2018年11月23日

まさかの。

image

こんな日が来ることになるなんて。。。
あの頃の自分に言ってやりたいです。
続けてて、良かったな、って。

タケルやレオが参入した時、胸がムズムズワクワクした。次いでりょーすけも!
ねずみイズムから黒須イズム。私の中のDNAがムズムズムズ。

The CONVOY SHOW vol.36 『ONE!』
振付します!

image










satojazz at 12:38|PermalinkComments(0) 振付 

2018年10月09日

Thank you AiiA Theater Tokyo

image

年内で閉館が決まっているAiiA Theater。この劇場で自分が関わる最後の演目、手塚治虫原作『七色いんこ』も昨日、無事終演を迎えました。
考えてみたらこの劇場には、だいぶ長きに渡りお世話になりました。思えば振り返るなんてこともしてこなかったけど、撤収後カラになったステージを見て、色んな思い出が蘇るなぁ。。。と感慨深くなること暫し。加えて過ぎた年月の多さに、愕然(笑)

あの頃まさか自分がこんなに長く深く演劇に携わることになるとは思っていなかったし、今でもその事に自分が特化しているとも思えない。かと言ってしなければならない、するべき、とも思えず、ただ、如何なる舞台という場所を中心に、絡まり合う十字の関係性の中にいる自分を絶えず想像しながら、己の使命と向き合うのみ。日々、向き合うのみ。





横に張られた白いテープに向かい、たった一人で走る孤独。
テープを切ったところで、それはいったい何位だったのかも分からない不安。
人生も半ばを過ぎ、それでも突然トンカチで頭を殴られたような衝撃に出会うかもしれない恐怖。

それでも前へ前へと進み続ける理由。

表現の世界に表も裏も存在しない。

全ては、人間そのものだから。






偉大な漫画家でありながら、演劇、舞台、役者という題材を使い強烈なメッセージを私達に送ってくれた手塚治虫氏。
時を経て2018年、この作品に出会えたこと、そしてこのカンパニーの一員であれたこと、本当に、、、ありがとうございました!!

image












satojazz at 18:02|PermalinkComments(0) 舞台後記 

2018年08月02日

薫さんBirthday party !!


薫さんの記念すべきお誕生日会!
サイコー以外の言葉が見つからない!!

image

原田薫さん。
後に続く私たちの道しるべ。私が東京に出てからずっとずっと背中を追い続けてる大大大大先輩。いんや、大先輩どころじゃない。薫さんはきっと、私が人生をかけて追い求める「踊り」そのもの。それは、今日のお誕生日会に参加して改めて思ったこと。薫さんという存在そのものが「踊り」であって、その姿を見ながら私たちの今日がある。

嗚呼、ほら。薫さんの声が聞こえます。

さとちゃん…やめて!重いっっ!

爆。
いいえ。薫さん。やめません。だってほんとうなんですから。薫さんから繋がる糸が、ぶっとくぶっとくぶっとくなって連なっています。
今日のとびきりスペシャルな企画を必死に隠しながら実行してくれた、よしちゃん。やの。お知らせ受けて私のテンション イッキにMAX。こんなにワクワクドキドキしたことあったっけ?!?!薫さんの記念すべきお誕生日をこのメンツと祝えるなんて!!! よしちゃん & たっつん力作のスペシャルな贈り物。受け取った薫さんの姿を見てまた号泣。
なんか、、、
導かれてるなぁ。
また、そう感じてしまった。。。
人、場所、音楽、そして踊りに。

出会いがあって、別れがあって、そしてまた出会って、泣いて笑ってケンカして、七つ転んでやっとこ起きたら、平成30年薫さんのこの一世一代アニバーサリーがありました。やっぱり薫さんが待っていてくれました。
薫さん。本当に、感謝しかありません。
薫さんのDNAを感じ、受け継ぎ、そしてこの仲間たちに出会わせてくれた薫さん。きっと恩返しは踊ることでしか出来ないかもしれないけど、それがいつか叶えられるように、また自分も精進します。


