2010年02月18日

この度、ホームページを一新しました。
誰に頼む訳でもなく、つたない知識でやっとこさっとこ。。。

それに伴いまして、ブログも心機一転しよう
ということで。

やっと新しいホームページ、ブログともに、体裁が整ってきましたので告知です。

新しいブログはこちら。
http://satsun.exblog.jp


実は、ライブドアのブログがどうも使いにくく、前々から変えようと思っていたので、年末から試験的に細々と進めていました。

そして、

SATアーキテクツのリニューアルホームページはこちら
http://www.sat-sun.com

どちらもよろしくお願いします。

このブログも特に消去せず、気が向いたら書き込みするかもしれません。
ま、もともと、そんなに見ている方もいないので、
それを良いことに、強い口調になりそうなものはたまにこっちで。。。

SATsatarc at 11:22│コメント(0)トラックバック(0)

2010年02月02日

毎日 jPより
--
国土交通省は2日、10年度に実施する高速道路無料化の社会実験について、地方の2車線区間を中心に37路線50区間を対象とすると発表した。合計距離は1626キロで、全国の高速道路総延長の約2割にあたる。実験は6月をめどに開始するが、交通量の少ない地方を中心としたことで、流通コストの引き下げ、渋滞解消など、当初期待された実験の効果は限定的になりそうだ。
--
とのことだ。

反対ではないですが、

この、無料化、とか、無償化、とかそういう言葉はやめたほうが良いと常々思っています。
高速道路料金O円だとしても、高校の学費がO円だとしても、どちらも維持していくのは相当の金がかかるだけで。つまり0円でない。

ようは、

広く国民が利用するもののうち、高速道路の使用料や、高校の授業料、については、
個人による負担でなくて、皆が出し合った国税により負担するようにする。

ということでしょう。(多少違うかもしれませんが)
結局は負担はそんなに変わらずあるわけです。

それでいて「0円」を連呼して客を囲い込むのはどうか?ということなのでございます。

0円とうたったキャンペーンで消費者をだましていると指導を受けた携帯電話会社もあったような。

国がそんなんじゃいかんですよね〜。

SATsatarc at 23:00│コメント(0)トラックバック(0)

2010年01月28日

設計開始から、工事終了まで、
本当にいろいろありましたが、
また一つ、完成しました。

私にとっては完成時をもってほとんど手が離れますが、建物にとってはスタート。
いつも、安堵半分、寂しい気持ち半分の複雑な心境です。

ちなみに、この建物は住宅ではありません。

明日、明後日と、事業主の方が内覧会をするそうです。

私も顔を出そうかなと思っておりますので、

興味のある方はぜひご一報を。
P1090458

P1090395

P1090430


SATsatarc at 22:51│コメント(0)トラックバック(0)

2010年01月16日

ハイチ。
死者20万人超

異常な事態。

毎日のように流れてくる現場の映像。
私はそれを見て、そして、何も動けない。何も語れない。

ただただ何もと、思いつつ、少しだけ動けたこと。

iTunesで赤十字のハイチ地震被災者への救援金を寄付。

iTunesによる募金受付はこちら

SATsatarc at 14:54│コメント(0)トラックバック(0)

2010年01月04日

今年もよろしくお願いします。

30日に事務所と家の大掃除、夜は腐れ縁の旧友と忘年会。
大晦日に私の実家に帰り、
元旦に妻の実家に帰り、
昨日、寒川神社にお礼参りと初詣に行ってきました。
去年は公私ともに本当にいろいろあって大変な一年でしたが、
年越しそば、お節、お雑煮、初詣、と、いつものような正月を過ごすことができました。
とてもありがたいことです。

さて、

年末は多忙となることが多いため、数年前より、不本意ながら仕事関係の方々へ、年賀状をこちらからお出しすることをしておりません。また、返礼が遅れておりますこと、失礼ご承知くださいませ。


