December 12, 2017

俺と今年は遠出が多い。

12/17(木)、18(金)は急遽今年5回目の東京。
4FD5345F-3229-4D43-AEAC-F37FF82E9C3C

母方の祖父が亡くなったので、お通夜と葬儀のついでに実物大ガンダムユニコーンを観てきました。

24901A47-85F2-427F-8742-8C2AE3E7D56C
東京は天気が良い。

A9EBA905-9BF1-4971-961B-4FF7CA9E051E
うむ。素晴らしい。

46814259-6DCF-47E2-AD4F-F7B4EA670B37
うむ。

60104818-99C6-489F-BABC-869CBCFB1978
うむ。

5C0BA45E-AA5F-43AF-8E47-D8928D1A4198


5D7585BD-74C4-4D02-BF16-73066D006650


813F9DCE-3C1A-491F-AECA-B229FFE1935A


B1640E32-71E8-4364-A1A2-2B634720C884


473533F8-53BD-4DD0-990E-47FB0454A814
満足。

祖父の家は東京じゃなくて川崎なのだ。
09021CEF-4CB0-4541-858C-3A29F6F605BE
いつのまにか96歳になっていた大酒飲みの祖父。
お通夜なんだか飲み会なんだか、ウチの親戚は酒飲み率が高い。

89702AF9-332F-4207-813E-46076B324520


47D0094C-E74B-49A2-B163-1451827DDCD2
ま、詳しくは書かないでおこうっと。


satdog at 00:05|PermalinkComments(0)生活雑談 

December 07, 2017

俺と案外アコボイ☆

12/3(日)はACOUSTIC VOICE vol.103。
ついに長岡音楽食堂ZERO!しゃちょのもとで行いました。

お馴染みラフ&イートでスタート!
31FFFC1F-002C-4AA0-A8BF-5EE44C0CCB38
間違いない☆

なんというか、いつもの音楽食堂のライブと、何が違うのかなーって思っていたけど、ちがうんだなこれは。

最近常連のカステラ☆
41252C64-9AC2-42DC-B1ED-C8C82775B0C8
アコボイで照明がちゃんとしてるのって、まずなかったよね。
新鮮。ライブハウスだー!と思った。

アコボイ初のGUPPY。レベル高いよなー。
A9348042-A7DE-4FCE-8D85-0924CB10B2F6
長岡だからこそできることがあるよなあ。

ミスターX。アコボイ初のメタルギターソロ。
B440DF1C-EDAD-4C70-B747-B662EEF16B33
もう、サイコー☆感無量☆
アコースティックじゃないとか、関係ないですから。
ここまで弾き倒されると、オケもバンドもいらないなあ。ただ、ミスターXのギターに合わせて長岡花火が観たいなあと思った。最後のスウィープ弾き倒しでババーンとみたいな(意味伝わる?)。

キモラキモラマンは何気に長いけど、実に初のアコボイ。
B06E41C4-1628-4728-BDE7-6499E81B5AA9
長岡じゃないと出来ないことがある。

そして中央ヤマモダン。これです☆
E47F77D2-0AE6-4F86-A03B-55BF545F6D48
長岡でこれが出来たこと。
うむ。

終盤に923。
唯一写真がない。
誰か撮ってたらください。
長岡だからこそ。だな^^;

そして、おのゆき。
F22B6EEE-1BEE-4717-A3DE-B26F2E17B169
即席でのバンドだったけど、楽しくやれましたな。

で、トリはワタクシ里旬Group。
373018B1-1D79-4ECD-9C51-5D87A3568C25
なんというか、これだけの多数の出演者、大丈夫かなあと思ったけど、かなりうまくいったと思うんだよなー。

新潟市から飛び出してアコボイをやるのって、それがアコボイなのかいまいち腑に落ちないと思っていたけれど、案外そうでもないなとなったので、次回は1/28(日)音楽食堂ZEROですよ☆




satdog at 00:09|PermalinkComments(0)ACOUSTIC VOICE 

December 02, 2017

俺と飛び出す感じ。

ちょっと順番前後したけど11/24(金)は新潟市、Wow!sta.NIIGATAでライブでした。
1C4E179A-6AA4-426D-AA87-68316A747677
新潟市中央区堀之内。1階はフランス料理屋さんで、2階3階が多目的スペースになっている。
初めてお誘いいただきまして、初めて来ました。

