なんて思われたら実験が増えちゃう。

ということで一時的とはいえ、解放された俺がやることと言えば…テニスしかありません。
さっそく今日、朝練に行ってきました。
後輩はみんな忙しいのか、なんと3人でした。
さらにワキが1限だったので早々に帰ってしまい、残った俺と津原で延々と練習していました。
シングルスも2セットやりました。
1-6、0-6だったよ。
完敗の極みだね。
よえー。
スコアのわりにはめっちゃ長い試合で疲れました。
今日はとにかくめちゃくちゃ暑くて、汗かきまくりました。
Tシャツがびっしょりになってしまったので練習の途中で着替えたくらいです。
着替えるほど汗をかいたのは今シーズン初めてでした。
Tシャツをしぼったら汗がボタボタと垂れました。
スラムダンクみたいだと思いました。

「今日は学校に行かない!」と決めた俺はそのままデポに行って、またテニスグッズを色々買いあさってきてしまいました。
なんで朝練すると買い物したくなるんだろう。
「見るだけ」と思って行くんだけど、アディダスがかっこいいからねー。
見るだけに留めさせてくれません。
今シーズンのテニス用品への投資額、そろそろ15万円いっちゃいそう。
まぁ他で無駄遣いしてないから問題なし!

合宿まであと4週間切ったかな?
今から楽しみで楽しみで仕方ないよ!!
テニスというスポーツに出会えたこと、ラギーの一員であることが嬉しくてたまりません。
最近特にそう思います。

sassy10000 at 15:23|PermalinkComments(0)

2006年07月02日

ジンパ2006!

ジンパ本番!!
暑すぎず、寒すぎずといういい天気になってくれました!
俺の家にすべてのジンパグッズが置いてあったので、それらを車に詰め込みいざ真駒内へ!
1年ぶりにやってきた藻南公園。
懐かしいです。
今年でもう6回目かー。

いつものように各班、最初は食べる方に集中しています。
で、お腹も満たされてくると、やっぱり興味は水のある方へ向かうのです。
水鉄砲を持ってきた人がいました。
それで打ち合っているうちに水に濡れることへの抵抗がなくなっていきます。
そうなれば川に飛び込むやつが出てくるのは時間の問題です。たすく







今年の1号はたすくでしたー。
お前、準備万端じゃねーか。
土本が井上を押します。
井上、こらえる!
その巻き添えを食らったのが…

三木






はい。
三木でしたー。
となると、当然その流れで…

北口






はい。
北口もー。

水産






いやーさすがに水産だけあって水が好きだねー。
三木は「あの…俺着替えないんですけど…」って言っていました。
よく聞こえません。

井上






結局その三木に押し込まれる井上。
「ちょ…!サッシーさんに撮られてるじゃーん!」って言ってたはず。
撮ってますよー。

さとしゅん&JP






するとラギーのバカ代表・サトシュンが先輩の貫禄を見せつけるかのようにダイブ。
いやー、バカは川に入ってもバカですからねー。
魚にバカが伝染して、それを食べた人までバカになったら新しい公害として認定したらいいと思います。
名前はウザイウザイ病あたり有力ですか。
まぁ不治の病ですが。
そして巻き添えを食らうJP。
JP、もう4年生なのに。

さとしゅん&JP2






病原菌とJP。

温泉






温泉?
なっちゃんはまだいいとしても、のんちゃんとみなはOGなのに川へダイブ!
いいねー。
すごいOGだねー。

アオヤギも






アオヤギも。
いいねー。
すごい5年目だねー。

江口も






病原菌先輩のせいでぐっさんもドボン!
1年生は仕方ない!
でも俺が1年のときはこんなんさせられなかったな。
いい先輩ばかりだったってことだなー。

ヒカルも






途中まで様子を見ていたヒカルもドボン!
いいぞいいぞ。
地に足がついてないやつは川がお似合いだ、このバカチンが!!

ヒカル&江口






ヒカル&ぐっさん。
こいつら絵になるねー。

アラーキー






1年では最後にドボンをかましたアラーキー。
水泳キャップ&水中メガネで登場です。
お前はGTOのホクロ田か。
それにしてもみんな準備いいなー。

さとしゅん&アラーキー






サトシュン&アラーキー。
なぜかサトシュンは農家のおばちゃんスタイル。
意味が分かりません。
どーゆーこと?
なぜ水玉?

冷静な俺は今年も川には入りませんでした。
お調子者の俺なので意外がられるのですが、結局6年間で1回も川に飛び込まなかった。
臭いのが嫌なんです。
匂いに敏感なので…。

1年生と






で、きれいな体のまま1年生とパチリ。
若い力を頂きましたー。
あざっす。

OGと






さっきまでダイブしてたOG2人と。
OGっつっても2人とも実質3年生だし、まだまだ違和感なし!

みんなで1






みきこ&まりこ、そしてコレラ菌と。
コレラが伝染してしまいました。
残念です。

オールスターと






オールスターと。
今回のジンパはもえがおもしろすぎました。
会うたびに頭がおかしくなっていってるような気がします。

みんなで2






レディーに囲まれて幸せです。
工学部では絶対に味わえない幸せです。

JT班






JT班のみんなで!!
ショージは買い出しだけ来て当日来ませんでした!
レアパターン!
モリモリはジャージ。
これはいつものパターン。

ラギー集合!






ラギー集合!!
今年は去年より参加者は少なかったのかな?
この写真ではイワサがかっこいいね!
ヒカルとダディ、何をそんな顔が濃いもん同士で肩寄せ合ってんだ。
威力が2乗になるだろ。
のびたってドラドラの鈴木に似てるよね。
三木って城咲仁?
うぉー!北口のせいでかおりが写ってねー!
みきは鈴木杏に似てると思う。
中央は4年生が占めた!
俺とベーアーさん、最上級生M2の2人は控えめにどちらも端っこだ!
存在感なす〜。
つーかわき、なんで正座?
大樹の周りは女の子ばっかり!
そして気がつけば俺の周りは見事にヤローばっかりだ!
なぜ!?
寄ってくんじゃねー!

いやーもう楽しくて楽しくて、この2日間は本当にあっという間に過ぎてしまいました。
夢のような時間でした。
サイコーだよ。
天気に感謝!!
藻南公園に感謝!!
そしてみんなに感謝!!
ありがとう!!
ラギー大好き!!
今年で終わりなんて嫌だよー!
卒業できないのも嫌だけどー!



sassy10000 at 23:58|PermalinkComments(2)

2006年07月01日

ジンパ買い出し

ジンパの買い出しデーでした!
最後のジンパ!
めちゃめちゃ楽しみにしてたよ!
今年も素晴らしいメンバーの恵まれて心おどっています。
ただ、班長はJT!
これだけは恵まれませんでした!

ララカードモリモリ






ビッグハウスでララカードを作ってるとき、おばさんに話しかけられるモリモリ。
微笑ましい一コマです。

買い出しは無難に終わらせ、アフターをどうするかという話に。
モリモリと「あまりお金をかけずに行きたいね」と打ち合わせしていたこともあって、ドライブプランが有力に。
しかしドライブといっても目的地は必要です。
どこにしようかとみんなで考えます。
そこで俺が提案しました。

俺:「あのー…俺モアイ見に行きたいんだけど…」
一同:「モアイ??」

そう。
実はちょうど前日にオニオンの真藤のブログを読んでいた俺は、真藤が「モアイを見に行った」と書いていたのを見て、強烈に「俺も行きたい!!」と思っていたのです。
M2の意見ということもあってあっさりそのプランが通りました。
みんなに悪いなーと思いながらも、俺はまだ見ぬモアイに興味津々!!
気持ちが昂って仕方ありません。
俺としほの車、2台で一路滝野方面へ向かいます。

そして!!到着!!
いきなりどでかいモアイが並びまくっている!!
どーん!!!!
モアイ1






でたー!!!
モアイー!!!
めっちゃいるー!!!
超興奮しまくった俺はずっと笑顔。
ハッキリ言って異様な風景です。
30体を超えるモアイがひたすら並んでいるのは。

モアイ2






さっそくモアイと記念撮影。

モアイ3






ちぃ、モリモリ、さき、むつみも記念にパチリ。

モアイ4











俺は嬉しくてもう1枚。

鹿






しかの銅像があったのでとりあえず跨りました。
童心に帰りました。

モリモリと鹿






モリモリも。

ストーンヘンジ






ストーンヘンジもありました。
嬉しすぎ。
楽しすぎ。

ストーンヘンジとモアイ






ストーンヘンジとモアイが同居している空間です。

釣鐘1






釣鐘を鳴らすちぃ。
中にいるのはショウジ。

釣鐘2






それにしてもでかい釣鐘!!
JTはただの物差し代わりです。

大仏1






どーん。
大仏。
手前はモリモリ。

大仏2






大仏パート2。

大仏3






雲ひとつない青空と大仏、そしてラギー。
下にいるのはモリモリ、しほ、ようこ。

ミロの?






ミロのヴィーナス?
すごく遠くにあったので、見るだけにしようと思ったのだけれど…

ミロの?2






超ダッシュで行っちゃった!!
めっちゃ疲れた。
写真がこんなに遠いのはこれ以上近づけないからです。
カメラと俺がいる場所の間には大きな谷があったので。
その谷を駆け下りて、そして駆け上がりました。
谷底には変な虫がたくさんいました。

そんな感じでアフターを散々楽しんで札幌に帰ってきました。
せっかくなのでみんなでマジスパ行ってスープカレーを食べてきました。
マジスパ






行く直前にスープカレー通のおがたくに電話していた俺は「辛くした方がいいですよ」というアドバイスを聞いていました。
そこで辛さ7段階のうち、上から2つ目の『天空』に挑戦しました。
見事昇天しました。
めっちゃ辛かったです。
あまりの辛さに首と肩がピリピリ痛むんです。
でも今度は辛さマックスの『虚空』に挑戦します。
ちなみに辛さレベル1の『覚醒』は、注文したJTとちぃが「全然辛くない」と言っていました。
名前はすごそうなのに。

明日はジンパ本番です。
楽しみー!!



sassy10000 at 23:50|PermalinkComments(0)

2006年06月25日

夏季個人'06・2週目

6月24日(土曜日)
夏季個人2週目の応援に行ってきました。
徹マン明けで行きました。
正真正銘、ゼロ睡眠です。

男子ダブルス。
ハマ・ヒカルと津原・大樹がぶつかりました。
前者にはシードの意地が、後者には第2シードを破った勢いがあります。
ラギー対決のためどちらを応援することもできなかったので、ナイスプレーに拍手を送っていました。
異なるスタイルの対決。
見ごたえがありました。
津原・大樹が3−1でリードするも、そこからハマ・ヒカルが3−3に追いつく。
しかしそこから再び津原・大樹がリードし、そのまま6−3で試合を押し切りました。
展開のあやというか、どちらが勝ってもおかしくない試合だったと思います。
津原はいつものスタイルを貫いていました。
その戦い方は独特であるため、敗者には釈然としないものが残ることがあるでしょう。
しかし、それもすべてテニスという競技のルール内でやっていることなので誰にも批判はできないし、それで勝ち上がっていくことは間違いなく賞賛されるべきです。
観戦直後は冷静にそう感じたのですが、果たして負けたときに自分は同じ心境になれるだろうか。
自信がありません。

もう1つのベスト8進出ペアである山田・土本はエフのつっちー・山田くんのペアと対戦。
これがまた激アツな試合で興奮しまくりでした。
オールキープ状態で6−5まで進み、最後は土本のサーブがブレークされて惜しくも5−7でラギーペアが負けてしまいました。
本当に惜しかったー。
胸が熱くなったよ。

このエフペアに津原・大樹も負けてしまい、決勝進出はなりませんでした。
てゆーか、結局つっちーたち優勝しちゃったからね!
すげー!
後輩をリードしたつっちーもすげーし、プレッシャーに負けず最高のプレーをした山田くんもすげー!
もうどっちもすごすぎます!
優勝おめでとうございます!

