2013年10月

新聞などの情報を見る時

なんと今日も更新出来そうです。やって出来なくはないですね。でもこのペースだとネタ尽きちゃうのも早そう(笑)これ(ブログ)だけやれてるのならいいんですけどね・・前から書いている、お手伝いしているベンチャー会社がくせ者(苦笑)こっちをやらさせてくれません。早く相場オンリーの世界に戻りたいです。

でもそのおかげで上場会社の重役の方にお会い出来たりとかもあるので、必ずしも悪い事ばかりでもありません。投資家としての切り口で観察したりしちゃいます。
なーんて言ってますが、重役の方を見ても株価動向など分かりません(笑)見るべきはチャート。特にチャートの表面と裏面を透かして見るように観測を行っています。

今日は画像無いと思うのでつまらないかも知れませんね。今日はチャートじゃなく「新聞の情報」について少し書きましょう。

最近は経済系の新聞やニュース を案外見るようになりました(前は殆ど見ていませんでした)でも企業の業績とか世界の情勢の内容とか、そう言う細かい部分は見ていません。

見ているのは「紙面上で悲観論があるか楽観論があるか」それだけ見てます。そしてそれがチャートの進行とマッチングしているかを見る。していなければどちらかが違うと仮説を立てる。基本的にはチャートが正しいと思ってるので、チャートの形がいいのに悲観論が台頭していると、コールを安く買えるかな?と板を見に行って、行けそうなら指し値を入れる・・みたいな感じで参戦します。

 まあ簡単に書きすぎちゃってますがこんな感じで参戦する場合もあるって事で。昨日の記事では「自分のパターン」と書きましたが、いくつそう言ったパターンを持てるかで大きく違ってきます。勝ちパターンを多く持つ事が大事ですね。

今の時間(22:43)少しCME日経先物が強そうです。NYダウは上向きのままだしこのまま行くのかな?

買いでも売りでも、大幅を取るような構図を描きたいですね。

 

利益を取るに越した事は無いが・・

久々の連続投稿でございます。今後はやっぱり出来るだけ書いて行こうと、時間を有効に使って思った事色々書くように頑張ります。

今日も日中は忙しかったんですが何とか落ち着いた18時頃、 ふとiPhoneで日経先物の15分足を見ると、キレイに「いし」売型が出そうな感じになっているではないですか。

 
15m1028

ずいぶん画像でかいなこりゃ・・松井証券のiPhoneアプリからキャプしました。

1本目の上げ基道斜線は日中の足。下から始まって緩やかに上げている2本目の上げ基道斜線がイブニングセッション開始からのものです。 
本来はせめて日足観測で方向性が出ている、若しくは出そうなのを踏まえて行くべきですが、 ここまでキレイに出ているのなら、プットを買ってみようと155円で1枚参戦。先物がジリ上げを続けて、こりゃあもう「いし」売だろうと(確証はなかったですが)更に150円で1枚追加。結局21時半頃に双方175円で売却。4.4万円だったかな?

結果的にはデイトレで、投資期間(時間)から考えた利益としては十分と言えます。

が、あまりこういう売買はしちゃあダメだと思ってます。こう言うのに慣れすぎてしまうと、いざ大きく取れる場面があっても早々に利食いをしてしまうと言う事になり兼ねないんです。

なので今回みたいな時は気持ちとして「よっしゃ!」とあまり思っちゃいけないんです。

 
話しは変わって、昨日は2694ジーテイストのお話をしましたが、一相場終わった後に急落しました。でもこの系の仕手株ってもう一噴きあったりするんですよね。今回はそれを狙ってたりしてます。

そう考えると、終わった仕手株のリバウンドだけ狙って行くのも一つのやり方ですね。そんな風に自分に合ったパターンを決めておいてそうなった時だけ行くとかやると、案外結果を残せます。実際私も柴田法則48法則なんか全部は見ていなくて、自分と相性のいい法則が出た時だけ行くとかしてます。

 パターンなんてどうすればいいんだ?と思ってしまう貴方。手っ取り早いのはチャートを勉強する事です。柴田罫線じゃなくてもいいんです。穴があくほどチャートを見る事をオススメしますよ。

日経平均を考える

今日はさんざん娘たちに付き合わされ疲れてしまいましたが、お約束通り今私が日経平均チャートに対しどの様な斜線を引いて、どの様な法則を入れているか。そしてどの様な考え方で日経オプションに臨んでいるかを少し書いてみます。

 
日経平均日足1025
日経平均日足(2013.10.25)

まず日足から。

結構いたってシンプルな基道斜線を引いています。そして、あまり厳密に法則は書き入れていません。
目先ではチャート図にもあるように、目先の下値関門を守れるかどうかが重要だと思います。それを割ると、それまでの緩やかな上げ基道を割る事にもなりますので、そうなると相応期間の調整があるかも知れません。

今の位置で6・25・75日線を割り込んでいるのはちと厳しいかな・・(私は5日線ではなく6日線を使います)戻ったら売り法示を待ってプット買をしようか・・なんて今の所考えてます。でもその時になってみないと分からない。いきなりコール買に走るかも知れません。昔みたいに取引に専念出来てればリアルタイムでその様子をここで書けるんですけどね・・。

で、週足。

日経平均週足1025

日経平均 週足(2013.10.25) 

