2006年02月03日

遠き音。

旧友と会う。

10年前にバンドを組んでいたのか、そういえばあの頃。

とてもカオスで、セックスピストルズ・オアシス・バクチク・チャゲアス?などのコピーバンド。

当時の音源から気狂いの歌声が。

あっ、それぼくじゃん。

若いなぁ、まさしく若気の至りよね。

今、聞いてみるとパンクだし、当時としては未来にはしりすぎていたような感じもせんでもない。

まさか、あの実力でワンマンライブを行うところが、ほんとカッコイイ。

高校2年のときだった。


しばらくして、大学のとき、ギターとギターとベースだけのドラムレスな3人でスタジオ借りて、グレイプバインのコピーしてた。

ドラムさえいれば、かなりよい感じだったとおもえる。

弾けないエレキをごまかして。

自己満足で自己陶酔なセッション。



今は、音は鳴らさないし、歌もうたってないけど、誰かに聞いてほしいという気持ちは、なくならない。

なにをか。



今日のビックリマンシールは、「サタンマリア」と「ヴィーナス白雪」、「ギャルジャーピーター」でした。

会社の人に、シールだけもらうようになった。





この記事へのトラックバックURL