2019年03月

【 結果報告 】 12時間足 「ぬ買」 3月30日(夜間大引け)終了分


3月28日 20時  225CFD_12時間足 「ぬ買」出現

3月30日(夜間大引け)  終了扱い


+190円

続きを読む

【 今週の動向 】 4月第1週

 続きを読む

【 SL−065 】 3/31

 続きを読む

【 日経平均 月足長期観測 】 3/31

 続きを読む

【 大引けコメント 225CFD 】 3/29

 続きを読む

【 前場コメント 】 9:32  3/29

 続きを読む

【 大引けコメント 225CFD 】 3/28

 続きを読む

【 前場コメント 日経平均 】 9:42  3/28

 続きを読む

【 大引けコメント 225CFD 】 3/27

 続きを読む

『 怠惰を求めて勤勉に行き着く 』




私は一部偏った漫画が好きで、この記事タイトルにある言葉は「勝負師伝説哲也」の作中で使われた言葉です。


言葉の意味としてはこの漫画で言えば「楽して麻雀で儲けるために、日々練習を重ねて腕を磨いている」と言った感じでしょうか。


まさにそれは私たちのいる投資の世界でも同じことが言えるかも知れません。


この世界には「利益を出す(出し続ける)ための2つの道」があると私は考えます。


1つはテクニカルでもファンダメンタルズでも何でもいい、取引の判断を行なうための元となる分析結果を持つこと。もう1つはその分析結果をもとにどのように取引(買い・売り)を行なうかと言うこと。


「 その2つは徹底されていなければならない 」


「分析」と「取引」は別であり、良い分析情報があっても、いいかげんな取引手法であればまず利益には繋がらないでしょう。取引手法が確立出来ていてもメンタルに左右され、あらかじめ決めた行動(損切りなど)が取れなければ同じことです。


つまり投資で勝つには徹底した「分析」により、徹底した「取引」が成されなければ利益には繋がりません。逆を言えば、それらが徹底されていれば毎回勝つことは不可能でも何でもありません。


かく言う私も「楽して儲けたい」ひとりでした。いつか気楽に取引して儲けることが出来るようになりたい。そう思ったその結果、


上手く行かないから色々試し、自分にはテクニカルが良さそうだと気付く


色々なテクニカルを半年単位で平行して試し、最後に柴田罫線にたどり着く


法則をチャートから見つけ出し、その通りに売買しても儲からない。なぜ法則の通りにならないのかを毎日10年間検証し続けてやっと糸口を掴む


更にそこから今日までの約10年間で熟成を進め、今も継続中


私は負けず嫌いなのでしょう。株取引なんてどうせ儲からないとする勢力も周りには多くありましたので、ここまで続けられたのはそれらに屈したくない気持ちも強かったんだろうと思います。


当方の分析力は更なる進化は出来るはずですが、現段階でも申し分ないと思います。2つある道の1つ「分析」は、会員様用ページに日々掲載している内容が全てです。


問題はもう1つの道である「取引」の道。これは私を含めた各会員様の努力で作って行かねばならない道。
「分析」の道と「取引」の道、2つを徹底してやろうとしても、この時代で「分析」の道を新たに作るのはかなり不可能に近い気がします。


当ブログの会員様は「分析」の道はこちらが提供させて頂いているので、「取引」の道にだけ集中して頂くだけ。「取引」の道は資金量、利食いや損切りの考え方など、個々で明らかに違うもの。投資家それぞれで暗中模索、切磋琢磨しながら切り開いて行くものです。


やるべきことがハッキリ分かっている当ブログ会員様は儲けやすいはずです。こちらも引き続き更なる精度向上に努めます。




Marimo
2001年より柴田罫線の研究を開始。長年の経験を活用し、柴田罫線の正確性を高めた上で今後の相場の方向を分析。法則は明確に「買い」「売り」と表示されるので、判断材料として最も分かり易いのが大きな特徴。主に日経平均、225CFD、JPN225などのCFD系日経先物チャートに柴田罫線法則を書き入れ、日経先物取引に役立つ分析情報をご提供します。

デイトレからオーバーナイトまでをカバーしますが、出来るだけオーバーナイトでの値幅取りの可能性を追求します。
お問い合わせ
プライベート記事閲覧の方法
member_OFF(1-3)

日経225先物逆張り法示実績
member_OFF(1-3)

ブログ村
人気ブログランキング
FC2
プロフィール

Marimo

記事検索
カテゴリ別アーカイブ
最新コメント