名南経営コンサルティング 佐藤公俊の社長ブログ

名南経営コンサルティング 佐藤公俊 公式ブログ

セミナ 十数年前、一緒に集合研修を受け、現在は経営者として全国を飛び回っておられる方と、再会しました。

 
社長に就任されて以来の事業の状況や、他社の動向も交えつつ、昔話にも花が咲きました。

 
その方の会社は、その方が社長になられてから、人員が倍増したとのこと。素晴らしい成長です。

 
一方で、これからの事業環境の厳しさ等につき、切々と語っておられました。

 
環境も変化しますが、個人も変化します。変化を成長に還元できる存在たれ、という刺激を受けた思いです。このような機会を頂けたことに、感謝致します。

 士業法人を設立する場合、税理士法人であれば、社員(出資者)となる税理士が、2名以上必要です。

 
社会保険労務士法人、司法書士法人、行政書士法人でも同様で、社員となる士業メンバが、2名以上必要です。

法律書 
弁護士法人の場合はこの限りではなく、社員となる弁護士が1名でも、法人化が可能です。

 
つい最近、弊社ネットワークの弁護士と話すまでそのことを知らず、弁護士法人も弁護士が2名以上必要だと思っていました。

 
単純な思い込みで、恥ずかしい話です。 「だろうの排除」という基本の教訓を、身近なところで得ました。

コンビニ 海外の大手IT企業による、無人コンビニがニュースになっていました。

 スマートフォンの専用アプリを機械にかざし、商品を取り出して外に出ると、クレジットカードで決済される仕組だそうです。

 
そのため会計用のレジは無く、また商品を入れるための、かごも無いとのことです。

 
さらに複数の小売大手も、無人店舗の展開を表明しているようで、この分野の競争が激しくなるかもしれません。

 
日本への導入があるのかどうかはわかりませんが、深夜コンビニでの従業者の犯罪被害等への、対策の1つになるのではと思います。

 
半面、労働需要が減るという側面もあります。トレード・オフと言えるでしょうか。

このページのトップヘ