2014年02月

強気と弱気のぶつかり合い

 夕べの日経先物夜間取引、そして今日日中の日経平均と、相変わらず上下によく振れる動きが続いています。普段であれば既にそこそこの方向性が出てその方向に放れて行ってしまう場面ですが、買い方も売り方も譲らず反転切り返しを見せる展開が続いています。ここまで分かりやすく上下に動くのなら、デイトレーダーとしてはやりやすいのでしょうか?

 繰り返し言ってしまいますが、とにかく今の日経平均は「読みづらい」です。まるでこのブログのよう・・(汗)
 日経平均では各法則の出現や基道(トレンド)そして移動平均線の兼ね合いから、今は売り優勢になってはいるのですが、弱気に傾きそうで傾かない。その様な動きがあまりに続くと大どんでん返し(その場合は大幅上昇)もあり得るのかなと思ってしまう。

日経平均株価日足0228-10

 日足では目先指標である短期線(当ブログでは6日線を使用)を僅かながら割り込みました。しかし割ってすぐはやや決定打に欠けるので、この段階ですぐ「弱い」とはしません。数日様子見。

 6日線は割りながらも、下値は25日線でキッチリ切り返している。これでは強弱のどちらなのか判別に困る要素。「弱いけど弱くない」の様な感じ。

 取りあえず今日で2月が終わった事で週足・月足が確定しましたので、それを含めた見解を日曜に書く予定です。



 さて、今日は「9983 ファーストリテイリング」について分析してみましょう。 

 ちなみに昨日の「9984 ソフトバンク」 は 明日辺りにちょっと追加で書いてみます。

【9983】_ファーストリテイリング週足0228-9
 これは週足です。この銘柄の今の特徴として、少し広めの上げ基道(トレンド)内を推移している事が分かります。斜線にぶつかると反転する箇所が何箇所か見えますね。

 その中で丸枠で囲った部分に注目。左側の丸枠位置では陰線で下に切っていますが長大陽線で切り返しています。その後上昇し、上値位置(「売え」「売か」位置)ではキッチリ反転していますね。

 その後「いろ」売法則出現と同時に下げへ進行。そして現在右側の丸枠位置で下値斜線位置にぶつかっています。

 実は今日の終値がもう少し上で陽線だった場合、逆張り「売ろ」型が出現するはずでした。 しかし陰線になった事で回避。なので、法則・法示出現による判断は今は出来ません。
 見て行く所は基道斜線内に上昇して戻れるか戻れないか、更にはラインで示す52週線をキープ出来るか出来ないか。そこを見て行く事になります。

 そしてラインで示す13週線、ラインで示す26週線との兼ね合い。鈍い戻りになるとデッドクロスしやすくなる状態なのが気掛かり。そう考えると来週早い段階で26週線を超えて行くような流れにならないなら取りあえず下ではないかと見えます。

 法則・法示出現が無い為、今出動を決断するのは難しいので様子見が良いでしょう。何らかのアクションが見えてから考えると言う段階です。


明日は6954 ファナックを見て行きます。

今はシビアな時なので、瞬発的な対応が難しい方は新規での売買は控えた方が良いでしょう。


今週もお疲れさまでした∠(・_・)

 

方向感無さ過ぎだが常に警戒を

 今回も多くのバナークリックを頂きありがとうございました。がぜんやる気が出ます。
 是非引き続き1クリック/1日をお願い出来れば幸いです。



 ネットで色々見ていたらこんな本が紹介されていました。

http://www.lifehacker.jp/2014/02/140227book_to_read.html

 この人がどんな人かは知りませんが、普段私が言ってる事と方向性が同じだなと思いました。

 私の場合は情報を見ても理解力が足りない事が幸いしたのか、経済に関する「情報」は初めから見ないのはこれまでお伝えしている通り。ま、もちろん何も分からない訳じゃないですよ?(汗)