でもって、入り口がわからない。
BE9A314A-581B-452C-A7F1-422ED296881F
独特の建物。独特の場所。
初めて会う人。

お誘いいただきましてありがたや。こーいうの、大事にしたい。
なんていうの?派閥じゃないけれど、だんだん仲のいい人達とばっかり遊ぶようになりがちな感じから飛び出していく感じ。

違う価値観や違うイメージ。

闇雲に遠くにいけばいいってもんじゃないよな。
音楽やれる場所って、増えてるよね。

D1B082C2-A1D1-4E6C-9D3D-8E49E8391472




satdog at 00:59|PermalinkComments(0)SATシュンライブ紀行 

November 28, 2017

俺とスゴ過ぎるアニキたち。

11/25(土)は新潟Live Bar Mushで『アニキカトマル』のオープニングアクト。
912788D6-2D62-467B-973B-5956C36E129C
『アニキカトマル』とは、ANIEKY A GO GO!こと山浦智生さん率いる超豪華メンバー。
山浦智生(keybord/vocal)
加藤雄一郎(sax)
杉山章二丸(drums)

…ってもう、詳しい説明はいいでしょ。スゴい☆
これだけでヤバいなー、楽しみだし光栄だあーっと思っていたのだけれど。
リハを見て、ビビる。想像以上に、ビビる。ほんと『超豪華メンバー』で間違いない。
もう、この日のライブなんか、始まる前から楽しいに決まっていた☆
既に最高☆

でもって、それだけにビビるわけだけど、こういう時こそ自分は自分の演奏を堂々とやる…ように頑張る...ようにする...。
凄すぎるアーティスト。それを観に来てるお客さん達。
で、その前で1番最初に演奏する...。

『うひゃー!』じゃないですか。そういうステージこそ、1番得るものがあると思う。

Mushはこういうチャンスを与えてくれるお店だから、毎度毎度いっぱい酒飲んじゃうんだよね(笑)。授業料にしては安いんだろう。笑い事ではないよな。
ほんと、この店がないと困りますよね。

もう、ライブの細かいことは雑誌記者とかじゃないんで『サイコー!!』くらいしか表現できないけど、実際やっぱ今年1番かなあ。スゴかった。
そのへんの興奮した感じはやっぱ、文章では伝わらないよねえ。サイコー☆

なんというか、この日の前日は『アニキマル(アニーキーさんと章二丸さん)』だったんだそうだ。
キーボードとドラム。それはそれで観てみたいし、アニーキーさんが“いないならいないでそれはそれで別物だから”みたいなことを言ってたけど、最近それはとても同感で、やっぱり1人で最高のパフォーマンスができる最高の人が3人集まったからこそのステージであるわけなんだよな。

やっぱ良いバンドとか良いセッションとかって、足りないところを補い合うんじゃなくて、できるところを譲り合うって方向なんだわなー。

なにが言いたいかっていうと、これがないとできないみたいな、俺のリアルな部分で言うと、例えば『鍵盤のなるみん様がいないとライブのパフォーマンスが落ちる』っていうことではダメなんだなあと、そう思うのは今に始まったことではないけれど、『アニキカトマル』のステージを観て、やっぱそうだよなあと。まずソロ弾き語りでキッチリやれなきゃいかん。っつうわけで最近1人でやるのも好きなんだけど、間違いないな。

あとはなんていうか、里旬Groupのメンバーが定着しなくて、やっぱ『ドブロク』みたいなバシッとバンドで創り上げるガッチリしたなんというか塊のようなライブがいいなあと思っていたけれど、必ずしもそうではないぞと。方法はそれぞれだよなあ。

そんなわけで、スゴ過ぎるアニキ達と写真を撮っていただきました。ヤバい!ありがたや。
06DDBB48-1E68-4295-85E6-CDC3F8D460B4
今回の里旬Groupはなんとかかんとか4人編成。
ワタクシ里旬とお馴染みなるみん様に加え、初参加のベースとドラム(&カホン)。