津原・大樹は3位決定戦では6−1で快勝していました。
3位おめでとう!!

女子ダブルス。
ななちゃん・さやかペアがベスト4進出を狙ってオニオンの高橋さん・川原さんペアと対決。
これまた惜しくも4−6で負けてしまいました。
うー!
惜しい!
声を張り上げて応援したんだけどなー。
相手が1枚上でした。
でもノーシードから勝ち上がってベスト8は立派だよ!
誇れます!

男子シングルス。
今大会ノリノリの津原はシングルスも絶好調。
オニオンの宮崎を6−2で倒したのはビックリしました。
すげー!
でも準決勝ではフォーティーの木村くんに惜敗しました。
3位決定戦ではハイファイのハセケンがデフォったので、結局シングルスでも3位。
ダブル3位おめでとう!!

シングル3位






↑↑シングルス3位!

ダブルス3位






↑↑ダブルス3位!

大樹・津原と






↑↑3位ペアと。

みんなと






↑↑女ダブベスト8おめでとー!

集合写真






↑↑応援に来ていたみんな&選手たち!
とりあえずヒカルが怪しすぎる。

優勝ペアと






↑↑男ダブ優勝ペアと!
おめでとう!

試合後は2時間仮眠をとって打ち上げへ!!
打ち上げ1






↑↑さとしゅんがウザイ。
いやーこの顔ムカつくわー。
顔以外もムカつくけど。
そしてダディは相変わらず濃い。

打ち上げ2






↑↑むつみ&さきと。

打ち上げ3






↑↑埋もれる俺。
暗い。
微笑む、いわさ。

打ち上げ4






↑↑撮り直し。
明るい。
微笑む、いわさ。

2次会の後は3次会で朝までカラオケ。
2日連続で徹夜です。
めっちゃ眠かったです。
でもカラオケは楽しかったです。
あゆみがめちゃくちゃ歌うまくてビビリました。
今まで聞いた女性の生の歌で1番うまいと思ったかも。
声のビブラートが素晴らしい。
聞き惚れました。
俺はストリートミュージシャンにお金を出して歌をリクエストしたことは今までもないし今後もないだろうけど、あゆみの歌ならお金を出してもいいと思いました。
ワキが「粉雪」に挑んでいました。

「こなぁぁぁぁ〜〜ぁぁ…あぁ」

粉々になっていました。

大樹が「壊れかけのRADIO」を歌っていました。
声がかすれて死にそうになっていました。
壊れかけのDAIKIでした。
俺とベーアーはM2ながら盛り上がりまくっていました。
2人とも総立ちで大騒ぎ。
その様子。
M2






2人とも来年は社会人です。
ろうそくが消える前の一瞬の輝きです。
明け方4時半くらいまで歌って飛び跳ね、体に限界が来たのでタクシーで帰りました。
実に43時間ぶりに布団に入りました。
疲れたー。



sassy10000 at 23:39|PermalinkComments(2)

2006年06月18日

夏季個人'06・1週目

同じく6月18日(日曜日)の午後からの日記です。

新千歳空港に着いたらそのまま稲積公園に向かいました。
試合の応援のためです。
みんなの試合を見ているとワクワクしてきて、『やっぱり今の俺の心のホームはラギーなんだなー』と再認識しました。

今回はラギーが大活躍です。
まず第6シードの山田・土本ペアがタイブレークの激戦を制してベスト8進出!!
さすがシードです。
ちょっとビックリしたんだけど、この山田・土本の3回戦の相手が山田・石田(Cr)、そして4回戦の相手が中山・山田(GH)でした。
4試合中2回も自分と同じ名字と対戦しているのです。
ほとんどの人が1回すら当たらないよね。
これだけでもなかなかの偶然なのに、次の相手が土屋・山田(ef)。
まだ続く!!
これはさすがにミラクル!!

第7シードのハマ・ヒカルペアもこれまたタイブレークを制してベスト8進出!!
ただ、こちらのタイブレークはもっと早く勝てていたのをタイブレークまで引っ張った、そんな感じに見えました。
4−1アップだったし、5−4の時にマッチポイント2回あったし。
ここは後輩の責任ということでヒカルのせいにしておきます。
ハマちゃんはこれで今のところ30ポイント。
ヒカルも25ポイントかー。
すっかり上位選手の仲間入りですね。

そして!!
ノーシードの津原・大樹ペアが第2シードのせき・小川ペア(Cr/Hi)を6−4で下して見事ベスト8進出!!
これはすごーい!!
アツすぎる!!
めっちゃ興奮した!!
応援しまくった!!
戦略は徹底したロブ。
ひたすらロブ。
ロブとボレーとスマッシュしかない変な試合。
こちらはロブを上げ、相手はすぐにネットに詰めるから、テニスの基本であるストロークを誰も打ってない。
でもこの試合は津原のロブがいつも以上に冴え渡っていました。
全球めちゃめちゃ深くに決まっていました。
あれはあれで1つの完成形ですねー。
ロブの深さ・精度はもう職人の領域でした。
大樹との相性も良かったように思います。
ただ、勝てて嬉しいのですが、俺は絶対こいつらとやりたくないです。
テニスが嫌いになりそうだからです。

ベスト8に3ペア残ってるのは全サークルの中でも最多!
全部純正ラギーペアで3ペアも残ってるのはここ最近なかったことじゃない?
去年の夏季個人ではシングルでベスト8に3人残ってたし、やはりラギーと夏季個人は相性がいいのかもしれません。
そういえば大樹が1年生ながらベスト4に入ったのも夏季個人だったねー。

女子ダブルスもすごいよ!
ななちゃん・さやかペアがすごい!
1回戦からオニオンさかえり&クルーなお子で大変な相手だなーと思っていたら、なんとそこを突破。
さらに続く第2シードの白木・今野ペア(蝶)もタイブレークの末打ち破り、その後も勝ち上がって見事にベスト8進出ですよ!!
すごーい!!
今大会は前回の日刊で準優勝したちかもあやかも出てないから、女子の活躍は難しいかな…と思っていたところでこの快挙!!
すばらしい!

男子シングルスもアツイ!
ラギーでシードとして出場していた大久保と細見は惜しくも途中で負けちゃったけれど、ノーシードから津原が勝ち上がってベスト8進出!!
特にベスト8を決めた試合は第2シードの杉本くん(PC)を6−0で封じる完璧な内容で、「今大会の津原はのってるなー」と強く感じました。

女子シングルスも!
1年生の香織が第2シードの多田さん(O)を6−3で下してベスト8!!
強いよー!
ビックリした!
1年女子ではちかとあやかが注目されてるところだと思うけれど、香織もめちゃめちゃうまいんだよ!ってこと知らしめられた結果だと思います。
残念ながらベスト4には進めなかったけど、これからこれから!
ちなみにオニオンのメンズの皆さんは、香織の実力に加えてその端麗な容姿にもバッチリチェックを入れていました。
さすがです。
でもラギーの宝なので、汚れた目で見ないでください。

ということで次の土曜日もすごく楽しみです。
男子ダブルスはハマ・ヒカルと津原・大樹がぶつかるラギー対決!!
勝った方がベスト4!!
ラギーのみんな!
応援行こう!
めっちゃ応援して選手をバックアップしよう!



sassy10000 at 23:28|PermalinkComments(0)

2006年06月11日

オニオンと野球対決!

昨日はテニスをしなかったので今日のサークル練習が2日ぶりのテニスでした。
1日ラケットに触らないだけでちょっと懐かしい感じがするのは、やはりテニスしすぎな証拠でしょう。
朝練ではないので軽く練習しました。
暑かったです。

練習の後はオニオンと今シーズン初の野球対決!!
まずはメンバー集めを頑張ってくれたイワコシ、ありがとう。
ドタキャンした人が何人かいたけど、本当に迷惑なのでやめましょう。

オニオンとの野球対決は過去もう何度も行われていますが、ラギーが負け越しているはず。
強いんですよ。
オニオン。
テニスも強いけど野球も強い。
しかしラギーも負けてはいられません。
今回は10人で立ち向かいました。
…といっても俺は途中から観戦に行っただけですが。
場所は美香保公園B球場。
17時スタートのナイターゲーム!
オーダーはこうです。

1番 遊撃手 津原
2番 捕手 サトシュン
3番 一塁手 イワコシ
4番 三塁手 山田
5番 投手 平尾ジャパン
6番 二塁手 ゲイいわさ
7番 右翼手 アラーキー
8番 中堅手 のびた
9番 左翼手 タテハラ

本当はKenzyさんも参加できそうだったのですが、予定が若干あわず。
残念でした。
平尾ジャパンは久し振りの登場です。
1年ぶりくらい?
レアな存在ですが、今年は一緒に団体戦に出てもらうつもりなのでテニスの方にも来させます。
いわさ&アラーキーが1年生の中から参戦。
特にいわさは打球の多いセカンドという重要なポジション。
活躍を期待したくなります。
観戦の俺も気合を入れてキヨさんのユニフォームを着てベンチから声援を送ります。
守り神としてベンチの後ろに神聖なユニフォームを飾っておきました。
守護神






これで勝てるよ!!
巨人パワー注入!!
中日ファンのイワコシがブーブー文句を言っていましたが、残念ながら届きません。

さて試合を結果から報告するとこんな感じでした。
   
Onions|00000003|3
Luggy |10000000|1

初回、オニオン先発のトイピーがいきなり2者連続四球。
さらに相手のエラーも重なり1アウト満塁のチャンス!
ここで平尾ジャパンがショートゴロを打ち、この間に1点。
ノーヒットで1点が入ったよ!

ここからはお互いのピッチャーが良かったこと&お互いのバッティングが湿りがちだったことから0点が並びました。
ラギーは守備も良かったよ!
サトシュンは難しいキャッチャーフライをきっちり捕るし、津原は素晴らしいショートでした。
山田のサードは堅実&磐石だし、イワコシもいい動きだった!
あとタテハラも意外と良かった!
最終回の8回は疲れが見えた平尾をついに攻略され、逆転を許しそのままゲームセット。
接戦のいい試合でした。
やっぱり野球はおもしろいね!
オニオンとはテニスでライバル関係だけど、野球でもこうやって楽しく競っていけたらいいなーと思いました。
次回は天才・上瀬戸が参戦するらしいし、Kenzyさんも来てくれるはずだし、そうなればカニさんも来てくれそうだし…。
さらに今回はバイトだったおすぎや、秘密兵器川本や、ゆーきも来れそう!
よりおもしろくなりそうです。
ラギーは応援が全くいなかったのが悲しいよ!
野球の時はいつもだけど。
オニオンは女の子の応援も多くてうらやましかったのでもっとみんな来てよー。
宣伝が足りなかったのかもな…。
今度はもっと広めよう。

ではヒマだった俺が時々撮っていた写真たちを公開します。
いわこし






↑↑イワコシ

ひらお






↑↑平尾ジャパン

始球式






↑↑始球式
オニオンのあやちゃんって子だったかな?
ストライクを投げていてビックリ!

