名南経営コンサルティング 佐藤公俊の社長ブログ

名南経営コンサルティング 佐藤公俊 公式ブログ

 今年も、所得税の確定申告が終わりました。先週、打ち上げの飲み会を行った税理士事務所は、多かったのではないでしょうか。

書類 
私も、自分の確定申告のために医療費の領収証等を揃えましたが、毎年、時間が掛かります。

 
お客様からの預かり資料なら、会社のファイルに識別して保管するのですが、自分のものだと、自宅の色々な所に分散して保管してしまいます。

 
いつも年の初めの方には、場所を決めて保管しようとするのですが、段々とつい身近な所に一時的に置くつもりで置き、結果、分散保管となってしまいます。

 

 物理学に、エントロピー増大の法則と言う法則があります。エントロピーとは無秩序の度合を表す物理量をいいます。

 
自然な状態ではエントロピーは小から大の方向に進む、という法則で、放っておけば無秩序状態が進み散らかって行く、というような意味です。

 
私の領収証保管にもこの法則があてはまるな、などと言い訳がましく思っていますが、今年こそは分散しないで保管するよう、自制します。

 年上の経営者に、お話を伺う機会がありました。元々、公務員から保険会社に転職、その後独立され、ご自身で会社を経営されています。

頂上 
保険会社時代には、営業として短期間でトップレベルの成績を上げられたそうです。

 
その秘訣は、他が行かないような先に行ったこと、つまり他の営業が嫌がるような先から、訪問先を選んで行っていたことにあるとのこと。

 
その分、きつい思いをすることもあったそうですが、他のライバルがいないため、成約率に繋がったとのことです。

 
他とは違う戦略で成果を出した、一例です。

 税理士事務所の、2代目経営者のお話を聴く機会がありました。具体的な内容で、色々と参考になりました。

 
お父上である先代から事業承継してまだ数年とのことですが、着々と成果を出されているようです。

対立 
面白く思ったのは、創業者である先代の反対を押し切り、ご自分のお兄様を事務所に入れたというところ。

 
先代は兄弟が同じ事務所で働くということに、反対だったそうですが、経営者・承継者としての意思を、貫いた形になります。

 
「兄には、自分とは別の役割を担って貰うことで、今の所うまくいっている。」とのことでした。

 
同族経営の事業承継後、先代と承継者とで意見が食い違う例が、少なからずあります。何が正解ということはありませんが、1つの示唆になれば。

このページのトップヘ