2006年01月

2006年01月29日

久しぶりに

猫たちの写真をのせたりして。

んん大きくなったでしょ。

あと、テレビの人がちょっとこわい。

satochatty at 16:57コメント(2) この記事をクリップ!

2006年01月24日

夢みるテスト

最近マイナー教科にことごとくヤマをはずされている気がする。

今日の公衆衛生とリハビリもこれまた微妙に外されてしまった。

無駄にやる気ださなくても受からせとけばいいじゃん、と心から思うだが。

さて、今日のリハなどは考えてもさっぱりわからないのに、時間ばかり余っているので退出時間までぐっすり寝てしまった。

したらば懐かしい夢を見てしまった。

この忙しい時にこんなことを思い出してもしかたないのだが、ディズニーの「みにくいあひるの子」を全ストーリー思い出していたのである。

ディズニーの童話は最後こそハッピーエンドにしてくれるのだが、それまでの主人公はたいてい信じられないくらいかわいそうな人生をたどっている。ダンボ、ピノキオなどがその代表なのだが「みにくいあひるの子」も相当ひどい。

まず、みにくいアヒルの子は生まれた時、かわいそうに、あまりのみにくさに両親は目の前で喧嘩を始めてしまうところから始まる。アヒルの子はわけもわからず、とりあえずお母さんについて行くのだが、そこで兄弟にも母親にも追い出されてしまう。

一人ぼっちであてもなく旅をすることになったあひるの子だが、持ち前の明るさとポジティブさで居場所を探していった。

ところが、ある時水面にうつった自分の顔を見て、あひるの子は非常に驚いてしまった。誰だ、今のは。水面にうつっているこのひどい顔がまさか自分だなんて。ああ、なんて情けないみにくい顔だろう。それに気づいたあひるの子はとうとうそこで大声をあげて泣き出してしまう。

その声を聞いた白鳥の親子がみにくいアヒルの子を見つけて自分の家族に受け入れる。こうして幸せに暮らしましたとさ、

という話なのだが、一概にこういう話です、で終わらせたくないくらいにディズニーは孤独や健気なアヒルの子の描写がうまいのである。

ちょっと久しぶりに頭の中に流れてきて、あんまりアヒルの子が健気でかわいそうで、テスト中なのに思い出して泣いてしまった。どこまで情緒不安定なのだろう。おかげでつまらないリハのテストが感動の瞬間に変わってしまった。

しかもテスト用紙につっぷして爆睡していたので、用紙にほっぺの跡が…(汚い)

ちょっと終わったらビデオ借りてみようと思ったのでした。(もちろん、かにみそを食べながらね!)

あーあ、ヘンタイだ。



satochatty at 17:59コメント(3) この記事をクリップ!

2006年01月18日

まだ明日もあるのだ

久しぶりにパソコンを立ち上げたけど、毎日「勉強」「寝る」「食べる」「テストを受けに行く」の4つのコマンドだけで生きている私に、毎日面白おかしく日記をかくというのも無理な話である。ごめんなさい、文才のない人間で…。

ところで今日は一内科で、ほどよくヤマをはずされました。
明日は法医と歯科外の2本立て。
ブログ書いている場合ではないね?きゃ、頑張ります!


なでなで君は気楽でいいね。うらやましいよ。



satochatty at 17:29コメント(2) この記事をクリップ!

2006年01月12日

4匹

やっつけました。

あと残り21匹です。



satochatty at 17:40コメント(0) この記事をクリップ!

2006年01月10日

試験開始

今日かられんちゃんの試験たち。早速ひとつ終わらせてきました。

結果はまあこんなものかという感じですが。

なんか中途半端な頑張り具合だけど、置いてかれないように頑張ります。

今日の一言は「働け!学務課!」です。



satochatty at 15:59コメント(3) この記事をクリップ!
Profile
聡子(さとこ)
某大学所属。愛猫P氏と同居し、ディズニーと動物を愛する25才。
私を大人へと成長させてくれた大学生活もあとわずか。勉強も遊びも卒業するにはまだまだ足りない某大学医学部6年生。
Comments