やまぴー






↑↑やまぴー
キャッチャーはサトシュン。

メイベム






↑↑変な格好のメイベムさん
審判は高田。

メイベム2






↑↑打つ瞬間のメイベムさん。
しかしファールフライ(←ショボい)

サトシュン






↑↑サトシュン

サトシュンと津原






↑↑途中からサードに入ったサトシュン&津原

さらにみんなの打撃成績も公開だ!
地味にしっかりスコアブックつけていました。
マメだろ?
左から順に第1打席、第2打席…となっています。

1番 遊撃手 津原……四球・遊フライ・投ゴロ・中フライ
2番 捕手 サトシュン……四球・三振・遊フライ・遊エラー
3番 一塁手 イワコシ……遊エラー・投ゴロ・三振・左フライ
4番 三塁手 山田……三振・右エラー・一ゴロ・四球
5番 投手 平尾ジャパン……遊ゴロ●・投エラー・遊フライ・三ゴロ
6番 二塁手 いわさ……三ゴロ・投ゴロ・三振・三振
7番 右翼手 アラーキー……左フライ・投フライ・三振
8番 中堅手 のびた……投フライ・ヒット・遊フライ
9番 左翼手 タテハラ……遊ゴロ・左フライ・三振

オニオンのスコアブックもつけてあるから(←あまりにヒマだったので)、欲しかったら言ってねー!



sassy10000 at 23:13|PermalinkComments(4)

2006年06月07日

山奥に帰れ

今日も朝練行きました。
疲れました。
相変わらずテニスばかりしています。
全然買ったばかりじゃないのに、テニスシューズで靴擦れを起こしてしまっているレベルです。
痛いのです。

夕方はヒカルから「ヒマなので今からテニスしませんか?」的なメールがきました。
コラコラ。
おバカさん。
俺はM2だよ?
最年長だよ?
サトシュンといい、ヒカルといい、モリモリといい、後輩どもはみんな俺を暇人と思ってるだろ。
いい加減にしろ。
そんな思いで返信します。

『いいよー』

いやー、誘いって断れないんですよねー。
てゆーか誘ってもらえなくなったら人間終わりだしねー。
テニスならアレと違って健康的だからOKOK。
さっしーさんは誘えば鉄板と思われてるんだろうな…。

ヒカルを拾って伏古へ行きました。
俺たちを待っていたかのようにコートが空いていたので、そこでひたすら2人でシングルの練習をしていました。
俺、内定者懇親会があるから夏季個人出られないのに、汗ダラダラになって練習していたよ。
シングル楽しいんだもん。
ダブルスと違ってたくさん走れるのが楽しい。
前に出てこられた時に「どーする?どこに打つ?」ってゾクゾクするのが楽しい。
一通り練習した後、試合をしてみました。
ずっとシーソーゲームで4−5とリードされたけど、最後は7−5で粘り勝ち。
最後の方は精神戦になっていました。
1人きりで色々考える…これもまたシングルのおもしろいところだと思います。

練習後は2人で食べ放題の店に行ってゴリゴリ食ってきました。
またヒカルが無茶な食べ方をしていました。
牛丼とケーキを同時に食べてるんだよ。
見てる俺がキツいっつーの。
俺はひらめのえんがわの寿司ばかり食べていたら気持ち悪くなってしまいました。
なので途中からはずっと枝豆で流していました。
食べ放題なのにずいぶん安上がりな食事にしてしまったものだと悔やんでいます。
ちなみにヒカルも枝豆を食べていたのですが、やはりこいつが普通に済ますわけもなく、ケーキとアイスクリームと漬け物も同時に食べていました。
もう野人です。
早く山奥に帰ればいいと思いました。

水曜日はスクールの日なんだけど、さすがに休みました。

sassy10000 at 23:57|PermalinkComments(0)

2006年06月04日

週末2日分まとめて

3日&4日の出来事をまとめて。

3日(土曜日)は練習があったのでそれに参加してきました。
夕練は少し久し振り…でもないかな?
今季初の美香保コートでの練習でした。
で、アフターで北大祭に行ってきました。
去年もその前も北大祭には行ってないと思うので、本当に久々です。
まぁあれはやってる側が楽しいイベントですからね。
『木・金曜日が休みになって嬉しい』くらいに思っている北大生も多いことでしょう。
1年生のお店を回ってみました。
みんな色々やってたねー。
6年目にして初めて広島県人会のお好み焼きを食べてみたよ!
言わずと知れた北大祭の名物店です。
すごい数の人が並んでいて「やっぱやめよーかな」と思ったけれど、結局大樹と一緒に20分くらい並びました。
予想以上のボリュームと美味しさでした。
やっぱり他の店のものとはレベルが違いすぎます。
あれだけの人が並んで食べたがるのも分かります。
メイベムさんがいる頃に行けばよかったなー。

ダディも店をやっていました。
バーガーショップの店員さんをやっていました。
「お前がやるならエスニック料理屋だろ」と思いました。
ちあきはクレープ屋さんでした。
看板娘をやっていました。
「どれがおすすめ?」って聞いたら1番高いメニューを推してきました。
悪い娘ですねー。
これは今後も注意が必要です。
懐かしのムトゥーもいました。
火をつけたら燃えるんじゃないかっていうくらい脂ギッシュでした。

1年生の誰かがコスプレでメイド服を着ていたんですよ。
で、頭につけていたメイドキャップを借りたのです。
お約束のようにそれをつける男性陣。
わき






↑↑わき

やぎ






↑↑やぎ
「目線を入れてください」というリクエストは却下されました。

どちらも気持ち悪いっていうか、まぁ正直言って特にコメントもないのですが、そんなことよりお前らがつけるよりももっと早くつけるべき人がいるだろ!!
ななちゃん!
どう考えても!
ということでつけてもらったよ!
嬉しくなって写真も撮っちゃったよ!ななちゃんと







大事にします。
怒りオヤジ、毎週ちゃんと見ます。

アフターが終わるとアフターアフターで大樹んちへ。
主に1〜3年生と楽しく遊んできました。
昨晩はビールを飲んでいた俺ですが、今夜は再び必殺技『オールウーロン』を繰り出したよ。
酒が入っていないので車を運転できる俺。
1回目のドライブであゆみを札駅へ、さきを手稲へ。
2回目のドライブでゆきこを新琴似へ、なつみを花川へそれぞれ送り届けました。
他のみんなはちゃんと家まで送ったのに、あゆみだけ札駅で本当にごめんなさい。
恵庭まで行く元気はあったんだけど、同乗者のさきが手稲だったので…。
方向的にかなり厳しくて…マジごめん。
今度はちゃんと行くので許してね。
ラギーのみなさん。
俺がいる飲み会では終電がなくなっても心配いりません。
これを大義名分にして今後もノンアルコールで生きていきます。

4日(日曜日)
上述のアフアフがあったので家に帰ってきたのは深夜2時半すぎでした。
朝練の約束をしていたので早く起きるつもりだったのに、目が覚めると7時半。
あらー。
寝坊ー。
急いでヒカルに電話しました。
「サッシーさんがいないのでボールがありません」って冷たく言われました。
すいません。
その後伏古に直行しました。
ラギーはヒカル・土本・コガワ・俺の4人だけだったので、隣のコートのオニオンと一緒に練習。
土本と組んでヒカル・コガワと試合をしたら7−6(7−4)で競り勝ちました。
ヒカルは敵に回すと嫌なやつだと思いました。
でも敵に回してもやっぱりサーブは不安定でした。
結局12時くらいまでやって帰宅。

夜は俺の心のふるさと、ドンキホーテに行ってきました。
2時間くらいウロウロ。
すごく楽しいです。
俺はヘアスプレーやワックス、あと洗顔フォームや日焼け止めとかそういう類のものは絶対にUNOじゃないと!というこだわりがあるのですが、俺が知っている限りでUNOのあぶらとり紙を扱っているのはこの辺でドンキホーテだけです。
だから好きなんです。
ちゃんと分かってるから。
最近はあぶらとりフィルムが主流になってきて、あぶらとり紙自体がだいぶ店に置かれなくなってきたけど、俺はあのフィルムはあまり好きになれません。
やっぱり紙が使いやすいよ。
でもコンビニなどほとんどの店はあぶらとりフィルムしか置いてないんです。
やっとあぶらとり紙発見!って思うとこれまたほとんどギャッツビー。
残念。
要するに『ドンキホーテ最高』ってことですね。



sassy10000 at 23:50|PermalinkComments(0)

2006年05月27日

日刊杯'06・2週目

日刊スポーツ杯、2週目が行われました。
ヒカルと朝練をやってから臨んだベスト8への挑戦。
相手は第4シードの宮崎・村上くんでした。
その時できることはやったつもりだけど、結果は3-6で負けました。
練習でイメージしていた通りにいかない自分のプレーがうらめしく思えました。
まぁ簡単に言えば下手くそということです。
大事なところでガシャったり、かすった当たりになったり…。
うーん…下手としか言いようがない。
もっともっと練習が必要だと思いました。
ベスト8への挑戦は5回目でしたが、なかなか上にいけません。
今回組んでくれたヒカル、本当にありがとう。
力になれなくて申し訳ないです。

他にラギーで残っていたペアについて。
山田・浜元ペアはベスト8でした。
俺は「このペアならベスト4にいける」と思っていたのだけど、相手の調子がすごく良かったみたいです。
それからケンスケ・関くんペアは第4位でした。
ケンスケは『3位決定戦で勝てない記録』を更新していました。
それにしても相変わらずケンスケはめっちゃうまい。
見とれていました。

ミックスダブルスは大樹・ななちゃんペアが第4位!
ベスト4進出を決めた試合は0−4ダウンから怒涛のまくりで7−6勝ち!
あれはアツかった。
応援しがいがありました。
大樹には悪いけど、正直ペアを応援するというよりななちゃんを応援していました。
ななちゃんがミスった時はずっと「今のは大樹がとれよー」と思っていました。

女子ダブルスは先週1年ペアながら第2シード(実穂先生)を破ってベスト8に進んだちか・あやかが、今週に入っても勢いそのままに、余裕の6-0勝ちでベスト4にコマを進めていました。
準決勝は一転して激アツな試合展開。
第3シードのオニオン多田さん・大内さんペアを7-6(14-12)というすごい接戦で下し、決勝にいってしまったのです。
すごーい!
1年生ペアが日刊の決勝に行ったのなんて、オニオンの塚田・鳴川ペア以来だから5年ぶりの快挙だよ!
これは優勝を期待してしまうというものです。
決勝の相手は第1シードのオニオンカタエリ・高橋さんペア。
この高橋さんという子も新入生だったはずだから、もう若手だらけ。
カタエリ以外。
試合は予想外の一方的な展開で進みました。
ちか・あやかの調子が良かったこと&相手のエンジンがかかってなかったことから、なんとスコアは一気に5-0!
とにかく強かった!
仕掛けたショットがことごとく決まっていました。
テニスのルールを知らない人のためにこの5-0というのを分かりやすく言うと、『負けてる人からすれば絶望的なスコア』といったところでしょうか。
逆転が非常に難しいスコアです。
勝ってる方がノリノリになっている場合が多いので、本当に強い精神力&そのノリノリの相手をさらに上回る素晴らしいパフォーマンスがないと逆転できません。
プロの場合、このスコアになるとそのセットを捨てて、次のセットに備えることも多いとか。
そんなわけで俺は勝利を、優勝を確信していました。
1年生ペアが初参加で初優勝というものすごい快挙を成し遂げる夢を、自分の中で見ていました。
しかし…そこから夢は悪夢へと変わってしまったのです…。
今までの一方的な展開がウソだったかのように、なんと一気に7ゲームを連取されてルーキーペアは5-7で負けてしまいました。
信じられん。
5-0から5-7で決着がつくのなんて高校のとき見て以来です。
衝撃でした。
もちろん、勝った相手がすごいんです。
めっちゃ強いメンタルを持っていた証拠です。
けど…やっぱり信じられん!
ちかもあやかも第5ゲームまでめちゃめちゃすごかったのにー!
俺は試合が終わったともひどく疲弊した気分で、ぐったりしていました。
悔しい。
カタエリはやっぱりすごい。
とても残念だけど、1年生ペアの初参加で準優勝という結果が素晴らしいことに変わりはありません。
2人とも受験のブランクから明けたばかり。
もっともっと強くなります。
夏季個人は出られないらしいので、フレッシュで大暴れしてくれることを期待しています。

ミックスベスト4

 






↑↑ミックスダブルス第4位・大樹&ななちゃん

女ダブ準優勝






↑↑女子ダブルス準優勝・あやか
大樹はすぐ帰らなければならなかったちかの代理。

男ダブベスト4






↑↑男子ダブルス第4位・ケンスケ&関くん

男ダブ準優勝1






↑↑男子ダブルス準優勝・つっちー&まるちん
エフの撮影会に乱入して、俺も撮ってきたよ。
2人ともやっぱりつえーよ!!
おめでとう!!
以下、連写。

男ダブ準優勝2






↑↑その2

男ダブ準優勝3






↑↑その3

男ダブ準優勝4






↑↑その4

男ダブ準優勝5






↑↑その5

男ダブ準優勝6






↑↑その6

男ダブ準優勝7






↑↑その7

男ダブ準優勝8






↑↑その8

男ダブ準優勝9






↑↑その9

男ダブ準優勝10






↑↑その10

男ダブ準優勝11






↑↑その11
いやー大量すぎて2人がうざく見えてきますねー。
俺は悪くないヨ。

ラギー集合






↑↑ラギーのみんなで集合写真!

