最近、「地域活性化」をキーワードにした寄合が増えている。
私流では、車が走らない町、軌道交通を町の足にするかだと考えている。

まず、奈良市の市内循環をまずトロリーバスに、そして、三条通とやすらぎの道にもトロリーバスを走らせる。
もちろん、車は許可車(住民・勤め人・タクシー)以外は乗り入れ禁止に。

そこから、徐々に脱くるま社会に持って行く。
人力車が観光用に奈良市内を走っているが、観光税を新設しこの税収を人力車料金の補助に充てる。
さらに、高齢者用に使えるように奈良市としてバスのシルバーパスと同様の制度を導入すれば、高齢者の外出を促すことができる。

人力車は奈良の風景に合っている。

奈良県内の各地を観光用トロリーバスの路線で結ぶか、水陸両用ではなく、近鉄やJRの線路も走る、奈良県内の名所を結ぶ、新たな鉄道網を作る。これだけで、観光客は増えると思う。
「環境にやさしい奈良」をキャッチフレーズにするのがいい。
建設費用の多くは寄付による。江戸時代の土木工事の多くは、土地の名士がつくったという歴史的事実を広めながら募集すれば、いきに感じる人がでると思う。

以上、旅行好きな私の夢である。