2007年08月

2007年08月08日

工場内の喫茶店にて

f4707417.jpgうなぎパイのミルフィーユ!!確かにー!







うなぎパイ・ファクトリー!

私の大好きな銘菓のひとつ春華堂の「うなぎパイ」。その工場見学なるものがあるらしい、ということで、行ってきました!
確かこれ、「でぶや」でも特集してたのをTVでみたことがある。最近できた人気のスポットらしい。

中に入るといいにおい…
しかもみんなにうなぎパイを無料で配ってくれるのだ!

この工場、見る人が楽しくわかりやすく見れるように工夫されてて、とにかく楽しかった。浜松にきたらウナギを食べるだけじゃなく、ウナギパイも堪能していただきたいものだ。

72f6d247.jpg
てすりがウナギー!!



2007年08月06日

面接だ!

マッチング第一弾。「大学病院」

控え室はここの大学の学生ばかり。私含めアウェー組も何人か。
面接内容は「何かプログラムに関してわからないことがあれば質問してください」。

そんな、質問とかあんまりないし…!


むしろ、面接官の方からいろいろ教えてもらい、最後は「知事によろしくお伝えください」で終了。
なんか面接としてはうまくいった気がせず。しかしうちの高校出身は落ちない面接らしく。
なんだか、悩まずここの大学病院一本にすればさぞかし心が楽なんだろうに…と思った面接だった。



マッチング第二段。「医療センター」

ここは事務の人と連絡がよくすれ違って、縁がないのかしら?と思ってしまったくらい事務的手続きにてこずった病院だったのだが…。

院長〜部長クラスがぞろり。全部で7人くらいいただろうか。質問内容は

「興味のある科は?」
「自分の性格をどう思うか?」
「僻地に行ってくださいと上から言われたら行くか?」
「そっちの大学を出て行ったら知事は何も言わないのか?」

最後の質問なんかは真剣に聞いているのか、思いつきなのかわからず、とりあえず笑ってうけながしてしまった。とる人数が少ないのでそこまで受からないといけない面接ではないが、今回は大学ほど緊張せず答えられて、まあよかった。


しかし、やはりいじられてしまう「知事ネタ」
このままいくとあと2つもこのネタにぶち当たること必至だ。

少なくとも10月くらいまではスキャンダルがおきないことを願うばかりである。

2007年08月02日

最後の西医体

前回の西医体でプレーヤーとして引退した私が今年も西医体についていったのには理由がある。

ひとつは、マネージャー兼監督として。もうひとつは同輩がひとり6年間続けているからだ。それから男子がもう二人。
この人たちを見送らねばと思ったから、引退してもずっと練習に行こうと思ったんだと思う。公私ともに尊敬すべき3人だ。

結果は女子は1日目は2−0で突破したが、男子は0−2で一回戦敗退となってしまった。
女子も2日目は目もつけてなかった相手に負けて終わった。

実力としてはほとんど去年と変わりないはずなのに、去年はまさかの4位で今年はまさかのベスト16。これがバレーの面白さだと思う。大切なのは、この悔しさをバネに、来年私たちのいないチームで大きく成長してくれることだ。結果にはならなくても、残したものはある。それは確かなことなのだから。

結果はともかくとして、最後の西医体もみんなと一緒に過ごせてほんとによかった。
振り返ってみて、今まで精一杯やってきたことは、みんな私の財産になっている。

来年卒業したら、部活や大学生活の代りに今度は仕事のスキルアップに没頭しないといけない日々がくる。絶対失敗も悔しく不愉快な思いをすることもあるだろうけど、これまで乗り越えてきたことを活かして頑張ろうと思う。


その前に国家試験だけど

2007年08月01日

清水の舞台

7d9e6b06.jpg西医体が今年は幸運にも京都だったので部活のみんなとがっつり観光に行った。

京都なんて中学以来だ。大人になると大人の楽しみ方があるんだなと思った。昔は街並みなんてあんまり見ていなかったから。

今日行ったのが、この清水寺。
清水寺っていっても何をお願いすべきお寺なのか、日本史の苦手な私にはさっぱりなのだが(ヲイ!)、やはりここは、西医体の勝利と、国試合格をお願いして、おみくじひいてお守りも買った。
それから初めて胎内めぐりもした。これホント怖い。13人くらい連なって行ったからキャーで済んだけど…

明日から試合のはずなのだが、みんなで1日中観光づくしになってしまった。

最後に行ったのが「京都大学医学部」(笑)。完全にノリ。
しかもそこで大分さん(大分のバレー部)とばったり。考えることはみんな同じなのね。
6年になっても上下関係なく楽しくつきあえる。ほんとにいい部活に入ったな…となんかしみじみ思った1日だった。



Profile
聡子(さとこ)
某大学所属。愛猫P氏と同居し、ディズニーと動物を愛する25才。
私を大人へと成長させてくれた大学生活もあとわずか。勉強も遊びも卒業するにはまだまだ足りない某大学医学部6年生。
Comments