名南経営コンサルティング 佐藤公俊の社長ブログ

名南経営コンサルティング 佐藤公俊 公式ブログ

 弊社ネットワークの経営理念に、「自利利他」という言葉があります。

寛永寺 
元々は仏教の用語で、解釈は諸説あるようですが、その中の1つに、他を利することが、そのまま自らの利である、というものがあります。

 
開業税理士・会計士という自由業の世界で、全国組織を作り上げた方が、その言葉を好んで使っておられました。

 
弊社ネットワークの税理士法人も、創業者の代から、その全国組織の会員となっています。

 
仕事をしていく上で、迷うことや判断に困ることがあったとき、根本である自利利他の精神に立ち返って考えよう・・・・・というようなことを先日の入社式で、新入社員への挨拶として述べました。

 お客様の周年記念のパーティに、参加させて頂きました。5年前にも参加させて頂いたお客様です。心から御礼とお祝いを申し上げます。

ステージ 
アトラクションでは、3名のプロの芸人さんが登場され、それぞれの持ちネタ芸を披露。

 
特に最後の出演者が、テレビでも人気を博した持ちネタを出すと、会場中が笑いとどよめきの渦でした。

 
一時期に比べるとテレビへの出演も少なくなっている方ですが、かつての人気ネタが見る人を引き付ける力は、まだまだ大きいようです。

 「お客様への訴求力」を実感でき、改めて、感謝する次第です。

将棋2 将棋でかつて七冠王となり、永世名人となられたプロ棋士の講演を、聴く機会がありました。

 
色々と興味深いお話を伺えましたが、印象に残ったのは、ミスをしたときの話です。

 
対局中にミスをしてしまったとしても、その反省・検証は後回しにし、その後の勝負に集中するということ。

 
昔、資格試験の受験指導校に通っていた頃、講師が、本試験の際は1つの科目で失敗したと思っても、その検証は後回しにして、その後の科目に集中せよ、と言っていました。

 
これは常に前向きに考え、その時点でのベストを尽くすという、トッププロの考え方と同じだったのだと、改めて感じました。

このページのトップヘ