 ニュースなどで一番アホっぽいな〜と思うのは、その日の株価が上げた理由下げた理由を、それに沿った理由を適当に引っ張り出してきて記事になっているのを見た時。 どことは言いませんが、大手経済系新聞社がその程度ですから。株式投資で利益を出そうと考えて、その手の新聞買って読んでも役に立つ事は殆ど無いと私個人は思ってます。

 又、昼のニュースなどで「今日の日経平均株価は30円安と小幅な値動きでした」とかよく聞きますよね。・・って、実はその日は400円安した後に30円安まで戻って来てましたと言う時も「小幅な値動き」と普通に言いますからね。私が情報を鵜呑みにしてはダメですよと言うのがご理解頂けると思います。




 最近の日経平均の特徴に「日中、上下によく動く」事があげられます。今日もローソクの上下にヒゲがついたのでその様な状況でした。

日経平均株価日足0227-16


 今の日経平均の動きは本当に分かりづらいです。戻りの動きが鮮明でないので、あまりうかつに買い向かってしまうと危険。でもじゃあ売り向かえばいいかと言うと今はまだ日足を見ても6・25日線の上側に居るから完全に弱いって訳じゃない。

 あとは頼みの柴田罫線法則。直近で逆張り売り法示が日足で出ているのでかなり要警戒ではあるのは確か。個人的にはプットを買って下げへの警戒継続。仮にここから大幅上昇となってしまったとしても、ここで買いの勝負をするのはちときつい。



 さて、昨日宣言した主要的な銘柄を分析する第1段。今日は9984ソフトバンクをやってみます。

【9984】_ソフトバンクW0227-4


 週足で見てみます。明日で今週の週足ローソクが確定しますが、そのローソクが半値引け陽線だった場合、逆張り「売ぬ」法示が、陽線の出来方次第で更に「売つ」法示が出現します。そうなった場合再落の可能性が出て来ます。

 もし7500円付近を割ってくるほどになる場合は更に警戒が必要。その時は順張り「いゆ」売出現にも繋がります。

 個人的な結論で言うと、「い買」「ぬ買」が出るまでの陰線3本の値幅を、同じ3本の陽線で半値程度しか戻せていない状況を見ると上昇には疑問符がつきます。
 仮にここから大幅上昇があったとします。しかしこのチャートの状況下で買い対応をするようだと、いつか大損してしまうので少なくとも買いはやらない。むしろ空売りで出動の機会をうかがう場面だと思います。

 又、これまで大底から上げ一辺倒で来ている為、昨年初めからの参加者は上がり続けている事に目が慣れてしまっている事もあり得るので、やはり買いは危険。買いの勝負所では無い。と言うより「今のソフトバンクは当分は買いでの参加はしたくない。買いをやるなら他の銘柄を探す」と言うのが私の意見です。

 明日は9983ファーストリテイリングを取り上げます。

下げへの警戒を

今日は急きょ号外を出しました。もし仮にこのまま上に行くにしても、売りヘッジを考えて欲しかった為です。

油断していたと言えばその通りであります。昨日はどこだかの記事でソフトバンクの事が書いてあり、それを題材にした記事にしようとあまり日経平均を見ていませんでした。よくよく日足を見たら逆張り売り法示が通常の強さの「売な」、やや弱めで「売ゑ」「売く」が出ていました。

そして今日、逆陽の立ち上がり(安めから始まって上昇し陽線になる事)になった時点で、昨日の陽線より上で終わっても下で終わっても更に売り法示が出る展開になり、結果「売に」が出現しました。

日経日足226-5

これまで出現していた各買い法則・法示に相打ちとなるように、ここに来てこれだけまとまった逆張り売り法示出現となりました。そうなってくると個人的にはいつも通り法則・法示に従い行動します。今回私は一昨日の記事にも書いたように日経オプションのコール・プット双方を買いと売りで対処の中、更にプットを買い増ししました。取りあえずこれで様子見です。