ベースは同年代の、“浅田徹也”。
数年前からオファーしてたんだけど、仕事の関係とかですれ違いまくりで。
遂に実現。小気味のいいベース、すばらしい☆

そしてドラムは2週間前に承諾してくれた“たかやん”。
たかやんはなるみんが参加している初心者アニソンバンドのドラマーで、この日のライブのことは時間くらいしか教えていなかったので、リハで『アニキカトマル』の演奏を観て、ぶったまげていた。
そのわりに本番の演奏は冷静で空気が読めるし節度もある。やるじゃないか。

結局やっぱ、1番がんばらねばならんのは俺だなあ。練習しよ。

CDC7713F-70F7-40D0-B222-FD3A316DE36D
それにしても最高すぎる夜だった。

よし。次回は今週末これだぞ。
D1B082C2-A1D1-4E6C-9D3D-8E49E8391472








satdog at 20:50|PermalinkComments(0)俺教信者妄想談 | SATシュンライブ紀行

November 23, 2017

俺とどうでもいいこと、ひとつ。

だれに何も求められるでもなく。

よくよく考えたらばまあ。

見附のブエナビスタカフェで1/14(日)にライブイベントをやるから、なんやら動いてるんだけど。

これがうまくいかない。


satdog at 03:29|PermalinkComments(0)

俺と愚問。

悪いけどさあ。
俺がやりたいのはロックであって。

仕組まれたイベントとか、イベントとかルールとか。
わははあよかったねぇみたいな、水科いくかあみたいな。

結果なんかは作るものなので、ピンと来ないんだよな。

satdog at 01:42|PermalinkComments(0)

November 20, 2017

俺と冬を迎える。

初雪の舞う新津の街で、休日の夕方から音楽を。2BCA4F5E-25CF-4D58-8A75-22E9B3CDA2D1
マルコのワインと料理は優しい。

首謀者その1。田村徳幸。
55CA17D3-8014-439B-941F-0CECF87D9574
相変わらず安定。
説明不要。ニクい。

宮澤厚子さん。
8232A4A7-87CD-4EA9-B21E-A2CCC40C166D
宮澤さんのヤマハ、凄い。
欲しいくらいだけど、宮澤さんだからいいんだ。
楽器って、生き物だよ。
長年連れ添うからこその、なー。

高橋一馬さん。
83521C22-1B3D-45C8-88AD-2F26F34BA747
外は初雪に、いい感じにチープなイルミネーション。曇りガラス。
そしてハンマーダルシマー。
日本ではわずかなダルシマー奏者の中でも最年長。
大切な命が繋いでくれた縁なんだ。
まだまだよろしくですよ☆

新津在住現役JKシンガー。くるみちゃん。
2A80784F-6744-49DF-8FB5-62B59D49453B
未だに謎の多いコだけど、歌唱力もギターも素晴らしい☆
まだまだよろしくですよ!

つか、出演者の年齢幅、54歳って。

そんなわけで、マルコライブ。
FB14A395-FB39-42AC-95AD-FCB63795EB67
MCでも言ったけど、マルコでのライブが1番楽でですね、本当に、なーんにも考えずに、なるようになっている。
幸せな時間って、こういうものなんじゃないかななんて思いますよ。音楽やっててよかったとか、思いますよ。

初雪の舞う新津。
これから寒くて厳しいシーズンに入るけど、なんかとてもステキに迎え入れた気がしますよ。
ピンと張りつめた空気の季節だな。

暖かさとか幸福感を、より感じられるように演奏しようとか、思っちゃうね。

なー。

はー。

ネコネコ。
1B902354-35E9-4A78-AF26-EE21719BE51E







satdog at 22:44|PermalinkComments(0)SATシュンライブ紀行 

November 13, 2017

俺とアコボイvol.102。音は基準かも。

11/12(日)ACOUSTIC VOICE vol.102 終わりました。
295A419D-5D47-4318-B30A-F75FFB3B696B
個人的には実は反省点が多いんだけれど、まあ、上手く行ったのは、ひとえに関わってくれた全ての人のおかげです。
結局俺はなにもしていない...気がする。
5FC15E1B-50D1-4015-8800-61CC2C0DE09F
オープニングはごっか。
ごっかのギターはいい音が鳴っていて、聞いたらフレットとナットを変えたんだって。
SNSで見てると筋肉鍛えて酔っぱらってるだけなきがするけど、ちゃんとやってんじゃん。なんか嬉しいよなあ。意味わかんないけど。