そして聞こえる薫さんの声。

だからさとちゃん…おーもーいーーー〜(>_<)


爆爆爆

薫さん。改めましてお誕生日、ほんとうにおめでとうございます!!
そしてこれから先もずぅーーーーっと、よろしくお願い致します(敬礼っっ)!!!!

image

イカーーーーーーッッッ🦑

笑笑笑







satojazz at 00:43|PermalinkComments(0) 思った事 

2018年07月16日

さとみブルー

image

『 YAMABIKO 』

Music by NakamuraEmi

Choreographer Satomi Toma

Costumes paint Maria

Dancer Mari Kubota / Megumi Kon / Takae Takahashi / Yui Hayashi / Yuri Hirano / Ayu Yoshioka

image








satojazz at 12:26|PermalinkComments(0) 舞台後記 

2018年07月14日

WING BELL vol.2 終演

image

Dance Space WING主催公演『WING BELL vol.2』無事に終演しました。

たくさんの感慨深い思いがあり過ぎて、何から呟いてよいかわかりません。
だからやっぱり、今、その時、その瞬間が全てでしかないと。身体そのものがメッセージ。説明や言い訳や答え合わせなど、全くもって必要なく。
舞台に立つ私たちはその瞬間が全て。観ている方にどう受け取って頂いたとしても、それが事実、そしてまた真実。だから私たちはそれを受け入れなきゃいけないし、時には心を鬼にして跳ね除ける強さも持つ。
答えを出すのは、自分。

原点。

image

此度の演出、小栗、そして矢野。私とは年齢もキャリアも違うこの2人とも、この場所でずっとずっと共に闘って来た仲間だ。先輩?後輩?だからなんだってんだ。そんなことはどーだっていい。2人の見つめる先だけを信じて、私たちは己の力と向き合うだけ。
いつだって変わらないこの形。互いをリスペクトしているからこそ、真っ直ぐ真摯に相手と向き合う。常識などここでは必要ない。縦の軸、横の軸。常識なんかではなく、自然の摂理。だからそれを受け入れて、真摯に向き合う。それが、私たちのやり方。


2018年、Dance Space WING。
時は流れて目にした今回のダンサー達。本当に本当に素晴らしかった。
共にステージに居ながら褒め称えあうのは性に合わない。けど言わせてほしい。
本当に本当に、素晴らしかった。
奴らの目を見て心が動かないはずがないのだ。親バカと言われても仕方がない。
だって本当に素晴らしかったから。
けど、もう言わない。
親バカで終わらせたくないから。



尋常じゃない物量と、このムサ苦しいほど尋常じゃない熱量に対応して下さるスタッフの皆さん。本当に本当にありがとうございました。
いつもお手伝いに駆けつけてくれるWING OGの皆さん、制作スタッフの皆さん。ありがとうこざいました!
そして演出 小栗、矢野。演助 佐久間。未だ手の届かない偉大過ぎる先輩方。そしてもはや言葉なんてなんの意味もない、私の丹田に埋め込まれた同期のみんな、後輩。そしてその魂を受け継ぐ若きダンサー達。そしてそして、すべての生みの親WING代表 小林先生。

『WING BELL vol.2』すべてを紡いだら、こんなん出来ました。by おぐり & やの (w)

image


お疲れ様でした!
そして、ありがとうこざいました‼︎














satojazz at 20:26|PermalinkComments(0) 舞台後記 

2018年07月09日

あと三日

ナンデ踊るんすかね。
ナンデ踊るんすかね。
腰もイタイし首もイタイ。
でもナンデ、踊るんすかね。
きっと、言いたいことがあるんでしょうね。
ことばにならない、伝えたいことがあるんでしょうね。
どこに届くかも分からない、けど雲を飛び越えててっぺんに届くほど、大声で叫びたいことがあるんでしょうね。