今大会の結果も載せておきます。
男ダブ結果1男ダブ結果2











↑↑男子ダブルス↑↑

女ダブ結果1女ダブ結果2











↑↑女子ダブルス↑↑

ミックス結果1ミックス結果2











↑↑ミックスダブルス↑↑

スコアが違っていたらごめんなさい!

さて、俺も夏季個人は出られないから、秋のウィルソンカップ目指してまた練習に励みますか!



sassy10000 at 23:57|PermalinkComments(0)

2006年05月26日

股抜きショット

試合に向けて最後の朝練をしました。
徹マン明けで行きました。
大樹から「車乗せてください」とメールがあったので快く乗せてあげました。
サトシュンから「俺もいいですか?」と電話があったので「お前は嫌だ」と言いました。
麻雀でこいつに負けたからです。
でも俺は優しい先輩なので、結局イヤイヤ乗せてやりました。

みっちり練習しました。
ラギー内で人数が合わなかったので、俺はオニオンのヒジマくんと高田とやりました。
特に高田との練習はめっちゃ集中できてよかったです。
ボレーがいい感じ。
やっと少しだけ打ち方が分かったような気がします。

JPとモリモリと大樹が股抜きショットの練習をしていました。
股抜き1






↑↑モリモリ

股抜き2






↑↑大樹

股抜き3






↑↑JP

大樹が1番うまかったです。
俺もやったけど全然うまくできませんでした。
つかわねーつかわねー!

明日が試合だなーと思ったらまたテニス熱がどんどん上がってきた俺は、スポーツショップに行ってこないだ買ったばかりなのに新しいアップを買ってしまいました。
それから試合用のTシャツとハーフパンツも買ってしまいました。
テニスに使うお金は惜しくないからいいのです。
使うときは使う!
「何に使ったかよく覚えてないけど気がついたら財布にお金がない」っていう無駄遣い状態より、100倍マシだと思います。

そんな感じの試合前日でした。

sassy10000 at 23:09|PermalinkComments(0)

2006年05月25日

男の財布

朝練行ってみました。
今日はみんないてよかったです。
でも調子が悪かったので早めに引き上げてきました。
あまりに眠りすぎると逆に眠気がとれないことがあるように、練習しすぎて調子が悪くなるようなところが俺にはあるような気がします。

朝練→学校→夕練1→学校→夕練2…と朝からずっと学校と伏古を往復していました。
若干疲れました。
夕練では久し振りにさえを見ました。
頭に包帯みたいなものを巻いて登場していました。
「相変わらずネタ持ってんなー」と思ったよ。
大樹が「アフター行こー」ってみんなを誘っていたのに、1年生は見事に全員帰ってしまいました。
会長のカリスマ性に疑問を感じました。
オヤジギャグの言い過ぎなのかもしれません。
でも俺はそんな大樹が好きなのでもちろん行ったよ!!

アフターの時にさえが「しばらく来てない間に誰か劇的に変わった人とかいますか?」と聞いてきたので「サトシュンが前より数倍うっとうしくなった」と答えておきました。
真実です。
あいつの話題で飯を食ったせいで、美味しい料理が台無しでした。

以前ドトールで働いているときに「財布を開いたときに見えるカード類で、その男がどんな人か分かる」と言っていた先輩がいたので、その話を大樹にしてみました。
「セイコーマートのカードやポイントカード類が見えたら終わりらしいぞ」と言って大樹の財布を開くと、そこにはおもいっきりオレンジ色に輝くセイコーマートのカードとヨドバシカメラのポイントカードが見えました。
あちゃー!
やっちゃったー!
あと変な顔でうつっている学生証も1番前のレギュラーゾーンに入れられていました。
失礼なのはよく分かったうえで言うのですが、あれは確かに変な顔でした。
学生証は他のカードと重ねて隠すように入れておくのが正解だと思います。
1番前に見えるカードはクレジットカードやキャッシュカードがOKなのだそうです。
大樹はほぼすべてのカードに丁寧にフルネームで名前を書いていました。
大学のコピーカードにまで書いていました。
ますます大樹が好きになったよ。
いい後輩を持てて幸せです。

「今日も1日楽しかったなー」などと思いながら車を運転していると着信が。
オニオンのエビからでした。
嫌な予感しかしません。

俺:「…はい。」
エビ:「あ、サッシーさん!こんばんは!」
俺:「…こんばんは。」
エビ:「今ヒマですか?」
俺:「…多忙です。」
エビ:「いやいやー!!今オッチーさんとサトシュンと3人でいるんですけど…どうですか、アレ?」
俺:「え!!オッチーはいいけど、サトシュンもいるの?」
エビ:「いますよ」
俺:「ちょっとかわって!」
SS:「どうもこんばんは。サトシュンです(←言い方がウザい)」
俺:「…よく知ってます。なんでお前がオニオンと一緒にいるんだよ?」
SS:「いやー、バイト帰りに偶然出くわしてしまったんですよー」
俺:「はぁ…?出くわすならもっと健全なオニオンの皆さんと出くわせよ…」
SS「いやいやいやいやー。分かりやすく言えば『運命の出会い』ってやつですか。サッシーさーん、もうやるしかありませんよー、ヒッヒッヒ…」

コロス!!

結果はまた。

もう二度とやりません。
あんな不健康な遊び。



sassy10000 at 23:15|PermalinkComments(0)

2006年05月24日

朝練誰もいない

ハマが「朝練やりますか!」みたいなことを言っていたので、元気よく6時半に伏古に行ったのに誰もいませんでした。
そして待っても待っても誰も来ませんでした。
なぜー!
俺だけ?
テニス熱がヒートアップしてるのは俺だけですか?
そして誘ったハマはどこに行ったんですか?
オニオンもいなかったからね。
久し振りにあれだけ静かな伏古を体感しました。

見知らぬおじいさんが「一緒に打ちませんか?」と言ってきたので、「俺でよければ」とラリーしていました。
なかなか上手なおじいさんでした。
おじいさんが帰るころ、オニオンの宮崎と村上くんが2人だけでやってきて、隣のコートで黙々と練習していました。
今週末の対戦相手が隣でハードな練習をしているので、俺も何かせずにはいられなくなり、サーブ練習をすることにしました。
ひたすら打ったよ。
高校の時みたい。
デュースコートから100本、アドコートから80本打ったらさすがに腕が疲れたのでやめました。
腕の付け根付近の筋肉がだるくなったよ。
やりすぎたかも。

その後、ひょっこり大久保がコートに現れたので、ストロークの練習をしました。
大久保は伏古公園について調べるために来たのだそうです。
レポート課題だとか。
『テニスをするのに最高の場所です』って書いておけば優がもらえるんじゃないでしょうか。

学校ではじわじわと実験っぽいことをやりました。
卒業したいなー。
大丈夫かなー。

そうそう。
今月末に巨人vs日本ハムの3連戦が札幌ドームで行われますよね。
オニオンのエビから「一緒に行きませんか?」ってオファーが入りました。
もちろんイクヨ!!
エビ以外では、ところさん改め『森の妖精モゴロ』、エンドゥー、やまPなどなど豪華なメンバーが参加するらしいよ。
特にやまPは俺と同じ巨人ファンらしいから、めちゃめちゃ嬉しいね!
ますますやまP好きになったよ!
ラギーからも誰か連れて行きたいなー。
プロ野球好きなやつ、誰かいたっけ…。

オニオンのみんなとは30日、31日と2日続けて見に行くことにしました。
で、6月1日は同じ研究室の悪友・牧野と行きます。
結局3日とも行っちゃうよ!
巨人大好き!!
巨人が3連勝することになっているので楽しみです。
ラスト新庄を目に焼き付けてきます!

そんなウキウキ気分の俺は夜もテニス。
スクールでみっちり練習してきました。
コーチがバックを打つときの体の軸について指摘してくれました。
そこを気をつけたらちょっと良くなったよ。
コーチのみなさんはアドバイスが上手で素晴らしいと思います。

結局今日もテニスばかりしてましたって話でした。

sassy10000 at 23:57|PermalinkComments(5)

2006年05月23日

夕練ひさしぶり

久し振りに夕練に参加してきました。
最近テニスといえば、朝練かスクールだけだった俺。
朝練に来れるメンバーは限られるので、顔を合わせる人も自然と同じになってしまいます。
雨がやんだばかりだけどみんな来てるかなーなどと思いながら伏古へ。
コートはまだ濡れていたけれど、何人か来ていました。
数えてみると13人でした。
2年生3人&1年生10人。

…おや!
よく考えればほぼ全員ティーンエイジャー!
そこに紛れ込む6年生は25歳。
もう保護者です。
なぜ3〜5年生はみんないない?
俺だけ暇人みたいじゃん。
…と思っていたら後から続々とみんな来てくれたのでよかったです。
個人的には5年生のハマおじさんが来てくれたのが嬉しかったです。
あと、えいかとまっぴーも来ていました。
珍しいー!
久々にJTも見ました。
相変わらずいやらしい顔をしていました。
途中からヒカルも来ました。
あいつはかおりとのボレストで明らかに負けていました。
ミスると「このボール、空気がない」って言うのがヒカル流の言い訳です。
みんなだまされちゃダメだよ。
ヒカルネタをもう1つ。
あいつと組んで試合している時に、となりでサトシュンと1年生とえいかとまっぴーがミックスダブルスをしていたんです。
その時サトシュンがえいかに向かって「AV女優がテニスしてるみたいですね」みたいなこと言っていたんですよ。
その『AV女優』という単語を聞いた瞬間、ヒカルの体がピクッと動いたのを俺は見逃がしませんでした。

その肝心の試合ですが、1年生ペア相手に6−3となかなかの苦戦を強いられました。
たすくのサーブが速かったこともあるけど、なにより江口がうまい!
1年生で1番うまいですね。
フォームがきれいだし。
こちらはミスが早かったのが修正点だと思いました。
無理な体勢から決めにいってミスるというパターンが多かったような。

アフターでは今まで話したことなかった1年生2人の顔と名前を覚えました。
みきは鈴木杏に似てると思ったんだけど「言われたことない」そうです。
えー。
似てない?
さきは家まで送っていったので住所まで覚えました。
みのりの後輩だってね。
てことはれいこの後輩でもあるんだね。

そんなわけで今日も楽しい1日でした。



sassy10000 at 23:30|PermalinkComments(0)

2006年05月21日

日刊杯'06・1週目

土日は日刊スポーツや江崎グリコがスポンサーとなっている『日刊スポーツ杯』が行われました。
今年で出場は6回目です。
男子ダブルスのペアにヒカルを、ミックスダブルスのペアにあやかを従えて、参戦しました。

