JR東京の新しい駅の名前が、「漢字の地名+外来語」であることが発表され、話題になっています。

 
こういった語を混種語と呼ぶそうで、ぱっと思い付くところでも、「風船ガム」、「観光バス」、「携帯ケース」、「録音テープ」、「画像ファイル」等々、色々。
バス
 
厳密には漢字の言葉も、和語と漢語を分けて考えるようで、例えば、

 
・大型観光バス = 大型(和語) + 観光(漢語) + バス(外来語)

 
という、3種の混種語になるとのこと。奥が深いです。

 
そういえば弊社の社名「名南経営コンサルティング」も、漢字+外来語です。

 
新駅の名前ほど知られてはいませんが、少しづつ認知度を向上させて行きたいと思います。