美術作家 佐藤歩 活動記録

平面を中心に制作しています。

佐藤歩について

・プロフィール
佐藤歩(さとう あゆむ)
1975年生
山形県出身

・ステートメント
「思惑」や「願望」を水滴のようにコロコロと弾き飛ばす、人間の都合に無頓着な存在を描くことに関心があります。

絵を描くときに、なにか実在するモチーフがある場合と、ない場合があります。

風景画や人物画は実在するモチーフがあります。
私の描く絵の多くは、直接的な実在のモチーフが存在しません。

心に浮かぶ朧気なイメージを手がかりに、絵を描き始めます。
朧気なイメージすら持たずに、描き始めることもあります。
そういうときは、なにも考えずに、絵の具を垂らしたり、手元を見ずに線を引いたりして、画面に痕跡を残していきます。
そんな働きかけを続けていくと、無意味な痕跡が何かを語りかけてくることがあります。
ロールシャッハテストといえば、分かりやすいかもしれません。
そこで得た手がかりを元に、意思を込めて絵を描き始めます。
偶然から朧気なイメージを想起させるのです。
なにを見たときに、なにを連想するのかを意識的に観察すると、とても興味深い時間をすごせます。
何かを連想する私の心の動きは、私だけにしか分からない、かけがえのない物です。
澱のように沈殿して出来上がった私自身が、その瞬間にしか味わえない二度とない出来事なのです。
ですから、この体験を尊重することは、私が絵を描く強力な動機になります。
ほかの誰にもできない、重大な取り組みなのです。

心の動きはとても小さい声でささやきます。
テレビもラジオもBGMも、ノイズとなって、心の声をかき消してしまいます。
誰かが発する騒音で、かけがえの無い自分を見失ってはいけません。
どんなに示唆に富んでいても、正論で間違いの無い意見でも、他人の言葉は、
自分自身のかけがえの無い、一回限りの人生を奪い取ってしまいます。

だから、描く時は、静かな環境が必要です。
私にとって、絵を描くことは生きることそのものです。
絵を描くことで、唯一無二の自分自身を取り戻せるからです。  



・受賞・活動歴

96年 公募
全国専門学校美術展選抜出品(東京都美術館)


04年 ワークショップ
「素焼で作るSFはにわ」(さきたま古墳公園) 

07年 グループ展
第三回歩展(山脇ギャラリー)

公募
埼玉県美術展入選(埼玉県立美術館)
武蔵野美術大学第二種奨励奨学生選抜

08年 ワークショップ
「甥リモートコントロール」(水窪ダム)

個展
「ぼぎだぢ」(BGAギャラリー)

09年 個展
「プレおばけパレード」(BGAギャラリー)

10年 個展
「おばけのささやき/おばけパレード/おばけクラウド」(東中野ギャラリー)

「おばけのささやき/おばけパレード/おばけクラウド」

「おばけのささやき/おばけパレード/おばけクラウド」

omoteura













東中野ギャラリー 
2010年1月23日〜1月29日

_DSC6661






_DSC6682






_DSC6667






_DSC6666






_DSC6689

佐藤歩 個展 「おばけのささやき/おばけパレード」

 102030

 

 

 

 

【展覧会名】
佐藤歩 個展 「おばけのささやき/おばけパレード/おばけクラウド」

【日時】
2010年1月23日(土)〜1月29日(金) 10:00〜20:00
但 初日14:00〜20:00 最終日16:00まで

【オープニング】
1月23日(土) 17:30より 参加無料

【場所】
東中野ギャラリー
〒164-0003 東京都中野区東中野4-4-5-203
TEL/03-5338-4866  FAX/03-5338-4868  URL : http://ms-web.jp

map_05

 

 

 

【プレスリリース】
「おばけのささやき」と題された本展では、
どのように生きればよいのか、誰もが見失っている時代に、一つの回答を示す。

回答とは、強要されるコミュニケーション、氾濫する情報を拒絶し、
「心のささやき」すなわち、言語以前をも含む直感に従い、世界を味わうことである。

その結果、リアリティをもった「当事者としての生」が取り戻され、
幼児期に生きた瑞々しい世界が再び訪れる。
生のリアリティは、死の虚無も退け、日々の営みに意味を与えていく。

本展では、この回答に基づく、取り組みの成果が披露される。

「心のささやき」は、独我を超えて、我々が共有する人間の根元に肉薄する。
「心のささやき」に耳を傾けて描かれた、思惑や意図を超えたおばけ達は、
根元性に裏付けられているが故に、昨今の社会のモジュール化された役割を、
あざ笑い、けちらす力を秘めている。

おばけたちの声に耳を澄ませば、「他者との出会い」と「唯一無二の尊さ」を、
ささやきかけてくるだろう。

露払い

kikikorisensya「露払い」

2009年 

240.0×120.0

パネル 寒冷紗 アクリル 岩絵具 顔料

近衛B

konoeb「近衛B」

2009年 

90.0×180.0

パネル 寒冷紗 アクリル 岩絵具 顔料

近衛A

konoea「近衛A」

2009年 

90.0×180.0

パネル 寒冷紗 アクリル 岩絵具 顔料

外板

gaiban「外板」

2007年 

90.9×72.7

雲肌麻紙 岩絵具 顔料

スーパースプラウト

sukurauto2「スーパースプラウト」

2007年 

116.7×90.9

雲肌麻紙 銀箔 墨 胡粉 岩絵具 ボールペン 染料

カテゴリ別アーカイブ
  • ライブドアブログ