毎年、その年を表す漢字一字が選ばれるキャンペーンで、今年は「北」という字が選ばれました。

 
近隣国への意識の表れ、国内の地域的な自然災害や天候不順、さらには野球や競馬に絡んだ意味合いもあるそうです。

 
漢字としては元々、2人の人が背を向けている形から成り立ち、「そむく」とか「にげる」という意味を有するとのこと。

行司 
確かに「敗北」という熟語には、「北」が含まれています。

 
それに関係あるかどうかはわかりませんが、勝敗が重要である大相撲の世界で、「北向く」と言うと、「すねる」とか「変わっている」というような意味になるそうです。

 
相撲界も経済界も、色々なことがありました。来年はより良い年になることを祈りつつ、今年もお世話になりました。良いお年をお過ごし下さいませ。