2日間を終えての結果から言うと、男ダブは3勝して現在ベスト16まで来ました。
良かったー。
ペアのヒカルのおかげです。
ホントに。
特にベスト16を決めた試合はヒカルのストロークが本当に素晴らしく、前衛にいながら『こいつすごいショットを打つなー』と感心して見とれていました。
アグレッシブベースライナーでした。
…と称えつつも、もう少しサーブの成功率を上げてくれたらもっと嬉しいねー、と本音も言ってみます。
俺はというと、3試合もやれば何か1つくらいは『これはいいプレーだった!』と振り返れるものがありそうなものなのに、悲しいことに何も思い浮かびません。
俺何かやったっけ?
本当に思い出せない。

来週はベスト8をかけて第4シードのオニオンの宮崎&村上くんペアと対決です。
宮崎にはついこないだのインドアシングルストーナメントにて、同じくベスト8をかけた戦いで1-6と大敗したばかり。
嫌なイメージしかありません。
村上くんにも去年の夏季個人・ダブルスで負けているので、同じく嫌なイメージしかありません。
困ったものです。
しかし。
ペアのヒカルはこないだの冬季連盟ダブルス杯で宮崎に勝っています。
ということで、次の試合もヒカル頼みです。

次はミックス。
こちらもあやかという超強力な相方だったので、絶対に勝ちあがれると信じていたのですが、彼女のストロークの調子が悪かったこと&俺がちゃんとサポートできなかったことからシード相手に屈してしまいました。
楽しく試合ができたから良かったのですが。
実穂もそうだけど、あやかもあまりミックスには向いていないのかもしれません。
相手はエフの佐藤さんと中原くんでした。
佐藤さんは全然ミスしないねー。
素晴らしい!
中原くんはずっと「強く打ちてぇ…強く打ちてぇ…」とつぶやきながらプレーしていました。
ミックスでは男は強く打てないからねー。
分かるヨ、その気持ち。
さらにエフのギャラリーからずっと怒られていました。
ウケました。

さて俺はいつものようにドローに結果を書いています。
写真を載せておくので、サークル関係者のみんなはぜひ見てみてください。
スコアは違っているかもしれませんが、ほとんどはあっていると思います。
自分で言うのもなんですが、連盟のやつより数倍見やすいです。
「いやー結果見たかったんだよ、ありがとう」なーんて思ったそこのあなた。
誉めてくれたら嬉しいです。

男ダブ1男ダブ2











↑↑男子ダブルス↑↑

女ダブ1女ダブ2











↑↑女子ダブルス↑↑

ミックス1ミックス2











↑↑ミックスダブルス↑↑

ラギー勢の結果を振り返ってみます。

男子ダブルスはシードのケンスケ・山田・浜元が順当にベスト8進出。
実力をキッチリ出しています。
特に山田・浜元ペアは1回戦からずっと気の抜けない相手が続く、厳しい山にいました。
さすがとしか言いようがありません。
俺が期待して見ていたケンスケ・関くんペアvs津原・土本ペアの対決は、完全に予想外といえる6-0決着でした。
土本が爆発しなかったのかな?
そこまでワンサイドゲームになるような組み合わせじゃないと思うんだけど。
個人的に期待していた大久保・大樹ペアはまさかの2回戦負けでした。
確かに相手は強かった。
けどやっぱり残念です。
それ以外の男子もみんな思わしくない結果でした。

続いて女子。
ひろえ・みのりペアと、あかね・まりこペアのベスト16進出が立派でした!
どちらもその後のシードとの戦いで負けちゃったんだけど、キラッと光る成長を感じたよ!!
さやか・ちひろペアも山が違えばもっと勝っていたと思う!
さて、久々に本業のテニスに帰ってきた実穂先生。
今はもう麻雀とスロットが本業だろって話もありますが、やっぱりこいつはテニスも超強いんです。
今大会も第2シードで登場です。
聞いたら団体戦以来ラケットにさわっていなかったそうです。
つまり、半年ぶりのテニス。
なのにこの大会の前に練習は1回しかしていないはずです。
やはり天才です。
しかし、なんとその天才はベスト8に残る前に倒されてしまいました。
同じラギーのスーパールーキー、ちか・あやかペアに。
めちゃアツい試合でした。
こないだ俺・津原ペアでこのルーキーペアと試合をしたことは当ブログにも書きましたが、あの時は後半から彼女らの集中力が切れたようなところがありました。
けれど今回の試合では2人ともずっと集中していました。
さらにあやかはミックスの時には不調だったストロークが冴えまくり、ベースライン際のめっちゃ深いところばかりに鋭い回転がかかったボールを打ち込んでいました。
ボールが浮けば得意のスマッシュを前衛の足元に叩き込むという見事な展開。
実穂もペアのアヤパンも、そんな若い2人のミスにつけ込むような攻めでシードらしさを見せていたけれど、結局6-3で決着がつきました。
あらためてすごい1年生だと思わされたよ。
強かったー。
もう優勝してください。

女子はベスト8までにシードが4ペアも消えるという波乱の大会となりました。
若い力、冬の間に成長した力が台頭している証拠だと思います。
かなりの混戦模様です。
1年生の強い子たちが色んなサークルに散ったみたいだし、オニオンが上位を独占していた時代はもしかしたら終わるのかもしれません。

ミックスについても書いておくと、大樹・ななちゃんペアがベスト8に残っています。
大樹は会長の面目躍如といったところでしょうか。
モリモリはミックスでも瞬殺されていました。
瞬殺されていないところを見たことがありません。

個人的な反省が1つあります。
1日目が終わったあと、麻雀をやってしまいました。
もし負けていたら麻雀のせいということでヒカルに怒られるところでした。
あぶないあぶない…。

来週も頑張ります!!



sassy10000 at 23:50|PermalinkComments(6)

2006年05月19日

服をひっぱる友達

今日も朝練に行ってきました。
迎えに行く予定の待ち合わせ時間が5時だったので、4時20分に起きました。
眠い!!
でもテニスするためなら余裕で起きる!!

津原と組んでちか・あやかペアと試合してみました。
こいつら本当に強ぇー。
ちかのラリーはアレー部分にしかボールが来ないし、あやかは球速ぇしサーブも速ぇし…。
津原はアップしてなかったけど、それでも俺らは2人とも真剣にやりました。
なのに一時は0−4ダウンでした。
やべー!
男の俺らが女子ダブルス相手に1ゲームも取れん!
しかも1年生!
危機感を覚えた俺らは奮起し、結局そこからじわじわと追い上げて、6−5と勝ち越したところでタイムアップ。
ギリギリ面目躍如。
試合後、津原と「あぶなかったな…」「あぶなかったですね…」とお互いをねぎらいました。
それにしても俺の内容がひどすぎ。
津原のおかげでまくれたようなものです。
大いに反省です。

夕方は17時くらいからヒカル・おすぎ・サトシュンと4人で下水コートに行って練習してきました。
サトシュンがチャリでこけたそうです。
体の右半分が痛いと言っていました。
なんで転んだのか聞いてみたんです。

サ:「いやいやいやいやー、ヒッヒッヒ。クラスの友達と一緒にチャリ乗ってたんですけど、そいつがいきなりじゃれてきたんですよー」
俺:「??」

チャリに乗りながらじゃれてくるヤツってどんなヤツ?
猫ですか?

サ:「そいつにはいつも代返頼んだりして世話になってるんですけど、そのお返しにと言わんばかりに服をひっぱってきたんですよー。ウッヒッヒッヒ…」
俺:「??」

意味わかんねーよ?
代返のお返しに服をひっぱる?
お前に飯をおごらせるとか、そーいうのをお返しって言うんじゃ?

サ:「いやいやー。そいつ飯なんかよりも俺の服をひっぱりたかったみたいでー。見事に転んで道路で1メートルくらいひきずられましたよー」

うぜー。
意味分かんねーし、とりあえずこいつうぜー。

俺:「そっかー。ひっぱられてその上ひきずられたのか。そのまま死ねばよかったのになー」
サ:「あ、そうですね!それが1番良かったですね。生きててすいません。」
俺:「笑」

そんな感じで下水に到着しました。
俺は今朝の反省を活かして、集中して練習しました。
ヒカルもすごく集中していました。
練習の大部分をボレーに費やしました。
ヒカルとひたすらボレーボレーで勝負。
あれはやっていて楽しいし、ボーッとしてる余裕がないから自然と体が動きます。
お互いに気になったところを声掛け合いながら、休憩をまったくとらずずっとやっていました。
ストロークもやったんだけど、風が強くて大変でした。
日が暮れるまで2時間、4人でひたすら打ち合って切り上げました。
いい練習だったと思います。

明日から試合です。
小指の状態が気になるけど、まずは初戦でしっかり足を動かしたいです。



sassy10000 at 23:50|PermalinkComments(2)

2006年05月18日

サトシュン死刑

昨日、実験器具で右手を強打するというプチ事件がありました。
めっちゃ痛かったです。
「骨に影響はないだろうな…?」と心配になるくらい、小指がズキズキと痛みました。
結局ただの打撲ってことで自分の中で納得してスクールに行ったわけですが、それが良くなかったのか、帰ってきてからもずっとズキズキ。
こりゃ少しテニスは控えた方がいいかな…と思い、朝練に行かないことにしました。
迎えに行く予定も入らなかったのでちょうど都合もよく、ぐっすり眠ることに。

そして今朝。
7時過ぎに電話が鳴りました。
ユニコーンの『すばらしい日々』が流れています。
ラギーの誰かからの電話です。
起こされる俺。
時間的にずいぶん早いです。
「誰だ…?」と思って見てみると。

『サトシュン 090========』

チッ…。
サトシュンかよ…。

俺:「へーい」
サ:「あ、サッシーさん。おはようございます。」
俺:「おう。おはよ。どーした?」
サ:「いや、ボールかごを持ってる人が誰も朝練来てなくて、今ボールがないんですよ!」
俺:「マジか!かごって全部で4つあったよな?俺以外誰が持ってんの?」
サ:「ハマさん(5年目)、じゅんぺーさん(4年目)、しゅんさん(細見・3年目)ですね!」
俺:「そっかー。他の人にも電話してみた?」
サ:「いや、サッシーさんに真っ先にかけました。」
俺:「…え?俺っ?俺が最初なの?」
サ:「そーなんですよー。ヒッヒッヒ(笑)」
俺:「あのー…俺6年目なんですけど…」
サ:「そりゃ知ってますよー。ヒッヒッヒ(笑)」
俺:「あのー…別にいいんだけどよ、こういうのってけっこう自分に近い、下の学年から電話することが多いんじゃ…(サトシュンは2年目)」
サ:「いやいやいやいやー。サッシーさんが1番早く来てくれそうじゃないですかー。来てくださいよー。ヒッヒッヒ(笑)。いやいやいやいやー。ヒッヒッヒ(笑)。」

コロス。
行くけど。

こうしてサトシュンに睡眠を邪魔された俺は、結局朝練に行くことに。
小指がまだ痛かったけど、サロンパスを貼っていつものように練習しました。
やっぱり強く握れません。
痛めて初めて分かったんだけど、小指のグリップ力ってすごく大きいんですね。
ここに力が入らないだけで、簡単に面がぶれてしまいます。

実穂がいました。
テニスをやっていました。
軽い奇跡です。
実穂がボールを打っているのなんてめっちゃ久し振りに見たよ。
麻雀とスロットばかりやっているのに、相変わらずスーパーうまい。
なんで?
高校の貯金でまだまだやっていけるってことですか。
でもタバコの吸いすぎでスタミナがないのは変わってないようです。

じゅんぺーと組んで、ケンスケ・荒木ペアと試合をしました。
ケンスケだけに注意すればいいと思いきや、この荒木がなかなかうまい!
期待できる1年生だと思いました。
試合はシーソーゲームの末、タイブレークで負けました。
ケンスケは調子が悪そうだったけれど、それでも余裕で上手かったです。
じゅんぺーと組んだのなんて初めてか、あるいは相当久々だったから、やってても新鮮で楽しかったです。