そういう訳で、作るのは数少ない枚数の年賀状ですが、
そこに書く文言を探していて見つけた諺。

「Nothing venture, Nothing gain.」

今年は、寅(虎)年だけに、この精神を大事にして。


そして、こちらのブログは適当に。。。
心機一転したいので、移設を準備し始めておりますようかなと思っています。

SATsatarc at 15:36│コメント(0)トラックバック(0)日記 │

2009年12月15日

今年も、気づいたら夜は明け、そして、日は昇り、繰り返し繰り返し繰り返し。。。

そして、あっという間に、12月も半分来ました。

001


SATsatarc at 16:38│コメント(0)トラックバック(0)

2009年08月30日

fb7e06ed.jpg
投票したからといって、任せた訳では無いのだ。我々自身の代わりに国会
に送り出しているだけに過ぎない。それがどう言う意味か、投票する方も
される方も真剣に考えなくてはいけない。

今回の選挙の結果は、通したくないから他を選ぶ、そういった選択の集積
のようです。


SATsatarc at 20:33│コメント(0)トラックバック(0)mobile │

2009年08月24日

いろいろと熱いです。

だからか、新築の家にちらほら乗っている、黒光りしたジリジリの太陽光発電をよく見かけるようになりました。

普及してきておりますが、今利用している電力を全てまかなうほど効率はないですし、
いまだ、費用もだいぶかかります。ぶっちゃけていえば、まだまだです。

だとしたら、各家庭が電力を作りだすことより、各家庭が、消費電力を減らすことを考えたほうが効率がよい。

家庭用の電気機器で、従来品と費用がさほど変わらないまま、たとえば、消費電力を半分に押さえるものがでれば、間違いなく普及する。ものによっては、それはもう爆発的な省エネになる。

そこで今、もっとも進んできそうなのが、「照明」

NECと三菱電機はそれぞれ9月、発光ダイオード(LED)電球の事業に参入する。

というニュース。

大手が参入することで、価格低下が進むとしたら、
これからは間違いなくLEDの時代。

公共の施設などは、率先して使うようになるでしょう。

SATsatarc at 09:43│コメント(0)トラックバック(0)

2009年08月17日

9秒58

人類はまだまだ発展途上だったんだ。。。

私が陸上部だった中学一年生のとき。
忘れもしない、88年 ソウル五輪100メートル決勝。
カールルイス vs ベンジョンソン、の勝負。
中学校の視聴室でテレビを見ていました。

あのとき、カールルイスよりも2mぐらい前を走った、ベンジョンソンの記録。

9秒79

この9秒79というのは、当時とても脅威的な世界新の数字でした。
あの頃、王者に君臨していたカールルイスでさえ9秒9の台でしたから。

ブラウン管の前で、陸上の歴史が変わった瞬間をみた、と、心躍りました。
(結果的にジョンソンはドーピング検査で陽性となり、記録抹消されてしまいましたが)

両足をほぼ揃えて飛び出す、ロケットスタート。
はやったなあ。陸上部で。。。

あれから20年。

カール・ルイス、リロイ・バレル、ドノバン・ベイリー、モーリス・グリーン、

次々と人類最速の男達が記録を更新してきて、10年前、再び、
9秒7の台に突入しましたが、7の台を破ることはなかった。

そして、また歴史をかえた男。

ウサイン・ボルト

去年、
9秒69

今日、
9秒58

さすがに、この記録は20年は抜かれないだろうな。。。

本人は更新するかもしれないですね。

SATsatarc at 20:07│コメント(0)トラックバック(0)

2009年07月12日

OSを3.0にアップデートした結果、文字入力がイライラするほどもっさりするようになりました。
そこでみつけた裏技?

iPhoneちょっとしたメモ

〜Email (i) の受信を速くするには Tap Tap Revenge〜
Tap Tap Revenge(で開く [無料])を入れて、プッシュ通知を有効にすると、Eメール(i) の受信が速くなるらしい.

