2015年11月21日

ステンレスの切断には欠かせないレーザー加工機。
弊社では、先日、ファイバーレーザー加工機を導入しました。
最新の設備で高性能であることは間違いないのですが、そもそも、ファイバーレーザーとは何なのか?CO2レーザー(炭酸ガスレーザー)とはどう違うのか?

CO2レーザー発振器では、レーザーガスが充填された発振器内で励起されたレーザー光を出力ミラーから取り出し、複数の反射ミラーで加工ヘッドまで伝送していました。
ファイバーレーザー発振器では、発振部分に空間共振器を持たないモノリシック構造になっており、複数ユニットから出力されるパワーを1本の光ファイバーにまとめて加工ヘッドまで伝送しています。
tech_aj_tab01_1a


①エネルギー効率3倍

高エネルギー変換が可能となり、エネルギー効率はCO2レーザーに比べ3倍、電力消費量を大幅に削減。暖気運転やレーザーガスが不要で、ランニングコストを約70%以上カット。

tech_aj_tab02_1atech_aj_tab02_1b
 


② 待機時消費電力約1/5
CO2レーザーは放電準備と冷却のため、待機時でも常に23kW程度の電力を消費。それに対しファイバーレーザー発振器は、キースイッチを入れると1秒未満での発振が可能で、待機時の消費電力は4.5kW程度に。


③メンテナンス費用大幅削減
ファイバーレーザー発振器内には、発振のための光学系部品がないため、それらの経年劣化によるクリーニング、交換などのメンテナンスが不必要。長年使用することにより、その差は大きなものに。

tech_aj_tab02_3atech_aj_tab02_3b


④優れた集光性

tech_aj_tab03_1aファイバーレーザーのBPPは、CO2に比べ60~70%と優れており、より小さな集光径が得られるため、高速加工やひずみの少ない加工が可能に。












⑤ビーム吸収率アップ
tech_aj_tab03_2aファイバーレーザーは、CO2レーザーに比べて波長が小さく、高反射材である銅のビーム吸収率も高くなるため、加工が可能に。





(※上記データは㈱アマダの設備比較です)


以上のようにファイバーレーザーは非常にたくさんのメリットがあります。
今後はこのファイバーレーザーが主流になってくるのではないでしょうか。
また、弊社ではファイバーレーザー溶接機も保有しております。近日、こちらの技術もご紹介させていただきます!

株式会社佐藤医科器械製作所では最新の設備で最高の品質をお届けいたします。
医療機器、食品製造装置、医薬品製造装置等の高品質ステンレス精密板金加工のVA/VE提案は株式会社佐藤医科器械製作所にお任せください。


satoikasatoika at 13:10│技術情報