こっちもほとんど法則・法示は書き入れていません。週足に関しては、最近はオプション買い方をやっていると言う事で、週足観測を中心にやってしまうと中長期観測になってしまい、オプション買い方では利益が出しづらくなるかと思ったので「大体」で見てます。

そう言うお断りを入れつつ一言言えば、仮にここから上げ方向へ進むとしても、このチャートからの上げはコール買で取りに行くのは嫌だなと言う印象です。週足観測でも今の所は「戻りいっぱいからのプット買」 かなと言う感じです。

ちなみに普段これ以外に見ているもの(チャート)は、

・CME日経先物(円建て) 日足・分足
・ドル円為替チャート 日足・1時間足・30分足・15分足

これらと日経平均チャートを比較すると色々見えてくるものがあります。日経平均では出ていない法則が、CMEでは出ているとかですね。そういう場合は法則に従うようにする事が多いです。

この様に日足・週足メイン(特に日足)を利用していますが、今の私のオプション取引ではほとんどの売買で保有期間が1〜2日です。特にオプション買い方ではピンポイントでの出動が基本だと考えています。そして少しでも早く売り切る事を考えています。その為には買ってから予想通りの方向へ、しかも短時間に大きく動く瞬間を狙って参戦しています。

・・と、今回はここまで。

ここ2ヶ月で思った事、気付いた事など書きたい事が山ほどあります。皆様にお役に立つ事もあると思うので端から書きたいのですが、如何せん時間がありません。

でも出来るだけお伝えして行きたいと思いますので、今後も期待しないでお待ち下さいね。

 

近況

いやはや月日が経つのは早いもの。更新復活宣言をしたにも関わらず、まさか又ここで2ヶ月も開いてしまったとは・・・。

前回の記事で日経オプションの買い方やってんですと書いていましたが、あれからずっとコールもプットも買い方で参戦してました。大体2枚を限度に参戦。そうするとどの程度の資金で参戦してたのかバレちゃいますかね(苦笑)しかしながら幸いな事に、その参戦資金の約4倍の利益を今の所確定しております。

日経平均がこの水準の間はやはりオプション買い方が有利に思えます。但し、しっかりとした分析、そして直感は必要であります。

私の場合の「分析」は勿論 チャート。ただ、オプション買い方で臨む場合、柴田罫線のチャート分析だけでは足りないです。オプション買い方は出来るだけ保有期間(時間)は短く、そして利食い・損切りを含めた撤退判断が「直感の判断→実行動 」と、即行動出来る事が必要です。つまり、含み益があるからと言って「もう少し待っていれば儲かるかも」、若しくは含み損があっても「待てば戻るかも」と言う考えがあると、普通の株式取引以上に危険なリスクを持つ事になってしまいます。考え込んでしまうのではなく、保有期間(時間)から見た利益が十分であればサッと売ってしまうのがベストです。デイトレの発想ですね。

オプションの場合は含み益・含み損の上下が激しい事も多い為、すごく含み損があってもあっさり含み益になってしまう事もあります。それは取引に優位に働くとも言えますし、リスクが増大してしまうとも言えます。なので利食いも損切りも撤退の判断は難しいかも知れませんね。

ただ、その様なオプション買い方のリスク特性を丸々飲み込んで参戦する分には悪い選択肢じゃないと思います。更に言えば一度買ったらゼロ(権利放棄)になる事前提でやる分には良いと言えるでしょう。まさにハイリスク・ハイリターンの世界ですね。

それが厳しい、難しいと言う事であればやはり通常の株式をやった方がいいです。なかでもオススメは個人的には仕手系銘柄です。

最近一つ現物株を売却したんです。もう2年くらい前でしょうか?当ブログでも仕手系銘柄として取り上げた2694ジーテイストです。 あの頃に利食いした後、又買って放置しておきました。そうしたら3月に75円までつけたのにあまりの忙しさに何も出来ず・・含み益だった事もあり、仕方なく更に放置しました。

それが8月に怪しい動きがチャートで見られ「ああ、これなら放っておけばいいや」となって放置した所、つい先日噴きました。

2694週足

幸い、その日は外に出ていてiPhoneでその状況を確認出来ていた事もあり、欲を引いた心境の中、ストップ高である105円の手前、102円に売り指し値をした所、引け間際に約定し終了。

2694日足

保有期間は10ヶ月にも及んでしまいましたが2.5倍の株価になり、途中では優待券も貰えたので尚よしと。

てな感じで最近少しずつオプション買い方による売買を再開し、長い事持っていた現物株を売却したと言う近況でした。

何とか気合い入っている所で、明日は日経平均の事を書こうと思います。日経オプションやってますから、日経平均分析だけは毎日しっかりやってますよ!お楽しみに! 
Marimo
2001年より柴田罫線の研究を開始。長年の経験を活用し、柴田罫線の正確性を高めた上で今後の相場の方向を分析。法則は明確に「買い」「売り」と表示されるので、判断材料として最も分かり易いのが大きな特徴。主に日経平均、225CFD、JPN225などのCFD系日経先物チャートに柴田罫線法則を書き入れ、日経先物取引に役立つ分析情報をご提供します。

デイトレからオーバーナイトまでをカバーしますが、出来るだけオーバーナイトでの値幅取りの可能性を追求します。
お問い合わせ
プライベート記事閲覧の方法
member_OFF(1-3)

日経225先物逆張り法示実績
member_OFF(1-3)

ブログ村
人気ブログランキング
FC2
プロフィール

Marimo

記事検索
カテゴリ別アーカイブ
最新コメント