で、現役高校生シンガー(って言えるのも今だけだから)の“くるみ”ちゃん。
8BD6F6E7-C116-480E-AE69-75AFB6A28094
このこのことは、俺は実はあんまりわからない。
先々週かなあ。酔っぱらってたけど、初めて会って、歌が凄すぎるのでいつものとおり、軽くアコボイやらマルコやらに誘ったのです(出演依頼)。

まあ俺が泥酔だったので、あれ?連絡先って聞いたっけ?あれ?って。
思ってたらば、ちゃんと来てくれていました(苦笑)。
まったくもって、ごめんなさい。

彼女の歌は、いい意味で、ヤバい。凄い。
今の時点を聞く価値は…いや、“価値”って言いたくないけれど、いや、やめとこ。

そしてCRAIC。
38CF86FE-AB91-4350-92BB-A125950AD0AB
ケルト系の音楽って、パンクやロックの元祖らしいんだよね。
とても大切な縁(だと思っている)のCRAIC。
なんか見たことなかったりあったりする楽器が溢れて、音楽ってそうなんだよな。
楽しいもんだよな。もう、ずっとやっててって感じなんだけど。

で、もう既にアコボイレギュラーの“中央ヤマモダン”。
C567B0A5-7777-43BF-A0FC-8B087959410F
もう、みなきゃ、わかんない。
説明不可。来月は長岡音楽食堂☆

試しに。
写真は“キューピー60mクッキング”。“あごのソフトクリーム屋さん”おもろかったなあ...。
...ほらね。見なきゃわかんないでしょ。

俺の写真はいまんとこないですが、がんばりました。
4B41601F-4E50-47B4-B480-09F34E117091
今回もしこたま飲んで、遊んで、帰ってきて、ギター磨いてました。

たくさんの縁があって、たくさんの人と知り合って、時々誰かと喧嘩して、険悪になるけれど、音楽は悪くない。誰かが作った音楽や、俺が作った音楽は、作った時点で誰のものでもないんだと思うから、なんというか俺たちは未熟で不完全な人間だけれども、音楽は完璧なものだと思うから。

なんつうんだろうか、アインシュタインは相対性理論において、物理的に“光”を絶対の基準?にしているみたい(え?あってる?)けれど。
なんつうんだろうか、人間の精神においては“音”が絶対の基準になり得るんじゃないかなあなんてことを思ったす。

次回は長岡で遊ぶぞ。12/3(日)16:00からだぞ。

satdog at 09:06|PermalinkComments(0)俺教信者妄想談 | ACOUSTIC VOICE

November 10, 2017

俺と手段は目的ではないな。

それにしても今更だけど、先の日曜日のドブロクライブは良かった。
企画者の特権でオープニングアクトやりました。
C87AC0AA-B083-488D-9D68-20C25340D56E
ドブロクがいい意味でかなりヤバいバンドだぞというのは、せーばなるのおかげで、ドブロクがフジロックに出演する前から知ってるんだけど、それにしても。

LJスタジオは素晴らしいお店。

音響スタッフも照明スタッフもいない(ライブハウスでイメージするような照明設備と呼べるほどの機材はない)。
高価な機材があるわけでもない。むしろ、前日に機材確認しに行ったら若干変わってて焦る。
セルフ音響に、セルフ照明。
7717D9FB-C58A-44B3-9955-BCACA02460B1

必要最小限の限りなく同じ環境で演奏できる貴重な体験。
面白すぎたし、ドブロクの良さがさらに色濃く伝わった。

音作り、ステージ環境作り。なるほどだ。
真似するようなものじゃなく、己を深く知り、貪欲に表現方法を試行錯誤するっていうことなんだよなーとか、思った。
既製品じゃない、進化し続けている表現があったなあ。