時に燃え尽きそうになる炎を、隣の誰かが消えないように両手で覆ってくれる。
そのたんびに「ありがとう」って呟いて、また前を向いて踊るんすね、わたしたちは。

創る人。
踊る人。
観る人。
バトルにも近いこの感覚。
それぞれがそれぞれの、てっぺんを目指す。

己の強さがすべて。

image

マイホーム。

Dance Space WING

『WING BELL vol.2』 まで、あと三日。

最強な仲間たちと共に。









satojazz at 02:51|PermalinkComments(0) DANCE | 舞台

2018年06月30日

art

踊る
ダンス
表現
叫び
からだ
ことば
パフォーマンス
エンタメ
芸術
継承
進化
生き様

人生
幸福


意味のないものに、意味を見出す。

止まらない時間に抗いながら、一瞬を生きる。

連なり。

呼吸。

我ら、踊る人。

内側の声。

放つ光。

我ら、踊る人。

ニンゲン。

image

2018.7.12(thu).13(fri)
Dance Space WING
『WING BELL vol.2』

http://blog.livedoor.jp/satojazz/archives/52128202.html








satojazz at 23:47|PermalinkComments(0) 舞台 | DANCE

2018年06月12日

2018.7.12(thu).13(fri) Dance Space WING 主催公演『WING BELL vol.2』


『WING BELL vol.2』
image

日時:
7月12日(木) 19:00〜
7月13日(金) 13:30〜 / 18:30〜
( *開場は開演の30分前 )

場所:
渋谷区文化総合センター 大和田さくらホール( 東京都渋谷区桜丘町23-21 )

チケット:
指定席:[前売り]\4.200 / [当日]\4.800
自由席:[前売り]\3.500 / [当日]\3.800



監修 : 小林ひとみ

演出 : 矢野祐子・Oguri



スタッフ :
照明 / 小笠原洋
音響 / 松山典弘 (カムストック)
舞台監督 / 佐伯美佳 (KARRY'S)
スーパーバイザー / 狩俣康徳 (KARRY'S)



◆Act.1◆


振付:
朝吹梨加、木下菜津子、小嶋亜衣、小林ひとみ、西藤みどり、柴一平、JUN、當間里美、西川卓、HACHI、原田薫、三井聡、都めぐみ、矢野祐子、YOSHIE (50音順)


Act.1 出演者:
愛甲はるか、荒牧宏美、飯島季美花、幾老真理、石橋史緒里、伊田朋美、井坪祐子、井上弥子、猪野なごみ、今村里穂菜、岩間優子、梅原菜摘美、榎原亜希、江見早紀、大川千裕、大川美紀、大田志歩、岡朗生、尾関晃輔、小高久美、小見美雪、加藤真理、川聡美、木内せい子、北見柚き、北村里世、金千瑛、久保田真理、久保万依、小林ゆみ理、小宮山愛梨、今愛美、坂井絢美、坂本美月、櫻井美菜実、佐々木希衣、清水彩、神亜優、杉中つばさ、鈴木こず絵、鈴木麻里、高橋孝衣、高橋由理佳、高橋佳子、高柳祐里、田部美咲、中條玲南、辻ありさ
樋田梨穂、中井戸由利佳、中村美緒、西貝恵利香、西田恵美、西村実佳、西山宙希、野口紗希
林祐衣、早見直子、原天音、東尾滋子、平野祐理、広瀬春菜、福満美帆、星実花、堀口由紀子、松浦優一、松尾香琳、松本奈月、真辺美乃理、御園純子、宮城友里香、森田奈美子、柳田英理、薮内由里絵、山口李菜、山崎愛羅、山田麻梨亜、山田裕子、山中希理賀、山中はるな、湯浅くらら、吉岡鮎、吉野加奈子、渡辺謙典
(50音順)




◆Act.2◆


" 13months "


振付:
大野幸人、木下菜津子、柴一平、當間里美、原田薫、松田鼓童、松田尚子、三井聡、矢野祐子、Oguri、TATSUO、Yoshie (50音順)


Act. 2 出演者:
猪野なごみ、加賀谷夢実、川崎聡美、久保田真理、小嶋亜衣、西藤みどり、佐久間夕貴、谷口絵里香、當間里美、永井直也、西川卓、藤田秋穂、冬川耕佑、松田尚子、ミノヴィッチたまら、宮城友里香、矢野祐子、悠木冴、吉田真生人、渡辺謙典、Oguri、SANTA、TATSUO、HACHI、HANA、Yoshie (50音順)


・・・・・・・・・・・・・


長い人生の流れ続ける時間の中、
ふと立ち止まった時。

人はどう過ごし、何を感じているのか。

いまこの瞬間を切り取ったとき始まる
それぞれの " 13months "


・・・・・・・・・・・・・

あなたの"始まり"はいつですか?