結局たっぷり朝練して帰ってきました。
小指は少しずつ良くなっていくでしょう!
そんなことより早くも真っ黒になってきている俺の肌の方が問題です。
今年はしっかりガードします。
もう若干手遅れですが。

あと、サトシュンの電話には二度と出ないことに決めました。
みんなも出ちゃダメだよ。
メモリーを消去するとか、そういうのがいいと思います。

sassy10000 at 23:06|PermalinkComments(2)

2006年05月14日

いわゆる自己申告

昨晩東京から帰ってきた俺。
さっそく朝練に行こうと思ったけど、雨が降っていたのでできませんでした。
でも昼にはやんでくれたので、夕練に行きました。
ヒカルも来ていたので、細見・コガワペアと試合をしてみました。
負けました。
細見のプレッシャーにやられました。
サーブはえーって。
振り遅れて前衛にいっちゃう。
ふと思ったんだけど、今までヒカルと組んでやった試合、だいたい負けてます。
縁起でもないことに気がついてしまいました。
でも何の問題も感じていません。
だって練習でやる試合って多くの場合4ゲーム先取。
ヒカルは逆境に強い男だから、2−4とか3−4からまくるのが得意なのです。
1−5からまくったのも見たことがあります。
ということで本番はサラッと勝ち上がるから大丈夫。
スコアは接戦ばかりかもしれないけど…。

今度は細見と組んで、ヤギ・ワキとやりました。
こっちは勝ちました。
ワキのサーブに俺も細見もてこずりまくっていました。
意外に難しいのです。

土本が背中に大きく『魔』と書かれたTシャツを着ていました。

俺:「あー。土本自分で言っちゃってるねー。『魔』って」
サトシュン:「いわゆる自己申告ってやつですね」
俺:「自己申告って(笑)。サトシュンもTシャツの背中になんか漢字入れるとしたら何がいい?」
サ:「何がいいですかねー。『ウザい』とかどうですか?」
俺:「漢字ねーじゃん(笑)」
サ:「ヒッヒッヒ(笑)」
俺:「『死』なんてどうかな。サトシュン死ねばいいのにっていうみんなの願い、かなえますみたいな」
サ:「あ、それいいですね。送り仮名つけて『死にます』とかアリですね」
俺:「自分から(笑)」
サ:「いわゆる自己申告ってやつですか」
俺:「(笑)」

そんなバカな会話をバカ2人がしていました。
サトシュンが『死にます』って宣言しても、みんな「どうぞ」って言うだけだけどね。

夕方は美容室に。
就活は自分の中で終わりました。
もう面接には行かないぞということで、髪を染め直してきました。
美容師さんにお願いして、黒く戻す前の髪の色を番号でメモしておいてもらったので、また5ヶ月前と同じ色にしてもらうことができました。
ガキっぽくなりました。
これでいいのです。

その後は俺の大好きなドンキホーテに行ってきました。
めっちゃ楽しかったです。
色々買いました。
こんなの使わないんじゃないかって思うようなものもいっぱい買ってしまいました。
俺はもう、ドンキホーテがない街では生きていけません。
それほど依存しています。



sassy10000 at 23:47|PermalinkComments(0)

2006年05月03日

黒くなりました

朝練行ってきました。
6時半スタートだったけど1年生を迎えに行ったので、6時50分くらいから合流。
めっちゃ打ちました。
とにかく就活で衰えてしまった筋肉とカンを取り戻すべく、動けるだけ動きました。
最近急ピッチで練習してるけど、おかげで機敏に走れるようになってきたよ。
ちゃんと打てるようになると楽しいテニスがさらに楽しくなってきます。
練習と試合を繰り返していると10時。
通常練習の時間です。
朝練に来ていなかった人がここから参加し始めて、4面展開での賑やかな練習となりました。
そのまま14時までずっとテニスしてました。
てことで今日は早朝から約7時間、伏古にいたことになります。
日焼けしました。
顔がヒリヒリと痛いです。
確実に今日1日で黒くなりました。
もう面接には行けません。。

その後は北大に移動して、理学部ローンでジンパタイム。
これまた楽しかったです。
さとしゅんとモリモリがいつものバカっぷりを発揮していました。
特にさとしゅんのおもしろさはすさまじかったです。
大樹はカラスと交流をはかっていました。
みっちゃんは服が変でした。
細見の服も変でした。
ハマちゃんは茎わかめばかり食べていました。
全身が煙臭くなりました。
1年生とは相変わらず全然しゃべっていません。
まずい。
今日もほとんどの時間、モリモリとななちゃんとしゃべってた。
俺とモリモリの2人でななちゃんをからかっていたんですよ。
なのに、あやかは俺にだけ「それはセクハラです」と言ってきました。
おい。
なんでよ。
とある業界の女優さんに似ているって言うことはセクハラなのかな?
最初に言い出したのは上原らしいけど。
さすが。
そういえば上瀬戸はケンスケのことを時々「チョコボール」とか「チョコさん」って呼んでました。
あれはウケたわー。
ただ黒いからってだけだろ。

そんな1日でした。
明日も朝練です。
ちょっと学校にも行く予定。
GWといえども修論関係のことをやらないといい加減マズい。



sassy10000 at 23:52|PermalinkComments(0)

2006年04月30日

芸森2006

現役として参加する最後の芸森に行ってきました。
『芸森』というのは俺の所属するサークルのオールナイト飲み会の通称です。
今年で6年目。
25歳はもちろん最年長でした。

俺は塾の先生で小学生や中学生を教えていたこともあって、1年生を見ても若くて元気がいいなーと思うことは滅多にありません。
俺の方が元気があると思うくらいです。
だいたいよく考えてみると、今年の1年生は俺が塾講師としてバリバリ働き始めた大学2年生の時の中3なんです。
懐かしい。
梅崎さんと一緒にネタをふりあっていたあの日。
その後『何かと問題のある講師』の烙印を押されることも知らず、一生懸命先輩の真似をして上手な授業をしようと努力していたあの日。
あの年は秋から冬にかけてホントにかなりの数の中3を教えたので、新入生の中に生徒がいてもおかしくないって話なんですよ。
いやだよねー。
「先生ー!」って呼ばれるのは。
呼ばせないけど。
とりあえず見渡した感じだと俺の教え子はいないようなので安心しています。
他のサークルにいた場合は他人のふりをします。
北部食堂には絶対に行きません。
今年ビラ配りに行かなかったのは、就活以外にそういう背景もあったのです。

で、話は芸森に戻るのですが、新歓コンパには来ていなかった1年生が何人もいてとても賑やかでした。
企画してくれた3年生のみんな、体を張って頑張ってくれた2年生のみんな、どうもありがとう。
楽しい時間を過ごすことが出来ました。
俺は今年も『ちゃんと徹夜する』という目標を掲げたのですが、4時半過ぎにあえなく撃沈してしまいました。
6年間でちゃんと徹夜できたのは2回だけです。
1番早い年は1時半に寝てしまいました。
たしか司会をやった年です。
すべてを出し切って、エネルギーがエンプティーになったのです。
いい思い出です。

これはどんなイベントの後にも言えることだと思うけど、やっぱりいいところもあれば悪いところもあるものです。
んー、違うかな。
俺が見た限りで『悪いと思ったところ』って言った方がいいね。
他の人から見たらそうじゃないかもしれないからね。
今回の芸森にもそういうシーンが何回か見られたので、それはまた個人的に『俺からの1つの改善案』として、その人たちに話してみようと思っています。
とりあえず酔った勢いなら何してもいいっていうのは違うかなーって思います。
俺が酒を飲まない人間だからそう思ってしまうのかもしれんが…。
例えばコップが倒れてお酒がこぼれたらちゃんと拭くってことくらいはさ、酔ってても出来るだろ。
お菓子が散乱したら拾うことだって、酔ってても出来るだろ。
あまり酔った経験がないから分からないんだけど。
とにかく、床にこぼれたお酒を踏んで靴下が濡れてしまったとき、俺はムカつきました。
そういうことだと思います。
この話は以上!!

個人的な反省点は、下ネタのおもしろさに再び目覚めてしまったことです。
あれはダメだ。
麻薬だ。
笑いが止まらなくなる。
もう封印します。

その他、あらためて気付いたことをピックアップしていきます。
・俺、1年男子としゃべってない。
・俺、顔と名前が一致する1年生、4人。
・阿部がニセオッパイを胸に入れて大喜びしていた疑惑。
・ダディは日本人じゃない。
・ダディの笑顔は重い。
・こがわの似顔絵に書いてあった『鼻だよ!』はどう考えても言ってない。
・実はこがわもけっこう濃い。
・リーダーは話にキレがある。
・ルーキーあやかは今日も6歳上の俺にタメ口。
・のびは暗い。
・明け方に見た、むっちの寝顔は放送禁止。
・大樹はかわいい。
・みっちゃんもかわいい。
・わキはアキバ系。
・もえはリアルにエロいため美人が台無し。
・まっぴーはムッツリスケベなのでかわいいのが台無し。
・えいかは本当に美しいんだけど本当にアホ。
・さとしゅんはマジでウザい。
・さとしゅんはマジでバカ。
・さとしゅんは死ねばいい。

ラギーで1番バカなのは誰か、みたいな話になったので、俺は『さとしゅん』『モリモリ』『実穂先生』の3人を推薦しておきました。
どの選手も素晴らしい逸材なので、1番を決めるのはとても難しいです。
ただ、ギリギリで実穂かなー。

阿部とハマちゃんと青柳、そしてあゆみとは、就職について真剣な話ができてとてもよかったです。
あれが唯一の有意義な時間でした。
ありがとう。

仲良し後輩のヒカルとは全然しゃべれませんでした。
またミーティングで反省会やろう。

もう俺をいじる後輩がいなくなったと安心していたら鉄崎が登場。
あれで若干ペースが乱されました。

そんな感じでとても楽しい芸森でした。
今年もラギーが盛り上がっていってほしいものです。
もちろん、俺に出来ることがあれば、どんどん貢献していきたいと思っています!

sassy10000 at 18:31|PermalinkComments(0)

2006年04月29日

2006年初朝練

今日の出来事をもう1つ。

2006年、初めての朝練に行ってきました。
やっぱり外でやるテニスは格別です。
若手を中心にたくさんの人が参加していたので、雰囲気も大変よかったです。
誘ってくれたハマちゃん、ありがとう。
むっち、こっちゃん、もりこも来ていました。
ご老体達は数球打ったら即休憩していました。
俺とむっちとこっちゃんで話し合った結果、『FUJIWARAの原西は天才である』という結論で一致しました。

一昨日、昨日とスクールで練習していたので、体が動きました。
まだまだ振り遅れるけど、4ヶ月半もサボっていたのだから当たり前。
1球でも多く打って、体に思い出してもらうしかありません。

1年生も数人参加していました。
みんな上手かったです。
特にあやかはマジでうまくて、本気で驚いてしまいました。
なんかボールが実穂みたいに速いんです。
俺が振り遅れるからボールがバックの方ばかりに行ってしまって、申し訳なかったです。
サトシュンもコテンパンに負けていたので、「俺だけじゃなかったー」と思ってホッとしていました。
実穂はボレーもすごいから、勝負したらもちろん実穂が勝つと思うけど、素晴らしい新人が入ってきてくれたことは間違いありません。
高校ではシングル1を張っていたことから、大きな勝負にも慣れていそうだし、期待は膨らむばかり。
何より、俺にも時々タメ口をきく小生意気な感じが大変好印象です。
しゃべってる時、ミカを思い出したよ。
あと昔のゆうかもあんな感じだったなー。