他にも気になる要素はあるのですが、まずは昨日と今日で日経平均日足で逆張り売り法示が合わせて4つ出現と言う事をお伝えします。


又、昨日ソフトバンクの記事を書いた所、このブログをご覧の方から日経平均への寄与度が高い銘柄として

9984 ソフトバンク
9983 ファーストリテイリング
6954 ファナック


があるよと教えて頂きました。私自身が殆ど東証銘柄をやらないので「なるほど〜」なんて思い、ファストリがソフトバンクの前の銘柄コードである事も今回知りました(笑)

テクニカル分析が通じにくいと言うお話だったので、ここで一つ企画を立ち上げます。

これら3銘柄を明日、日足・週足などで分析し、今後の方向性を考えてみたいと思います。ダメ元で分析してみましょう!題材をお与え頂きありがとうございました (・_・ゞ-☆


と、言うことで、一応ここからの下げへの警戒を怠らないでみて下さい。


それとたまにのお願いながら大変恐縮なのですが、是非ページ右サイドにあるブログランキングバナーを、お帰りの際に一つクリック頂ければ幸いです(出来ればにほんぶろぐ村「株式投資情報」バナーでお願いしたいです)

 

【号外】昨日の日経平均(追加あり)

ちょっと書いておこうと思い、イレギュラーですがこの時間に書きます。


日経平均はしばらく戻りの動きが続くかと思い、昨日は違う視点で記事を書きました。しかし今日改めて日経平均日足をじっくり見た所、逆張り売法示が強弱合わせて3つ出現していました。

日経平均

更に、今日の日経平均は安い所から始まって上へ向かって陽線を立てています。今日だけ見れば強いですが、もし昨日の終値を超えた陽線で終われない場合、更に逆張り売り法示「売に」型が出現します。

ここまでになると、これまでの買法則・買法示出現数の観点からも、戻りが終わる可能性あり。ここからしばらくは、日足・週足上での別の買法則・法示の出現が見られるまでは、買い方は厳重に警戒をお願い致します。



【追加】

↑で説明した「売に」型について「昨日の終値を超えた陽線」でも「売そ」型が出現します。あとはそれら売法示の強さの問題で、どちらにしても売法示が出ます。

これら売り法示関係なく上に突き抜ければ良いですが、私ならここで買いの勝負はしません。一応買い玉保有の方は注意して下さい。
 

どこまで戻れる・・?

 今日もよく分からない日経先物の動きに、うかつに手を出せないような状況。こんな日はデイトレの方はかなり苦労されたのでは無いでしょうか?

 昨日の記事タイトルにもあるように、今は変にポジション取らない方がいいと言うのが私の意見です。それが当ブログで紹介している銘柄でもです。それでも無理やりコメントするならば、売り銘柄に対し追加で試し玉を入れて見るかなあって感じです。

 今日は日経平均の話はやめて、ちょっとソフトバンクを見てみましょう。何でもこの銘柄の動向が日経平均に大きく寄与するようなので。

【9984】_ソフトバンクW0225-4

 週足を見てみました。直近では逆張り「い買」「ぬ買」が出ています。この買法示は結構他の銘柄でも同じタイミングで見られてますね。

 このチャートを見た第一印象。それは、

絶対、買いでやりたくない

 です。 チャートでは全体を表示しきれていませんが、もっと下の方からずっと上げてきています。それが天井をつけてから下げ、そして切り返している所。
 もちろん買いで取れる局面はいくらでもあるかも知れません。しかし私であればどこかでチャートが壊れた所を狙って空売りで対応したいです。それまでは様子見を決め込みます。

 今日も日経平均は上昇したものの何だかしっくり来ない・・。この違和感は何なのだろうと日経先物の動きを見てて思いました。いつかは明確な動きになるのでしょうが、とにかく「今」が分かりづらいです。

 取引の格言「休むも相場」で行ってみるのもいいかと感じた1日でした。

 