・・・・・・・・・・・・・




Dance Space WING







satojazz at 15:11|PermalinkComments(0) 振付・出演 | 告知:舞台

2018年06月05日

“COLORFUL NOTE” 終演

image

日本橋社会教育館会館で行われた、浦上雄次 & 群青プレゼンツ 生演奏で贈るタップダンス発表会”COLORFUL NOTE” 無事に終演しました。

タップダンスって、どこでも踊れてお手軽ね♪
なんて思っていた自分は遠い昔。そうです。タップダンスは全然お手軽じゃありませんw 未だかつてこんなに運搬設置が困難な楽器は果たして他にあるでしょうか。
楽器でもあり踊る為の床でもある大切な板と、そして我々ダンサーと表裏一体である音楽を共に構築し奏でてくれる最高のミュージシャン。この2つの間に存在しているタップダンス。自分一人じゃステージにすら立てない。タップシューズから出る自分の声が聞けるのも、ピアノの美しい旋律とベースの太く暖かいリズムがそこにあることも、決して当たり前ではありません。
今日の湿気と戦いながら確かめる板の具合。自分の耳のすぐそばで今この瞬間動いて行く音楽とダンス。原点。

カラフルな、本当に色とりどりのパフォーマンスでした。
板の上で喜ぶみんなの体の声が、足音となって響いてくる。
派手な照明も無い、セットも無い。あるのは踊るカラダと、板と、ピアノと、ベースだけ。
、、、、わたしはなんとも感慨深いです。ほんとうに。。


私がタップダンスを始めた時、どこでどうやったら踏めるのかとか、どうやって練習するのかとか、そもそもタップダンスの楽しみ方とか、全くわかりませんでした。
そうです。この二人と出会ってなければ、私は今日までタップダンスを続けてはいなかったと思います。
image
この二人に導かれるように集まった此度の勇者達。だから私は勝手に他人な気がしておりません(笑)。
多くの繋がりを経て、そしてみんなが踏む同じ板を介して、続いて行く歴史の中にいる自分を振り返りながら、TAPDACERIZEとして参加させて頂いた今日という日を、一分一秒残さず心の記憶に収めることができました。

2018年”COLORFUL NOTE”主催 SUJIくん、群青。そしてベーシスト砂パン、ピアニスト タケちゃん。制作スタッフの皆さま。共演者の皆さま。

本当に本当に、ありがとうございました!!

image



















satojazz at 00:06|PermalinkComments(1) 出演 | 舞台後記

2018年05月19日

2018.6.2(sat) & 3(sun) "COLORFUL NOTE"

《浦上雄次タップダンスワークショップ開催10周年記念特別企画》〜タップダンサー 浦上雄次 & 群青 プレゼンツ〜

♪ 生演奏で贈るタップダンス発表会
" COLORFUL NOTE "



【日時】
 2018年6月2日(土) 18:30開場 / 19:00開演
 2018年6月3日(日) 13:00開場 / 13:30開演

【チケット料金】
 1,000円 (全席自由)

【会場】
 日本橋社会教育館会館8階ホール
 〒103-0013 東京都中央区日本橋人形町1-1-17 http://chuo-shakyo.shopro.co.jp/nihonbashi
    
【出演】
  浦上雄次ワークショップ
  中央区ステッパーズ
  FOOT WORKS
  Bay Sole
  G-STEPPERS
  群青リハべワークショップ
  SPACE ☆K DANCE COMPANY

【Musician】
  Sunapanng (Bass)
  ヤマザキ タケル (piano)