こういう、バシバシ響く企画なら苦労する甲斐があるってもんなんだ。

ところでふと、最近ちょっとモヤモヤしてたものがちょっとクリアになってきたんだけど。
A70BB4FF-6EF4-46B4-BC2F-F2A4C96059A9
なんというか目的と手段が違ってきていたのかもと。

例えば、カッコよく演奏する。うーん…
もっと単純に、人前で演奏する。これ、目的。

ランニングする。これ、手段。

ところが、いつのまにかランニングが目的に変わってしまう。
走ることって、そもそも体型維持のため。人前で演奏するんだから、シュッとしてたいじゃんっていう、つまり手段だったのに、モチベーション維持のために大会に出たりし始めて、走ること自体に意味を見出し始めてしまう。より速く。より長く。精神衛生上もすこぶる有効。そこに達成感や走ること自体のありがたみを感じてしまう。

そういうことを否定はしないし、素晴らしさや良さに気づいてハマることは全然悪くない。
けど、なんとなく、そこは全く個人的な話。

大会終わって、なんかいろいろ感じちゃってすこぶる達成感。「すごいじゃん」とか言われて、SNSはイイねだらけ。やりとげたぜー!と、お疲れビール。その後は疲労でちょっと練習休み。いいじゃん。
したら以前よりも体重増加…。

ちょっと待てと。
達成したかったのは実はフルマラソンを走りきることではなく、シュッとした体型でカッコ良くギターを弾いて歌うことなのに。
達成は走りきるところじゃなくて、その先(カッコ良い演奏)なのに。
手段がいつのまにか目的になり、当初の目的を見失う。
流されているということに気付く。

喉から手が出るほどの理想のための手段で、いろいろなことをやり、いろいろなことを知る。いろいろな価値や楽しみ方を知る。気付くとなんだかよくわからなくなっている。

走ることだけでなく。

最もやりたいことは曲げられない。
手段は目的ではない。楽しいからいい、ではない。
かりそめの楽しさに騙されてはいけない。
求めるのはその先だよな。夢とか言うやつかも。
自分に騙されたままではいけない。

この秋は春からの足の故障もあって、マラソン大会出場は我慢したんだけど、ふと思った。



satdog at 23:50|PermalinkComments(0)俺教信者妄想談 | SATシュンライブ紀行

November 05, 2017

俺といがった。

せーばなるを差し置いて、一生懸命になる第2弾。
30777EE2-E240-4DA1-ABE3-037AE68FC499
ドブロクワンマン。

いがったなあー…533B5AA5-1E49-4718-8F44-C2E756489841


いがったなあー…DFAE9967-493E-48E8-9A70-6D6CAC316D57
DFAE9967-493E-48E8-9A70-6D6CAC316D57

文章では無理でした。

以上、おつかれさまでした。






satdog at 23:06|PermalinkComments(0)SATシュンライブ紀行 

November 03, 2017

俺と見附〜新津〜胎内だったなあ。

10/29(日)のこと。もうずいぶん前のことのような気がするわー。

My配偶者であり鍵盤奏者のなるみん様のお手伝いで、見附市の僻地的な小学校へ。全校生徒30人くらいの小さな学校らしい。文化祭じゃないんだけど、なんかそんな感じの保護者とか参加の餅つきとかやってるイベントの日。
EEE2AD70-509E-4ECB-964E-9AFBB9CAB4D5
機材搬入後、ドッジボールが終わるのを待ってマッハでセッティング。

いつもなるみん様には、俺の曲に合わせてもらってるんだけれど、今回はめずらしくその逆。
2D0425C5-CB3C-4640-91C0-85E62AC54D6F
逆の立場になってみると、これまたいろいろ新鮮で勉強になることがあり、これはこれで面白かったなあ。
最初は大勢集まったんだけど、小学生の集中力がそんなに持つわけもなく、後ろで走り回ってたり、やたら熱心に聴いてくれる子がいたり。なかなか新鮮でした。これ、またやりたい。

