2019年05月

【 日経平均 月足長期観測 】 5/31

 続きを読む

【 大引けコメント 】 5/31

 続きを読む

【 前場コメント 】 9:27  5/31

 続きを読む

【 大引けコメント 】 5/30

 続きを読む

【 前場コメント 】 9:55  5/30

 続きを読む

「 安く買いたいと思うのに 」



ウォーレンバフェットが言った言葉に、


「株式を買う理由のもっともバカげているのは、値上がりしてから買うというやつです。」


というものがあります。全く以て同感で、バカげていると思います。


株を買うのに安い時に買えば良いのは誰でも解ること。しかし多くの人は何を以て安いとするのかが皆目見当がつかないはずで、ついつい上がっている所を買いに行ってしまいます。
その次に現れる思考は「だったら下げている時に買えばいい」と言うもの。しかしこれも上手く行かないことは多くの投資家が理解しています。


底だと思って買っても更に下げてしまう。それでも何とかナンピン買いして買い単価を下げるも更に下落。そして損切りした直後に切り返す。
じゃあ次は「損切りしないで粘ればいい」となり、ナンピン買いの後に取り返しのつかない下げに見舞われる。


最後は本当にいよいよ上昇局面を迎えているのに怖くて買えない。気がつくと株価は上げており、値上がりしてから買ってしまう。これを繰り返してしまいます。




バフェット氏の情報にしろ私の情報にしろ、良い分析結果には「買う」と言う根拠、理由がしっかりとあるから買えるのです。一般投資家はそれらが無いため結果に繋がらないのです。


四季報を見て買った銘柄が結果に結びついたことが何回あるでしょうか?数打てばその内当たりますから、勝ちそのものの経験はあるでしょう。


しかし売買の根拠・理由がしっかりある人と言うのは基本的に外しません。そして高い時には何もしない、若しくは売り方に転じているか、デイトレ・スイングを行なっていることもあるでしょう。


バフェット氏がどうやっているかは具体的には知りませんが、私とは明らかに違うことだけは分かります。もちろん安い(買える)基準が解るのならば、どのような方法でも構いません。


私の場合は言わずと知れた柴田罫線分析を使用。但し柴田罫線は法則書通りそのまま使うと全く使えない代物。まるでセッティングの全く決まっていないF1マシンのよう。どんな車よりもサーキットを速く走り抜けるポテンシャルがあっても、セッティングをしないままただ走らせるだけだと市販車にも負ける。例えるとそんな感じです。


柴田罫線は「法則のクセを解読する」ことが必要。それを経て出される分析結果は誰でも納得出来るものと言えるでしょう。






【 大引けコメント 】 5/29

 続きを読む

【 前場コメント 】 9:37  5/29

 続きを読む

【 結果報告 】 6時間足「に買」 最大利回り「16.67%」 5月28日終了分


5月27日 (14時)  225CFD_6時間足 「に買」出現

5月28日 (20時)  終了扱い


+110円


利回りはこの週の日経先物証拠金(ラージ1枚 660,000円)を基準に計算。



続きを読む

【 大引けコメント 】 5/28

 続きを読む
Marimo
2001年より柴田罫線の研究を開始。長年の経験を活用し、柴田罫線の正確性を高めた上で今後の相場の方向を分析。法則は明確に「買い」「売り」と表示されるので、判断材料として最も分かり易いのが大きな特徴。主に日経平均、225CFD、JPN225などのCFD系日経先物チャートに柴田罫線法則を書き入れ、日経先物取引に役立つ分析情報をご提供します。

デイトレからオーバーナイトまでをカバーしますが、出来るだけオーバーナイトでの値幅取りの可能性を追求します。
お問い合わせ
検証ブログ
member_OFF(1-3)

プライベート記事閲覧の方法
member_OFF(1-3)

日経225先物逆張り法示実績
member_OFF(1-3)

資料室(追加情報)
member_OFF(1-3)

ブログ村
人気ブログランキング
FC2
プロフィール

Marimo

記事検索
カテゴリ別アーカイブ
最新コメント