【Guest Performance】
  TAPDANCERIZE 浦上雄次/當間里美/群青


【お問い合わせ】
rhythmandstep@gmail.com

image


image











satojazz at 22:20|PermalinkComments(0) 出演 | 告知:舞台

2018年05月10日

soul


いつでも

image

どんなときでも

image

一歩づつしか進めない

image

不器用でほんとに ゴメンナサイ

image

だから一所懸命 踊ります

image

感謝












satojazz at 23:06|PermalinkComments(2) 生活 

2018年04月28日

artemaria061 EXHIVITION 本日の回 終了

image

maria × 當間里美

本日の演目、無事に終了しました。
写真上がfirst stageの作品。下がsecond stageの作品。
maria氏の指先から、そして私の足元から、そしてお越し頂いた皆さんから、バシビシとエネルギーが集まって出来た作品。かけがえのない、世界にたったひとつの作品が出来上がりました。

image

maria氏とは、まだ初めて出会ってからほんの数回しかお会いしていないけれど、なんか、フツー 人と人が初めて出会ってから交わす至って常識的な行いは一切ぶっ飛ばして、今日という日を迎えています(笑) それが一般的にみたらいかがなものなのかとか、そんなことは一切カンケーなく。

それで今日私は思ったんです。
今朝会場に入ってからあくせく準備をする彼女の手、愛おしく絵の具の数々を並べる彼女の手、生み出した作品を並べる彼女の手、皆様に心のこもったおもてなしをする彼女の手、今日はよろしくおねがいしますと、私に丁寧に差し出された、彼女の手。
初めて出会った時もそして今日という日も、彼女の手から強烈に放たれる言葉達を私はずっと受け取っていたのかもしれません。そのアンサーと言うかそんな私達の何気ない会話が、今日のあの時間だったと、それは不思議だけど何も不思議ではないという結果フワッとしているけど、確かな必然を感じました。

人や環境、物、全ての繋がりが一本でも違えば今日という日はなかったと思います。今日会場にお越し頂いた皆さんと、maria氏と私と、みんなで作った作品なんだと思うと、心から愛おしく、そして力強く、またひとつ生まれた小さな命のようで、なんだかそれは、とても、神々しいな。。。と、密かにしみじみ心の中で思っております。


image

写真左上段 secondに飛び入りしてくれた、singer五十鈴ココちゃん。secondに観に来てくれると聞いてスルーするはずがありませんw 急な無茶振りにも即座に反応してくれました! 彼女に降りてきた言霊が、私達に語り掛けるのに時間は必要ないのです。
ココさん! 本当にありがとう☆

そして写真左下段 スタッフの、みわちゃん。これまたわたしの無理なお願いにも嫌な顔ひとつせず対応して下さり、本当に助かりました。みわちゃん。みわちゃんとの初コラボレーションも絶妙だったね(^_-) 本当にありがとう!

image

second終わって手を見たら、何故か私の手にもペイントがたくさん付いていました。自覚がありませんw
…でもなんだか少しだけmaria氏に近付けたようで、嬉しかったです☆




今日出会って下さった皆々様。また再びお会い出来る日を心から楽しみにしています。本当に、ありがとうございました!!
そしてmaria氏。言葉はなくとも、今もう伝わっている気がしてなりません。だから多くは語らず。。


Muchas gracias!!!




p.s
maria氏のギャラリーは明日まで開催しております。
詳細は下記をご覧下さいませ。
よろしくお願い致します!
http://blog.livedoor.jp/satojazz/archives/52125223.html











satojazz at 22:50|PermalinkComments(2) TAP | 舞台後記

2018年04月23日

artemaria061 EXHIVITION Live出演のお知らせ

image

artemaria061 EXHIVITION "Vida" 生命の力


4月26日(木)〜 4月29日(日)

Gallery majerca @吉祥寺
〒180-0004 武蔵野市吉祥寺本町3-3-11 中田ビルB1F
http://www.majerca.com/access/

