2006年01月28日

偏差値では得られないなにか。

新規飛び込み先の継続訪問とはかくも難しいものだ。

たくさんのユーザーをかかえながら、新規も増やすためにゼロからの勝負となると大変だ。

コスト提案もさることながら、こちらの人間性も重要視され、これほど実力勝負なのもおもしろいといえばおもしろいが厳しい。

そんななか結果をだしてくるみんながすごい、ほんとに。

そんななか冗談をいったりしているみんながすごい。

営業のできる人ってのは、意味はわからんけどなんかすごい。

創意工夫のテクニック、提案力、知識はあればあるほど有利だけど、それだけじゃない根本ってのが確実にある。

タイミングと人間力。

これは学歴でどうにかなるもんじゃない。

それに人間力をただの自分本位な経験値ではかるもんでもない。

やれ留学だの、やれ何十人と付き合っただの、人よりも充実した時間を過ごしたことが人を惹きつける原因では決してない。

ぼくのテクニックも提案力も商品知識もほんとたいしたことない。

だけど、これまでのほとんどの成功事例は、タイミングと人柄ではないだろうか。

そこばかりにあぐらをかかずに、もっと知識もつけていけば、ぼくはもっと最高になれるはずだ。



とにもかくにも、麻生久美子さんがとても好きだ、どうしよう。





この記事へのトラックバックURL