〜文字入力のもたつき改善には Spotlight を一度オフ〜
デフォルトでは、[一般]>[ホーム]>[検索結果の表示]にある Spotlight の設定のすべてにチェックが入っているのですが、これを全部オフにすることで日本語入力のもっさり感が解消するという噂

どちらも実際
速くなったように感じる気がするけど、たぶん気休め。

その他。

iPhone 3G をマクロレンズ対応にするケース
http://www.amazon.co.jp/exec/obidos/ASIN/B001GK3S7A/chosetu-22/ref=nosim/

SATsatarc at 22:09│コメント(1)トラックバック(0)

2009年06月18日

「マイナスイオンはニセ科学」



ちなみに、
「イオン」は、原子あるいは分子が、電子を授受することによって電荷を持ったものをいう。(wikipediaより)



私は高校のとき、カガクはカガクでも、「化学」が好きでした。

元素記号から、有機化合物、ベンゼン環とか、あの辺。
立体パズルを解いていくようでとても楽しかった。
建築に進む前は密かに化学者になろうと思っていたものです。

イオン化傾向とか、酸化還元反応とか。

いやはや、懐かしい。

原子核のまわりをまわっている負の電荷をもつ電子。
原子核は正の電荷をもつ陽子と電荷をもたない中性子でできている。
周囲をまわっている電子は軌道があり、それを電子殻という。
電子殻は、内側からK殻、L殻、M殻、N殻・・・

K殻からはじまるのは、さらに内側が発見されたときのため、
途中から名付けたとか。

そんな、授業から脱線した方の、使うことがなさそうな知識。
そっちの重要でなさそうな知識のほうが、記憶のから消えずに残る。

こういう記憶を全てリセットして、勉学に励むことが出来たらなあと思いますが、たぶん無理ですね。


SATsatarc at 22:48│コメント(0)トラックバック(0)日記 │

2009年06月04日

昨日午前、事務所のインターネット回線が光に変わりました。

宅内工事は15分程度。丁寧な対応でした。

電話回線もひかり電話に変え、
それにともない事務所の電話番号も変わりました。
今までの番号は、新しい番号に転送設定していますが、もうすぐ使えなくなる予定です。

しかし、その後のインターネットの接続がうまくいかず、1日ネットに接続できないトラブル。ルータとルータ機能付ハブとAirMacの接続方法とその設定がお互いにぐるぐると干渉しているようで、何回やってもうまくいかず。
午後から現場に出なくてはいけなくなったので諦めました。

それにしても久しぶりに体の調子が悪い。
精神の調子が悪いのは日々のことだけれども、昨日の朝からどうもいつも以上に体がだるく、節々が痛むので、夕方現場から戻ってきて計ってみたらいわゆる微熱が出ている。

しかしまあ、微熱はやっかいなものです。
我慢しようと思えばなんとかなるし、できてしまう。
でもあまり無理すると悪化する恐れもある。。。

数年前にインフルエンザにかかったが、あの時は微熱なんてものをすぐ通り過ぎて発熱したから、今回はインフルではないだろうなあと、楽観していますが。
やらなきゃいけないことが山積みなのに、こうなるとやはり身が入らない。。。

熱よ〜はやく下がってくれ〜。
(心の叫びです)

ちなみにインターネットは昨日の夜中に繋ぎ方を変えてみたらうまく繋がるようになりました。




SATsatarc at 08:25│コメント(0)トラックバック(0)

2009年05月29日

先日、NHK「クローズアップ現代」にて。

建築途中にメーカーが破綻して、多額の建築費前払いをしてしまったが故に、建築主は払った金は戻らず、残されるのはローンと家の土台や骨組み、まだ更地というケースも続出している。

もしもの備えの完成保証制度。業者倒産などにより工事が中断した場合に、発注者の負担を最小限に抑えるため、住宅保証機構が工事の中断や引継ぎに伴い発生する増嵩工事費用や前払い金の損失の一定の限度額の範囲内で保証金を支払う制度。

