2019年04月

【 この時間の225CFD時間足概況 】 16:17  4/30



昨夜のコメントでお伝えしたことは、


「12時間足で逆張り「売ぬ」が出現したが信頼性は低い。「売ぬ」出現以降3本のローソクを経過しても売りの流れにならない場合、上に抜ける可能性が高い」


と言うものです。


まず12時間足の状況を見ます。


12


もし「売ぬ」に信頼性があったならば、今の時間は売りポジションの利食いを目指すタイミング。しかし、一時的に保合い「bーb'」内に戻ったものの、再び「b」上に戻っています。


それに加え先ほど16時に、4時間足で新たに逆張り「ぬ買」出現。更にこのままの流れなら17時に9時間足でも「ぬ買」出現の可能性があります。


4


これらを踏まえると昨夜12時間足で出現した「売ぬ」の信頼性はやはり低く、それ単体で売り出動するのは得策とは言えません。
それよりも保合い「bーb'」を上抜くことが確定的になれば、順張り「いも」買出現に繋がります。


ひとまずここまでとします。12時間足は今夜一杯までが経過観察2本目ローソク。明日午前中に改めてコメントします。





【 この時間の225CFD時間足概況 】 23:17  4/29


お約束通り連休期間中の現在、225CFD時間足で気になる点があったので無料記事でお伝えします。


チャート(2015)


これは225CFD_12時間足です。今夜20時に逆張り「売ぬ」が出現しました。


逆張り法示が出現すると当ブログでは法示の信頼性を考え、新規提示に値する場合は仕込みから利食いまでのタイムスケジュールを組んで会員様にお伝えします。


しかし今回の場合、信頼性にやや難があります。


その理由は、保合い「bーb'」で示す保合い基道に対し「売ぬ」出現を取った半値引け陽線の上ヒゲが、「bーb'」に対して一時的ながら充分に上に切っているため。このような場合は強いことが多いからです。


これがもし信頼性の高い売り法示だった場合、上図に示すように現在立つローソク(今夜の大引けまで)が売り仕込みを検討する「仕込みローソク」となります。


しかし上記理由で信頼性が低いため、これが平日であった場合は特に会員様にはお伝えしません。今回はその上で見解を述べてみます。


仕込みローソクの後には「利食い目安1本目ローソク」「利食い目安2本目ローソク」と続きます。これは12時間足なのでそれが判明するのは明日の夜間取引終了までです。


その間に「b」を大きく割り込まない場合、株価は上に抜ける可能性を見たい考え。これはあくまで12時間足の話なので、日足や週足、そして月足を絡めた見解は別途考慮が必要ですが、その点については会員情報であり、既に伝達済みであるためここでは述べません。


上記ポイントについて、明日夜間まででどのような結果になったかは追ってお知らせ致します。





【 日経平均 月足長期観測 】 4/28

 続きを読む

【 大引けコメント 日経平均 】 4/26

 続きを読む

【 前場コメント GWに対する対応を検討 】 9:50  4/25

 続きを読む

【 大引けコメント 】 4/25

 続きを読む

【 前場コメント 】 9:33  4/25

 続きを読む

『 リスクを取るべき環境を作る 』



先週は日経先物取引を行なうのでは無く、日経平均が上がると思えば『 1570 NEXT FUNDS日経平均レバレッジ・インデックス連動型上場投信 』を買い、下がると思えば『 1552 VIX短期先物指数 』を買えばいいとお伝えしました。


改めてお伝えするとこの方法の良い点は、どちらも個別銘柄と同じ扱いであり「買い」で行なうことが出来るため、普段からなじみのある方法で取引が行えること。同じ「買い」や「売り」を行なうにも、舞台が日経先物取引になると途端に怖さが出てくるもの。個別銘柄と同じく取引が出来れば、メンタル的な負担は少なくなります。


また、当ブログでは個別銘柄に対しては「買い」のみの対応となっており、更に信用2階建てを推奨しています。上記2銘柄も信用取引が行えますので、2階建てを行なうことが可能です。


「信用2階建て」と聞くと、欲を出して無理してポジションを取ってしまい、あっという間に追い証が発生してしまうような危険なイメージを持つかも知れません(当ブログでは現物と同数までの範囲で信用建てを推奨しています)
しかし、そもそもの銘柄の選択、チャート分析の精度、出動や撤退を行なうタイミングなどがしっかりコントロール出来ているのなら、むしろ資金を積極的且つ効率的に運用することで、最大限の利回りを追求することが出来ます。


逆に言えば、当然ながらそれらが無いのであれば取引そのものを行なうべきではありません。しかし当ブログでは、もし上記2銘柄で日経平均の上下動を取りに行くのなら信用2階建てを推奨します。


何故そう言えるかは「日経225先物逆張り法示戦績」が示してくれています。当面日経平均の変動幅は大きいと思うので、その間に出来るだけ稼いでおこうと考えています。


これからも上がる時、下がる時はピンポイントで見定め、会員様にそのことを事前に知らせて行こうと思います。



【 大引けコメント 】 4/24

 続きを読む

【 GW期間中の記事について 】



10連休中もNYダウや225CFDは動いている訳ですが、日経先物取引はお休みのため連休明けの動きがどうなるかを気にする方が多いと思います。


そこで、当ブログとしても基本はお休みとさせて頂くも、225CFDで何か気になるチャートの動きがあれば無料記事でお伝えして行こうと思います。


但し、基本は225CFD時間足についてのみ。場合によっては日足まで範囲を広げて分析しますので、是非参考にしてみて下さい。




Marimo
2001年より柴田罫線の研究を開始。長年の経験を活用し、柴田罫線の正確性を高めた上で今後の相場の方向を分析。法則は明確に「買い」「売り」と表示されるので、判断材料として最も分かり易いのが大きな特徴。主に日経平均、225CFD、JPN225などのCFD系日経先物チャートに柴田罫線法則を書き入れ、日経先物取引に役立つ分析情報をご提供します。

デイトレからオーバーナイトまでをカバーしますが、出来るだけオーバーナイトでの値幅取りの可能性を追求します。
お問い合わせ
プライベート記事閲覧の方法
member_OFF(1-3)

日経225先物逆張り法示実績
member_OFF(1-3)

ブログ村
人気ブログランキング
FC2
プロフィール

Marimo

記事検索
カテゴリ別アーカイブ
最新コメント