OPEN 12:00 / CLOSE 19:00

Colabo live painting ※要予約
\2000 1D付

▪️28日(土)⓵13:30〜 ⓶16:30〜
Special guest Satomi Toma
Tap × Live painting

▪️29日(日)⓵13:30〜 ⓶16:30〜
Special guest Lina
詩朗読 × Live painting


※ 26(木)27(金)はLIVEはございませんが、全作品ご覧頂けます(全日程在廊しております)。
一定の日時が混み合う可能性、アーティスト不在の時間帯等の可能性がありますので、お手数ですがご来場のご予定がお決まりの際には下記アドレスまでご一報下さい。
artemaria061@gmail.com

※ 現在の予約状況→28(土)⓵13:30〜、29(日)⓶16:30〜の枠のみ数名様ご案内可能です。

image

image


昨年11月、五十鈴ココちゃんのLiveで共演したmaria氏とのコラボレーションが実現しました。多彩なアーティストmaria氏と2人で織りなすインプロビゼーション。当日どんな化学反応が起こるのか、楽しみです!
image












satojazz at 14:15|PermalinkComments(0) 出演 | TAP

2018年04月21日

梅棒『Shuttered Guy』観劇

デタな。梅棒。

またやってくれた!! w

とにかくとにかくとにかく、キャラクターが素晴らしいし、それを演じるプレイヤーも素晴らしい。
え?タマゴが先?ニワトリが先?
毎度感服してます、わたし。ぜんぜんそこだけじゃありませんけど。
いや、好きなんでしょうね、わたくしこの世界観が。
いや、たぶんみんな、好きだと思います(断言スタイル笑)

梅棒公演の何が凄いかを、頼むから一度わたしに語らせてくれ、と思いますが、ンなもん聞くまでもなく早く観劇させてくれ、と皆さん思うでしょうから、ここは己の感性に従って己の笑いをおおいに満喫すべし。

体現するって凄いことだし、人のカラダって無限って思うし、制約の中に自由は存在するし、緻密は最大の武器だし、色んなこと引っくるめて情熱と愛を感じるし、それを言わない言わせないところに魂を感じるし。

あ、いけね。
また語るとこだった(爆)


image

艷漢にゲスト出演してくれた、すいーつくんこと、野田裕貴くん。おいおい、完成度高過ぎやないかい(笑)
今度は別の機会に、もっと彼をイジリ倒してみたいと思います。紙テープだけでは済まされませんのでそこンとこヨロシク(笑)!















satojazz at 23:11|PermalinkComments(0) 思った事 

熊谷拓明『踊る楽語』の会

image

念願だった 熊谷拓明 くんの『踊る楽語』の会、観れました!


踊る楽語。
今日は僕は踊りません。
25年もダンスやってりゃぁ、もはやコトバも踊ってるんじゃないかって思って。


素敵過ぎる見解。
急に訪れた夏の気配。午後の一番気持ちイイ時間帯に枝豆とビール片手に縁側に居る気分でそれは始まり、いきなしの雑談で心を掴まれた。笑
魅力的な他愛もない物語がそこに見える不思議。面白かったナ〜
身体の魔術師は、コトバの魔術師でもあった。

心・技・体

改めて。



それにしても、面白かった!
image












satojazz at 22:37|PermalinkComments(0) 思った事 

ダイキっちゃんとつっちー Vol.2

image

ダイキっちゃんとつっちーの『SniTs Vol.2』、初日明けました!

雰囲気のとてもナイスな劇場と、暖かいお客様。
なんだか羨ましす。。(>_<)
そして今日も2人は、バカだった!(笑)

明日も早いというのに初日打ち上げ炸裂。
今日の反省を明日に活かしつつ、でも、別途色々やっぱり話が尽きない(笑)

生きてるモンは、やっぱり楽しいよね〜







satojazz at 00:30|PermalinkComments(0) 振付 

2018年04月20日

れんしゅう

ぷはぁ〜

ひとっ風呂スタイル

楽しか〜〜♪

image










satojazz at 17:55|PermalinkComments(0) TAP 

2018年04月17日

歌謡倶楽部『艶漢』第二幕 終演

image

身も心も艶やかに乱れまくりの歌謡倶楽部『艶漢』第二幕。今回もまた、天晴れな終演と相成りました。

尚さんの描く美しい筆の流れに導かれるまま、そしてそれが各々役者のもつ魅力と相まって現実か想像か分からなくなるミラクル。止まらない妄想。創る者、演る者、観る者の脳をこれでもかと刺激しまくる『艶漢』。
鳴呼…なんてクレイジー。サイコーじゃないか!