終了後は即撤収して、なるみん様は長岡音楽食堂で“ひなた”のサポート演奏。
俺は実家の胎内市へ向かい、地元の癒しスポット“食彩酒房ぼだいじゅ”でライブ…

のまえに、新津に帰って猫にごはん。
A3434346-A33F-409B-83CE-86C71C81CFCD


ねこにごはん。こばんじゃないよ。
03BDBA3A-3663-474B-8012-184FB4A2F0D6
ネコネコ。

というわけで、恒例のクマガイマコトライブのオープニングアクト。
今回は1人里旬Group。
8DCF08EB-18BE-40AE-95A7-B9E71EE6F14D


地元のベテラン“ビーンジャム”。今回もお酒の美味しい演奏でした☆
6A1267C9-AAAC-4953-B1F9-A4378F4B4595


そしてクマガイマコト。
14B1A413-FB88-4A29-9256-4BEDA6011A39
なんと今月クマさんとのライブ、4回でした。
全部違う会場。全部違う感じ。なんかすごいよね。
つか、ひと月前のライブって、もう大昔のことのようだ...。

食彩酒房ぼだいじゅでの演奏は、クマさんがツアーで寄っていたのと、ビーンジャムの大野さんや小野さんたち地元の演者さんたちと知り合ったりとか、かくかくしかじかいろいろなタイミングがうまいこと重なり合って始まったんだけど。ぼだいじゅ自体は昔から地元にあるし、そりゃあ知っていたんだけど、何回か行ったことがあったとはいえ大体飲み会の3次会とかだったろうからよく覚えていない。
とても近いところにあっても、繋がるまでに時間がかかることとか、繋がってもすぐ途切れてしまうとか、繋がんないで終わることだってあるんだよな。自分一人では繋がらない、大切な縁だと思うので、もっと頑張らねばいかんと思うタイプの俺なのです。

今回ママが入院加療中なので不在でしたが、生ビール追加注文しといたとのメールが!ありがたい☆
4479702C-FBB0-4CDA-929E-6C522E4B8157

そして留守を守る娘さんの奈々ちゃん、なんと誕生日でした☆
奈々ちゃんはなるみん様と以外と共通項があるんだけど、個人情報はだまっとこっと。

さて、というわけで次の日曜日は加茂で“ドブロクライブ”のオープニングアクトやりまっせー!
明後日ですよー!!
360958E2-D0A7-4F99-9A33-4B932712CAB9



satdog at 23:28|PermalinkComments(0)SATシュンライブ紀行 

October 27, 2017

俺とつまり11/5(日)の告知なんだけど。

よーするに、ライブの告知です。

フジロック2017出演、せーばなる10年連続出演の大人気ロックバンド「ドブロク」!
精力的にツアーでも活動していますが、新潟では唯一毎年観れるのが年に1回恒例のせーばなる!
だけど演奏時間は2〜30分程度。始まったと思ったら終わっちゃう。
もっとゆっくり観たいじゃないですか!ねぇ!

というわけで、ワンマンライブ企画しました!
ちゃっかりオープニングアクトはワタクシ里旬Groupです☆

ドブロクライブ
11/5(日)加茂市LJ STUDIO
open 15:00/start 15:30
チケット前売り\2,500(ドリンク別)
チケット当日 \3,000(ドリンク別)
オープニングアクト 里旬Group
※予約は会場か里旬までご連絡ください。当日精算可能です。
360958E2-D0A7-4F99-9A33-4B932712CAB9


satdog at 00:14|PermalinkComments(0)SATシュンライブ紀行 

October 22, 2017

俺と世にも奇妙な蟻天国。

先日、某バーで生ビールをテイクアウトしたので。
8F09A3D6-FEE7-4800-95BA-37D3358C5C9F
グラスを返しに行くために、信越線に乗車。