この制度も、悪く言えば、多額に前払いをする建築主の不安を払拭するためにメーカーに「悪用」されていた。

前払いした分と、工事の進捗出来高が大きく異なると、実際は、その制度の限度を超える負担が必要となってくる。これが現実だった。

私自身も、設計監理していた建物の建築中に施工業者が倒産したことがある。そのときは出来高と、実際の前払いがあまりずれていなかったようではあったが、他の業者へ工事を引き継ぐにあたり、実際、いろいろと多額の追加が必要だったことを覚えている。

求められ、これだと提示できる保証とは一体?
再考したいところ。

以下、メモ。

出来高払いのすまいとマネープラン
http://www.sumaito.com/

住宅完成保証制度
http://www.how.or.jp/kansei/index.html


SATsatarc at 10:00│コメント(0)トラックバック(0)建築 │

2009年04月27日

思えば、小学校時代は、ひざ小僧へのかさぶたを絶やすことがなかった。

大人になって、運動といえば、もっぱらランニングやジョギングだったり、ジムに行って筋トレだったり、たまにフットサルなどもやってこそいますが、あまりムキにならず、怪我をしないようにだましだましでやってまして(一緒にやっている方には申し訳ないですが)、つまるところ、激しい運動をあまりしなくなっておりまして、ここ数年、ひざにかさぶたができるような怪我をすることがなくなっていました。

しかし、昨日の夕刻、公園を普通に歩いていましたら、なんでもない道の、側溝のちょっとした凹凸の差(1センチもないような)につま先をひっかけて、そのまま足をすくわれ、前のめりに棒倒しのように転んでしまいました。

悪いことに、ポケットに両手をいれて歩いていたので一切手を出せず、しかしながら、持ち前の運動神経のなせるわざか、倒れながらに自然と体をひねって受身をとり、結果として、肩とひざの横を地面にたたきつけてしまいました。
ある意味、手首などをひねることもなく、仕事に支障がでなかったので良かったような。。。

夜、風呂に入った時、たたきつけられた側のひざ小僧に見事なかさぶたができあがっていることに気がつきました。

ひざ小僧へのかさぶたに、どことなく懐かしい感じを覚えて、なんでもないところで転んだことは棚に上げ、しばし、小学校時代のノスタルジーにひたりつつ。

しかし、今朝になったら、

懐かしいと思う = 年をとった

ということに気づかされました。

力をいれると骨がジクジクと鈍痛。これって打撲、打ち身、捻挫??。

やはり30代も数年過ぎると、痛みすら翌日発症なのか?

これは直りも悪そうだな。。。
まいった。。。

SATsatarc at 17:47│コメント(0)トラックバック(0)

2009年04月21日

今ではもう「イイクニ」ではないらしい。

−−−−

wikipediaより

かつての通説によると、鎌倉幕府は、1192年(建久3年)に源頼朝が征夷大将軍(以下、将軍)に任官されて始まったとされていたが、頼朝の権力・統治機構はそれ以前から存続しており、現在ではこの説は支持されていない。また、「日本で初の武家政権」とされたこともあったが、今では平氏政権に次ぐ武家政権と位置づけられている。

−−−−

鎌倉幕府成立は諸説あるらしいが、いまでは守護と地頭を配し全国の支配権を掌握した1885年説が主流だとか。学会では1192年とするのは少数派だとか。

歴史は解釈で変わるし、認識で変わる。

これは全ての「歴史」について言えること。

これは、歴史を学ぶ前にぜひ知っておきたいことですね。

SATsatarc at 19:41│コメント(0)トラックバック(0)メモ │

2009年04月05日

飛翔体

ミサイル

ロケット

・・・

SATsatarc at 18:00│コメント(0)トラックバック(0)

2009年04月04日

今日あたり、北朝鮮からミサイルが飛んできて、日本の上空を通過するらしく。
日本はあちこちに迎撃ミサイルを配備して、それに備えているとのことです。
いったいいつから、大した議論もせずにミサイルを発射して良い国になったのか?
相手が北朝鮮だから、間を通り越して、良いことになっているようにしか見えないですねえ。
良くないですねえ。

