少し前から一部の歯が痛くなり、職場近くの歯科医院を訪れました。仕事でなく患者として歯科医院に行くのは、10数年振りのことでした。

 
最初は、待合室で待っていました。医院の待合室と言えば、時間しのぎのために雑誌を置いている所が多いです。

 
そこの歯科医院には紙の雑誌が無く、タブレットが数台置かれ、電子雑誌を読むスタイルでした。私にとっては、初めての光景です。

風 
報道によれば2018年度の診療報酬改定は、薬価の引き下げにより、全体ではマイナス改定の方向だそうです。

 
電子雑誌の目的の1つに長期的なコスト削減があるとすると、その普及にマイナス改定が、影響するかもしれません。

 
ハイテク時代の「風が吹けば~」に、なるでしょうか。