2006年09月

2006年09月22日

始まりました

今週からバレーと和太鼓が同時に始まった。

そんなわけで全身がハンパなく痛い。
階段の上り下りがきつく、痛くてすわる時に「よっこしょー。いたたたたた!!」と悲鳴をあげる自分。引退して一ヶ月なのに衰えるのはやすぎ。

しかしこれでよいのだ。バレーはウエスト、お尻がしまるし、太鼓は握力がついて二の腕がムキムキになるしね(これはダメだけど)。

そんなわけで5年ですが、今年も体力作りを頑張ります。

2006年09月20日

またもや、語彙。

今週に入ってまた日本語の難しさを痛感。やはり本を読まないからであろうか…。


この連休は台風でずっと家に引きこもっていたわけだが、次の日にはあっさり晴れており、この地域にとっては何だったんだろうという感じであった。気象情報ではまだ隣にいるらしいのだが。そんな朝だ。
まさにこういうときに使うのだろうと、

私「まさに台風いっかだね!台風ファミリー!」

すると、つれも「あー、お父さんが風でお母さんが雨でね〜…。」と続けだしたので使い方はOKなのかと勘違いしてしまった。

案の定違いました。「一過」だったんですね!
一時の恥と思ってつれに聞いてよかった。てっきり「台風で雨→強風→晴れみたいに様々な現象がまるで家族の団欒かのようなことからそう呼ぶ」とか、勝手な解釈つきで間違ってました。

そのほかにも
班員でよく聞く会話

「せちがらいね。」「うん、せちがらいね。」

この年で辞書をひかなくてはならない私。
つれに報告すると、「…じゃ、例文を言ってごらん。」

私「?。クラスの人にいじめられた。世知辛い。」
つれ「うん、違うね。世知辛い世の中みたいなのが正解。」
私「そうでしたか。すみません。」

ちなみに「世知辛い(せちがらい)」
勘定高い、金銭にこまかい、しみったれなという意味。万事抜け目がなくて世渡りが難しい様子。
だそうです。明日にでも使えるね!




2006年09月10日

お誕生日会

5f136a9b.jpg大学の友人にお誕生会をしてもらいました!

五年になってもこうやってみんなでワイワイやれるのっていいなって、改めて思ったというか、人との出会いに感謝した一日でした。

社会に出てまたどこかで会った日にも(結婚式か!?)大学の頃のことを振り返って笑って話してんのかなぁ(^_^)。
なんて勝手に感慨深くなってみたりして。


2006年09月08日

スーパースター

『「未来は不知顔さ、自分で造っていく。」
多分あなたはそう云うと判っているのに。
ほんのちょっとざわめいた朝に声を無くすの。

私はあなたの強く光る眼思い出すけれど
もしも逢えたとして喜べないよ
か弱い今日の私では
これでは未だ厭だ

「答えは無限大さ、自分で造っていく。」
枯れ行く葉が相変わらず地面を護っている
そんな大地蹴って歩いては声を探すの

私はあなたの孤独に立つ意思を思い出す度に
泪を堪えて震えているよ
拙い今日の私でも…

明日はあなたを燃やす炎に向き合うこころが欲しいよ
もしも逢えたときは誇れる様に
テレビの中のあなた
私のスーパースター』 東京事変


勇気を振り絞って彼に逢った。
変わってない。とてもうれしかった。
けど、今の私ではまだダメだ。
次に逢うときは、もっと並んで歩ける様に、もっと護れるように、
今はただ力が欲しい。


2006年09月06日

滝実習

64c62ecb.jpg班員と遠足に行ってきました。
名付けて「滝実習」!

写真は日本の滝100選に入るという滝。滝壷まで行ったけとすっごいでかかったよ!

その後ワイン工場行って温泉で汗を流してお好み焼き作って飲み会して解散。盛り沢山で楽しかったです☆


Profile
聡子(さとこ)
某大学所属。愛猫P氏と同居し、ディズニーと動物を愛する25才。
私を大人へと成長させてくれた大学生活もあとわずか。勉強も遊びも卒業するにはまだまだ足りない某大学医学部6年生。
Comments