ここからの新規ポジションはかなり慎重に

今日の日経平均はかなりの乱高下。その動きにも若干ながら意思のようなものも見えた気が・・。とにかく今はかなりシビアな気がします。上下どちらにも動ける位置関係です。

高値は14982円だったのに、終わってみれば14837円。この終値から見えるマイナス要素は、

・日足25日線に抑えられ
・週足13・26週線にも抑えられ
・日足長期基道内に復帰出来ず
・週足の従来基道にも戻れなかった


 と言う感じ。以下、日足・週足チャートで確認してみて下さい。

日経平均株価日足0224-19

日経平均週足0224-11


 これだけ書くと悲観的ですが、プラス要素もあります。

・各種買い法則・法示が多数出現している
・騰落レシオは上昇余地が大きい
・裁定買い残が少ない状態


なので、色々なラインを越えられなかったからと悲観的になるべきではない状態でもあります。日足で超えられなかったラインは明日には越えているかも知れません。日足では今週残り4本のローソクがどの様になるかにかなり注目すべきかと思います。


「戻りに向かうか再落になるか」
 

個人的には本当にどちらに向かってもおかしくない状況に思います。ビビり屋の私はコール・プットを売っており、若干離れたコール・プットを両方買ってみました。方向性が見え次第反対側は外し、うまく次の一手に繋げたいです。

つまり方向性が出次第、その方向に(少なくとも一旦は)大きめに動くのではないか?但し、その方向には一瞬強めに動くだけで、結局逆行っちゃうみたいな流れを感じます(今日の動きを見てたから??)

3月期末への予想で、ここから週足4本分の予想はかなり難しいと書きましたが、既にその難しさが始まっているようです。

 

今週の動向(2月第5週)

3月末に向けての見通しは昨日書いた通りなのですが、今日ずっと日経平均日足を見ていて「戻りが確定したとしてどこまで戻るのだろう・・?」と考え込んでしまいました。

金曜の日経平均終値は14865円(CME日経先物は14815円)14900円を分かりやすく超えて行くと逆三像(逆三尊)が確定し、「いひ」型買い法則が出現します。

日経平均日足0221-24

底入れの際に出やすい法則であるために、その他買い法則・法示出現が既に見られている事を考えれば素直に上げ方向で良いと思ってはいます。
ただやっぱり昨日の記事でも書いたように、週足の方が少しまだ微妙・・。戻りの動きになったからと言っても、年末高値の16320円をすんなり目指すようには思えません。

日足では底入れっぽい感じになったものの、とにかく年明けからの下げが「押し」と言うには深すぎる。これを一番懸念しています。明日以降上昇基調になったとしても、変に気を緩ませすぎないようにした方が良いでしょう。

今日は監視銘柄も一緒にこちらで書いちゃいます。

7732トプコンは先週は上昇を見せ、13・26週線を上回ってきています。 

【7732】_トプコン週足0221-5

ここで弱めの「売か」出現です。前回「いつ」売・「いみ」売から下げた後、頑張ってここまで戻してきました。

今の所明確な売り法則・法示は出ていませんが、ここから前回高値を超えて更なる上昇する感じがしません。今は試し玉に抑えておき、今後出現する法則/法示を待ちたいと思います。



東証1部銘柄がしぼんで来ると俄然面白くなりそうなのが仕手系銘柄。かなり怪しいと感じてる銘柄があるのですが今はまだ書く事が出来ず。もうしばらく様子を見て行きます。

 

配当・優待権利取りに向けての注意点

 当ブログに期末に向けての予想が出来ないかと言うコメントを頂きました。コメントを頂いた方、ありがとうございました。

 来月の権利取りに向けて株式購入を検討される方、NISAの口座が出来てそろそろ何か株を買ってみようと言う方も居られるかと思い、ここから約1ヶ月の中期予想を立ててみたいと思います。
 但し、天気予報の週間予想並に当てにならないかも知れません(汗)その辺、心してお読み下さい(汗)


 ここから約1ヶ月と言う事は、週足ローソクなら4本分の予想をする事になります。実は今回この週から4本分の予想をする事は特に難しい局面となりそうです。

 目下の所日経平均は戻りを試す途上にいると思われます。 金曜の上げでその動きはだいぶ明確にはなったのですが・・。

日経平均週足0221


 13、26週線は予定通り接触しました。26週線が若干上向いているので厳密にはデッドクロスではありません。それよりも見るべき突破ポイントがあり、来週以降超えて行けないと厳しい状況になりかねません。それは、

