金銀スライム(土日)、金銀スライム(平日)、キャンペーンクエスト、共闘トーチ周回データとその比較終末5凸土マグナ編成計算メモ

2019年04月20日

風古戦場AT犬EX+(新)爆破

今回古戦場でリニューアルされた犬EX+のアサルトタイムにおけるフルチェインワンパン周回のまとめ。
基本的なことは「古戦場における犬のAT爆破について」で、過去のEX+の爆破については「風古戦場AT犬EX+爆破」でまとめた通り。
EX+はアビ1周回(アビリティの使用1、召喚なし)。
また、比較のためにリニューアルされたEXとVHの周回も1時間行った。
EXとVHはアビ0周回(編成例画像なし)。



編成
風古戦場犬EX+(新)

オメガ剣:奥義上限UP
終末武器:4凸・アビダメ上限UP
キャラクター:クリュサオル(デュアルアーツ)、シエテ(最終解放)、ヴィーラ(風)、ニオ(最終解放)
召喚石:ティア(4凸)×ティア(4凸)、ジャッジメント(サブ召喚石・SSR4凸)
騎空団アビリティ:攻撃隊長アビリティ+副団長アビリティ


EX+収穫(1時間あたり、3時間分
貢献度
17369600,17075200,17516800 (平均17320533.3)
戦貨
15576,15312,15708 (平均15532)

グラッジチャンク
977,922,996 (平均965)

SSR犬召喚石
13,10,8 (平均10.3)

エリクシール
0, 0, 0 (平均0)

エリクシールハーフ(獲得量と使用量の差分)
-101,-101,-103 (平均-101.7)

ソウルパウダー
1,0,0 (平均0.3)

ソウルシード
1,8,5 (平均4.7)


EX、VH収穫(1時間分)
貢献度
EX 13757216
VH  6398600 

戦貨
EX 15232 
VH 13156

グラッジチャンク
EX 735
VH 560(妖しい臓肉の変換込みの数値)

SSR犬召喚石
EX 10
VH 11

エリクシール
EX 0
VH 0

エリクシールハーフ(獲得量と使用量の差分)
EX -119
VH -130

ソウルパウダー
EX 5
VH 2

ソウルシード
EX 5
VH 4


所感
クリュサオルのデュアルアーツ、ヴィントホーゼ、シエテのパワーを結集しなんとか周回する形になった。
EXのHPは1555万で旧EX+がそのままスライドした難易度。
VHのHPは700万で旧EXと旧VHの中間程度。

貢献度はEX+が約1730万/h、EXが約1380万/h、VHが約640万/h。
EX+をアビ1周回できるならこれが最も貢献度を稼ぐことができる。
新EXは旧EX+とほぼ同値、新VHは旧EXと旧VHの間程度の値となった。

戦貨はEX+が約1.55万/h、EXが約1.52万/h、VHが約1.32万/h。
EX+とEXの間に速度差はほとんどない。
新EXは旧EX+とほぼ同値、新VHの戦貨時速は旧EXよりも若干高い。

肉はEX+が約970/h、EXが約740/h、VHが約560/h。
EX+をアビ1周回できるならこれが最も肉を稼ぐことができる。
新EXは旧EX+とほぼ同値、新VHの肉ドロップは旧EXよりも若干高い。

SSR犬召喚石はいずれも10/h付近。
サンプルサイズが小さい上、もともとブレの大きいデータであるため参考程度。

エリクシールハーフの消費はEX+が約100/h、EXが約120/h、VHが約130/h。
リニューアルに伴い消費APが減少したため、以前よりも消費速度は低くなっている。

その他消耗品は相変わらずどれも雀の涙程度。

EX+周回があらゆる面で優秀で、消費APも少ないということが示された。
戦貨以外の項目についてはEX+アビ2周回でも十分に優秀な数値を示す可能性が高い。
VHは旧EXよりもHPが低いにもかかわらず得られる肉の量は旧EXより多い。
よってATワンパン編成で火力を出しにくい属性でも、リニューアル前と変わらない程度の肉時速は確保できると推測される。




コメントする

名前
 
  絵文字
 
 
金銀スライム(土日)、金銀スライム(平日)、キャンペーンクエスト、共闘トーチ周回データとその比較終末5凸土マグナ編成計算メモ