毎年、その年を表す漢字一字が選ばれるキャンペーンで、今年は「災」という字が選ばれました。

 
漢字としては元々、「巛」(サイ)と「火」の組合せになり、「巛」は水の流れを表すそうです。
嵐
 
地震、豪雨、猛暑、台風といった自然災害が相次いだことが、理由と思われます。

 
また、スポーツ界のパワハラ、お役所の文書改竄、大学の不正入試、携帯電話の障害といった人的災害も、理由となっているようです。

 
人為的な原因による人的災害は、一度問題に火が付くと、簡単に水には流せません。

 
来年は災いが、より少ない年になることを祈りつつ、今年もお世話になりました。良いお年をお過ごし下さいませ。