2007年08月06日

面接だ!

マッチング第一弾。「大学病院」

控え室はここの大学の学生ばかり。私含めアウェー組も何人か。
面接内容は「何かプログラムに関してわからないことがあれば質問してください」。

そんな、質問とかあんまりないし…!


むしろ、面接官の方からいろいろ教えてもらい、最後は「知事によろしくお伝えください」で終了。
なんか面接としてはうまくいった気がせず。しかしうちの高校出身は落ちない面接らしく。
なんだか、悩まずここの大学病院一本にすればさぞかし心が楽なんだろうに…と思った面接だった。



マッチング第二段。「医療センター」

ここは事務の人と連絡がよくすれ違って、縁がないのかしら?と思ってしまったくらい事務的手続きにてこずった病院だったのだが…。

院長〜部長クラスがぞろり。全部で7人くらいいただろうか。質問内容は

「興味のある科は?」
「自分の性格をどう思うか?」
「僻地に行ってくださいと上から言われたら行くか?」
「そっちの大学を出て行ったら知事は何も言わないのか?」

最後の質問なんかは真剣に聞いているのか、思いつきなのかわからず、とりあえず笑ってうけながしてしまった。とる人数が少ないのでそこまで受からないといけない面接ではないが、今回は大学ほど緊張せず答えられて、まあよかった。


しかし、やはりいじられてしまう「知事ネタ」
このままいくとあと2つもこのネタにぶち当たること必至だ。

少なくとも10月くらいまではスキャンダルがおきないことを願うばかりである。

トラックバックURL

コメントする

名前:
URL:
  情報を記憶: 評価:  顔   星
 
 
 
Profile
聡子(さとこ)
某大学所属。愛猫P氏と同居し、ディズニーと動物を愛する25才。
私を大人へと成長させてくれた大学生活もあとわずか。勉強も遊びも卒業するにはまだまだ足りない某大学医学部6年生。
Comments