試合に向けて頑張ります。
ペアに迷惑はかけられん!!

sassy10000 at 17:09|PermalinkComments(0)

2006年03月06日

追いコン

よしもとデリバリー劇場に行ったあと、追いコン会場へ。
偶然地下鉄で綾乃さんと一緒になる。
ご婚約に心からお祝い申し上げます。

会場に着くともうスピーチが始まっていました。
参加者も多い!
2年生のスピーチを聞けなかったのが残念でした。
自分より後に入ってきた子達が、自分より先にいなくなってしまうというのは、本当に寂しいものです。
俺が長居しすぎなだけですが…。
むっちのスピーチが漫談みたいで「ネタかな?」と思ってしまいました。

それにしてもラギーのみんながいる場所は本当に楽しい!
ずっと笑顔でいられる場所だなーと思いました。
隣の席のえいかは相変わらず見事な顔立ちでした。
美人です。
でもテキトーなリアクションをしているので叱りました。
前の席にはこっちゃんがいました。
なつかしー!!
髪が伸びていてイメージが変わりました。
左隣にはじゅんぺいが。
「あけましておめでとう」って言いました。
近くにはヒカルもいました。
特にコメントはありません。
みきこがいたのでいつものようにネタにしていました。
そしたら綾乃さんに叱られました。
光栄です。
ゆっぴーがいつもに増してセクシーすぎました。
てゆーかもうモデルでした。
すごいね。美しく生んでくれた親に感謝しなよ、ホント。
俺はゆっぴーの背中というキャンバスに夢を描いていました。
もえがいました。
それだけでなんかウケました。
ちなみに萌えませんでした。
「ソーダがどーのーこーの」と言っていましたがよく覚えていません。
まっぴーは今度からドトールで働くそうです。
しかも俺が勤めていたエスタ地下店!
マジ!?
バイト先でも後輩になるんだねー!
嬉しいことです。
ウラ話だけど、あそこバイト募集出すと60〜70人くらい希望者がくるんです。
だからまっぴー相当高い倍率切り抜けて採用されたと思っていいよ。
余談ですが俺が採用された時はまだ給料が安かったので低い倍率でした。
みっぽんが冬連でベスト4に入ったということを聞きつけたので、呼び出して説教してやりました。
こら。
空気読め。
若手にポイントやれよ。
来年、新入生はドロー表の最後に載ってるポイント欄を見て「あー久保さんっていう上手い人いたんだー」って思うのでしょう。
真っ先に否定してやろうと思っています。
同じことをまいこにも説教しに行きました。
そしたら鼻の穴に指突っ込まれました。
やめれ。
むっちは最後まで丸かったです。
最後までぐだぐだでした。
久々にイワコシも見ました。
いつものイワコシでした。
なおこのイワコシに対するリアクションがウケました。
てゆーかなおこのネイルアートは、アートっていうかもうオブジェでした。
色々くっついていました。
あんな指で枝豆食べられたら、ネイルマニアにはたまりません。
俺はネイルマニアじゃないですが。
あゆみもいました。
メール返すの遅くてごめん。
就活ちゃんとやれよ、と偉そうにエールを送りました。
そとしもいました。
そとしはイワコシと北斗の拳のキャラのモノマネをしていました。
ダディもいました。
濃い。
土本はメガネでインテリっぽくなっていました。
のびたもメガネでのびたっぽくなっていました。
サトシュンはまた再履の数を増やしたらしく「やりましたよー。ヒッヒッヒ」と笑っていました。
ウゼー。
バカは治らないようで安心しました。
こいつ先日ダブル役満あがったらしいよ。
小四喜・字一色を5順目テンパイで7順目ロン。しかも点ピン。
できるだけ早く死ねばいいと思いました。
てゆーか就活終わってマージャンを解禁したら真っ先にこいつをつぶしにいくことに決めました。
マージャンといえば実穂ですが、こちらも相変わらず元気そうでした。
メンツが足りない時、俺を呼ぼうと思ってくれるらしいのですが、就活が忙しそうということを配慮して声をかけないでいてくれるらしい。
ごめんなー。
もう少し待っててくれー。
実穂も俺のブログをチェックしてくれているということを知り、嬉しくなりました。
ありがとう!
ところさんを呼べばいいと思います。
ぬるいし。
さらにマージャンといえばモリモリですが、先輩がかまってあげないので東京や京都に旅行に行くようです。
いやー、モリモリすまん。
飛ぶのが好きなのはよく分かったので、たくさん飛ばしてあげます。
モリモリも単位を落としていました。
アホですねー。
いい後輩です。
大久保がいました。
試合は6−7で負けてしまったのだとか。
しかも5−4アップのマッチポイント2本あったらしい。
勝てよー!!
そこまでいったら!!
大樹もいました。
プレーに派手さを出すと意気込んでいました。
上瀬戸のような魅せるプレーヤーになってください。
奴は天才ですが。
もりこもいました。
もりこは「あ、さっしーだ」とか言って最後まで無礼者でした。
ありがたい。
ゆうかがいました。
みかに聞いていたとおり、生まれ変わっていました。
ゆうかが悪い女だったと知り、ビックリしました。
デコもいました。
でも帰り際だったのであまり話せませんでした。
ななちゃんもいました。
二次会結構近くにいたんだけど、メロメロにされました。
なな子節はサイコーです。
まいちんがいました。
こらOG。
現役を気取っていましたが、みんなよく分かってます。
みなもいました。
なんとか就職決まったようでよかったです。
いじるネタがなくなったのは寂しいですが。
えりかもいました。
早くバッグ欲しいんだけど、サークル全然行けてないからねー。
ごめん。
でも絶対にもらいます。
津原もいました。
就活、がんばっているようです。
お互い大変だが乗り切っていこうみたいな話をしました。
鉄崎に股間を揉まれました。
ありがとう。
俺も揉み返してやりました。
東京行った際はお世話になります。
卒業すんなよー!アホー!
けんじさん、たくさんかまってくださってありがとうございました。
就活に向けてすごく士気が高まることも言っていただけました。
「さっしーがいたから楽しかったよ」…お世辞でも身に余るお言葉です。
5年間お世話になったことは忘れません。
『キャッチアコールドでストレンジボイス』も忘れません。
来年の『かっこいい人1位』が俺になってしまうことを今からお詫びしておきます。
つーか本気でこのままだとヒカルが1位を持っていきそうな気がするので、それだけはなんとしても阻止します。
長沼さんにも就活へのエール、そして今後へのエールをいただきました。
「高木は絶対に外部と接する仕事に就かなきゃダメだから」
俺もそう思います。
ありがとうございます。
あの人柄に心底魅了されていた1人として、寂しさを感じます。
まだまだ教えていただきたいことがたくさんありました。
自分がまだそこまで影響力を持った先輩になれていないことを痛感すると共に、残り1年で長沼さんのようになっていくという目標ができました。
カニさんと全然話せなかったのが心残りです。
しかしまだ札幌に残られるということで、機会があることを信じています。
TPさんともお話させていただきました。
「これからを頼む」というようなことを言っていただきました。
俺にできることは多くないですが、だからこそ、そのできることはすべてやって少しでも貢献したいと思っています。
その一環としてバイトも辞めます。
残り1年はラギーと自分のためにすべてを費やしたいと思っています。

追いコンで1番感動させられたのは上瀬戸でした。
2次会のときに「あの…先輩にずっと言おうと思っていたことが1つだけあるんです」と見たことないようなかしこまった顔で言い出す上瀬戸。
「俺、先輩と組めて試合できてよかったです。ホントありがとうございました!」
俺は上瀬戸がこんなこと言い出すとは思ってもいなかったのでビックリしてしまいました。
「俺と組んでるせいで先輩全然勝ちあがれなくて、すいませんでした」
いやいやいや!!
お前と組んだ時が俺1番勝ってるし!!
てゆーか勝ちあがれてないのは、お前じゃなくて俺のせいだから!!
誰に聞いてもそう言うし!!
お前またそんなこと言って持ち上げてー、みたいなこと言うと
「俺こんなときに冗談言いませんから!!」
と真剣な表情。
感動ですよ。
俺は上瀬戸が隣にいるっていうだけで、それはもう心強くて、いつも以上に体が動くような気がしていました。
俺の方こそ、感謝しかありません。
公式戦では全部で15試合くらい組んだかな。
ベストゲームは、記憶が新しいこともあるだろうけど、こないだの団体戦・ラギーAの健祐・土本との試合かなー。
あれが最後だったのか。
天才との思い出、忘れません。

いよいよ4月からは俺がこのサークルの最年長になってしまうのですね。
少しでもみんなを楽しませることができる存在になることを目指します。
卒業生の皆さん、ご卒業おめでとうございます。
2年間、4年間、5年間、本当にありがとうございました。

sassy10000 at 06:06|PermalinkComments(0)

2006年01月18日

徴兵令

今週は金曜日にもプレゼンがあるので、その準備をしなくちゃいけません。
でもその今週を乗り越えればラクになる。
今が頑張りどころです。
研究もやらなきゃダメだし、エントリーシートもどんどん書かないと。


で、頑張りどころだったんですが、今日も練習に行ってきました
やっぱり常にラケットは握っていたいのです。
20時半くらいに着くと、中には11人いました。
全員1年生でした
おいおい。
またですか。
人数が増えた分、前回よりさらにレベルアップしてませんか?
しかしここからが前と違う。
なんと俺のあとにもう1人、上級生がきたのです。
それがイワコシでした。
1年生11人+俺とイワコシ。
なんなんでしょうか。
この光景は。

明日はスクールだし、金曜日の練習も行けそうなので、今週はたくさんテニスができて楽しいです。
それにしても1年生以外いませんねー。
サトシュンが事故ったそうです。

俺:「お前今日車で来たの?」
SS:「いや、親が貸してくれなくて、ウォーキングで来ましたよー。ウヒヒ…」
俺:「ウォーキングって(笑)。なんで貸してくれなかったん?仕事?」
SS:「あ、こないだ事故っちゃったんで。ウヒヒ…」
俺:「マジか!それで貸してくれなかったんだー。」
SS:「そうなんですよ。まぁ徴兵令みたいなもんですか。」
俺:「???」

徴兵令?
なに?
なにそれ?
何言ってんの?
何のたとえ?
うまいこと言ってる雰囲気出してるけど、うまいどころかよく分かりません。
サトシュンってアホ?
かなりアホ?

そうだ。
サトシュンはかなりアホでした。
これで解決しました。

冬は危険ですからねー。
ヤギも事故ったらしいし。
俺も気をつけよう。
ただでさえデリケートな愛息子の318顱
これ以上痛めつけるわけにはいきません。
そういえば最近、なんとなくウインドウォッシャー液の出方が左右均等じゃない気がします。
これは衰え?
自分の中では『冬だから』ってことで納得しているところです。
目を背けているような気もします。



sassy10000 at 01:38|PermalinkComments(0)

2006年01月14日

そこは高級レストラン

練習に行ってきました。
美香保小に着いたのですが、ラギーの車が1台もありません。
あれ?
美香保中と間違えた?
メールを確認するけど今日の練習はやっぱり美香保小。
もしかして…?と思いながらドアをあけました。
その瞬間、明らかに場違いな空気が俺の肌を刺激してきました。

「あ…なるほど…」

なんとそこにいたのは見事に全員1年生。
2年生すらいません。
レベルの高い空間でした。
何気なく入ったレストランが予想外に高級店だったような心境です。
俺は牛丼を食べるつもりだったんです。
1年生8人の中に5年生が1人だけ混じっている。
なんなんでしょうか。
この光景は。
他の上級生はどこに行ってしまったんですか?
オールナイトテニスに備えているのですか?