そう。この作品に関わる人はみんなクレイジー。
そうか。だからわたし、好きなんだ!

ひょっとして尚さんは『艶漢』をこの世に生み落とした時、こうなる事を既に知っていたんじゃないか?と勘ぐってしまう程、強烈な個性を放つキャストが集まっている舞台『艶漢』。だって彼等じゃなければ今日という日は絶対に訪れていないもの。
溢れ出るアイデアと遊び。真摯に向き合う信念。その先を見据えているがこその構築と破壊。
オモロイな。オモロイな。
だから、彼等とならまだまだ色んなこと出来るゾ!と思ったら、終演二日目にして早くもワクワクしてる自分が居やがるw
ほんとはこのカンパニーに集まるクレイジーで変態なみんなを一人づつ罵って…あ、違った(笑)、紹介していきたいけど後で何言われるかわかったもんじゃ無いから全力でやめておく(笑)

たくさんのミラクルを呼び起こした歌謡倶楽部『艶漢』第二幕。
原作者 尚さん、そして編集 吉野さん。私たちは間違いなく、日々この御二方から溢れ出る「何か」に反応しながら、だから今日という日を迎えられたと思っています。でもその「何か」が何かは、諸般の事情により、こちらも此処では秘密にさせて頂くことにします(笑)



スタッフ、キャスト、そしてお客様。色んなパワーが集結して、終演した今も絶えず脈付き形を変えているような気がする歌謡倶楽部『艶漢』。
名残り惜しくもありながら、またお会い出来る日を心待ちに。。

ありがとうございました!

また、会いましょう!

image












satojazz at 01:30|PermalinkComments(0) 舞台後記 | 振付

2018年04月11日

あらゆる人々のエネルギーが集まる「舞台」という場所は、如何なる時もわたしにとっては最高最強のパワースポット。

儚く、そして尊い場所。



たくさんの思いと共に、明日またひとつ幕が上がります。

歌謡倶楽部『艷漢』第二幕

開演

image










satojazz at 02:50|PermalinkComments(2) 振付 

2018年04月10日

ダイキっちゃんとつっちー

image

デマした。わたしの振付史上もはや伝説のユニット*pnish*。
此度、この*pnish*から佐野大樹、土屋佑壱。この二人による企画・演出・出演 『SniTs Vol.2』がただいま絶賛稽古中!

*pnish*との出会いは遡ること2006年?つっちーとはその一年前に『BLEACH』で出会ってて、そこから幾度となく振付させてもらって、そのたんびに「くだらないねくだらないね、我々、くだらないね!」て言いながら大笑いして、芝居から何から4人の絶妙なコンビネーションにいつも感服してた。
そんなこんなで時を経て、今回声をかけてくれたダイキっちゃん、そしてつっちー。だいぶ年輪重ねた私達がこうして再びクロスオーバーしてるこの不思議。だからそりゃ話も止まらないわけさw
でもわたしはすごく嬉しいんだ。
畑は違えどお互いに心の情熱は変わらず、変わらないどころか益々トンがりw時を経てこうしてまた一緒に出来ることが、本当に嬉しいし楽しい!

RHでは相変わらずの多汗かきながら踊ってるダイキっちゃんとつっちー。それでも観に来て下さるお客様を思いながら、2人と創る時間が私にとっては至福の時。決して莫大にあるわけではない時間の中で、少しの発見と共に未だ進化し続ける2人を見ながら、ニヤリとしたのは言うまでもありません。

そして稽古はまだまだ続きます!














satojazz at 00:30|PermalinkComments(0) 振付