13週線と26週線に頭を押さえられた可能性
P−P’で示す中期基道(人によっては長期)の下値斜線に、基道内復帰を阻まれた可能性

 この2つであり、この両方を今後近いうちに達成出来ないと早い段階で戻り売りの可能性が出て来てしまう事です。

 金曜の動きは強い動きで、その後も順調に上げたとしましょう。仮に向こう4週間で陽線が3本以上立ったとします。そうなった時加えて心配なのが、

逆張り売り法示が出現しやすい

 と言う事。
 先々週は「ぬ買」出現から 翌週が買い場となりました。それと逆の事が起こる事も考えねばなりません。

 昨年11月、三角保合いから上抜けて昨年一杯上昇が続きました。そして年明けはここまでほぼ下げっぱなしとなり11月からの上昇分を帳消しにしています。
 その値幅は約2300円。今後も更なる上昇が続く前提で考えると、この下げを「押し目」と言うには深すぎる現実があります。一般的に考えれば年明けからの下げは「押し」ではなくいわゆる「下げ」 と見えてしまいます。

 まとめますと、3月権利取りに向けて上昇の期待は持てます。ただ、権利を取るか取らないかの時期に戻り一杯となってしまう心配があります。

 今の時点で期末の株価位置を考えるのはかなり難しい感じです。一つ権利取りを狙っての作戦を取るとするなら、今の水準でまずは買っておき、権利取りまでの値幅上昇分の利益を狙うか、その利益が多少減るか若干の損になっても配当・優待を取るかを考えると言う感じでしょうか。

 その上で、

来年の権利取りを見越した長期保有はお奨め出来ない

とだけお伝えしておきます。

 最悪なパターンでは権利取りの直前に大幅下落の可能性もあると言うこと。とにかく注意が必要な時期。これまでも何度か触れているように、中期(ここから数ヶ月から半年)は特に神経を使う時期になりそうです。

 今後も日々の記事で日経平均の動向をチェックし、きめ細かい対応が望ましいです。

 明日記事の「今週の動向」と合わせて考えてみて下さい。



 

数多くある抵抗帯への挑戦

 今日の日経平均は昨日のNYダウ上昇を引き継いだとは言え、かなりの上昇となりました。

 昨日の記事では日足で現れた「す型」買い法示と6日線割れと言う強弱相打ち状態でどうなるかとしましたが、あっさりと6日線上復帰となり、それどころかお釣りが来るほどの上げを演じました。



「す型」買い法示出現の為には長大陰線が必要だった



 これも昨日書いた事ですが、逆張り「す型」買い法示は簡単には出現しません。やっぱり昨日の下げはこの買い法示出現の為にわざと下げたのかと思うほど。柴田法則を追っていると、案外そういう場面に出くわします。

 今回私は2月SQ通過の少し前に3限月プットを売っており、日経平均やCME日経先物で各種買い法則・法示出現が既に出現していた事、その上で昨日の大幅突っ込みであまり見られない「す買」が確定した事もあり、短期狙いでコール買いを多めに突っ込んでました。
 とは言え日経平均があれだけ下げた後、プット買いも入れてヘッジを掛けながらやっても良かったのにやらず、プット売り・コール買いと言う強気満々での対応でした。
 でも判断に自信があってもこれではおちおち夜は寝てもいられません(汗)大きく利益が出たから良いものの、それは結果論。こういう売買はやっぱダメです(汗)


で、先に書きますが、個別銘柄については週末書きますね。

さて日経平均なんですが、

日経平均株価日足20140221-11

・・・斜線だらけになってきました。でも必要な線なので・・。

 チャート観測を行なっている人ならほぼ全ての人が日足25日線に対してどうなるかを考えたのではないでしょうか?少し前にも指摘したように、25日線に加え長期で引き上げた上げ基道斜線(太線)も抵抗帯として重なる事もあり、今の日経平均は強い抵抗帯に接触してきたと言う位置に居ます。