SATsatarc at 15:31│コメント(0)トラックバック(0)

2009年04月02日

217a2fcb.JPG
県庁から横浜駅までぶらり歩いて帰りました。
結構時間がかかってしまいましたが、
気の向くまま街を歩き、気になった路地にそろそろと入っていくのは楽しいものです。

今回もいろんな風景に出会いました。

関内から桜木町の方へ歩いている途中。

ビルの谷間に、ゴシックスタイル風の結構立派な教会を発見。

大きなローズウィンドウ。
尖頭アーチ。
鐘塔もあります。

看板には「横浜指路教会」と書かれていました。

「よこはましおんきょうかい」と読むらしいです。

この教会の前身は、ヘボン式ローマ字で有名なジェームズ・カーティス・ヘボン(James Curtis Hepburn 1815-1911)によって、 1874年(明治7年)に設立された横浜第一長老公会。だそうです。

「ヘボン式」

メルカトル図法みたいな、どことなく懐かしい響き。

考えてみれば、パスポート申請などのとき、ヘボン式で、とか決まっていたようなきがしますが、正直、それが何を指しているのかよくわかりませんでした。

むしろ他に何式があるのだろうか・・・

妄想は続く。。。

SATsatarc at 12:05│コメント(0)トラックバック(0)

2009年04月01日

e3025b43.JPG
3月31日、
事務所の年次報告を提出しに県庁へ。
夕方ぎりぎりに到着。なんとか間に合う。

神奈川県庁は、かなり古い建物。
提出後、県庁内をうろうろ散策。

ふらっとたどり着いた県庁の屋上。
ここが県庁の喫煙所らしい。

そこから見た現在整備中の、みなとみらい「象の鼻地区」風景。

象の鼻に見える部分、わかりますか?

SATsatarc at 08:50│コメント(0)トラックバック(0)建築 │

2009年03月26日

おとといの昼の時間。

仕事で某市役所へ。1階のホールを通り抜けたとき、そこに設置されている大型テレビではWBCの決勝が流れていました。ほとんど全員が受付のカウンター側ではなく、テレビの方向を向いていました。
 ちょうど、七回表、1対1で、日本の攻撃中。イチローが塁に出て、一三塁となり、次の打者が勝ち越しのヒットをまさに打ったところ。拍手が飛び交い、ワ〜ッとホールが沸きました。ちょっとしたパブリックビューイング。なんだかんだ、日本代表というと、やっぱり盛り上がるわけです。

そしてなんだかんだ、その後追いつかれ、延長にもつれ込みながらも、優勝したようです。明るいニュースですね。

WBC後の選手インタビュー。
今回のチームの感想を求められたイチローのコメントが良かったので、
メモしておきます。

「向上心。これが集まったチームは強い。よくチームにはリーダーが必要だという安易な発想があるが、今回のチームにはまったく必要なかった。それぞれが向上心を持って、何かをやろうとする気持ちがあれば、そういう形はいらない。むしろないほうがいいと思った。僕は外からリーダーのような存在だと言われたけど、実際、中では何にもなかった。向上心があればチームはいくらでも可能性が見出せる」

なかなか、
リーダーらしいコメントです。(笑)

結果を求めるだけでなく、チームメンバーの心の部分までを含めて見ることができ、まとめ上げることができるのが、実はリーダーの資質なのかもしれません。というか、リードするという意味では、実はほとんど心の部分だけかもしれませんね。

SATsatarc at 11:53│コメント(0)トラックバック(0)
SAT
建築の設計・デザインなどをやっております。
通りすがりに立ち止まり、
仕事の合間に、気になった風景や街並、建物を記録しています。
知ってる人も、知らない人も、
通りすぎる人も、立ち止まる人も、
よろしくお願いします。
記事検索