名南経営コンサルティング 佐藤公俊の社長ブログ

名南経営コンサルティング 佐藤公俊 公式ブログ

 先日、東京へ出張した際、ホテルに泊まりました。そのホテルでは宿帳が電子化されており、ディスプレイに電子ペンで記載するようになっています。

 
ホテル予約サイトで予め予約しておいたため、住所等はディスプレイに転記済みで、署名のみを電子ペンで書きました。

ドアロック 
客室の施錠は自動ロックで、解除はドアの取っ手の上の数字ボードに、暗証番号を打つことで行います。

 
料金は前払いで、キーを返す必要もないため、チェックアウトはありません。

 
私は東京へはちょくちょく出掛けますが、こういう方式のホテルに泊まったのは、初めてでした。

 
海外の大学が挙げていた、将来コンピュータにとって代わられるという仕事の中には、「ホテルの受付」が含まれています。

 
その他には、「税務」「会計」「保険」等に関わる仕事も含まれています。色々と、気になります。

 弊社ネットワークが税理士事務所として創業して間もない時期の、OB・OGのお話を伺う機会がありました。

 
ちょうど高度経済成長の波に乗ったことや、創業者自身も若かったこと等から仕事も多く、事務所に泊まり込みになることもよくあったそうです。
畳
 
そのために所内に宿泊に使える和室があり、布団が常備されていたとのこと。今であれば、ブラックと言われていたでしょうか。

 
先人達のお陰で今日がありますが、経営が環境適応であるならば、今時点での法律・制度や就業意識等を、環境の一要素として捉え続けることが要されます。

 
悩ましいテーマですが、悩み続けます

 地元を拠点とする銀行の、新頭取就任祝いの会に出席させて頂きました。

乾杯2 
その上、光栄にも、乾杯の挨拶をさせて頂きました。新頭取の下のお名前が、外国で活躍する日本の有名スポーツ選手と同じ読みであることから、その選手同様にご活躍を、というような挨拶でした。

 
どれくらいウケたかは不明ですが、お招き頂けたことに感謝致します。ありがとうございました。

 
同じ名前と言えば、インターネット上に、日本の同姓同名の人数ランキングがあり、それによると一番多い氏名の方は、全国に約5千数百人おられるそうです。

 
過去に複数の自治体で、マイナンバーカードや通知カードを、同姓同名の別人に誤交付したという事例がありました。

 
詳細確認を怠るという、ヒューマンエラーです。反面教師として、気を付けたいです

このページのトップヘ