座れなかったので、立ちで缶ビール飲みながら。
ワイルドらろー。

で、加茂駅下車。
A1B91258-9095-4468-9EC5-9BE8227BAD7E


で、返却。
8858FAD0-3584-4880-9A65-D515CF471EF5


で、済むはずもなく。
夜はふけなんだか記憶はおぼろげで。
886F7127-5FAA-4248-8C80-FCD23C2B56B3


目覚めるとまた某バーのグラスが…
E15BACDD-B411-4EE5-82D6-EB0C046BB0FF


世にも奇妙な蟻天国…。
A3DFE9B3-0FAF-4C7F-BACB-3E0A662DA9EA


satdog at 23:03|PermalinkComments(0)SATシュンライブ紀行 

October 20, 2017

俺と選挙きてるね。

なんかこの時期なんでいろんな意見があるみたいだけれど。
C25DBD98-B925-4778-A98E-F093F202C26B
世の中選挙選挙なんですけれど、選挙行かない人が多いってことは、行かない人が多数ならば、民主主義的に考えたら多数の意見が通るわけで、ということは、

“どーでもいい”もしくは“しょーがない”

というのがこの国なんだろうなということなんじゃないかなと(半数割ったらだけど)。

とか、たぶん頭のいい人に言わせると違うんかもしれんのだろうけどそーいうことにして。

多数がどーでもいいなわけですから、少数の真面目な意見は通らないのだなと。多数決ですから。
選挙行こうぜーとか、関心を持ってーとか言うのが少数派となるというわけだ。

SNSみてると盛んに意見が交わされているようにみえるけれども、所詮少数派なのだ。

だから、給料が減っても、休みがなくても、やりたいことができなくても、病んでても、やけに不平等であっても、やたら物価が高くても、やたら死ぬ人が多くても、飯が食えなくなっても、戦争がおきても、とかいろいろ不利益ばかりの集団生活でも、しょーがないしどうでもいいというのが意見なんだということなんだけれども。

なんかおかしい。

そんなはずはない。

思うに、騙されてるんですね。
選挙権持ってる大多数は、上手に騙されてますね。

今日は半日コミュニケーション系の研修だったんだけど、その気のない人にあーだこーだいっても逆効果だそうだ。まあもっともあたりまえなことだ。だから、選挙行かない人にいくら説得しても意味なし。

へんな宗教に騙されてる人といっしょな。こっちが面倒くさい悪者だから。

困ったね。

酒飲んでブログを書くとロクなことがないのでこのへんにしとこうかな。

satdog at 22:03|PermalinkComments(0)生活雑談 

October 19, 2017

俺とアコボイvol.101は素晴らしすぎて全くなに書いていいかわかんないけど頑張ってみる。

10/15(日)ACOUSTIC VOICE vol.101 in LIVE BAR Mush
もう、なにを言ったらいいのかよくわかんないけど、そうだなあ...
『感無量』。
2C8A79FC-1246-4E0C-B416-78CDBFB2D34B
100回目の翌日に101回目を行うことにしたのには訳があるんだけれど。
それはまあいいとして、101回目はちょっとアコボイとしてはいつもと違うスペシャルな感じ。

【ホスト】里旬Groupがオープニングおば。
BEB2D11A-7B68-48AF-A7C8-F5D09DBE7620


そしてメインは【ゲスト】きんばらしげゆき。
4EB564B7-AD72-4189-BE3B-5B74DE8B00C7


でもって【友情出演】クマガイマコト。
C468531D-8773-41C4-862C-1B115AE789C4


アコボイ初期に非常にお世話になったというか、キーになっているとでもいったらいいのか、まあとにかく上手く言えないんだけど、この2人のアーティストに出て欲しかったんですな。
E3671F88-3908-4857-BD36-3D190D95D740


たまらんセッション。
1A4710EA-A65C-41BF-BD85-DE67747DE98D


583A551B-97E6-4E59-947B-510DCC6BEC81


8F5DE22C-6F6B-491C-80A2-9F78885D33E6


9DE412F2-0B52-4EA6-81E4-E3409C855AC9


D26300E7-B6A5-46EC-9C4C-40C2A6A7E135


そしてお客さん含め全員でセッション。
60ABF3A1-DF99-4E40-9C50-D589BE4A8614


で、記念撮影。
8A6E99C2-C2AF-4BE6-8002-1F81AD24E814


10年程前、アコボイの開催が激減していた頃に、当時東京在住ミュージシャンとして頻繁に新潟に来て活動していたきんばらさんから携帯に電話が来た。当時はSNSでもメールでもなく、電話だったんだな。用件は、今度ツアーで長岡と村上に行くんだけど、中に1日空いてるから新潟市内でライブができないかというものだった。

