2004年09月03日

【雑談でもしましょうか!!】

 取りあえず、blogを始めてみました。
BLOGの内容は、ちょっと真面目な内容にしたいのですが、
クソ真面目にばかりでは、疲れますので、何か興味の沸いたことに
ついて、書きたいと思います。

【私的なCADカスタマイズ方法の考察】

 私個人は、HO-CADやJW-CAD for Windowsを主に使用していますが、
仕事上の都合で、客先の違うCADを使わなければならない場面が結構あります。

 しかし、CADの操作方法は、各CAD毎に全く違う操作となってしまいます。
こうなってくると、出来るだけ同じようなインターフェースのボタン配置でしかも
コマンド動作も類似してくれたらどんなに、各CADの操作が楽になるか・・・・・
ということで、誰も私個人が使いやすいと思えるCADを作ってくれる訳もないので
独自にJWWやAutoCAD LTのカスタマイズをしています。

 AutoCAD LTのような製品CADの場合、カスタマイズ自体は、制限は
ありますが、かなり選択肢のあるカスタマイズが可能ですが、勿論、開発には
それなりの開発費が必要だったりします。

 まあ、仕事でしかも個人的なわがままだったりしますから、何とか、出来るだけ
開発費のかからない方法で、出来るだけ客先のCAD本体をカスタマイズしない
方法でとなる訳です。

 また、Webサイトで公開されているツールソフトを組合わせて、開発自体も
省力化してとか、色々と考えていますが、何となくまとまりがつかなくなっています。

 という訳で、ここでは、"私のこだわりカスタマイズCADについて"色々と考えて
見たいと思います。

【CADデータ変換方法の考察】

 使用目的に応じた、CADデータの再利用方法や変換TOOLソフト等に
ついて色々と考えて見たいと思います。


【その他のCADについて】

 ここでは、個別のCADデータの受け渡しに関する話題を主に考えたいと思います。
現在、CADデータは2DCADについては、AutoDesk社がAutoCADの異種バージョンの
データ変換用に公開したデータ形式であるDXF形式が相変わらず主流ですが、SFX等の
新しいデータ形式でのデータ交換が使われ出しています。

 しかし、一方では、日本国内でFreeSoftとして一番使用されているDOS版jw-cadの
形式である、jwcやjwkといった形式もひとつの選択肢としてデータ交換には使われています。

 さらに、CAD同士のデータ受け渡しという事でない場合には、svg形式等のベクタデータを
使う方法もあります。

 MS Office互換のオープンソースのアプリケーションとして、Open Office Org. Ver 1.1.2
等を使うことで、DXFを読込み出来る他に、表計算CALCに貼り付けも簡単に
行う事が可能です。


私の使用しているAutoCAD LTのスクリーンショット

f52b7a93.png
【私の使用しているAutoCAD LTのスクリーンショット】

 私が使用しているAutoCAD LTのスクリーンショットです。
ちょっとばかりですが、カスタマイズしてあります。
左サイドウィンドウは、自作のMen+Jackという外部ツールです。
見た目からも判ると思いますが、DOS版JW-CADの操作インターフェース
に似せています。

 また、操作面も、JWW特有のクロックメニューモドキとか、マウス両ボタンドラッグ
でのZOOM機能とか、極力JW-CADのように操作出来るようにカスタマイズして
います。
 ただし、まだ作成途中のため、まだまだ、使いづらい面はあります。
しかし、現状の状態でも、AutoCAD LTをノーマルで使うよりは、私にとっては
だいぶ使いやすくなっています