 細かい部分は週末の記事で書く事にします。



 ニュースを見ていると、上げた時は上げた時の、下げた時は下げた時に関連する材料(情報)を引っ張り出して、それぞれ上げた理由、下げた理由が記事となって掲載されています。

 しかし残念ながら記事を書く記者は経済の専門家であったとしても、株取引については恐らく素人同然であると思います。それが取引を行なう際にニュース(情報)を鵜呑みにしてはいけない理由の一つ。同様に、証券会社の方も専門家かと言うと、これも又残念ながら特に詳しいと言う訳ではありません。昔から地場証券で対面取引をして来た方ならご理解頂けると思います。

 そんな中で当ブログは何とか皆様に利益を出して頂けるよう頑張って参りたいと思います。



先日拍手コメントを頂いた方へ

 ご質問の件について週末に別枠で1つ記事をアップしようと思います(もしかしたら週末記事「今週の動向」と一緒の記事になってしまうかも知れません) そろそろ配当・優待も気になる時ですので話題として取り上げてみます。



今週もお疲れさまでした。

 

日経平均日足では買い法示出現も、シビアな状況

昨日の記事タイトルは記事を書き終えた最後に書き入れました。記事内容とは違ったタイトルになってしまいましたが、何となくその様に書いた方が良いと思いました。

今日の下げを暗示していた訳では無いのでしょうが、やはり下げだったのかと自分で納得してしまいました。どことなく怪しげな雰囲気があって、自分でそれを無意識に感じてタイトルにしたのかも知れません。

今日の下げは中国の何ちゃらで下げたとの事でしたね。私の場合はいつも通り下げた理由はどうでも良く、チャート上に長大陰線が引かれたと言う事実だけ追って行きます。

日経平均株価日足0220-8

今日の日経平均日足で逆張り「す買」法示が出現しました。この「す型」は結構色々な要素が重ならないと出現しません。今回ほぼその条件を満たしているので出現としました。

今日の下げは300円以上のきつい下げでした。しかし「す買」 法示出現には今日の様な長大陰線が必要でした。狙って下げたのかと思うほどのタイミング。この買い型のお手本のような形です。
仕手系銘柄では意図的にチャートを作る事が多いです。しかし日経平均でそれをやるのは無理だと思いますがどうなのでしょうね。力技で持って行く組織があれば、それはそれで興味深いですね。

買い法示が出ながらも昨日書いた6日線キープはなりませんでした。強弱の要素の相打ちとなった事で明日以降どうなるか?ちょっとこちらとしては動きづらい感じがします。明日は少し様子見にしたい気分です。


7732トプコンが今日の下げで6日線を割ってきました。

【7732】_トプコン日足0220-8

戻りの動きからは下げ方向への予想をしていましたが、ここで少し戻りの動きに黄色信号の可能性が出て来ました。明日もこの水準だった場合、週足も微妙な感じになってきます。

ただ、週足の移動平均線はまだ下げ方向への流れになりそうにありません。仮に売りに向かうとしても試し玉を入れる程度にした方が良いでしょう。



Marimo
2001年より柴田罫線の研究を開始。長年の経験を活用し、柴田罫線の正確性を高めた上で今後の相場の方向を分析。法則は明確に「買い」「売り」と表示されるので、判断材料として最も分かり易いのが大きな特徴。主に日経平均、225CFD、JPN225などのCFD系日経先物チャートに柴田罫線法則を書き入れ、日経先物取引に役立つ分析情報をご提供します。

デイトレからオーバーナイトまでをカバーしますが、出来るだけオーバーナイトでの値幅取りの可能性を追求します。
お問い合わせ
プライベート記事閲覧の方法
member_OFF(1-3)

日経225先物逆張り法示実績
member_OFF(1-3)

ブログ村
人気ブログランキング
FC2
プロフィール

Marimo

記事検索
カテゴリ別アーカイブ
最新コメント