その時ちょうど東堀の老舗楽器店あぽろんの近辺にいて、そういえば以前アコボイに出てくれたクマ(クマガイマコト)さんのお店があったよなー...と、そこから数十メートル歩いたビルの2FにあったBAR AQU AQUの扉を開けた。
用件を伝えてその場で即交渉成立し、あくまでアコボイとして、きんばらさんをお誘いすることとなった。その時は、当時新潟在住ミュージシャンだった“金滋光(きんちゃん)”を誘っての3マンライブだった。

アコボイとしては、定期的に開催するお店が見つからなかった頃で、このAQU AQUでのライブの手応えから、ここで毎週やらせてもらいたいとクマさんに打診したのだった。そして快諾いただいた際に、アコボイもけっこうな回数開催しているし、タイトルに“vol.〜”を付けたら?というアドバイスをいただいた。

当時の本音は、“メンドくさいなぁ〜。そういうの、どうでもいいんだよなぁ〜”というのが9割。まあでも、“箔がつく”というのかお客さんがわかりやすいというか、そういうのもあるかな...と、いままで何回開催してきたのかを、vol.2から何度も出演してくれていた“三浦トシアキ(旧・とっすぃ)”と確認して、次がちょうど30回目ということが判明。

“おおぉっ!結構やってんなー!すげー!”ってなことになって、そこからタイトルにvol.〜と付けカウントするようになり(これがなければ100回目もわからない)、AQU AQUにて、毎月開催のペースが復活。確か40回目くらいまでをそこで開催し、残念なことにAQU AQUは店を閉めることになったんだけど、クマさんの紹介でその後もスムーズに、当時古町通5番町にあった“Cafe de Jeanne”へ会場を移し、毎月開催のペースは維持されたのでありました。

そんなこんなでアコボイは続いてきた訳だけど、“きんばらしげゆき”さんの新潟でのライブは、AQU AQUに繋がったその時が最後、6年前にはいろいろな事情で東京から地元の蒲郡(愛知県)に戻ってバーを始めたとのことで、その後Facebookで繋がりつつも縁遠くなっていたんだ。

ところが3年程前にプロミュージシャンとして活動を始めたクマさんが、ツアー先としてなんと蒲郡のきんばらさんのお店でライブを行い、その後も定期的にツアー等で訪れて絶賛しているのをFacebookやブログでみては、“いーなー、俺も行きたいなー…”となって、ついに昨年のあれになる。
→昨年のあれ←
→昨年のあれ←

で、蒲郡のきんばらさんのお店“VOODOO LOUNGE”で、アコボイ100回目に久しぶりに新潟に来て演奏してもらいたいと直接お願いして、いろいろあって今回の101回目への出演が実現したのだ。


もう、アーティスト同士もそう、お客さんもそう、これがなければ繋がらなかったことも沢山あって、それを“里旬のおかげで”って皆様に言っていただくのはほんとうに言い出しっぺ甲斐があるというか、行動した甲斐があるとは思うんだけれど、それってそれぞれ皆様も同じことで、それぞれがそれぞれに行動したから繋がっているんだと思うし、やっぱりきんばらさんみたいな滅多にこんな遠い新潟まで来れない(どんなに遠いかは昨年のあれ参照)人が、重い腰をあげてやってきてくれたことでまた繋がった縁というか、きんばらさんが来ないと繋がらない、こっちの人同士の縁というものもやっぱりあるわけなんだよなあと、思いましたよ。

なんにせよ、きんばらさんが動く、クマさんが動く、いろんなアーティストが動いて演奏して、音楽によって伝わって変化して繋がってとかそういうことが、もう絶対に起こっていくんだということが、希望や夢をもつとかいう、世の中生きてると信じられなくなりがちな当たり前のことを、とても簡単にしてくれるよなあと思うから、やっぱりやめられないんだよなあ。



satdog at 00:42|PermalinkComments(0)ACOUSTIC VOICE