10代に混じっているとこっちまで10代の気持ちになってきますね!
ありがたい!
てゆーか、俺年とったなーなんて感じたこと、まだないよ。
たかが20代で「もう年だから」なんて言ってたら、30代、40代、50代になった時にはなんて言えばいいのでしょうか。
「もう糖尿病になるから」とか?
「もう更年期障害になるから」とか?
「もう死ぬから」とか?

スキージャンプの原田は今年5回目のオリンピックに出るんです。
巨人の工藤は43歳になる今年も150キロに挑むんです。
つまりは、そういうことなんだと俺は思います。

一昨日スクールで練習した時よりボレーの調子がよくて嬉しくなりました。
やっぱり1回やると体が思い出してくれるみたいです。
今夜のオールナイトに行けないのがとても残念!

帰ってきてからは予定通りウイニングポストをやっています。
超ー期待していた『サッシーソンゴクウ』が死ぬほど弱いのでキレてきました。
マジ弱い。
呆れる。
『サッシーヤムチャ』の方が強い!
名前つけるほう間違えた!

明日朝早いのでもう寝ます。

sassy10000 at 01:08|PermalinkComments(0)

2005年12月28日

不法滞在外国人

今年何度も何度も開かれてきたヒカルとの語り合い。
どうでもいい話をしたり、大事な話をしたりといろいろ実り多きトーク会でしたが、今年を締めくくるべく2005年最後の語り合いを行いました。
ミニマム忘年会です。
忘年会といっても、2人で山岡家に行ってラーメンをすすりながらですけど。

2005年はどうだったか、みたいな話をしました。
ヒカルは北大合格という大きな人生の転機があった年なので、大きな年だったと言っていました。
そういうふうに1年を振り返れるのはうらやましいです。
俺にとっての2005年は大学を卒業した年だったけど、すぐ大学院に入学したのでとくに区切りという感じはありません。
なんとなく1年がすぎてしまったような。
目標にしていた万馬券もとれなかったし…。
勉強も全然していません。
札幌に来て以来初めて、4年9ヶ月ぶりに髪を真っ黒にしたことが1番大きいかもしれません。(←空っぽの1年を象徴している)
2006年は就職を決める年なので、きっと大きな意味を持つ1年になることでしょう。
そう願っています。

本人は嫌がっているのに俺が見せろ見せろと子供のようにごねまくって、ケータイに入っていたヒカルの兄妹の写真を無理矢理見せてもらいました。
ビビッた。
衝撃の事実。
ヒカルの兄はサウジアラビア人だったのです。
顔濃すぎ!
最初本当に分からなかったから。
カレー屋さんの店員さんと一緒に撮った写真?と思ったもん。
ホントに。
濃い。
めちゃめちゃ濃い。
写りの悪い写真だと、不法滞在外国人みたいに見えて、

「え…。これってあの犯罪者、ファン・カルロス・ピサロ・ヤギ…?」
と聞いてしまいました。
正解はファン・カルロス・ヒカル・アニでした。
ヒカルの妹はかわいかったよ!
これはお世辞でもなんでもなく。
というか、ここでお世辞を言うならヒカル・アニ容疑者のことも「ワイルドだね」とかそれっぽいこと言って誉めているからね。
ヒカルと目元がよく似ていて、美人でした。
今はまだ中3らしいが、いずれはラギーに入るつもりでいるとか。
嬉しい話じゃないですか!
その時俺がいないのがとてもとても残念ですけど。
てゆーか兄であるヒカルももう卒業している時代ですね。
誰が残っているんだろう?
今の2年生がM2になる年かー。
想像できん。
俺は28歳になってるのかー。
これもちょっと想像できん…。
そうそう、みんなにお願いが。
今から10年後、俺が34歳になるときはぜひ盛大に祝ってください。
なぜなら『34』は『サッシー』だからです。
一生に1回だけの『サッシー年』です。

忘年会はそんな感じでいつものように幕を閉じました。
年男もあと数日で終わります。
干支、ついに3周目にはいります。

sassy10000 at 00:55|PermalinkComments(0)

2005年12月23日

オールナイトテニス

研究室の忘年会から帰ってくると22時。
オールナイトの集合は23時。
少し時間があります。
俺は2日連続のジェネ徹(何度も言うがラブジェネレーションを見て徹夜すること)で睡眠が極端に足りてない状況だったため、少し仮眠をとることにしました。
1時間程度なので、もしまだビデオがあればラブジェネの俺のお気に入りのシーンを何度も繰り返して見るとかしたかったのですが、あいにくもう返却していたのでこれは断念せざるを得ませんでした。

仮眠から目が覚めます。
軽い熟睡感。おかしい。
いやーな感覚が込み上げてきます。
チラッと時計を見ると1時過ぎ。
やっぱりー!!
1時間だけ眠るつもりが3時間も眠ってしまったのです。
きっちりレム睡眠の周期で起きる俺はさすがだ、などと考えたのは一瞬で、急いでマナーモードのままになっていたケータイを見ました。
大樹から6件も着信がきています。
そしてとどめを刺すかのように、最後に鉄崎からの着信が入っていました。
あいつめ。

「……何か言われる…。確実に…」

今にも鉄崎の声が聞こえてきそうなその着信履歴に思わずくやし笑い。
「とりあえず謝罪だ」そう思いながらラケットバッグをかついで家を出ました。
車に飛び乗ろうとしたその矢先。
「あれ?」
カギがない。
しまった。
急ぎすぎた。
俺のマンションの部屋のカギは4ケタの暗証番号によるロックなので、出かけるときにオートロックを開けるためのカギを忘れてしまう可能性が大いにあります。
今までは注意していたため、1回もこのミスをすることがありませんでした。
しかし今日は寝起き。
やってしまいました。
くっそー!
しかし焦ることはありません。
同じマンションに2人もラギーがいるのです。
開けてもらえばいいのです。
そう思って瑛果の部屋番号を押しました。
ピンポーン、ピンポーン。
出ない。
オールナイトに行っているのかな?
1時半だからもう寝てるのかも。
少し焦りながら今度は絵美の部屋番号を押しました。
ピンポーン、ピンポーン。
出ない。
えっ!オールナイト行っちゃってる?
マズイ!!
もう1時半をまわっているので他の知らない人の部屋番号を押すのはさすがに気が引けます。
電気がついている部屋の番号を押してもいいのだが、時間が時間だけにニャンニャンタイムってことも考えられるので、それを邪魔するわけにはいきません。

このマンションは45世帯が入っているので、誰か出てくるか帰ってくるかするかなーと思って待っていたんだけど、10分以上待ってもダメでした。
仕方ないので管理会社に電話して、カギを開けに来てもらいました。
出張料3150円とられました。
OH!SHIT!!
バカな自分が悔しかったので、その3150円の領収書を玄関のドアに貼り付けてやりました。
出かけるとき必ず目に入るように。
チキショー!!
これ見て反省します。

そんな感じでオールナイトテニスへ。
アツイ練習もたくさんできてすごく楽しかったです。
修士は俺だけだったんだけど、他のみなさんはやっぱり忙しいのでしょうか…。
少し不安になります。
が、俺は暇なのでOK(本当は研究しないといけないけど)ということにしてテニスを楽しみました。
冬でもうまくなりたいです。

すごい事件も起こりました。
階段を下りるときに頭をぶつけてワキが頭から出血したのです。
床には鮮血がしたたり落ち、傷口をおさえているティッシュも真っ赤に染まっています。
最も血が通っている場所だから出血しやすいという話は聞いたことがあったけど、いざ目の当たりにするとビビりました。
当のワキはぐったりして横たわっています。
急いで救急車を呼びました。
ワキはその救急車で運ばれていきました。
ラギーに救急車が来たなんて、この5年間記憶にありません。
みんな心配した面持ちで見送っていました。
幸い、明け方には帰ってきたワキ。
場所が場所だけに後遺症はないのか、など心配になります。
ただ、とりあえずこの一連の事件のせいでワキは「頭大丈夫?」と普段サトシュンが言われているようなこと言われまくることは確実。

『頭がイタい男』の代名詞はワキのものに。

sassy10000 at 16:44|PermalinkComments(0)

2005年11月27日

3回戦突破!!

土曜深夜というか日曜早朝というか、試合でした。
自分の試合が始まる前から見に行ってたんだけど、さちこも大樹もシードに負けてしまって「やっぱり勝ち上がるのって難しいんだな…」としみじみ思っていました。
2人とも上手だけど、やっぱり相手も上手だから仕方ないです。

俺の相手は、先週うちの奥津を負かして上がってきたラブフォーティーの木村くんでした。
先輩としてはかっこよくリベンジしてあげたいところだが、でかいことを言えるような技量は持ち合わせておりません。
しかもこないだのウィルソンで、シードだったケンスケ・大久保ペアが初戦負けさせられた相手というのを知っていたので、それだけでビビっているピヨピヨな俺です。
だってさー、ケンスケと大久保だよ?
2人ともこのインドアでシード張ってんだよ?

でも頑張って気持ちを切り替えます。
夏季個人・ウィルソンと2大会連続でベスト8まで勝ち上がっている格上とはいえ、それはダブルス
これはシングルだからそんな戦績は関係ないよ!
そんな自己暗示でもかけなきゃやってられなかっただけですが…。
メンタルよえー。

試合は一進一退の展開。
お互いのサービスゲームをキープして、2ゲーム離れることがない緊張感のある内容でした。
ただサービスキープとっても、俺のサーブはショボショボなのでこんな大それた語句を使うのもおこがましいですが。

俺は常々『サービスキープ』という言葉は、
・スピードがある
・的確にコースをついている
・しっかりと回転をかけて相手をコートから追い出す
というような戦略的なサーブを打つ人のみが使っていいものだと思っているので、自分で言うのがすごく恥ずかしいです。
俺のように『とりあえず入ればいいサーブ』とかあるいは一般的によく見る、『思いっきり打って入ればラッキーなファースト』などなど、相手に「こいつのサーブは手強い」と思われてないような人間には、サービスキープもくそもありません。

俺の相手はサーブが強くて何本もエースを取られました。
けど俺のサーブはショボショボ。
なんでキープ合戦ができているのか試合中も不思議でした。
そんなこんなでオールキープのまま5−4アップ。
最後は相手のダブルフォルトで6−4でゲームセット。

やったー!!
勝ったー!!
接戦だっただけにめっちゃ嬉しい!!
相手の応援の声に気持ちがやられていただけにめっちゃ嬉しい!!

あとから分かったことだけど、スクールの俺のクラスのコーチが試合の一部を見られていたそうです。
知った時はすごく恥ずかしかったです。
教えていただいたたくさんのことを全然実践できていなくてすいません。。

次はいよいよベスト8への挑戦です。
けど相手は第4シードのオニオン・宮崎。
これまた俺のスクールのコーチ。
…相手は強すぎますが、とりあえず全力を出し切りたいです。

sassy10000 at 23:07|PermalinkComments(0)

2005年11月26日

インドア観戦

土曜深夜は試合を見に行ってきたよ。
さやか、ベスト8おめでとー!
1年生なのに素晴らしい。
ミックスでもすでに40ポイントも持ってるしね。
ホント1年生のリーダーだ

ハマ対大久保のラギー対決もアツい試合。
展開が大きく動く内容だったけど、最後は大久保が7−5で押し切りました。
さすがシードと言うべきか。
メンタルも強いんだな。
ハマは本当に惜しかったです。
つーか俺はハマが勝つと思って見ていたくらい。

まだ初戦をやっていなかったラギー男子最後の選手、ケンスケもこの日登場。
シードらしくきっちりと勝ち上がります。
もうマジ、そのうまさに惚れ惚れしています。
めちゃめちゃフォームきれい

そういうわけでラギー男子13人の初戦の成績は7勝6敗となり、見事勝ち越しに成功しました
来年のインドアは14人出れそうだね。
そんなに出る人いるのかな。



sassy10000 at 23:13|PermalinkComments(0)